オカマしてしまいました

今日は、オカマした話を。
先日、オカマしました。
睡眠を全然とっていなかった自分が悪いのですが
信号待ちしている前の車に
自分の車を、ぶつけてしまいました(ーー;)
赤信号で待っているとき私の前に2台の車が、停車していました。
めちゃくちゃ眠かった私は、ほんの少しでいいからと・・・
たった数十秒、目を閉じたくて。。。
でも、ブレーキを踏んでる右足がブレーキから離れてはいけないと
チェンジをニュートラルにしてサイドブレーキをひきました。
少し目を閉じた後、目を開けると信号が青になっていました。
あわてた私は、チェンジをドライブに入れ
サイドブレーキを、ゆるめたのです。
すると・・・まだ前の車は止まったままで
ゆっくりと、わたしの車は前の車にむかって行きました。
ぎゃふんぎゃふんぎゃふ~~~ん!!あせってあせって。。。
なんで普通にブレーキを踏まなかったのかは、わかりません。
いつも自分が乗ってる車が車検だったため
私は、代車に乗っていました。
普通にブレーキを踏めばいいものを
なぜか、サイドブレーキをひかなきゃひかなきゃ!と、あせり
サイドブレーキをひこうとするのですが、、、サイドブレーキがありません。
その代車のサイドブレーキは思いのほか下の方にあったのです。
そうこうしてる間に(約2秒くらいのもんでしょうか?)
私の車は、前の車にぶつかりました。
ガシャ~~ン!
(-。-;)(-。-;)(-。-;)(-。-;)(-。-;)(-。-;)
やっちまっただ。やっちまっただ。やっちまっただ。。。
オカマしました・・・・・・・・・(;。;)(;。;)(;。;)
左折すると、車を止めて話ができるスペースがあるので
前の車は左折し、私も左折して車から降りました。
前の車の中から初老の男性が降りてこられ
私は・・・
「すみません!すみません!すみません!ちゃんと修理します。
 ほんとうに、すみません!お怪我ないですか!?」
すると・・・その人は自分の車を見ながら
「なぁ~にも、なってないよ」と、笑いながら言ってくれて
いっけん、傷に見える車の汚れを
「これは、汚れてるんやで」と、優しく言ってくれた後
「こっちは大丈夫?」と、私の車を心配してくれたのです。
もう・・・涙のでるくらい有難かったです。
そして・・・
「じゃ」と、言って去って行かれました。
よかった・・・大きな事故でなくてよかった(;。;)
親切で、優しい人でよかった・・・(;。;)
ありがとうございました!!心の中で何度も叫びました。
さっき、ガソリンスタンドから出てくる、その車を
「お先に、どうぞ」と、道を譲った後の出来事だったので
許してくれたのかなぁ・・・
あぁ・・・たまぁ~にしか他人に親切が出来ない私ですが
今日は、その親切をしてて良かったよ(^^;)
やっぱ、いつも人には優しく親切にしなきゃいけないよな(^。^;)
つくづく、そう思いました!
これから、他人さんに親切な応対できるよう・・・がんばります。
c0211824_52699.jpg

# by rakki_618 | 2010-01-27 05:44 | その他のこと | Comments(12)

旦那と次男の長話

いつ、おかしくなってもおかしくないパソコンから
更新しているわたしです。
いっぱい書きたいことがあるんですが
書く時間がありませんでした。
お客さん同士がケンカしたこと。
旦那と次男の長い話のこと。
おかましたこと。
え?3つだけ?
えええーーー。
毎日、ちゃんと生きているのにぃ!
こんだけかい?
ま、ええわい・・・
それでは、今日は旦那と次男の長いお話から・・・

