カテゴリ:お店のこと( 162 )

ブログ友達、ご来店♪

1月13日(土)
ブログ友達のイナさんaoiさんご夫婦が
来店して下さいました(^^)



 いっぱい、おみやげ いただきました!
 甘くて、美味しい いちごでした。
c0211824_2152881.jpg



 年末に旅行されたときのおみやげまで(^^;)
c0211824_2154041.jpg

こんなに、たくさん すみません。
ありがとうございます m(。。)m




イナさんが、ちょっとだけギターを弾いてくれました。
お二人が帰ってから、お店にいた まーちゃんが

「やっぱ、上手やなぁ~」

イナさんのギター演奏をしみじみと・・・
やっぱ上手やわ~ って言ってましたよ♪

またまた 昨日も私ばっかり
しゃべってしまいました(^▽^;)
久しぶりに、お会いできたので
ついつい浮かれてしまいました(^▽^;)
私の今のこのブログではなく
もっと前のブログからのお付き合いなので
もう、かれこれ10年以上は
仲良くさせてもらってます(^^)
とても常識的なお二人なので
長いお付き合いさせてもらえるんだと思います。
いつも、ありがとうございます m(。。)m



1月12日(金)
町から受診してた旦那の大腸がんの結果・・・
「陰性」だというハガキが届き
ホッと、一安心しました(^^)
by rakki_618 | 2018-01-14 11:02 | お店のこと | Comments(10)

いろいろと、びっくりした。

<変わったお客さんの話>

それは12月25日(月)でした。
以前、一度だけ来てくれたことのある お客さん。
離婚して子供さんが二人の40歳の女性です。

この日は、まーちゃん(仮名)
マンション上の住人の、そんちゃん(仮名)
その二人が、お店に来てくれてました。
そこへ、その女性Y子さんが、ご来店。

そんちゃんが帰り、まーちゃんも仕事が早いからと帰り
お客さんは、Y子さんだけになりました。
人生相談のような・・・
霊の話のような・・・
宇宙話のような・・・
そんなわけのわからん話を延々と4~5時間。
注文は、1杯だけでしたので
そのあとは、熱いお茶をお出しして聞いていました。


「うふふ・・・私ね、宇宙語が勝手に出るねん」

「へ~」

「$%&#=’&%$#%&=’&%$#」

「(@。@)」

「これね、わかる人もいるのよ~」

「へ~ そうなんや」

「視えちゃうの」

「へ~」

「困るのよね。そうしたくなくても
 イヤなものまで、視えちゃって」

「ふ~~ん」

「ここがさ~ あんまりお客さんが来ないのは
 隣りのお店が、お客を止めてるわ」

「う~~ん、、、お隣さんが開店する前から
 うちのお店は、お客さん来ないで」

「あ(^^;)そうなん?」

「うんうん」

「でもね、うーーん どうしたらいいかな」

「何を?」

「どうすれば・・・」

「え?お店にお客さんが来てくれるかってこと?」

「うん」

「私、あなたに何か相談でもした?
 私、いま これでいいのよ。
 なんで、余計なことしようと考えるの?
 このままで行かせてね~~ ほっておいてね~」

「そうなん?
 あ・・・細い男の人が見える」

「細い男の人?誰よ?」

「なんか、守ってくれてる!
 おじいちゃんだって!」

「おじいちゃん?
 私が生まれた時には どっちのおじいちゃんも
 すでに他界してたし・・・その、おじいちゃん?」

「うん・・・そうみたい」

「へ~ そんな会ったことない人が?私に?」

「うん、すごく守ってくれてる」

「あら、そうなん?
 それなら母のほうが守ってくれてるのでは?」

「うふふ・・・」

「どうしたん?」

「だって、ほら~
 え?うん?え?
 お前に言ったら焼きもち焼く?うんうん、わかった・・・
 でも、言うの?え? うんうん
 ほら~ だって・・・ママ(私のこと)は一人っ子?」

「いや、姉がいるけど」

「じゃ、わかるじゃない」

「はぁ・・・(^^;)」

「え?クスクス・・・うん、うん、うん
 そうなの?へ~ え?言っていいの?
 言わなきゃダメなの? じゃ、言っていいのよね。
 わかった・・・じゃ、言います」

「???」

「あのね・・・」

「うん、どうしたの?」

「これ、言えって言ってるから」

「誰が?」

「声が、聞こえるの」

「へ~」

「みながね、私をおかしいって言って精神病って言って
 病院にも入れられたけど、声が聞こえるの。
 わかってくれるひとは、少ないけど
 みなが、おかしいって言うけれど
 いつか、おまえのことを わかってもらえるって」

