いろいろと、びっくりした。

<変わったお客さんの話>

それは12月25日(月)でした。
以前、一度だけ来てくれたことのある お客さん。
離婚して子供さんが二人の40歳の女性です。

この日は、まーちゃん(仮名)
マンション上の住人の、そんちゃん(仮名)
その二人が、お店に来てくれてました。
そこへ、その女性Y子さんが、ご来店。

そんちゃんが帰り、まーちゃんも仕事が早いからと帰り
お客さんは、Y子さんだけになりました。
人生相談のような・・・
霊の話のような・・・
宇宙話のような・・・
そんなわけのわからん話を延々と4~5時間。
注文は、1杯だけでしたので
そのあとは、熱いお茶をお出しして聞いていました。


「うふふ・・・私ね、宇宙語が勝手に出るねん」

「へ~」

「$%&#=’&%$#%&=’&%$#」

「(@。@)」

「これね、わかる人もいるのよ~」

「へ~ そうなんや」

「視えちゃうの」

「へ~」

「困るのよね。そうしたくなくても
 イヤなものまで、視えちゃって」

「ふ~~ん」

「ここがさ~ あんまりお客さんが来ないのは
 隣りのお店が、お客を止めてるわ」

「う~~ん、、、お隣さんが開店する前から
 うちのお店は、お客さん来ないで」

「あ(^^;)そうなん?」

「うんうん」

「でもね、うーーん どうしたらいいかな」

「何を?」

「どうすれば・・・」

「え?お店にお客さんが来てくれるかってこと?」

「うん」

「私、あなたに何か相談でもした?
 私、いま これでいいのよ。
 なんで、余計なことしようと考えるの?
 このままで行かせてね~~ ほっておいてね~」

「そうなん?
 あ・・・細い男の人が見える」

「細い男の人?誰よ?」

「なんか、守ってくれてる!
 おじいちゃんだって!」

「おじいちゃん?
 私が生まれた時には どっちのおじいちゃんも
 すでに他界してたし・・・その、おじいちゃん?」

「うん・・・そうみたい」

「へ~ そんな会ったことない人が?私に?」

「うん、すごく守ってくれてる」

「あら、そうなん?
 それなら母のほうが守ってくれてるのでは?」

「うふふ・・・」

「どうしたん?」

「だって、ほら~
 え?うん?え?
 お前に言ったら焼きもち焼く?うんうん、わかった・・・
 でも、言うの?え? うんうん
 ほら~ だって・・・ママ(私のこと)は一人っ子?」

「いや、姉がいるけど」

「じゃ、わかるじゃない」

「はぁ・・・(^^;)」

「え?クスクス・・・うん、うん、うん
 そうなの?へ~ え?言っていいの?
 言わなきゃダメなの? じゃ、言っていいのよね。
 わかった・・・じゃ、言います」

「???」

「あのね・・・」

「うん、どうしたの?」

「これ、言えって言ってるから」

「誰が?」

「声が、聞こえるの」

「へ~」

「みながね、私をおかしいって言って精神病って言って
 病院にも入れられたけど、声が聞こえるの。
 わかってくれるひとは、少ないけど
 みなが、おかしいって言うけれど
 いつか、おまえのことを わかってもらえるって」