次男が何で生計をたてているかは旦那も知らなかったことで
次男のことに関して、旦那はあまりにも落ち着き払ってるので
ほんとは旦那は次男が何をしているのか
知ってるんじゃないかと疑ったこともありました。
「○○(次男)な、スロットで生活してるんやて」
「ほ~」
「自分ひとりで打って稼いでるらしいわ」
「そうか・・・おら、うちこみたいなんやってると思ってたわ」
「何よ?うちこって・・・」
「誰かに雇われて、パチンコ打って・・・サクラみたいなもんや」
「ふぅ~~ん・・・誰にも雇われずにピンで打ってるらしいよ」
「ほ~」
「でな、いくらくらい儲けるの?って聞いたらな」
「おぉ」
「月に20万は稼いでるんやって」
「20万??」
「うん」
「そら、仕事も行く気になれへんわー。あいつ、人間嫌いやし」
「それでも、このままってわけには いけへんやろ」
「あいつもアホちゃうし、自分でわかってらよ」
「そうかなぁ?」
「おいやー。アカンよになったら自分で考えらよー。もう、ほっとけ」
そう言って・・・旦那は、楽観視。
私とのそんな会話の次の日だったかな?
旦那に用事があって携帯に電話してもしても話中。
あまりに長~い話中なので家の固定電話にかけると・・・出た。
「誰と話してるの?」
「○○(次男)や」
「ふ~ん」
そのまま用事を伝え、電話を切り
もうひとつ思い出したことあって、携帯にかけると
またまた話中。
家の固定電話に再びかけると
「わりわり、○○(次男)と盛り上がってるんや~」と
すごい、うれしそう・・・。
「あ、そ。んじゃ」
用事を伝え、電話を切りました。
後日、何を次男とそんな長話してたのかを聞くと
思ったとおり、パチンコとスロットの話で盛り上がったらしい。
「いやぁ~負けた月がないって言うから、どうしたら勝てるかを
 聞いてたんや」
「はぁ?」
「○○(次男)はスロットやけど、友達がパチンコで食べてるらしいわ」
「は・・・ぁ」
「今は、パチンコのほうが稼げるらしいぞ」
「あ、そ」
「やっぱり回転する台がええらしいぞ」
「ふ~ん・・・」
何を息子にバカなことを、うれしそうに聞いとんねん!
そういう、しらけた態度を前面に出すふりをしながら・・・
ええ?どんなんどんなん?って、すごく興味のある私でした。
c0211824_1659741.jpg

# by rakki_618 | 2010-01-26 17:01 | 息子のこと | Comments(4)

入れ歯~?

歯医者さんに行ってきました。
右上のブリッジがとれて、ぽっかり穴があいたんです。
去年の暮れだったか、今年の始めだったかは忘れましたが
歯医者さんもお休みだったし、新年会もあったので
穴のあいたまま、新年会もなぁ~と思い
やってはいけないと、わかっていながら
瞬間接着剤で、つけちゃいました(^^;)
しばらくは、おとなしくしていたブリッジ君でしたが
やはり・・・また、とれちゃいました。
久々に歯医者さんに行ってきました。
とれたブリッジをつけてもらうだけだし
金額的にも2、3百円なもんかしら?なんて思ってました。
ずいぶんと古いし、一度レントゲンを撮らせてくださいと言われ
レントゲンも、撮っていただきました。
「う~ん・・・根っこのほうまで、、、なんじゃらほんじゃら・・・」
ちゃんとは聞こえませんでしたが、おおがかりな治療っぽくなる口ぶり。
お会計も、おおがかりな・・・5220円なり(-。-;)
「先生、虫歯とかあったら全部直してください」
「う~~ん、左右とも下の奥歯は・・・」
「はい・・・?」
「手の施しようが、ありません」
「ええ!?」
「ガンで言えば末期です。残り少ないブリッジ人生を楽しんでください」
「へ?(ただただ苦笑)」
「そこが悪化すれば入れ歯ですね」
「入れ歯・・・ですか(;。;)」
「ま、健康に注意して免疫力を高めガタガタになるのを
 おさえることですね」

