行ってきました。和歌山へ。

結婚30周年イベント
昔よく行った和歌山の噴水喫茶店があるか
ホットドッグを食べた喫茶店が今もあるか
の旅に行ってきました。
「ケンカせんときやぁ~」と、長男に見送られ・・・



ところが、あいにくのドシャブリ。
「おらに、カーナビ買うてくれよ」
何十年かぶりに旦那から何かを買ってくれと言われて買ったカーナビ。
安物ですが、すごく重宝してるらしい。
それをセットして・・・しゅっぱ~~つ!
c0211824_19282270.jpg



雨、雨、雨です。
c0211824_19305687.jpg



そそ、こんなトンネルもよく走ったよね~。
c0211824_19313267.jpg



よく行った喫茶店を見つけることはできませんでした。
その喫茶店は八角形みたいな恰好で、すべてガラス張りで
そのガラスに噴水の水がつたわってキレイな喫茶店でした。
でも、もうなかったね~残念。
さて、ホットドッグを食べた喫茶店はあるんでしょうか・・・
! ! !
ありました!ここです!
c0211824_20183837.jpg



わぁ~~!あった~!
うれしくって、写真を撮ってました。
中に入ると・・・店員さんらしきおばちゃんが変な顔してます。
「あ!すみません~。私達、結婚30周年で
 昔、付き合ってたころ よくここにおじゃまさせていただいたんです。
 今も、あるかなぁ~なんてやって来たんです」
「まぁ~そうですか」
そのとき、いらした女性客の方が
「お~~素晴らしい!」と言ってパチパチと拍手してくださいました。
「まだ、ここがあってよかったです。よくホットドッグを食べたんです」
「そうですか~今もホットドッグありますよ^^」
「では、ホットドッグ下さい。ここは長いんですか?」
「はい、もう40年くらいになりますね~」
「ほ~。観光客の方とか来られますん?」
「もう、さびれてしまって観光客はないですね」
「ええええええ、そうなんですか・・・」
「旅館なんかも、しまってるし 老人ホームとかになってますね」
「そうなんや・・・。写真、撮ってもいいですか?」
(外の写真は、勝手に撮っちゃったけどね(^^;))
「どうぞどうぞ」
店内は昔の喫茶店風~。
c0211824_20275540.jpg



外でも食べれます。雨だったので残念~。
c0211824_20282960.jpg



そして・・・念願のホットドッグです!
c0211824_2029036.jpg



「これや、これや~!この味や~!」
そう叫びながら、旦那はフンガフンガ言いながら食べてました。
(まるで、ラッキーのようです(^^;))
ごくふつうのホットドッグなんですが
旦那は、昔を思い出し感激したようです。


「さて、どないすらぁ?」
「う~~ん、雨がすごいしなぁ~」
「でも、天川村行くか?」
「いや~今日はやめとこ。また今度にしよう」
「そやの~わかった」
「天川村のかわりに今度コンサートに行こうよ」
「ええよ、べつに。ほな今日はどうする?」
「う~~ん。。。」
「ラウンドワンみたいなとこで遊ぶか?」
「そんなん、いつだって行けるや~~ん。いやや」
「ほな、どうすらよ」
「カラオケ行こ!」
「それも、いつでも行けるぞ」
「・・・・・・まぁ・・・なぁ」

結局はカラオケ行って、家の近くで食事して
ほんでまたカラオケ行きました。
いつもと、おんなじや~~ん(^。^;)
でもね・・・なんか感慨深い思い出になりました(^^)
# by rakki_618 | 2010-10-04 21:20 | 旦那のこと | Comments(8)

今日は・・・

今日は、結婚30周年のイベント日。
そうそう、昔を思い出し・・・
よくドライブした和歌山行って
むかし、食べたホットドッグ食べて
よく行った喫茶店が今もあるのか見に行って
それから奈良まで走り
夜になったら星を見て帰ろう~~
てな予定でした。

なんで雨やねん・・・
旦那は・・・

「うまいこと、雨になったのぉ~~」

って、、、

でも、とにかくは和歌山へドライブ行ってきます。

それなのに。。。
また、お店で寝てしまい。。。
今は午前11時17分です。

のんきな夫婦なので
「おまえ、もう出かけるぞ」という
旦那からの電話もありません。

さぁ~~そろそろ帰るわ。
で、支度して行ってきます~~。
# by rakki_618 | 2010-10-03 11:19 | 旦那のこと | Comments(6)

