カテゴリ:糖尿のこと( 89 )

6月29日(金)
糖尿病の定期検診でした。

ヘモグロビンA1C、前回は 6、7%でした。
今回は、少しマシでは?と思ってましたが
案の定 6、3% と 少しマシになってました。


「A1C、すごくいい数値になってるよ」

「え?すごく?」

「うん、6、3%になってる」

「あ、そうですか(^^;)」

「なんで、よくなったん?」

「なんでって・・・(^^;)
 炭水化物を控えました」

「低血糖は?」

「2回ありました」

「いつといつ?」

「え~~~っと・・・いつかは忘れました」

「今度から、書いておいて」

「はい」

「で、どんなだった?」

「はい、一回はスーパーのレジで。
 もう一回は・・・ちょっと忘れました」

「それで?」

「はい、スーパーのレジで・・・
 あぁ・・・きたな、と思ったものですから
 これは、まだまだ下がるなぁ~とわかったので
 車まで行かずに、レジ台でアイスクリームを
 食べて、しのぎました」

「もう一回は?」

「もう一回は、これは数字では70くらいでしたが
 ここからは下がらないなぁ~と思ったので
 何の処理もしませんでした。
 5~10分して血糖値を測定すると
 92になってたので
 あぁ、やっぱりな・・・何も食べずによかった。と
 そう、思いました」

「5分や10分で、血糖値が20も上がらないから
 それは、血糖値測定器がおかしかったんかもな」

「あ、そうですか」

「そうやで。冬なんかな、みかん食べて
 ちゃんと消毒せずに測定したら
 血糖値は、高いで」

「ほ~ そうなんですか」

「うん」

「じゃ、例えば ココアとか甘い飲み物で
 血糖値測定したら、高く出るんですか?」

「それは、やったことないけど
 今度、調べといてよ」

「はい、わかりました」


先生は、血糖値は5分や10分で上がらないと言ったけど
私は何度も調べてるけど、3分もしなくても上がる。
まぁ、それは 何かを食べてなので
何も、食べずには上がらないって意味だったのかな?

それと、早速 砂糖水で血糖値を調べてみた。 
最初 261 って出たので
ほ~~~ って思ってたけど
次は219→50→55→33 となった。
やっぱり、ちゃんと測定できないな・・・


「それで、低血糖の時の症状は?どんなん?」

「はい、冷や汗が出て・・・
 なんとなく、ピントが合ってないような・・・
 見る物のピントが合ってないっていうのではなく
 感覚的にピントが合ってない、って感じで
 甘いものを食べて、低血糖が おさまると
 ピタっ!と感覚が合う。って感じですかね」

「うん、その通りやね。
 やっぱ、低血糖を起こしてるわ」

「はい・・・」


今度の先生は、低血糖をものすごく気にしてくれる。
私は、その点では いい先生だと思っています。


「で、スーパーで低血糖が起こったとき
 なんで、そうなったの?」

「う~ん、スーパーで歩きすぎたからだと思います」

「そうか、わかりました」


この時、歩きすぎたからではない。
私は、先生の言われるように
昼12単位、夜12単位 というような
インスリンの打ち方はしていない。
炭水化物が多い食事もあれば
炭水化物がない食事もあるので
その都度、打つ単位を自分なりに計算してる。
このスーパーに行く前には お菓子を食べた。
そのお菓子を食べるときに、インスリンを打った。
だけど、その ちょっと前にもお菓子を食べたので
その分も・・・ちょっと追加しておくか・・・と
少し、多めにインスリンを打ったのです。
私のインスリン計算の見当違いのせいで
低血糖を起こしたのです。
でも、そんなことを言ってもわかってもらえないどころか
すごく責められる気がしたので、言わなかったのです。
私の本音は・・・
インスリンをいただければ、自分の思うように打ちたいんです。
自分なりに、ち密に計算してる(つもり)し
今までも、ピッタシ それで うまくやってきました。
ただ・・・そうねぇ・・・
月1回くらいは計算が合わないことあります。
これは・・・血糖値を少しでも下げたい!って気持ちが
そうさせると思うので、これからは ゆるく・・・します。
今は、まだインスリンも自分で打ててますが
80歳?85歳? それくらいまで この世におれるなら
その頃は、きちきちとインスリンを打つという
そんな生活はやめにしようと思っています。
今は、まだ旅行とかしたいし
旅行先の、色んな食べ物も食べたいので
もう少し、インスリン生活は続けたいと思っています。


