カテゴリ:糖尿のこと( 94 )

10月26日(金)
糖尿病の定期検診でした。

血液採取での血糖値が70。


「しんどくないですか?大丈夫ですか?」

初めて顔を見る若い看護師さん。

「うんうん、大丈夫です。
 この血糖値測定器ね・・・
 10低く出ますね(^^;)」

「え(@。@)そうなんですか?」

「うんうん、私 いくつも測定器持ってるんですが
 これは、必ず低く出ますね(^^;)
 そやから、全然 大丈夫ですよ~」

「でも、これ新しくなったんですよ」

「うんうん、今 使ってもらったのは
 いっこ前の測定器やわ~(^^)
 それが、低く出ますわ~
 新しくもらったのは 
 今のところ、ちゃんと出てます~(^^)」

「あ、そうなんですか(@。@)
 いい情報 ありがとうございます」

「いえいえ、私の思い違いだったら ごめんなさい。
 でも、体感は低血糖症状はないです(^^)」

「はい(^^)」



今回のヘモグロビンA1Cは
ちょっと上がってるだろうな・・・
そう思ってたんですが・・・
先生の診察になり・・・


「どうですか?今回もA1Cいいですよ~
 前回と同じで 6、0%です」

「え?あれ??上がってませんか?」

「うん?なんで?なんで、そう思うの?」

「はい、今回は、200超えた血糖値が
 何回もあったし・・・あれ?おかしいなぁ~」

「それだったら、測定してない時に
 低血糖を起こしてる可能性があるね」

「いえ、ないです。今回、低血糖は一回もないです」

「低血糖は、気を付けてよ」

「はい。
 先生とこのヘモグロビンA1Cを測定してる機械は
 血糖値測定器の会社と同じなんですか?」

「え?(@。@) え、え~~~っと・・・」


看護師さん2人が機械の箱を探して
持って来てくれました。


「これ、これやで。う~~ん、なんて会社かな?」

「横文字ですね(^^;)」

「うん、でも血糖値測定器の会社とは違うわ」

「ほんほん・・・わかりました~ はい。
 探していただき、すみません。
 箱、見てもわからないですわ(^^;)
 ただ、血糖値測定器では血糖値が低めに出るので
 もしかしたら、ヘモグロビンA1Cを出す機械も
 同じ会社なら、、、低く出るのかな?って思ったもので」

「ま、血糖値も10~20の誤差出るからね」

「(いやいや、先生 50くらい違うことがマレにあり
  びっくりするんですよ~)
 そうですね・・・(^^;)」

「え、え~~っと・・・」

「ヒューマログはゼロで、トレシーバは1本残ってます」

「え~っと、次回は?いつ来れますか?」

「11月30日の金曜日、いけますか?」

「はい、大丈夫ですよ~ 
 そうしたら、次回まで35日で・・・
 一日、トレシーバが16単位で・・・
 え~~っと 空打ちが2で・・・
 ヒューマログが・・・12と12と・・・」

「・・・・・・」

「トレシーバは1本残ってるから2本でいけるね。
 ヒューマログ3本でカツカツかな。
 4本にしとく?」

「・・・はい」

「5本にしとく?」

「はい!お願いします!」



定期検診は、こんな感じでした。



 病院代、インスリン代
c0211824_12285387.jpg

c0211824_1229124.jpg



 前回、計算違いがあったらしい。
 60円、少なかったんだって(^^)
c0211824_1229857.jpg

糖尿病の定期検診は、今週の金曜日。
今回は、血糖値200超えが
何度も、あったし・・・
マジで ヘモグロビンA1Cは
少し、悪くなってると思う。
6、3% か 6、4% くらいか?
前回と同じ 6、0% なら
血糖値測定器が、おかしいかも知れないな。
今回は、関東旅行もあったので
旅行中には、インスリンをたくさん使ったので
今日、現在 インスリンは もうわずかしかない。
この前も、旦那と行ったスーパーで
大福餅の前に立って、、、買おうか悩んでた私。