旦那と次男と私とで食事

今日は埼玉の文通相手の燃えちゃん(仮名)から
「燃えちゃんでぇ~~す」って電話がありました。
あっは~。先日、ブログのこと言ったから
読んでくれてるそうです。
「来週、神戸と大阪に遊びに行くのよ」
「え~~!じゃぁ、会おうよ!こんなチャンスめったにないよ」
「うん・・・でも、仕事休ませちゃ悪いかなとか考えてさ」
「なんでよ~~!!会おうよ!」
「うん、じゃぁ また連絡するね」
てな感じの会話をしたのですが(もっと長く話しましたが)
もしも再会できるなら35年ぶりぐらいですね・・・
燃えちゃん、連絡待ってまぁ~~す(^^)


うちのお店に、よく来て下さる仲良しカップルさんがいます。
78才と77才のカップルさんですよ^^
とても仲良くってケンカしたことないそうです。
付き合って8年だったっけかな?
仲がいいのは気持ちがいいね(^^)
こんな粋なTシャツ着てはりますのよ^^



                    前から
c0211824_1727225.jpg

                    後ろから
c0211824_17271561.jpg

         超かわいいっスゥ~~





今日は旦那と次男と私の3人で食事に行きました。
あ、ご近所の食堂ですが。


私   「おまえ、のったらこったらしてるけど
     スロットで勝ってるの?勝ってる言うから認めてるけど
     負けてるんなら、ちゃんと仕事しいや!!」
次男 「勝ってるよ!おれが負けるようなことするわけないやん
     でも、たしかに厳しいけどな」
旦那 「(私にむかって)おまえ、弟子入りさせてもらえ」
私   「なんでやねん」
次男 「でもな、自分がやってて言うのもなんやけど
     パチンコ屋に来るようなヤツは、ろくなんおらん。
     おとちゃんも、おかちゃんも気つけ~~や」
旦那 「この世は、ろくなんおらんよ」
私   「あ、そうそう。今度お父さんと結婚30周年のイベントで
     ドライブ行ってくるけど、あんたラッキーにご飯やっといてや」
次男 「わかった。どこ行くん?」
私   「うん、昔 お父さんとお母さんが付き合ってた頃
     よく行った喫茶店が、まだあるか行ってくるねん」
次男 「ふぅ~ん」
私   「あんた、覚えてる?場所」
旦那 「おら、覚えてるよ~。あそこばっかり行ったしゃ」
私   「まぁ、そんなわけでラッキー頼むわな」
次男 「うん。ところで、この前ラッキーが草食べてたやろ」
私   「うん」
次男 「あれって、調べてみたら・・・犬は体の具合が悪いと
     草を食べて、わざと体こわして下痢させるらしい」
私   「へ~」
旦那 「そういえば、犬っていうのは体の調子が悪い時に草食べるらしいぞ」
私   「・・・・・・は?」
次男 「・・・・・・へ?」
旦那 「ん???」
次男 「みごとなほどに、そのまんまやなー」
私   「な、びっくりするやろ」
次男 「うん。今、犬が草食べるって話してたんやで^^」
私   「お母さんはなぁ~毎日こんな感じで
     話を聞いてもらってますのよ。お父さんには。ホッホッホ」
旦那 「おらも、今わかったわ。自分がおかし~って」
私   「はぁ~~やっぱり・・・(ー。ー)」
次男 「おとちゃん、いつも人の話って聞いてないん?」
旦那 「う~~ん、聞いてるんやけど半分しか聞いてないって今、わかったわ」
私   「は、は、半分??」
旦那 「そやから、今の話やったら下痢させるってとこだけ頭に入るんや。
     ほんで草を食べるってとこは聞いてないんや」
私   「へ~~~」
旦那 「そやから、おらにとっては草を食べるってことは初めての話になるわけよ」
次男 「珍しい聞き方やな・・・」

こんな会話をしながら楽しく(?)ご飯をいただきましたとサ。   
# by rakki_618 | 2010-10-02 20:11 | 旦那のこと | Comments(8)