「ふーーん」

「でね、言っていい?
 いいかなぁ・・・大丈夫かなぁ・・・
 でも、言えって言ってるから言うね」

「どうぞ」

「あのね。胃腸に注意しろって」

「へ?(^^;)はい」

「2~3年の間に何か起こるって!」

「え?胃腸に?」

「違う違う!そうじゃなくて~
 生活の中でってこと」

「でも、誰でも2~3年の間には何かあるやろ。
 例えば、息子が結婚するとか
 孫が誕生する・・・とか
 引っ越す・・・とか
 具体的なこと言ってもらわないとね」

「そんな、普通の出来事じゃない」

「あ、そうなん」

「え、え~~~~!!
 うんうん・・・そうなの?わぁ~~」

「どうしたん?」

「来年の2月に、ここで・・・
 あの駅のところの路上で・・・
 死亡事故があるって!!!」

「え、え~? そうなの?」

「だめよ!」

「何が?」

「あの人はダメ!」

「誰よ?」

「さっき、ここの席に座ってた人」

「まーちゃん??」

「うん、あの人はダメ!」

「どういう意味でダメなん?」

「あのひと・・・包丁を持ってる。こわい!
 ママを・・・あ、あ~~ ダメ!」

「まーちゃんが、私を刺すの?
 考えられないわ。あっはっは~」

「違うお店で、たまった うっぷんを
 ここで晴らそうとしてる」

「え、え~ 刺されるの?」

「でも、大丈夫!私が守る!」

「え?じゃ、結局 大丈夫なん?」

「うん、大丈夫! 今、大丈夫にした!!」

「あ、そ」

「あ・・・30代の人が・・・
 ここへ、やってきて クレーム言ってる」

「そうなん、はい」

「なんやろ?え、え~~~っと・・・
 ん?なに?フライパン?
 え?どうしたの?」

「・・・・・・」

「気を付けて!年内に来るかも」

「そうなの?はい。
 じゃ、私の旦那のこともみえるの?」

「え?名前だけ言って」

「T」

「あ、来た!
 言ってる~~
 俺は、おまえに感謝してる。
 それが、今まで言えなかった。
 俺は、おまえのありがたさがわかった。
 俺は・・・俺は・・・」

「あのよ~
 うちの旦那<俺>って言わんで」

「うん、でも、わたしのところに入る言葉は
 <俺>で入ってくる」

「ふーーーん」

「え?うふふふ・・・あはっはっは~」

「どうしたん?」

「ママが、旦那一番って言うけどね・・・
 あっはっは~~~ うふふふ」

「どうしたん?」

「ごめんね~
 俺は、おまえより子供が一番だ!
 そう言ってる」

「あっはっは~
 ありえない、ありえない!」

「ううん、子供が一番だって!!」

「ありえないって!
 どこのT連れてきた?」

「でも・・・」

「間違えてるわ~ あはは」

「・・・・・・」


ず~~っと話し続けるし、泣いてくるし・・・で
なかなか、帰ろうって言えなかった私ですが
午前5時になった頃、、、


「もう、帰ろうか・・・お店、終わるね」


そう言いました。
彼女は、素直に帰ってくれました。

あ~~~ 疲れた。









若いころ、2ヶ月ほど勤めた会社の同僚。
私より、1つ年下なんだけど
たまぁ~~に、お店に来てくれていた。
最近、全然 顔をみないなぁ・・・
そう思っていたけど、、、
どうしてるの?ってラインもしなかったし
また、むこうからもラインはなかった。
旦那の事件以降、会ってないので
8ヵ月以上は連絡を取ってない。

その彼女から、今朝 ラインが入った。
入院してます。
24時間点滴を打ってるので
連絡はラインでお願いします。
とのこと。

どうしたの?疲れが出たのかな?
何の病気なの?