「ふーーん」

「でね、言っていい?
 いいかなぁ・・・大丈夫かなぁ・・・
 でも、言えって言ってるから言うね」

「どうぞ」

「あのね。胃腸に注意しろって」

「へ?(^^;)はい」

「2~3年の間に何か起こるって!」

「え?胃腸に?」

「違う違う!そうじゃなくて~
 生活の中でってこと」

「でも、誰でも2~3年の間には何かあるやろ。
 例えば、息子が結婚するとか
 孫が誕生する・・・とか
 引っ越す・・・とか
 具体的なこと言ってもらわないとね」

「そんな、普通の出来事じゃない」

「あ、そうなん」

「え、え~~~~!!
 うんうん・・・そうなの?わぁ~~」

「どうしたん?」

「来年の2月に、ここで・・・
 あの駅のところの路上で・・・
 死亡事故があるって!!!」

「え、え~? そうなの?」

「だめよ!」

「何が?」

「あの人はダメ!」

「誰よ?」

「さっき、ここの席に座ってた人」

「まーちゃん??」

「うん、あの人はダメ!」

「どういう意味でダメなん?」

「あのひと・・・包丁を持ってる。こわい!
 ママを・・・あ、あ~~ ダメ!」

「まーちゃんが、私を刺すの?
 考えられないわ。あっはっは~」

「違うお店で、たまった うっぷんを
 ここで晴らそうとしてる」

「え、え~ 刺されるの?」

「でも、大丈夫!私が守る!」

「え?じゃ、結局 大丈夫なん?」

「うん、大丈夫! 今、大丈夫にした!!」

「あ、そ」

「あ・・・30代の人が・・・
 ここへ、やってきて クレーム言ってる」

「そうなん、はい」

「なんやろ?え、え~~~っと・・・
 ん?なに?フライパン?
 え?どうしたの?」

「・・・・・・」

「気を付けて!年内に来るかも」

「そうなの?はい。
 じゃ、私の旦那のこともみえるの?」

「え?名前だけ言って」

「T」

「あ、来た!
 言ってる~~
 俺は、おまえに感謝してる。
 それが、今まで言えなかった。
 俺は、おまえのありがたさがわかった。
 俺は・・・俺は・・・」

「あのよ~
 うちの旦那<俺>って言わんで」

「うん、でも、わたしのところに入る言葉は
 <俺>で入ってくる」

「ふーーーん」

「え?うふふふ・・・あはっはっは~」

「どうしたん?」

「ママが、旦那一番って言うけどね・・・
 あっはっは~~~ うふふふ」

「どうしたん?」

「ごめんね~
 俺は、おまえより子供が一番だ!
 そう言ってる」

「あっはっは~
 ありえない、ありえない!」

「ううん、子供が一番だって!!」

「ありえないって!
 どこのT連れてきた?」

「でも・・・」

「間違えてるわ~ あはは」

「・・・・・・」


ず~~っと話し続けるし、泣いてくるし・・・で
なかなか、帰ろうって言えなかった私ですが
午前5時になった頃、、、


「もう、帰ろうか・・・お店、終わるね」


そう言いました。
彼女は、素直に帰ってくれました。

あ~~~ 疲れた。









若いころ、2ヶ月ほど勤めた会社の同僚。
私より、1つ年下なんだけど
たまぁ~~に、お店に来てくれていた。
最近、全然 顔をみないなぁ・・・
そう思っていたけど、、、
どうしてるの?ってラインもしなかったし
また、むこうからもラインはなかった。
旦那の事件以降、会ってないので
8ヵ月以上は連絡を取ってない。

その彼女から、今朝 ラインが入った。
入院してます。
24時間点滴を打ってるので
連絡はラインでお願いします。
とのこと。

どうしたの?疲れが出たのかな?
何の病気なの?

そんな私の問いかけに

初めて、ひと(他人)に言うけど
白血病やねん。でも、早期やから治る。

こんな返事だった。
めっちゃ、びっくりした!
私とは、めちゃめちゃ仲良しではないけれど
あまりにも親しすぎる友達には
かえって言えなかったのかもしれない・・・

わぁ・・・治るって言ってるので
治ってくれると信じてるけど
わぁ・・・すごく、びっくりした。

彼女もフォークソングが大好きなので
一緒にフォークソングを聴きに行ったことはある。
早く、よくなって退院して
また、フォークソングを聴きに行こうな!