「あ~~~~!!我慢する!」

「え、え~~?(@。@)珍しいなぁ。
 いつもやったら、いっちゃえ~~!って買うのに」

「ないのよね・・・」

「何が?」

「インスリンよ~ もうないんよ。
 こんなん食べたら、どれほど打たんなんか。。。」

「そうなんや~ そいでか? いつ、病院よ?」

「今週の金曜日なんやけどな。
 ま、まだ、ちょっとはあるで。
 でも、ちょっとは残しておかんとな。
 いつ急に 何、食べたくなるかわからんしな」

「そうなんや、そやけど もう、ちょっとやん」

「うん・・・まぁな。
 今回、旅行したしな。
 そやから、かなりインスリン使ったしな。
 旅行くらい、気にせんと バンバン食べたいしな」

「(おまえ、いつも 食べてるぞ。みたいな顔して)
 う、う・・・ん。そやな(^^;)」





さっき、夕食 食べたんです~。
ロールキャベツ、作ったんです~。
失敗したんです~。
ロールキャベツ、下手なんです~。
形もダメで、味もダメだったんです~。
なのに、いっぱい食べたんです~。
それで、おにぎりまで食べたんです~。
インスリン、ないのに食べたんです~。

なので、久しぶりに自転車に乗りました。
幼馴染のKちゃんから、もらった自転車で
近くのグランドを10周してきたんです。
あのグランド、夜 暗いな。電灯ないんかな?
5周くらい走ったところで
胸のところと、手のあたりが
電飾で、チカチカしてる人が
グランドの中に入ってきたんです。
よ~~く見たら、、大きな犬も一緒です。
犬は好きだけど、やっぱり怖い。。。
真っ暗だし、、、怖い(><)
そう思ってましたが
すぐにグランドから、見えなくなりました。
なので、何とか 10周走ってきました。
お昼だったら、ワンちゃん見れたのになぁ。

ふ~ 気持ち、よかった(^^)
9月7日(金)
糖尿病の定期検診でした。
特に変わったこともなく
ヘモグロビンA1Cは
前回と同じで6、0%でした。

あ、血糖値測定器が新しくなりました。
以前のもの(グルテストエブリ)は
使わなくなったそうで
グルテストアイってのに、なりました。


      
      可愛い画像が表示されます♪
      月によって、画像が変更するとか
      音声も出ます(^^)
c0211824_10173234.jpg




      乾電池です。
      ボタン電池は災害の時になかなかなくて
      困ったそうで、乾電池になったそうです。
c0211824_10201282.jpg




 病院代、インスリン代
c0211824_1021344.jpg
c0211824_10215155.jpg


次回は、10月26日(金)です。
8月3日(金)
糖尿病の定期検診でした。

看護師さんに採血してもらってるとき
すごく、暑いですよね~って言われたので
うち、クーラーないんですよ。って言うと
え、え~~~(@。@)って驚かれ・・・

それから診察室に呼ばれて
先生が・・・

「〇〇さん(私)とこ、クーラーないって?」

「はい」

「え、え~~~!!(@。@)
 気を付けてよ、この前も熱中症で
 〇〇さんと同じくらいの年齢の人
 病院に運ばれてきたんよ。
 点滴したんやけどな。
 クーラーあるのに、電気代がもったいないって
 使ってなかったんやって。
 〇〇さん、クーラーつけずに我慢してない?」

「いや・・・我慢も何も、クーラーがないですもん」

「あ、そうか・・・よく過ごせるなぁ~」

「はい、今年36歳になる息子が
 小学生の時、クーラーが壊れて・・・
 それから、ずっとクーラーはないです。
 ま、息子は彼女のために自分の部屋に
 クーラーを取り付けて
 取り付けた途端、フラれましたが」

「(^^;) そんな昔からないの?
 でも、今年は特別暑いやろ?」

「まぁ・・・そうですねぇ。
 でも、扇風機で全然いけますけどね。
 仕事場は、クーラーありますけどね」

「熱中症、ほんまに気を付けてよ」

「はい」


ヘモグロビンA1Cは6、0%でした。
前々回6、7%
前回 6、3%
今回 6、0%


「A1Cは6、0%
 これ、よすぎるよ。低血糖なかった?」

「はい、なかったです。
 2回ほど、あ~くるな~って思ったので
 すぐに対処しました。
 なので、数値としては低血糖はなかったです。
 血糖値測定も200超えたのは1回でした」