そんな私の問いかけに

初めて、ひと(他人)に言うけど
白血病やねん。でも、早期やから治る。

こんな返事だった。
めっちゃ、びっくりした!
私とは、めちゃめちゃ仲良しではないけれど
あまりにも親しすぎる友達には
かえって言えなかったのかもしれない・・・

わぁ・・・治るって言ってるので
治ってくれると信じてるけど
わぁ・・・すごく、びっくりした。

彼女もフォークソングが大好きなので
一緒にフォークソングを聴きに行ったことはある。
早く、よくなって退院して
また、フォークソングを聴きに行こうな!

ラインの最後のほうで
文章に、絵文字やスタンプが含まれてきて
ちょっと、ホッとしました。
by rakki_618 | 2017-12-29 13:11 | お店のこと | Comments(4)

やっぱ、困る。

2~3日前のこと。
おもらししたTちゃんが、クリーニング代だと
お金を持ってきてくれた。
私が、Tちゃんに
「もう、お店に来てもらえない。
 座布団、クリーニングして大変だった」
そう言ったものだから。


「Tちゃん、こういう男。これ、取って」

「いやいや、受け取れません」

「Tちゃん、一回出したもの 引っ込めない。
 Tちゃん、こういう男」

「いやいや、こちらも いただけません」

こういうやり取りが6~7回続き・・・
もう一回、Tちゃんが 言ったなら
私も受け取るか・・・2000円。
そう思ったのですが、、、
その時、Tちゃんが2000円を引っ込めた。ううぅ~
Tちゃん、私が言った「おもらしは困る」に
傷ついたかもね・・・(^^;)
気にして、クリーニング代を持ってきてくれたんやね。
ありがとうね。
かわいそうに思うけど、やっぱ困る(><)
by rakki_618 | 2017-12-07 11:52 | お店のこと | Comments(4)

Tちゃん、もう~

11月8日(水)

うちのお店のお客さん・・・
今は、まーちゃん(仮名)だけと言っても過言ではなく
細々と続けさせて、いただいてます(^^;)
ま、たまぁ~~~~に 色んな人が来られます。
その、たまぁ~~の お客さんに
75歳のTちゃんがいます。
私はTちゃんのことは好きなほうなんです。
ただ・・・Tちゃんの話は ずっと自慢ばかりで
他のお店からも、ほぼ出入り禁止なんです。
自慢を何時間も何時間も、しゃべり続けるのですが
それでも、かわいいもんなんです。
ところが・・・
自分の自慢をするときに、
そこにおられる他のお客さんをくさしてしまうのです。
それで、他のお客さんが怒ってきてケンカになって・・・
もう、この辺のお店は 多分どこも出入り禁止でしょう。
うちのお店も、出入り禁止にさせてもらってるのですが
もう何年も前のことで・・・
また最近ヒョイと顔を出してくれて・・・
私も、思わず どうぞ!ってことになり
ここ10日ほど前からかなぁ?
来てくれるのですが、、、
みんな、このTちゃんのことを
嘘つきだとかホラふきだとか言うけど
私は、このひとの言うこと そこまで嘘って思えないのです。
むしろ、正直で ちゃんと話してる気がします。
ただ・・・感覚の違いがあるので
嘘をついてるように聞こえるのかもしれません。
なので、Tちゃんのことは 好きなお客さんなんです。
自慢話も「うん、うん、そうやね」って聞いてれば
それでTちゃんは満足なんだろうし・・・
家庭が、うまくいってないさびしさを感じてしまうので
「このTちゃん、誰にも負けへん」
「このTちゃんほど、すごい人間はいない」
75歳のおっさんが、自分をTちゃんと ちゃんづけで呼び
こんな小さな自慢をしてくるのも、、、
うんうん・・・って許せるのですが
温厚な、まーちゃんが怒るほど
他人さんをバカにした話をしてくるんです。
なので・・・困りものなんです。
私のことも、貧乏でかわいそうだ・・・とか
言わなくても、Tちゃんは知ってる・・・とか
色々と勝手に決めつけてくれます(貧乏は当たってるけど)

で、

そのTちゃん・・・
2日前も来てくれたんです。
夜中の3時くらいまで飲んでくれて・・・
もう、帰ろうよ。
そう言っても、なかなか帰ってくれず・・・
なぁ、Tちゃん もう帰ろうよ。
もう、お金も持ってない。と言い
ずっと、自慢話を聞かされてる私も
さすがに疲れてきて、、、
なぁ、Tちゃん・・・もう帰ろうって!
そうせめたてて、、、やっと帰ってくれたのです。