ラインの最後のほうで
文章に、絵文字やスタンプが含まれてきて
ちょっと、ホッとしました。
# by rakki_618 | 2017-12-29 13:11 | お店のこと | Comments(4)

漫才を観に。

12月24日(日)
旦那と漫才を観に梅田に行きました。



 お(^^♪
c0211824_12512855.jpg



お腹、空いたし先に何か食べようと
漫才会場の近くのお店へ。


 お水です。
c0211824_12513646.jpg

「とにかく、不起訴でよかった(^^)
 かんぱぁ~~~い!!」

「おぉ・・・かんぱい」


 旦那は、ミックスフライ定食。
c0211824_12514038.jpg



 え?これは・・・注文してない(^^;)
c0211824_12514778.jpg

「私、ごはんは食べないので定食は
 注文してないですけど・・・」

「え?そうですか・・・わぁ・・・(^^;)」

店員さんが困ってるので、、、

「いいよ、かまへん・・・食べるわー
 ごはんは、いらないからね~」

「すみません、ありがとうございます」

「いいよいいよ」


このお店で、まず注文を間違われ・・・


 ほんとの私の注文は、こちら。
c0211824_12515277.jpg



 なすの浅漬けって書いてたけど
 浅くなくて、塩辛かった~
 もう、浅漬けの季節 終わってるかぁ?
c0211824_1252797.jpg



 旦那がノンスタイルの井上さんのファンだと言うので
 ノンスタイルさんの出演があるこのチケットを取りました。
c0211824_12521588.jpg
c0211824_12522359.jpg



 なのに・・・なんとまぁ・・・
 漫才では、ノンスタイルの井上さんを観れず(><)
c0211824_12523187.jpg

でも、他の出演者の人の漫才がおもしろくて
行ってよかったです(^^)


せっかく市内まで来たんだから
この前、難波のミツヤさんで
めっちゃ美味しかったプリンを食べたい!
で、難波のミツヤさんまで行ってプリンを食べました。


 旦那はソフトクリームの下にプリンがあるやつ。
c0211824_12523634.jpg



 プリンだけってないので仕方なく
 シフォンとアイスが一緒になったプリン。
c0211824_12524357.jpg

う~~ん(^^;)
あら?先日は、めっちゃ美味しく感じたのに。。。
この日は、特に美味しくもなく普通のプリンでした。
あれ?おかしいなぁ・・・
プリンは、思ったほどではなく・・・


 ミツヤさんと言えばスパゲティって気がして
 昔ながらのスパゲティを注文。
c0211824_1252498.jpg




昼食では、注文を間違われ
漫才は、目当ての人の出演がなく
食べたかったプリンの味が思ったほどでもなく

この日は、インケツな日でした(^^;)
ま、こんな日もあるでしょう。


「おら、もう今はノンスタイルのファンでもないから
 もう、チケット取ってくれなくてええで。
 漫才も、しばらくは ええわ」


あら、そうなの?
観たい人のコンサートチケットも
全然、取れないし・・・
(さだまさしさん、玉置浩二さん、松山千春さんなどなど)
しばらくは大阪市内に行くこともないかなぁ?
# by rakki_618 | 2017-12-28 03:26 | お出かけ、旅行 | Comments(4)

隣組の寄り合い

12月23日(土)
地区の憩いの家で
20時から隣組の寄り合いでした。


「何回もしつこく言うけど・・・
 聞く人もいないかも知れないけど・・・
 万が一、万が一 事件のことを聞かれても
 ぜった~~~いに相手の人のことを
 悪く言ったらあかんで!!
 あんたが、悪いんやからな!
 なぁ・・・かわいそうに災難やったなぁ~とか
 そういう声をかけてもらったとしても
 ほいほいと、調子の乗って
 そうよ~ ほんまに大変やったわ・・・
 なんてことは絶対に言いなや!!
 わかってるやろな?あんたが悪いんやで!!」