「うん、高血糖は気にしてないのよ。
 とにかく、低血糖だけは起こさないようにね」

「はい、わかりました」


先生は、低血糖をすごく気にしてくれる。
それは、先生と一緒で 私もそう思います。



病院では近所の奥さん2人と会いました。
一人は、家の前の奥さん。

「この前、犬の写真 送ってごめんね。
 孫が、勝手に送ったんよ。
 犬、亡くなって悲しいのにな。ごめんな」

「なんで~ もう3年も前よ。
 大丈夫やで~」

やっぱり、前の奥さんは優しい人やなぁって思った。
もう一人の知り合いの人は次男の同級生のお母さん。
旦那さんが糖尿病らしいので
色々と、話を聞かせて。って言われて
7日(火)喫茶店で会うことになりました。
 
 
 病院代、インスリン代
c0211824_44168.jpg
c0211824_442589.jpg

家に帰ってから
旦那にクーラーなしで大丈夫?
そう聞くと
扇風機で十分いけるよ。って言ってた。
よかった~(^^)
もし、クーラー欲しいと言われても
よう買いませんけどね(^^;)でへ





夜は、お客さんのまーちゃん(仮名)に
食事に連れてっていただきました。


 美味しかった~~!
c0211824_443775.jpg
c0211824_445160.jpg
c0211824_445834.jpg

2つめの画像は
中とろとサーモンの炙りを・・・なんだっけ?
忘れたけど、何かのソースでからめてる?のですが
これが、めっちゃめっちゃ美味しくて!
こんな美味しいものは、食べたことがないわ~
100個くらい食べたかった・・・

まーちゃぁ~ん、美味しかったよ~~~
ごちそうさま!いつも、ありがとうな(^^)
けっこう前から
糖質制限パンが発売されてますね。
私は、けっこう食べてます。



 種類が増えたね~ まだ、あるやろうな。
 (ちょっと前に買って撮った写真なので
  パンの消費期限の日付が古いです)
c0211824_15102460.jpg



 これは、めちゃ美味しい!
 ま、普通のパンよりは糖質少ないけど
 これ一袋食べたらインスリン4単位~5単位打つかな。
c0211824_15103916.jpg



 これは、ほんとにまずい(><)
 ケスケスして、まずい~
 でもね・・・段々、味に慣れる!
 ほかの何かと一緒に食べるといいかな。
 たとえば、豚肉とかきゅうりとか・・・
 これ、一袋食べたって インスリンは1単位。
 これなら、インスリンなしでもOKでしょう。
c0211824_15104649.jpg



 う~~ん、イマイチかなぁ。
 でも、糖質制限パンケーキで
 ここまで頑張ってくれてるのはすごい。 
c0211824_15105338.jpg



 ねっちょりしてるかな(^^;)
 これ食べて、糖質が 12、9gなら
 普通のパンを少し食べるかな(^^;)
c0211824_1511083.jpg

他にも、生クリームあんパンや
ブルーべリーとヨーグルトのパンかな?
そういうのもある。
一番目のデニッシュパンは、うまい~~!
あれ、よく買って食べてます(^^)


今は、糖質制限の食べ物が多くなってきて
糖尿病の私にも うれしいです。
昔の糖質制限パンは、もっともっとまずかったので
日々、研究してくれてるんだろうなぁ~って思います。
お米にも、糖質制限お米ってできないのかな?
ご飯粒、なんとか食べずに我慢できてますが
たまに、どっかぁ~~ん!って食べてしまいます。
お漬物や、焼き魚を食べると・・・
あか~~ん!許して~~~!って思う。
白飯が、ほしくなる~~ 食べてまう~~
うまいもんなぁ。
でもね・・・炭水化物は、怖い。
次の日、まともに調子が悪い。
しかも3~4日は続く。
ちょっと、食べるだけなら 消化できるんやろうなぁ
でも、ご飯粒を たくさん食べると・・・
何日も、消化できないわ。
言い換えれば、持久力がすごい食べ物なんよね。
悪く言えば、しつこくて よく言えば、粘り強い。