だってさぁ~


c0211824_20331383.jpg

# by rakki_618 | 2010-01-21 20:35 | その他のこと | Comments(10)

京都へ

c0211824_17112116.jpg

お寺さんの役で京都に行ってきました。
西本願寺さんに行ってきました。
京都は、わりとよく行きますが
ここは初めてでした。
やっぱ、親鸞聖人さんの法要(?)みたいな行事でした。
広いところにたくさんの人がいて
椅子に座り(椅子がない人もいます)
お坊さんの説法を聞かせていただくのです。
すごぉ~く寒くって、、、足が氷のようでした。
仕事が遅くまでだったので一睡もせずに行った私は
バスのなかでも熟睡。
ありがたい説法も心に入ってこず・・・
ただただ、ほしいものは「休息とストーブ」
そう強く感じたバチあたりな私でした。
お坊さんが「募金、お願いします」と
箱を持ってまわっておられましたが
なんの募金なんだろ?どこに行くの?このお金・・・
そんなこと考えながら、、、まぁ・・・100円入れときました(^^;)



c0211824_1745635.jpg

昼食は楽しみにしていた「がんこ寿司」さんです。
美味しかったです~。
天ぷらも、出てきたのですが
「お腹いっぱい~お腹いっぱい~」と3人の方が
「○○さん(わたし)、食べて~」と持ってこられ・・・
「えええ~!こんな食べれないです~」なんて言いましたが、、、
ペロっといっちゃいました。
あ~し、あ、わ、せ(^^)(^^)(^^)
美味しいものは人を笑顔にするね(^^)



c0211824_179810.jpg

舞妓さんを呼んでくれてました。
先斗町さんの舞妓さんは忙しかったらしいので
祇園から来てくれたらしいです(どう違うのかは知りません(^^;))
かんざし大好きな私は舞妓さんを見て思わず
「わぁ~~きれいなかんざし!」と言ってしまい。。。
「あ、、、かんざしもですが、舞妓さんとってもきれいです~」と
あわてて、言い直しました(^^;) わたしって、、、無神経ですね。。。



c0211824_17484532.jpgc0211824_1749226.jpg






最後は「安楽寺」さんに行きました。
ここの、お坊さんの説法はわかりやすく
心に、しみました。
お話上手なんですね・・・きっと。
高校のときの現国の先生は
「話し上手は、聞き上手」ってよく言ってました。
この、お坊さん・・・聞き上手でもあるんでしょうね・・・。


そんなこんなで帰ってバタンキュー。
でも、久しぶりの遠出は楽しかったですね♪
また、京都に行きたいなって思わせていただきました~。
# by rakki_618 | 2010-01-20 17:54 | お出かけ、旅行 | Comments(2)