「6、3%なら 昼は10単位で夜は12単位でいいかな。
 ちょっと、減らそうか」

「(え、え~~~減らさんとって(@。@))
 そうですか・・・はい、わかりました」

「じゃ、そうするね」

「先生!」

「え?」

「あの・・・診察には関係ないのですが」

「ん?はい」

「今、練炭火鉢で 弟を殺害したみたいなニュース
 やってるじゃないですか」

「え?あぁ~ はい」

「あれね、お父さんの事も言ってるのですが
 お父さんがインスリン打ってるのを知ってて
 甘酒を飲ませたら・・・意識不明になったとか
 で、お父さんが脳死になったとか
 そんなニュースなんですが・・・」

「はい??」

「あのニュースをインスリンのことを
 よく知らない人が見たら
 いかにも、飲み物にインスリンを入れたような
 聞こえ方すると思うんです。
 いえ、言ってませんよ。
 甘酒にインスリンを入れたなんて言ってないですが
 そのように、思ってしまう人多いかな?って思うのですが
 例えば、インスリンを口から飲んだとしても
 低血糖は、起こらないですよね?」

「うん、起こらないよ。
 なぁ~~んの変化もないよ」

「ですよね?」

「ただ、薬は別やで。
 薬を甘酒に大量に入れたら別やで。
 低血糖になるよ」

「はい、それは わかります。
 ただ、インスリン注射の液を飲み物に入れたって
 全然、効かないですよね?」

「うん、それは 何の作用もないよ」

「わかりました」

「え~~っと、次回は?」

「あ、それと血液検査なんですが
 町から、健康診断の通知が来たので
 町で、やってもらいます」

「はい、うんうん うちの家内も来てたわ」

「(結婚してたのね)そうなんですね」

「じゃ、結果は また持って来てね」

「わかりました。え~~~っと・・・
 9月は長い旅行に出る予定で・・・」

「え?どこ行くの海外?」

「いえいえ、関東です。
 9月は7日(金)にお願いしたいので
 逆算して・・・次回は8月の初めでお願いします」

「はい、じゃぁ~ 2ヶ月分のセンサーとか出せるね」

「はい、お願いします」



「2ヶ月分の指導料、とっておいて~」と
看護師さんに言ってた先生。
そうなんや・・・やっぱり、1ヶ月に一回の指導料は
いるんやなぁ・・・
3月の時には、請求されなかったように思うけど
そうなったか・・・仕方ないな。



 病院代、インスリン代  
c0211824_1393386.jpg
c0211824_139533.jpg
 


そうそう!体重は52kgでした。
もう少し、落とさなきゃなぁ~(^^)

次回の検診は8月3日(金)です。     
5月11日(金)
糖尿病の定期検診でした。
前回、ヘモグロビンA1Cは 6、5%
今回は 6、7%でした。
6、9%くらいになってるか?と思ってましたが
6、7%でした。
もっと、悪い感じになってると思ってたけどな。
反映、おそいのかな?
今回は、200以上の血糖値を何回も見たけどな。
7%まではいってなくてよかった。
ホッとしましたが・・・



「ん?A1C 上がったね。自分でなんでかわかってる?」

「はい、わかっています」

「なんで?」

「今回は血糖値測定では血糖値200以上が
 何回もありました。それっていうのは
 インスリンは太ってくるので、、、
 少しだけ、インスリンを打つのを控えたんです。
 なので、血糖値を思うほど下げれませんでした」