糖尿病の私には、、、あかんけど
うまいんよなぁ~ 炭水化物って(^^;)
6月29日(金)
糖尿病の定期検診でした。

ヘモグロビンA1C、前回は 6、7%でした。
今回は、少しマシでは?と思ってましたが
案の定 6、3% と 少しマシになってました。


「A1C、すごくいい数値になってるよ」

「え?すごく?」

「うん、6、3%になってる」

「あ、そうですか(^^;)」

「なんで、よくなったん?」

「なんでって・・・(^^;)
 炭水化物を控えました」

「低血糖は?」

「2回ありました」

「いつといつ?」

「え~~~っと・・・いつかは忘れました」

「今度から、書いておいて」

「はい」

「で、どんなだった?」

「はい、一回はスーパーのレジで。
 もう一回は・・・ちょっと忘れました」

「それで?」

「はい、スーパーのレジで・・・
 あぁ・・・きたな、と思ったものですから
 これは、まだまだ下がるなぁ~とわかったので
 車まで行かずに、レジ台でアイスクリームを
 食べて、しのぎました」

「もう一回は?」

「もう一回は、これは数字では70くらいでしたが
 ここからは下がらないなぁ~と思ったので
 何の処理もしませんでした。
 5~10分して血糖値を測定すると
 92になってたので
 あぁ、やっぱりな・・・何も食べずによかった。と
 そう、思いました」

「5分や10分で、血糖値が20も上がらないから
 それは、血糖値測定器がおかしかったんかもな」

「あ、そうですか」

「そうやで。冬なんかな、みかん食べて
 ちゃんと消毒せずに測定したら
 血糖値は、高いで」

「ほ~ そうなんですか」

「うん」

「じゃ、例えば ココアとか甘い飲み物で
 血糖値測定したら、高く出るんですか?」

「それは、やったことないけど
 今度、調べといてよ」

「はい、わかりました」


先生は、血糖値は5分や10分で上がらないと言ったけど
私は何度も調べてるけど、3分もしなくても上がる。
まぁ、それは 何かを食べてなので
何も、食べずには上がらないって意味だったのかな?

それと、早速 砂糖水で血糖値を調べてみた。 
最初 261 って出たので
ほ~~~ って思ってたけど
次は219→50→55→33 となった。
やっぱり、ちゃんと測定できないな・・・


「それで、低血糖の時の症状は?どんなん?」

「はい、冷や汗が出て・・・
 なんとなく、ピントが合ってないような・・・
 見る物のピントが合ってないっていうのではなく
 感覚的にピントが合ってない、って感じで
 甘いものを食べて、低血糖が おさまると
 ピタっ!と感覚が合う。って感じですかね」

「うん、その通りやね。
 やっぱ、低血糖を起こしてるわ」

「はい・・・」


今度の先生は、低血糖をものすごく気にしてくれる。
私は、その点では いい先生だと思っています。


「で、スーパーで低血糖が起こったとき
 なんで、そうなったの?」

「う~ん、スーパーで歩きすぎたからだと思います」

「そうか、わかりました」


この時、歩きすぎたからではない。
私は、先生の言われるように
昼12単位、夜12単位 というような
インスリンの打ち方はしていない。
炭水化物が多い食事もあれば
炭水化物がない食事もあるので
その都度、打つ単位を自分なりに計算してる。
このスーパーに行く前には お菓子を食べた。
そのお菓子を食べるときに、インスリンを打った。
だけど、その ちょっと前にもお菓子を食べたので
その分も・・・ちょっと追加しておくか・・・と
少し、多めにインスリンを打ったのです。
私のインスリン計算の見当違いのせいで
低血糖を起こしたのです。
でも、そんなことを言ってもわかってもらえないどころか
すごく責められる気がしたので、言わなかったのです。
私の本音は・・・
インスリンをいただければ、自分の思うように打ちたいんです。
自分なりに、ち密に計算してる(つもり)し
今までも、ピッタシ それで うまくやってきました。
ただ・・・そうねぇ・・・
月1回くらいは計算が合わないことあります。
これは・・・血糖値を少しでも下げたい!って気持ちが
そうさせると思うので、これからは ゆるく・・・します。
今は、まだインスリンも自分で打ててますが
80歳?85歳? それくらいまで この世におれるなら
その頃は、きちきちとインスリンを打つという
そんな生活はやめにしようと思っています。
今は、まだ旅行とかしたいし
旅行先の、色んな食べ物も食べたいので
もう少し、インスリン生活は続けたいと思っています。