「わかってるよ、そんなこと言わへんよ。
 余計なことは、言わへんよ」

「うん、わかってるよな?」

「わかってる」

「もう10分前やで、早めに行きよ」

「まだ早いって」

「そんなことないって。
 隣組の人、みな早く集まるで~ はよ行きや」

「まだ、早いって~
 それに去年も、まっちゃん(仮名、隣組の人)
 遅れて、きたぞ~」

「去年って・・・?
 去年、あんたに寄り合い 行ってもらった?」

「うん、去年 おら行ったよ」

「あら?そうやったっけ?
 私、勘違いしてるな・・・私、行ったと思ってた」

「いや、おら行った。
 そのときでも、まっちゃん遅れてきてた~」

「まっちゃんは、仕事で遅れてるんやんか!!
 仕事やねんから、遅刻しても仕方ないやろ!
 あんた、何もしてな・・・い・・・のに
 

ハッ!(゚〇゚;)
ぎゃ~~~ えらいこと、言うてしもた!
わぁ~ 旦那を傷つけた? どうしよう・・・
ん?聞いてない?
あ~ 旦那が人の話を聞かない人でホンマよかった(^^;)


今回の寄り合いでの話し合い内容は・・・
組長さんが一番若い人まであたったので
次は、どういう順番にするか?ってことと
来年の4月に行く日帰り旅行のことだったらしいです。
それと、21軒の隣組さんなんですが
老人ホームに入って、隣組を脱退した人。
旦那さんが亡くなり、引っ越された ご家族。
そして今回・・・
ずっと前に引っ越されたのだけれど
まだ隣組に残ってくれてた ご家族が
隣組を脱退することになり
お礼として、みなさんに配りものがあったそうです。


 入浴剤のバブでした(茶封筒は、会計報告などの書類)
c0211824_23182551.jpg



 来年4月の日帰り旅行の候補3件の写真。
c0211824_23201790.jpg


旦那に組長を。って案も出たようですが・・・
違う人に決まったようです。
組長になって、忙しい毎日を
送ってもよかったのにね~~ あはっは
事件のことを聞く人もいなかったらしいです。
寄り合い、お疲れさまでした~(^^)
# by rakki_618 | 2017-12-26 03:59 | その他のこと | Comments(8)

あ~ 美味しかった!!

先日、まーちゃん(仮名)が

「〇〇ちゃん(私)フグ食べたくない?」

そう言いました。
あ~またご馳走してくれようと思ってるのかな・・・
いやぁ・・・何度もじゃ、気を使うし

「いや、食べたくないで」

そう言いました。

「え?美味しいで~」

「いや、食べたくないで~」

「じゃ、フグ食べるの付き合ってよ」

「付き合う?」

「うん、俺も食べたいねん」

「俺も?俺も~~?
 私が、いつ 食べたいって言ったよ~~?」

「いや・・・(^^;)
 俺が、食べたいから 付き合って」

「まぁ~なぁ・・・(^^;)
 そこまで、言うなら・・・付き合いますよ」


えっへっへ~
ほんとはフグ食べたかった~~んよね!


まーちゃんは 
夢ちゃんにも声かけておいて。とは言いませんでした。
と、言うのも この前 カニバイキングに
連れってってもらった時に・・・
夢ちゃんの彼氏が焼きもちやきで
まーちゃんと、どんな関係?って彼氏から
聞かれたようでした・・・
それで、まーちゃんも気を使ったのかな?
今回は、私だけのおよばれになりました。

「ところで24歳の女の子、どうなったん?」

「24歳の女の子、若いから話してても
 なんか、疲れてくるわ・・・」

「ごめんね~ 私も若くて・・・疲れるかしら?」

「いや~ おばちゃんの〇〇ちゃんといると
 落ち着くわ~」

「あーー、そうでっか(><)」

で、まーちゃんは私より4歳年下ですが
わたしは、ついつい

「おっちゃ~~ん」とか呼んでしまいます(^^;)

知り合った頃は、ツルツルの頭の話題は
めちゃ怒ってくる人でしたので
絶対にツルツル頭の話はしませんでしたが
今では・・・

「おい、ツルツル~」

そう呼んでも怒りもしなくなりました。
そそ、明るく行こうぜ。





12月22日(金)
まーちゃんとフグ屋さんに着くと満席で・・・
じゃ、日本料理のお店に行く?ってことになり
ご馳走になってきました。


「どのコースでもいいよ、いいのん食べや。
 金は、持ってんだ~」

まーちゃんは、そう言ってくれたのですが
4500円と6500円のコースの違いを聞くと
6500円のコースにはブリ大根がついて
白いご飯が、にぎり寿司になるってことでした。
ブリ大根、そんな好きじゃないし
にぎり寿司は酢飯を残さなきゃいけないし・・・で
4500円のコース、お願いしました。
このお店は、何度も来たことありますが
ほんと、美味しいお店なんです。