「うんうん、太った?」

「はい(^^;) 太りました」

「やよね、顔が丸くなってる」

「(><)そうですか(^^;)」

「うん、A1Cが高くなってる人は
 太ってきてるのよ」

「はい・・・」

「インスリンは確かに太るよ。
 でもね、食べたものを消費してないんよ。
 だから運動と食事と・・・
 どうのこうの、どうのこうの・・・どうのこうの・・・
 なんよ。わかる?」

「(あまり、聞いてない)
 はい、わかります。そうですよね」

「体重、はかってみよか」

「え、え~~~(@。@) はい・・・」


先生、この体重計が昨日から調子悪くって。。。
あら?だめだわ・・・あら?

と、看護師さん。

ええぞ~~~~!体重計!ええぞ~~~!!


あ!!先生、直りました!電気、入りました!


え?(@。@)なおったんかぁ~~~い(><)


「54、1kgです。そんな・・・じゃないですか」

と、看護師さん。




「うーーん、ここにきてくれたときには
 52kgやったから、増えてるね」

「はい・・・
 わたし・・・以前、先生に言いましたよね?
 絶対に次回、体重減らします!って。
 なのに、その約束 守ってませんよね?」

「うん、言ったよね」

「わかりました!次回までに
 体重は減らします!!絶対に減らします!!」

「わかった。じゃ、カルテに書いておくよ。
 体重は、減らすって書いておくよ」

「はい!
 それと、先生 一度 血液検査もしてくれますか?」

「うん、僕もね 思ってたんよ。
 去年、9月15日にしてるから
 また、9月にしようと思ってたんやけど
 次回、する?」

「あ、そうですか?いえ、じゃ9月で」

「はい、わかりました」


こんな感じでした~~(^^)
次回の検診は6月22日(金)です。



 病院代とインスリン代
c0211824_19512075.jpg

c0211824_19553589.jpg





5月24日(木)は
町からの子宮がん検診と乳がん検診を受けてきます。
3月30日(金)
糖尿病の定期検診でした。


 病院には、桜の木がいっぱいあって
 満開でした~(^^)
c0211824_10564573.jpg



検診結果は
ヘモグロビンA1Cが 6、5%
6、9% → 6、6% → 6、5%
こんな感じで落ち着いてきました。
インスリンさまさまです。
インスリンちゃん、いつも ありがとう。
私の笑顔の源だよ~~ん!大好きよ(^^)


今回からインスリン針が、また新しくなって
ますます、痛くないと思う。
もともと、そんなに痛くないけどね。
う!(><)ってほど痛い時と
ちょっと痛い時と
全然、痛くない時 がある。
まぁ~ ほとんど痛くないので苦痛さはない。
それが一段とレベルアップしたらしいので
残ってる針を使いきって
早く、新しい針をためしてみたいな(^^)





「どうですか?」

「はい。特に変わりは・・・」

「どう?低血糖はなかった?」

「先生、一回だけありました。
 お出かけしてて、ちょっと歩きすぎて
 ん?なんか、おかしいと スグに気づいて
 血糖値、測定したら 50でした。
 スグに甘い飲み物 飲みましたので 大丈夫でした」

「それ、よくあるんよ。
 僕らもね、患者さん連れて遠出することあって
 よく歩くから 夕方になると7~8人が
 低血糖になるんよ」

「あーー そうですか(^^;)」

「A1Cは 6、5% 順調やね」

「はい」

「な!僕が言ったやろ?
 やってみな、わからへんって。
 な!こういうことなんよ。
 もう2、3年前のやり方じゃあかんねん。
 な、だから 僕が言ったのは これなんよ。
 な、やってみるもんやろ?」