「6、3%なら 昼は10単位で夜は12単位でいいかな。
 ちょっと、減らそうか」

「(え、え~~~減らさんとって(@。@))
 そうですか・・・はい、わかりました」

「じゃ、そうするね」

「先生!」

「え?」

「あの・・・診察には関係ないのですが」

「ん?はい」

「今、練炭火鉢で 弟を殺害したみたいなニュース
 やってるじゃないですか」

「え?あぁ~ はい」

「あれね、お父さんの事も言ってるのですが
 お父さんがインスリン打ってるのを知ってて
 甘酒を飲ませたら・・・意識不明になったとか
 で、お父さんが脳死になったとか
 そんなニュースなんですが・・・」

「はい??」

「あのニュースをインスリンのことを
 よく知らない人が見たら
 いかにも、飲み物にインスリンを入れたような
 聞こえ方すると思うんです。
 いえ、言ってませんよ。
 甘酒にインスリンを入れたなんて言ってないですが
 そのように、思ってしまう人多いかな?って思うのですが
 例えば、インスリンを口から飲んだとしても
 低血糖は、起こらないですよね?」

「うん、起こらないよ。
 なぁ~~んの変化もないよ」

「ですよね?」

「ただ、薬は別やで。
 薬を甘酒に大量に入れたら別やで。
 低血糖になるよ」

「はい、それは わかります。
 ただ、インスリン注射の液を飲み物に入れたって
 全然、効かないですよね?」

「うん、それは 何の作用もないよ」

「わかりました」

「え~~っと、次回は?」

「あ、それと血液検査なんですが
 町から、健康診断の通知が来たので
 町で、やってもらいます」

「はい、うんうん うちの家内も来てたわ」

「(結婚してたのね)そうなんですね」

「じゃ、結果は また持って来てね」

「わかりました。え~~~っと・・・
 9月は長い旅行に出る予定で・・・」

「え?どこ行くの海外?」

「いえいえ、関東です。
 9月は7日(金)にお願いしたいので
 逆算して・・・次回は8月の初めでお願いします」

「はい、じゃぁ~ 2ヶ月分のセンサーとか出せるね」

「はい、お願いします」



「2ヶ月分の指導料、とっておいて~」と
看護師さんに言ってた先生。
そうなんや・・・やっぱり、1ヶ月に一回の指導料は
いるんやなぁ・・・
3月の時には、請求されなかったように思うけど
そうなったか・・・仕方ないな。



 病院代、インスリン代  
c0211824_1393386.jpg
c0211824_139533.jpg
 


そうそう!体重は52kgでした。
もう少し、落とさなきゃなぁ~(^^)

次回の検診は8月3日(金)です。     
5月11日(金)
糖尿病の定期検診でした。
前回、ヘモグロビンA1Cは 6、5%
今回は 6、7%でした。
6、9%くらいになってるか?と思ってましたが
6、7%でした。
もっと、悪い感じになってると思ってたけどな。
反映、おそいのかな?
今回は、200以上の血糖値を何回も見たけどな。
7%まではいってなくてよかった。
ホッとしましたが・・・



「ん?A1C 上がったね。自分でなんでかわかってる?」

「はい、わかっています」

「なんで?」

「今回は血糖値測定では血糖値200以上が
 何回もありました。それっていうのは
 インスリンは太ってくるので、、、
 少しだけ、インスリンを打つのを控えたんです。
 なので、血糖値を思うほど下げれませんでした」

「うんうん、太った?」

「はい(^^;) 太りました」

「やよね、顔が丸くなってる」

「(><)そうですか(^^;)」

「うん、A1Cが高くなってる人は
 太ってきてるのよ」

「はい・・・」

「インスリンは確かに太るよ。
 でもね、食べたものを消費してないんよ。
 だから運動と食事と・・・
 どうのこうの、どうのこうの・・・どうのこうの・・・
 なんよ。わかる?」

「(あまり、聞いてない)
 はい、わかります。そうですよね」

「体重、はかってみよか」

「え、え~~~(@。@) はい・・・」


先生、この体重計が昨日から調子悪くって。。。
あら?だめだわ・・・あら?

と、看護師さん。

ええぞ~~~~!体重計!ええぞ~~~!!


あ!!先生、直りました!電気、入りました!