 手作りごま豆腐、カキの何か?もう一品(何やったっけ?)
 とにかく、すべて美味しい~~ 味付け、上手!
c0211824_3274326.jpg




 茶碗蒸し、ごぼうが入ってるので黒めの色です。
c0211824_3274976.jpg




 3品目は、お造りでした・・・が
 コース料理とは別に
 まぐろの赤身、中トロ、イカ、カンパチの盛り合わせを
 注文したんです。
 「コースのお造りと一緒に盛り合わせていいですか?」
 お店の人に、そう聞かれ・・・「はい」と言いました。



 めっちゃ、豪華なお造り盛り合わせです!!
 あわび、ウニ、えび、さば、などなども入ってます。
c0211824_3275595.jpg




 ところどころに金箔まで(味はないですが豪華)
c0211824_328226.jpg

c0211824_3281093.jpg

c0211824_3281721.jpg




 大根、かぼちゃ、芋などの煮つけです。
c0211824_3282479.jpg




 ヘレステーキです。
c0211824_3283065.jpg




 天ぷらです。
c0211824_3283778.jpg




 ご飯、みそ汁、お漬物です。
c0211824_3284483.jpg




 デザートです。
c0211824_3285110.jpg



あ~~~すべて美味しかった~~
あ~~~満足満足!

お造り盛り合わせ、美味しかったなぁ~
ん?
食べてるときは必死でしたが(^^;)
あわびや、ウニは注文してないのになぁ・・・
一体、いくらのお会計?

4500円のコースが2つ。
まーちゃんは、何かお酒を3杯。
そして お造り盛り合わせ・・・

支払いを済ませた、まーちゃんが
お店の外に出てきたので
下世話ですが(^^;)
値段を聞きました。

「なぁ、いくらしたん?」

「うん・・・」

「いくらよ?」

「2万、出して・・・おつりが1300円やったかな」

「え。。。(@。@)
 あの、お造り盛り合わせ 9000円くらいするん?」

「いや、俺 3杯飲んでるし」

「あ、そうか・・・それでも けっこうなお値段やな」

「まぁ・・・な」

「それやったら、コース2つづついけるなぁ」

「まぁ・・・な」

「いや~ 食べてから ぐちゃぐちゃ言うのも
 なんやけど(^^;) 注文したのは
 まぐろの赤身、中トロ、イカ、カンパチやのにな。
 えらい豪華なん出てきたもんなぁ~」

「そやろ?勝手に出てきたよな」

「なぁ・・・」

「で、伝票を見せてくれへんねん」

「ふ~~ん・・・」

「そやから、何がいくらか?ってわからへん」

「ふ~ん・・・」

「ここは、前から伝票 見せよらへん」

「ふ~ん・・・
 ごめんなぁ、高くついたなぁ・・・
 かと言って、お返し ようせんから(^^)あは」

「ええよ、そんなん!」

「まぁ、気にしなや。美味しいもん食べれたから。
 よかったよかった、気にせんとき~~ あはは」

「え?(@。@)」

「るんるん~ あ~美味しかった。
 ごちそうさま~~」

「はいよ・・・(^。^;)」




あ~~美味しかった~
まーちゃん、ごちそうさま~

ま、最近また日本語が話せない女の人がいるパブに
通ってる感じがあるからなぁ~
そんなん思ったら、こんなおばちゃんにも
美味しいもん食べさせてくれてもいいやろ~
あははは~~

ごちそうさま!!美味しかったわ~(^^)
# by rakki_618 | 2017-12-23 12:21 | お出かけ、旅行 | Comments(4)