「はい、ほんとですね~
 先生の言われる通りです」



いやいや・・・
先生、私ね・・・
私の思う打ち方でインスリン打ってるんです。
それで、うまくいくことは
もう、自分が十分わかってるんです。
今までも、それで うまくいってきたんです。
なので・・・先生の言われる通りにしたら
高血糖、低血糖の繰り返しになり
体にも悪いと思うんです。
なので、自分の思うようにインスリンは打っています。
でも、インスリン欲しいがために
先生にヨイショしています。
なので、先生の目をまともに見れなくて、、、
ほんと、すみません(><)



「な、そやろ?そういうことなんよ。
 やらな、わからんもんやろ?
 だから、僕が言ってたのはコレなんよ。
 やってみるもんやろ?」

「はい、そうですね(^^;)」

「で、今 インスリンの基本は?変えた?」

「基本は・・・
 今は、お昼も食べるようになって
 昼と夜では、基本が・・・違います。
 昼も食べるので、インスリンは全然 足りてません」

「うん、お昼 食べるのはいいことやで。
 基本を書かないといけないからなぁ。
 え~~っと・・・お昼は8くらい?」

「いえ(><) 8では、とても足りなくて」

「じゃ、10にしとく?」

「はぁ・・・はい」

「で、夜は?12くらい?」

「はい、それでお願いします」

「空打ち2単位を入れて・・・え~~っと
 一日12単位と14単位で26単位か」

「あ!先生!4月の最終金曜日は旅行でいません。
 で、5月は連休がありますので
 次回は5月11日の金曜日に検診お願いしたいんです」

「え?となると・・・6週間後か」

「はい」

「うーーんと・・・」


計算機を片手にインスリンがどれほどいるかを
計算してくれて・・・


「ヒューマログ4本いるね・・・
 ま、多めに5本出しておこうか」

「(やった!!)はい、お願いします」

「あと、トレシーバは・・・」

「そっちは1本残っています」

「はい」




やった~~~!!
前は、血糖値を昼も測定してくれなきゃ
インスリンはこれ以上出せないって言ってたけど
やったね!(^^)
何も言われずに、多めにもらえた~~
ニコニコで富士山旅行できる~~
インスリンのことは心配しなくてもいい!

あ~~
先生、ごめんなさいね。
先生の言う通りの打ち方してないけど
それは、もう・・・わかって~~
今、それで うまくいってるから m(。。)m



病院代、以前の病院より安くなって
一ヶ月半に一回の検診になると
もっと安くなる計算になる。
いまのところ、こっちの病院にして
よかった・・・かな(^^)


 病院代、インスリン代
c0211824_1127487.jpg
c0211824_11271841.jpg


そうそう!お薬手帳、忘れてしまって。。。
これ忘れたら40円高くなるんですか?
そう聞いたら
うちは、高くなりません。
そう言ってました。
薬局でも、いろいろと違うんですね~。
でも、次回は ちゃんと忘れずに持参しなきゃ!


次回検診は 5月11日の金曜日。
2月23日(金)
糖尿病の定期検診でした。


ヘモグロビンA1Cは前回6、9%から
今回は6、6%になりました。


「おぉ、下がりましたよ。
 どうですか調子は?低血糖はなかった?」

「はい、低血糖は一回もありません。
 以前とは違って、ゆるい感じで
 インスリンも打ってますので
 5%台にならなくても6%台なら
 もういいかな?と思ってます」

「うん、欲を言えば6、5%以下になってほしいんよ」

「あ、そうですか・・・はい」



他にもちょろちょろと お話はしましたが
とにかく、先生の言うことに あまり逆らわず
無事に、定期検診を終えました(^^)
次回は3月30日(金)です。


 病院代、インスリン代
c0211824_2346859.jpg
c0211824_23461759.jpg

1月26日(金)
糖尿病の定期検診でした。


ヘモグロビンA1Cは 6、9% でした。
前回、7、7% だったから 下がってます。
目標の6%台になりました。
血圧も調子よく 128/73 でした。



「お、A1C 下がってるよ~」

「はい。一日一回打つインスリンを
 先生が言われたように、寝る前ではなく
 夕食時に打つようになってから
 朝の血糖値が、下がりました(^^)」

「はい。どれくらい打ってますか?」

「はい・・・一日一回のインスリンは その・・・
 16単位って言われてますが 
 18単位打ったり(^^;)
 もうひとつのインスリンも
 正直、8単位では足りなくて・・・
 もう少し、打っています(^^;)」