え?(@。@)なおったんかぁ~~~い(><)


「54、1kgです。そんな・・・じゃないですか」

と、看護師さん。




「うーーん、ここにきてくれたときには
 52kgやったから、増えてるね」

「はい・・・
 わたし・・・以前、先生に言いましたよね?
 絶対に次回、体重減らします!って。
 なのに、その約束 守ってませんよね?」

「うん、言ったよね」

「わかりました!次回までに
 体重は減らします!!絶対に減らします!!」

「わかった。じゃ、カルテに書いておくよ。
 体重は、減らすって書いておくよ」

「はい!
 それと、先生 一度 血液検査もしてくれますか?」

「うん、僕もね 思ってたんよ。
 去年、9月15日にしてるから
 また、9月にしようと思ってたんやけど
 次回、する?」

「あ、そうですか?いえ、じゃ9月で」

「はい、わかりました」


こんな感じでした~~(^^)
次回の検診は6月22日(金)です。



 病院代とインスリン代
c0211824_19512075.jpg

c0211824_19553589.jpg





5月24日(木)は
町からの子宮がん検診と乳がん検診を受けてきます。
3月30日(金)
糖尿病の定期検診でした。


 病院には、桜の木がいっぱいあって
 満開でした~(^^)
c0211824_10564573.jpg



検診結果は
ヘモグロビンA1Cが 6、5%
6、9% → 6、6% → 6、5%
こんな感じで落ち着いてきました。
インスリンさまさまです。
インスリンちゃん、いつも ありがとう。
私の笑顔の源だよ~~ん!大好きよ(^^)


今回からインスリン針が、また新しくなって
ますます、痛くないと思う。
もともと、そんなに痛くないけどね。
う!(><)ってほど痛い時と
ちょっと痛い時と
全然、痛くない時 がある。
まぁ~ ほとんど痛くないので苦痛さはない。
それが一段とレベルアップしたらしいので
残ってる針を使いきって
早く、新しい針をためしてみたいな(^^)





「どうですか?」

「はい。特に変わりは・・・」

「どう?低血糖はなかった?」

「先生、一回だけありました。
 お出かけしてて、ちょっと歩きすぎて
 ん?なんか、おかしいと スグに気づいて
 血糖値、測定したら 50でした。
 スグに甘い飲み物 飲みましたので 大丈夫でした」

「それ、よくあるんよ。
 僕らもね、患者さん連れて遠出することあって
 よく歩くから 夕方になると7~8人が
 低血糖になるんよ」

「あーー そうですか(^^;)」

「A1Cは 6、5% 順調やね」

「はい」

「な!僕が言ったやろ?
 やってみな、わからへんって。
 な!こういうことなんよ。
 もう2、3年前のやり方じゃあかんねん。
 な、だから 僕が言ったのは これなんよ。
 な、やってみるもんやろ?」

「はい、ほんとですね~
 先生の言われる通りです」



いやいや・・・
先生、私ね・・・
私の思う打ち方でインスリン打ってるんです。
それで、うまくいくことは
もう、自分が十分わかってるんです。
今までも、それで うまくいってきたんです。
なので・・・先生の言われる通りにしたら
高血糖、低血糖の繰り返しになり
体にも悪いと思うんです。
なので、自分の思うようにインスリンは打っています。
でも、インスリン欲しいがために
先生にヨイショしています。
なので、先生の目をまともに見れなくて、、、
ほんと、すみません(><)



「な、そやろ?そういうことなんよ。
 やらな、わからんもんやろ?
 だから、僕が言ってたのはコレなんよ。
 やってみるもんやろ?」

「はい、そうですね(^^;)」

「で、今 インスリンの基本は?変えた?」

「基本は・・・
 今は、お昼も食べるようになって
 昼と夜では、基本が・・・違います。
 昼も食べるので、インスリンは全然 足りてません」

「うん、お昼 食べるのはいいことやで。
 基本を書かないといけないからなぁ。
 え~~っと・・・お昼は8くらい?」

「いえ(><) 8では、とても足りなくて」

「じゃ、10にしとく?」

「はぁ・・・はい」

「で、夜は?12くらい?」

「はい、それでお願いします」

「空打ち2単位を入れて・・・え~~っと
 一日12単位と14単位で26単位か」

「あ!先生!4月の最終金曜日は旅行でいません。
 で、5月は連休がありますので
 次回は5月11日の金曜日に検診お願いしたいんです」

「え?となると・・・6週間後か」

「はい」

「うーーんと・・・」


計算機を片手にインスリンがどれほどいるかを
計算してくれて・・・


「ヒューマログ4本いるね・・・
 ま、多めに5本出しておこうか」

「(やった!!)はい、お願いします」

「あと、トレシーバは・・・」

「そっちは1本残っています」

「はい」




やった~~~!!
前は、血糖値を昼も測定してくれなきゃ
インスリンはこれ以上出せないって言ってたけど
やったね!(^^)
何も言われずに、多めにもらえた~~
ニコニコで富士山旅行できる~~
インスリンのことは心配しなくてもいい!