掘ったなぁ~

ある日の旦那との会話。

新規のお客様で、すぐにすねられる方がいます。
洗い物をしていて水道の音で
そのお客様の言うことが聞こえにくく
「え?」と聞き返しますと
「ええよ、ええよ どうせ一杯しか飲めへん客やから
 無視するねんな」とか
わからない質問にとまどっていると
「来てほしくなかったらハッキリ言ってくれればいいよ。
 もう、来ないから」とか
冗談かもしれないし、私が笑っていればいいんですが
本音を言えば、、、わしゃ、ちょっくら疲れる~~。
自慢話を聞くよりも苦手です。
そんな・・・久しぶりに、すぐすねるお客様に出会ったわ。と
旦那に話を聞いてもらってたんです。
ふと・・・
「そういえば、あんたって拗ねへんな」
そう言ったら・・・
聞いてくれますぅ~?なんて言ってくれたと思いますか?
「それは、おらが拗ねるようなことを、おまえがしないから」
わぁ~~~(^^) めっちゃ、うれしかったんです。
そ・・・うれしかったんですけどね・・・
それから夫婦の会話が始まって、、、
「おまえは、おらを笑いものにしてるけどな。
 まぁ、おらはかまへんけどな」
「はぁ~?笑いもの?どんなとこが?」
「おらの失敗とかを見つけたら、めちゃめちゃ喜んで人に話してる」
「え~~~。それ、バカにしてるんとちゃうでー」
「そやけど、笑いものにしてる」
「え~~~。私をわかってくれる友達は言うで。
 〇〇ちゃん(私)は、旦那をすごくたててるって」
「そりゃ、おまえをよ~~くわかってる人なら
 そう思うか知らんけど、一般人が聞いたら変に思われるぞ」
「そうかなぁ・・・めっちゃ愛しさ込めてるんやけどなぁ。
 私は、私の失敗をあんたが他人に言うても、おもろいけどな」
「それは、おまえが普通の頭してるからや。
 おらは、自分が頭悪いと思ってるもん」
「え~~~~。頭、悪ないやん」
「いや・・・おらは勉強でけへんから
 無知な部分を言われたら、ちょっと・・・のぉー」
「ええええええええええ?物知りやん」
「いや、おらは頭が悪いから、そこ言われたら。。。ちょっとのぉ」
「ええええええええええ。じゃぁ、これから言うたらあかんの?」
「いーーや。かまへんよ。わかってるから、かまへんよ」
「ははぁ~~ん、プライド高いんか」
「そうや、プライド高いんや」
「ふぅ~~ん」
「おまえって、プライドないやろ」
「(-。-;) ま、まぁ~な」
「すぐ切れるイメージ持たれてるけど
 おまえって他人には、たいがい我慢してるよ」
「やろ!?」
「うん、おらわかるよ。そんなおまえが切れるのは
 おまえを切れさせる人間の方が悪いんや」
「わぁ~なんてわかってくれてるんよ~!」
「そりゃ、おまえかてスグに切れる時もあるよ」
「ん?んん?」
「それは、おらの腰のこととか
 おまえの顔がブサイクとか・・・
 自分では、どうしようもないことを言われたら切れるのぉー」
「え・・・!(-。-+)」
「あ・・・!!!違うちがう!!
 おらは、おまえのことを決してブサイクとか
 そんなん絶対に思ってないぞ!!」
「ふうぅ~~ん・・・」



あんた・・・バケツ・・・ちゃうちゃう墓穴ほったナ。。。 
# by rakki_618 | 2010-10-01 20:38 | 旦那のこと | Comments(6)

死ぬ死ぬ言うな!

みるくさんの周りには、おかしい人が多すぎるよね。
わたしがブログに(私から見て)色んな変わった人のことを
書くものだから、そう言われてしまうんだけど(^。^;)
私の友達は、とても常識的だし理解力もあります。
お客様も皆さんそれぞれ個性はありますが、それは当然だし
こんな私を応援してくださるお客様にも恵まれ
ほんとに、感謝しております。
で?あんたぁ・・・何を言いたいの?ってかぁ~?
う~~ん、、、
実は、今日もお客様の話なんですよぉ~。
昨日ね、そのお客様に対して・・・怒鳴ってしまったんです。
でもね、あんま罪悪感ないんですよぉ~。
今日は、そのお話を書かせていただこうかと・・・。