「うん、基本は?」

「基本は・・・まぁ、8単位です」

「それならいいよ。基本がそれで決まってるならいいよ」

「はい」

「な、俺が言ったやろ?
 固定観念、捨てたら ええ結果でたやろ?」

「はい・・・」



ん?それ、私が先生に言いたい言葉なんだけどなぁ。

先生には、黙っていたけど
先生こそ、8単位打つという固定観念を捨てていただき
多く食べるときには、それなりに・・・
また、少なく食べるときには それなりに・・・
そんな風に臨機応変にインスリンを打つという・・・
そんな考えを持ってほしいけど 
無理そうなので、言いません。
絶対に、言わないことにします。

先生は・・・
な、固定観念 捨てたら ええ結果出たやろ?
そう言われましたが、私は 私なりに
8単位と言う固定観念を捨て
それなりの自分の打ち方を実行しています。
それで今まで うまくやれたし
やっぱり思った通り 今回もそうすることで
ヘモグロビンA1Cが、うまく下がりました。

おとなしく先生の言うことを聞いて(フリしてか)
インスリンの打ち方は
自分の思い通りにさせてもらいます。
それが、うまく行くと思うのです。
なので・・・こういう打ち方、続けますm(。。)m



 病院代、インスリン代
c0211824_20503582.jpg
c0211824_20505182.jpg

以前の病院では、診察(インスリン治療の時)には
8000円はかかったので
やっぱり、病院変えて安くなったよな・・・
12月8日(金)
糖尿病の定期検診でした。

ヘモグロビンA1Cは 7、7%でした。
微妙に下がってますが(^^;)




「どうですか?」

「はぁ、特に何も・・・」

「これがこうで、こうなって・・・」と

私の血糖値の記録手帳を見て話す先生。
今日は、お互いに穏やか・・・
私は自分の意見を言うことを・・・少しあきらめてる。
はい、はい・・・と
先生の話を静かに聞くだけ。

「風邪、ひきなよぉ」

「はい、ありがとうございます」

もっともっと話したんですが
すごい大切な話もなくでした。

よ~~し、次回までに 6%台になるぞ!
とかいう目標もなく、、、
なんだろか? 
やる気の出ない定期検診でした。



  病院代、インスリン代。
c0211824_2224853.jpg
c0211824_2225412.jpg




定期検診の日は開放的な気分になって、うれしくって
絶対に何か外食したくなるのです。


  旦那と、しゃぶしゃぶ食べ放題へ。
c0211824_3571896.jpg
c0211824_3573259.jpg

あ~~ 美味しくて幸せでした(^^)



  お隣さん、家を取り壊して更地になりました。
c0211824_3575637.jpg

11月10日(金)
糖尿病の検診でした。
先生と口論になりました。
まるで、子供のケンカです(^^;)