さ~ がんばるで~

旦那が運転免許取り消し3年になり
再び、運転免許が取れるまでのことなどは
違うブログに書いていましたが
こちらのブログにも、少しだけ書きます。

ずっと、どうなるのか・・・と不安だった
旦那への処分・・・起訴か?不起訴か?
そのことも不起訴と決まり
やっと、胸のつっかえが とれた感じになれました。

最近では、毎日、う~~~~~ってなるほども
悩んでもいなかったけど
それでも、私の体のどこかには・・・
いつも、そのことが重くのしかかっていました。

ようやく、不起訴処分の決定をいただき・・・
これで、自分の中では一段落できました。

こちらのべログへのコメントや
ラインでの励ましの言葉
ありがとうございました。

友達も・・・

「そうしたら、また仕事できるんか?
 運転免許、戻るんやろ?」

そう言ってくれる人もいるのですが
司法と行政は違うらしく
旦那は、その事故が起こった時に
すでに行政で救護義務違反という違反を起こしており
(もちろん、本人は知らず知らずです)
その時点で、運転免許取り消し3年という処分が
成立するようです。
今回、司法では 不起訴 ですが
行政の処分は、変わらないのです。
司法で いろいろと審査され・・・
これは、裁判をしても勝ち目がなさそうだな・・・
そう検察庁が思えば、起訴しない。
検察庁が、これは有罪にできる!と思えば起訴する。
そして、起訴されれば99、9%有罪。
よく <勝訴> なんて旗(?)を掲げているのは
ほんとにマレのマレのマレの話だと思います。

行政で救護義務違反で運転免許取り消しになった旦那にも
そのことを不服に思えば申し立てはできます。
4月18日(火)に起こった事故に対しての
行政処分への意見を言えたのは5月17日(水)でした。
このとき、意見が通れば 3年の運転免許取り消しが
少しだけ軽い処分になったりするのです。
ここでも意見が通らなければ、それに対しての不服を
その日から3ヵ月以内にできるのですが
私は、その日から3ヵ月以内に不起訴をもらい
運転免許3年取り消しに対しての
不服申し立てをする予定をしていました。
不起訴ってことは無罪なんでしょ?
無罪なのに、どうして免許は戻らないの?
そう申し立てるつもりでしたが・・・
時間が経ってくると、気持ちが萎えたり
また、その結果を待つのか?
その不服申し立てへの返事は3年くらいかかることもある。
そんなことを知り・・・
え?じゃあ もう免許取りに行けるやん!とか思ったり
もう、どうでもよくなったり・・・
結局は、どこまで待てばいいのかわからない苦しさより
不服申し立てをしない、ことを選びました。
不服申し立てをしたとて、、、
認められないことがほとんどです。
それに・・・今となっては
8ヵ月かかって、やっと不起訴をもらったのだから
不服申し立て請求の期限は、とうに過ぎてます。
司法では無罪になっても、行政では許してはもらえません。

だけど・・・それでいいのです。
旦那は、ことの重大さを思い知るべきなんです。
そして、わたしも・・・です。

旦那が運転免許のない生活には慣れました。
あと、2年ちょっとしたら
また運転免許、取れます!

あ~~あ・・・なんてことは思わず
(実際、まじ 思ってません)
ぱぁ~~っと気持ちを切り替え
次に進みます!イエェ~~イ!


あ~~~~~よかった!
相手の人、生きててくれて
ほんと、ありがとう・・・
ほんとに、ありがとう。



そして、みなさん
ありがとうございました!!!



旦那は電気代を気にしてか?
家に帰ると部屋が暗い・・・
2つある電灯を、1つしか点けてない。。。

あ~~~やめてくれ!!
明るく行こうぜ~~~!!!
あかあかさせてくれ、もっと明るい部屋に帰りたい。
暗くて、うじうじした部屋は病気になりそ~~

昨日は、そのことをこんこんとわかってもらいました。
ど~~~ンと行こうぜ!



さぁ・・・あと2年ちょっと!
がんばるで~~!!
# by rakki_618 | 2017-12-22 13:12 | 旦那のこと | Comments(6)