あ~~
先生、ごめんなさいね。
先生の言う通りの打ち方してないけど
それは、もう・・・わかって~~
今、それで うまくいってるから m(。。)m



病院代、以前の病院より安くなって
一ヶ月半に一回の検診になると
もっと安くなる計算になる。
いまのところ、こっちの病院にして
よかった・・・かな(^^)


 病院代、インスリン代
c0211824_1127487.jpg
c0211824_11271841.jpg


そうそう!お薬手帳、忘れてしまって。。。
これ忘れたら40円高くなるんですか?
そう聞いたら
うちは、高くなりません。
そう言ってました。
薬局でも、いろいろと違うんですね~。
でも、次回は ちゃんと忘れずに持参しなきゃ!


次回検診は 5月11日の金曜日。
2月23日(金)
糖尿病の定期検診でした。


ヘモグロビンA1Cは前回6、9%から
今回は6、6%になりました。


「おぉ、下がりましたよ。
 どうですか調子は?低血糖はなかった?」

「はい、低血糖は一回もありません。
 以前とは違って、ゆるい感じで
 インスリンも打ってますので
 5%台にならなくても6%台なら
 もういいかな?と思ってます」

「うん、欲を言えば6、5%以下になってほしいんよ」

「あ、そうですか・・・はい」



他にもちょろちょろと お話はしましたが
とにかく、先生の言うことに あまり逆らわず
無事に、定期検診を終えました(^^)
次回は3月30日(金)です。


 病院代、インスリン代
c0211824_2346859.jpg
c0211824_23461759.jpg

1月26日(金)
糖尿病の定期検診でした。


ヘモグロビンA1Cは 6、9% でした。
前回、7、7% だったから 下がってます。
目標の6%台になりました。
血圧も調子よく 128/73 でした。



「お、A1C 下がってるよ~」

「はい。一日一回打つインスリンを
 先生が言われたように、寝る前ではなく
 夕食時に打つようになってから
 朝の血糖値が、下がりました(^^)」

「はい。どれくらい打ってますか?」

「はい・・・一日一回のインスリンは その・・・
 16単位って言われてますが 
 18単位打ったり(^^;)
 もうひとつのインスリンも
 正直、8単位では足りなくて・・・
 もう少し、打っています(^^;)」

「うん、基本は?」

「基本は・・・まぁ、8単位です」

「それならいいよ。基本がそれで決まってるならいいよ」

「はい」

「な、俺が言ったやろ?
 固定観念、捨てたら ええ結果でたやろ?」

「はい・・・」



ん?それ、私が先生に言いたい言葉なんだけどなぁ。

先生には、黙っていたけど
先生こそ、8単位打つという固定観念を捨てていただき
多く食べるときには、それなりに・・・
また、少なく食べるときには それなりに・・・
そんな風に臨機応変にインスリンを打つという・・・
そんな考えを持ってほしいけど 
無理そうなので、言いません。
絶対に、言わないことにします。

先生は・・・
な、固定観念 捨てたら ええ結果出たやろ?
そう言われましたが、私は 私なりに
8単位と言う固定観念を捨て
それなりの自分の打ち方を実行しています。
それで今まで うまくやれたし
やっぱり思った通り 今回もそうすることで
ヘモグロビンA1Cが、うまく下がりました。

おとなしく先生の言うことを聞いて(フリしてか)
インスリンの打ち方は
自分の思い通りにさせてもらいます。
それが、うまく行くと思うのです。
なので・・・こういう打ち方、続けますm(。。)m



 病院代、インスリン代
c0211824_20503582.jpg
c0211824_20505182.jpg

以前の病院では、診察(インスリン治療の時)には
8000円はかかったので
やっぱり、病院変えて安くなったよな・・・