「どうですか?」

「はい、まぁ・・・特に変わりないです」

「A1C 7、9% になってるよ」

「そうですか・・・」

「上がってるね~」

「はい・・・」

「ヒューマログ打つか・・・」

「はい、お願いします。
 (やった!!やっと、ほしかったインスリンがもらえる!)」


ヒューマログと言うのは、今いただいてるインスリンとは
違う種類のもので、即効性があるので
私は、これが ほしかったのです。


「前は、どれくらい打ってましたか?」

「う~~ん、それこそ ご飯をきっちり食べるときは
 24単位とか、打ってました」

「24単位?すごい量やね」

「はい」

「今回は、そんな 打ったらあかんよ」

「はい、糖質制限してますので」

「うん、じゃぁ・・・どれくらいの単位にしようか?」

「先生、あの・・・
 朝、昼、晩って打つんですか?」

「うん、どれくらいの単位にしようか?」

「先生、決まった単位ではなく 食べるものによって
 決めるのはダメなんですか?」

「うん、それは、そうなんやけど 基本をね決めなきゃ」

「そうですか、はい」

「え~~っと・・・6単位くらいかな?
 朝食にも、6単位でいいかな」

「あの・・・いちいち口出すようで悪いのですが
 私、朝は食べないので 打たなくてもいいのでは?」

「あなたが、言ったんじゃない!朝、打ちたいって!」

「・・・・・・(><)」

「あなたが、言ったの!!打ちたいって!」

「言ってませんよ!!!」

「言うた!!!」

「言ってません!!!!
 なんで、私が言うんですか!
 私は朝食は食べないんです!!!
 なのに、インスリン打ちたいなんて なんで言うんですか!
 低血糖で、死んでまうわ!」

「言うた!」

「言ってない!って、言ってるでしょうが!」


まるで、子供のケンカ(^^;)
その後、先生がおとなしくなり・・・
また、自分だけがペラペラと話すので


「先生!患者の言うことも聞いて下さいよ!」

「あ・・・血圧、はかりましょか」


血圧は 204  2回目 197


「わぁ~~~~!熱くなったらダメですね。
 すみません・・・」

しばらくして 血圧は 140

でも、もうこの病院には来ない!
二度と、来るか!
最初だけやん!優しかったん!
そう思ったんだけど・・・
冷静になれば、先生だって
もし私が、口論中に倒れたら すごく問題になって
困っただろうなぁ・・・
だから、言いたいことも おさえてくれただろうな・・・
そう考えなおしました。
先生も、また にこやかに話してくれ出しましたし
私も、また にこやかに話せました。


まぁ、よかったよかった(^^;)


「インスリンは、6単位までね」

「わかりました。どんな食べても7単位以上は
 打ちません」

「うん、ま、8単位くらいまでなら」

「(どっちやねん?)あ、そうですか・・・
 では、8単位までですね」

「うん、でも 基本6単位で」

「わかりました」


こんな調子で検診も終わり・・・
また、来月も、この病院に行きます。 

しかし、子供のケンカやね(><)
はじゅかし~~~~(^^;)
反省反省!!
先生、ごめんあさぁ~~い!



   病院代、インスリン代
c0211824_2193065.jpg
c0211824_2194857.jpg

10月13日(金)
糖尿病の定期検診でした。


先生は、ふつうな感じでした。
あさイチ血糖値が高く、その後も血糖値が上がる。
私が、そう話した時
その証拠(?)を見せて。と言われ
あさイチ血糖値測定の後、こまめに血糖値を測定。
その、データを見せました。


あさイチ、1時間後、2時間後です。
(ほんとは、もっと細かく測定しています)


<<9月29日~10月13日分です>>

29 (金)         
30 (土)150 173 158
 1(日)145 156 144
 2(月)148 170 153
 3(火)162 196 204
 4(水)189 176 216
 5(木)168 194 180
 6(金)189
 7(土)174 167 164
 8(日)163 167
 9(月)174 187 190
10 (火)211 199 185
11 (水)164 168 181
12 (木)161 139 158
13 (金)242


「あさイチから上がる日と下がる日、ありました」

「な、こうやってデータ取ったらわかるやろ?
 だから、そこやねん。僕がデータ取ってって言ったのは」

「はい」

「これで、わかったやろ?」

「はい・・・」

「こんなん、ヒューマログ打ってたら低血糖になるよ」

「はい・・・」


私は、もう何も言い返しませんでした。
私は自分の体で何度も経験して知っています。
朝起きてから、3時間くらいまでは
血糖値が上がるときあります。
もちろん、そうでない時もあります。
平均、1時間半くらいまでは上がります。
なので・・・
ヒューマログと言うインスリンを少し打ってあげると
すこぶる調子がいいのです。
低血糖を起こさないよう気を付けながら
その日の調子をみて、少し打つんです。
そうすれば、200近くまで上がる血糖値を
うまい具合に150以下に抑えれるんです。
同じインスリンを打っても、血糖値の下げ方は
日によってちがいます。もちろん前日の食べ物でも。
そういう細かいことを考えながら打つインスリン。
そのインスリン量の計算をするのが・・・
私は好きなんです。