そのお客様は、ご近所の方です。
毎日のように来て下さる、ありがたいお客様です。
でも怒鳴ってしまったの・・・
その方は60才ちょい前。独身男性。
仕事は、短時間のパートのような仕事をされてるようです。
でも、体の調子が悪いと言ってここんとこ仕事は休まれてます。
うちに、来られると・・・
「あ~~お腹すいた。朝から何も食べてないんや」
「あ~~女、欲しいわ~。あ~~女、欲しいわ」
「あ~~金ないわ。どうしよう。もう死ぬわ。首くくるわ」
この3つの話がメインです。
「なぁ~んにも、いらんから お水だけちょうだい」
そう言われ、おしぼり、灰皿、お水だけ・・・ってことが3~4回。
「電車に乗りたいんやけど60円足らんねん」
そう言って両手いっぱいの一円玉を見せ
「これ、60枚あるから十円玉にしてくれへん」
いやぁ~~~~~。わたしも、そないに一円玉不足してないし
「もういいよ、これ使ってくれたら」そう言って60円渡しました。
もう返してもらうつもりもありませんでしたが
60円は、ちゃんと返して下さいました。
ま、キッチリした方ですね(当たり前なんですが)
このように、ちょっと首をかしげることが度々あります。
近所にショットバーのようなお店がオープンした時も
「行こうよ、行こうよ」と誘われたものですから
う~~んと考えたけど、そのお店に挨拶がてら行きました。
あれもこれもと注文され、軽い食事もされ・・・
会計に時に
「あ!!!500円しか持ってないわ~!」
そう言われますので、わたくし、、、出しました。
お店を出てから
「いやぁ~~まいったまいった。財布に500円しか入ってないって
 おれ、こんなこと初めてやわ~。あ~びっくりした」
って、、、確信犯ちゃうん~~(-。-;) 
お金、自分の分だけでも出す気があれば
次の日でも返せるでしょうし。
そんなこんな色んなことがあっての昨日の出来事です。

もう、ここ数日は
「お金がない・・・もうすぐ冬になったら雪山に入って死ぬわ」
とか
「あ~~家賃、妹に借りてきた。そやけどそれで、お金パァ~や
 もう、死ぬしかないわ」
とか
「昨日は、期限切れのカップラーメン一個食べただけや」
とか
「お金がないから一日寝てた。もう死ぬだけや」
とか
そういう話ばかりで・・・
とにかく「死ぬ」って、ばっかり言うんです。
いいかげん、ちょっぴり頭にきてたわたしです。
で、昨日
「クーラー壊れて・・・」
「あら」
「困るわ~」
「でも、もうクーラーもいらないんちゃう?」
「いや~風呂上がりは暑いわ。まだ、いるわ」
「そうかぁ?」
そんな話のあと、電気屋さんに修理依頼の電話をしたらしいんです。
すると、家に行くだけで出張費が5、6000円かかるって言われたそうで
「あ~~どうしよう。あ~~どうしよう。5、6000円はすぐいるらしいんよ」
「ふぅ~ん」
「あ~~どうしよう。そんなお金ないわ」
「ふぅ~ん・・・」
「あーーー(と、頭をかかえ) どうしよう!
 なぁ、ママ(一応、わたし^^) どうしたらええ?」
「う~~ん・・・」
「お金ないねん。すぐいるんよー。あ~~どうしたらええ?」

プッチィ~~ン

わたくしの、どこかが・・・切れました。

「仕事、しぃ~~や!!毎日毎日ぐちゃぐちゃ言うて!」
「え・・・!?」
「クーラーなんて贅沢なんじゃ!」
「え・・・」
「クーラー欲しいなら仕事しぃ~~や。仕事できるんやろ!」
「いや・・・体の具合わるいし・・・」
「どこが、悪いねん」
「肌の具合が・・・」
「は、は、肌~~~?」
「この胸のとこが、肌おかしいねん」
「ほんだら、酒も飲むな!タバコも吸うな!」
「はぁ・・・(-。-)」
「毎日、死ぬ死ぬって言うて!ほんまに死ぬときだけ言うてくれ」
「はぁ・・・」
「自分は何とも思わんと言うてるんか知らんけど
 死ぬって聞いた相手の気持ち、考えたことあるのん?」
「いやぁ・・・」
「二度と、死ぬなんて言わんとって!」
「はい・・・」
「前から行ってる仕事も、いま休んでるけど復帰できるんやろ?」
「うん、いける・・・」
「じゃ、仕事しぃ~~~や!!」
「でも・・・肌の具合が・・・」
「んじゃ、病院に行け!」
「いや、病院は…嫌いで」
「んじゃ、ぐちゃぐちゃ言うな!」
「はぁ・・・」
「とにかく!!死ぬって言うな!」
「う。。。」


こんな感じで怒鳴ってしまったんです。
でも、あたいはスッキ~~リさ。イェ~~イ 045.gif
# by rakki_618 | 2010-09-30 14:08 | お店のこと | Comments(6)