次男の仕事

京都に行った話しは、次にして・・・
今日は次男のことを。
高校を卒業してから、まともな職についてない次男。
そのことで何度も言い争いをして・・・
家を追い出された次男。
今は一人暮らしをしているけど
私の心中は、やっぱ穏やかではない。
次男が出て行った当初は
あら?意外と冷静だわ~私って。などと思っていたが
時が経つと、次男がどうしているのか・・・気になる日が多くなり
涙なんかも出たりする・・・え?なんの涙~?
次男から、仕事が決まったの連絡もなくイライラがつのる私。
我慢できずに、今日は電話してみた。
「おまえ、仕事さがしてるの?」
「・・・さがしてるよ・・・」
「じゃ、どこに面接いったか言ってごらんなさいよ」
「前に、言うたやん」
「あれから何日たってるのよ」
「・・・・・・」
「さがしてないって証拠やん」
「さがしてるって」
「お母さんでもなぁ、一日で3つくらい面接するとこ見つけてくるぞ」
「さがしてるって」
「おまえ、やる気あんの?そんなことしてていいと思ってるの?」
「思ってないよ・・・」
「自分の生活、どう思うの?」
「う~~ん・・・このままではあかんと思ってるよ」
「じゃ、なんで けっぱれないん?」
「そやから、さがしてるって。もう一人で暮らしてるからいいやん」
「おまえなぁ・・・離れて暮らしてても親子なんやで」
「・・・・・・」
「おまえ、入院とかしたら誰にみてもらうん?」
「え・・・」
「お母さんはな、おまえのこと思って夜になったら泣くんやで」
「はぁ~?」
「お母さんの寿命10年も20年も縮めて平気なんか?」
「・・・・・・」
「口うるさく言うのは、おまえのことをこんなに思ってるからやで」
「わかってるよ・・・」
「じゃ、仕事さがせよ!」
「だから、さがしてるって」
「それ、さがしてるって言われへんやろ」
「さがしてるって。何でもええんやろ」
「なんでもええ言うても、法にふれるようなことはすんなよ」
「わかってるわ、そんなことするかー」
「・・・・・・」
「今、やってることで生活できてるし・・・」
「前から、聞いても聞いても言わへんけど、おまえ何やってんの?」
「言いたくない」
「言いたくないですめへんやろ。それくらい言うて安心させてよ」
「うん・・・まぁ・・・」
「なによ」
「遊びではなく、バイト感覚でスロットやってる」
「は?どこか、へんな組に入ってるんか?」
「あほか、そんなんやってるかぁ。ピンで打ってるや」
「そんなもん、仕事してもできるやろ?休みの日に行きや」
「いや・・・朝からとかもやってるし」
「おまえ、ず~~とそれやってるん?」
「うん・・・それで食べていってる」
「はぁ?そんなもんなぁ、いつまでも続かへんぞ」
「わかってる。だから仕事も考えてるって」
「なんで、すっと仕事せえへんの?」
「う~~ん・・・人間嫌いやし、今のスロットやったら」
「うん」
「他人と話せんでもええし・・・ちょっと説明しにくいけど」
「じゃ、月どれくらいあるんよ」
「そこまで聞く?」
「当たり前や」
「う~~ん・・・」
「生活できるくらいって、、、20万くらいあるの?」
「まぁ・・・平均それくらいかな、多いときは30万くらいかな」
「は~?ほんでも負ける月もあるやろ?マイナスもあるやろ?」
「ない。今までマイナスになった月はない」


どひゃ~~


ここんとこ、パチンコで負け続け・・・
昨日も、負けを取り戻そうとして、、、また3万6千円も負けた私。。。
思わず・・・
「で、で、弟子にしてください!」と、叫びそうになった。



「はぁ~~?マイナスになった月ないの?」
「うん。ない」
「おまえ・・・薬、売ったりとか 変なことに手出してないやろなぁ?」
「そんなこと、するか」
「ほんまやなぁ?」
「それは信じてくれ、おかしいことはしてないから」
「うん・・・。・・・わかった。信じるわ・・・」
「まぁ・・・仕事、さがすよ」
「うん・・・体、気~つけいや。また、ごはんでも食べよか」
「あいよ~」

電話を切った後、やってることがわかったので安心した。
それが、毎日スロットしてようが・・・安心した。
そりゃ~2、30万もあれば仕事する気は薄れるわな・・・
旦那の給料の倍やんかーー。
なんで、アイツは旦那の扶養家族になってんねん(-。-;)
ま・・・お金が続かなくなれば働くやろ。
おかしいと思われるかも知れないけど、安心した。
このご時勢に、勝ち続ける、生活ができる・・・
これは、もうプロやん。
これも、ひとつの才能だと思うことにするわ(^。^;;;)
部屋を借りるときの用紙に書かれていた次男の預金額 ン百万
アイツは手で隠していたけど私はシッカリ見た。
そっか・・・貯えてもいるんだな・・・
お母さん、お金借りに行ってもいいかしら^^?

c0211824_9243211.jpg

# by rakki_618 | 2010-01-18 23:38 | 息子のこと | Comments(8)