でも、そんなことを説明するよりも
はいはい。って素直に聞いておとなしくしてる方が・・・
得策だと、前回わかったので おとなしく はいはい。です。
今は我慢の子です。
まだまだ、時間がかかりそうですが・・・
今はまだ、一日中効果のある ゆるいインスリンしか
いただけませんが、、、
もう少ししたら・・・違う種類のももらえるかな。
インスリンがもらえないなら、、、
薬なしの7%台でいい。
もう、それでもいいんじゃないの?
そんな風にも思ったり・・・
考えるのが疲れてくるんです(^^;)
はぁ~~あかんな、諦めたらあかんな(^^;)

先生とも信頼関係が築けるまでは時間がかかるだろうし
私の言うことを理解していただくより
私が先生を理解できるようにならなきゃ・・・かな。


「え~~っと、針とかあるかな?」

「はい、インスリンの針はまだあります」

「消毒綿は?」

「それも、あります」

「じゃ、センサーやね」

「はい。
 先生、こういうセンサーとかは?
 いただくほどに金額があがるんですか?」

「え~~っと、どうかな」

「同じなのかな・・・」

「違うと思うんやけど」

「そうですか」



診察が終わり、会計を済ませた私を追っかけて
看護師さんが、言ってくれました。

「さっきの話なんですけどね、消毒綿などは全て
 指導料に含まれてますので、お金かかりませんよ」

「そうですか、ありがとうございます!」


親切で、優しい看護師さんだな・・・ありがとう。



これ、お金かかりますか?なんて・・・
ちょっと、恥ずかしい質問に感じてしまって
なかなか、しにくい質問なんですよね(^^;)
だけど。。。
消毒綿ひとつにしても お金がかかるなら
家にあるのを使えばいいのだから いらないし・・・
無駄なお金は支払いたくないんです。今の私は。
だけど、、、ちまちまと・・・
これ、お金いります?なんて聞くのが みじめ。。。
そんな気分になります。
でも、ええやんなぁ~~ だって、気になるもん!




ならば

コンビニによって、散在するの無駄!やめろよ。と 影の声

それは、無駄じゃないの!私の幸せなんですから~

ほんま、勝手やな。と 影の声

まぁまぁ・・・おさえておさえて。



 

   病院代、インスリン代(ヒューマログ2本分)「
c0211824_111380.jpg
c0211824_1111391.jpg


次回の糖尿病検診は、11月10日(金)
最近、炭水化物を食べすぎ!
もうすぐ、また前みたいなインスリン治療が
できるかなぁ~って思うと・・・
ちょっと、油断してパン類を食べてしまってます。
そうは言っても、ガッツリは食べれません。
ほんの少し、口にしてしまいます(^^;)
だけど、米粒は食べれません。
とにかく、私は「米粒」で血糖値がすごく上がります。
しかも、何時間も下がりません。
食べると、目がクシャクシャしてきますし、、、
まだ小麦粉の方が血糖値の上がり方がマシな気がします。
あんなに大好きな米粒は我慢できるようになりましたが
どうしても我慢できないもの・・・
それがスイーツなんです(^^;)
甘いもの、好きなんですよね・・・
ここ最近、コンビニさんのロールケーキにはまり
毎日のように食べてます。美味しいんですよね~
それと、プリンにもハマってます。
インスリンに戻ろうと思ってから
ついつい1個食べてしまいます。
それまでは、我慢したり 食べても半分くらいだったのに。
やっぱ、甘いものは幸せになるのよね~
甘いものが苦手、なんて言ってみたいものです。

で、

そんな生活を続けていたら・・・
また、タンが絡むようになりました。
やっぱ、こわいよ炭水化物。
こう、続けざまに食べてると こうなるんだな・・・
たま~に食べるくらいなら、そんなことなかったのにな。
それに体重が3kgも増えました。
48kg台までなってたのに、今は51kg台です。
やっぱこわいよ、炭水化物。
ちょい、気を引き締めて3kg落とします。
糖質制限も、がんばります(ゆる~~い糖質制限ですが)




        こんなパンパンだった火傷あと
c0211824_654942.png

おまえを、針で、つっついてやろうかぁ~~
ひっひっひ~  とも、思いましたが
静かにしておきました。


        角度によっては、わからなくなりました。
        つーか、わかりにくい角度で写しました。
c0211824_6541671.jpg





あ~~~旅行したい。
毎日のように、バスツアーのサイト見ては・・・
行きたいなぁ~~~って思ってます。
昨日29日(金)は糖尿病の診察日でした。


新しい病院に変わってから2回目です。
一日に一回だけ打つと言うインスリンをいただき
すごく少ない量で試し打ちをしていってます。


「どうですか?」

「はい、特に変わりはないです」

「朝の血糖値が、だいぶ下がってますね」

「あ・・・はい」

「A1Cは月一回しか検査できないから次回にしますね」

「はい」

「検尿しますか?」

「え?それは何を調べるのでしょうか?」

「タンパクとかですね」

「いえ、今日はいいです」

「え~~っと また血液検査しておきますか?」

「え?(@。@)2週間前にしたばかりですよね?
 え?そんな何回もしていただかなくても(^^;)」

「はい、でも次回は尿も取ってもらいますね」

「はい、わかりました」

「あさイチが、この数値ならいいんじゃない?」

「先生、この数値から20~50くらい上がるんです」

「僕は、それを見てないからなぁ 
 じゃ、その証拠見せてくれる?
 上がった時の血糖値を見せてくれる?」

「はい」

「そうしたら、あ~ インスリンがいるなぁ~って出せるし」

「わかりました」

「ウソついたらあかんよ。上がった数値を出すために
 わざと何か食べて測定しないでね」

「(^^;)なんで、そんなことを・・・
 そんなん、しませんよ・・・」




その後、色々と話しは続いたのですが
僕の言うこと、聞きなさい。的な話ぶりになったので
わぁ・・・最初だけよかったのかな?って思いました。
それに無駄な検査をすすめられるのは かなわないなぁ。
この病院の先生、よかった!って思えたのは・・・
ビギナーズラック?のようなもの?
先生が、私の話をおさえつけたような話し方になったので
途中から、、、話そうと言う気をなくしてしまった。
バカみたいに「はい、はい」って言っておけばいいかな・・・
そんな気になってしまった。
まぁ・・・2週間後にまた行くけど
イマイチに感じたら、また病院を探すかな。
それとも、そこまでキチキチしなくても
適当に合わせながら、、、やっていくかな?
あ~ どこ行っても同じかもな・・・



   病院代は安かった。
c0211824_11513457.jpg







お隣さんが家を新築するらしい。

   

   先日、挨拶に来て下さいました。
c0211824_11523611.jpg
 
うちのご近所さんは、皆さんお金持ちです。
会社を経営されてたり、商売されてたり
すごい土地を持っておられたり・・・
そんな ご近所さんに囲まれ
貧乏な我が家があります。
ふ~~ 
人とくらべることなかれ。
くらべるところから不幸が始まる。
いつも、強く思ってはいますが
やっぱ、お金持ちはいいなぁ~
8~9割の願いはお金で叶うよなぁ・・・
でも、あとの1~2割が大切なんだってば!!

ふぅ・・・強がりでしょうね。
お金は、やっぱいいもんだよ。
お金さん、あなたに 一生、片想いです。


お金は少なくても、普通に暮らしてまぁ~~~す♪
毎日、楽しいでぇ~~す(^^)