Tちゃんが、やっと帰ってくれた後
片付けしていると・・・
ん?なんか、変なにおいする・・・
ぎゃ~~~~~~~!!
どっひゃ~~~ん!!
(@。@::)
Tちゃん、おもらし してる(><)
席を変わったりしてたので、、、
ところどころの座布団が濡れている(><)
夜中に椅子の座布団、全部 はずし お店の外へ。
家に持って帰って洗おうと思ったけど
8つの椅子に2個づつ置いてる分厚い座布団と薄い座布団
家では、なかなか洗いにくいかも・・・
コインランドリーを利用させてもらうことにしました。
朝まで(すぐに朝でしたが)待って
コインランドリーを探し、行ってきました。
乾燥40分かけても、分厚い座布団は まだ冷たく・・・
時間もないので、すべて家に持って帰り
今は、家で干しています。


ふぅ・・・
疲れた・・・

でも、これは仕方ない。
by rakki_618 | 2017-11-10 10:31 | お店のこと | Comments(6)

わぁ!やったよ!

お店に、誰も来てくれないんじゃ困る。
かといって、めっちゃ お客さんが来てくれても
自分の気持ちがしんどい・・・
今は毎日、まーちゃん(仮名)しか来てくれないお店。

旦那の事件直後は あ~~なんとかしなきゃ!って
めちゃめちゃ焦ったけど
ほんとに、今は気持ちも落ち着いて暮らしています。

今は・・・事故のことも
多分、私の何かが悪かったから
旦那を苦しめたんだろうなぁ・・・って思う。
旦那に「感謝して生きなさいよ!」って
強く言ってるけど・・・
それは、自分自身に対しての言葉でもあるな・・・

やっぱり、時間は偉大だな・・・
もっともっと謙虚に生きなきゃいけないんだろうな・・・
それでも、保育所の仕事なども
おかしいなぁ~と思えば 言ってしまうけど。
でも、それはそれでいいんだよね・・・

昨日、事故から半年が過ぎた。
ようやく、自分が悪いと心から気づけた。
私が、いたらないから・・・
旦那をあんな目にあわせてしまった。
私の身代わりになってくれた?
今は、ほんとうにそう思える。

でも・・・
私がめちゃめちゃ反省してしまったら
そこで何かが終わってしまって・・・
旦那が、遠い世界へ行ってもイヤなので
なので・・・
反省しながらも・・・
かくれかかあ天下でいることにします(かくれてない?)

どんな生活にも慣れていく
どんな風にも流れていける・・・
ほんと、順応性って素晴らしいですね(^^)




c0211824_1234856.jpg


フォークソング好きな人が来てくれて
歌を聴かせてもらえるといいな♪
そんな気持ちで、恥ずかしながら
こんな看板を掲げて何ヶ月か経った。

10月17日(火)
この看板を見てくれて、初めてお客さんがきてくれた!
ギターを弾いてくれた!歌を聴かせてくれた!

うれしかった!





ひっそり、細長く・・・お店は続けたい。
私の今日の気持ちは、そんなです。
by rakki_618 | 2017-10-19 12:42 | お店のこと | Comments(14)

お盆だから、色々あるのかな?

お店のお客さんではあるけれど

まぁまぁの仲の良さで

お店に来てくれたときには

私の愚痴を聞いてくれていたゆきみちゃん(仮名)

あるお店のママさんのことも

私がイヤな目にあってることを、うんうんって聞いてくれて

私と同じように「嫌い」と言っていた。

そのお店には行きたくない、と きっぱり言ってたけれど

最近、ひんぱんに そのお店に行ってることを知った。

ゆきみちゃんは、そういう感じとは思ってなかったけど

そうね・・・なんかショック。

どこへ行こうが自由だけれど

ゆきみちゃんとは・・・

「お客さん」を越えた仲だと勘違いしてた(^^;)

人間関係が・・・ううぅ~~

なんて思って精神的に病むこともあるだろうけど

私は病まないよ!!

なんじゃい!

ゆきみよ、おまえもか・・・

って感じがした。




旦那に愚痴ったら

「おまえ、驚いてるけど おら、なんも驚かないわ。
 そんな人間と思ってたからな。
 おまえ、いつも だれかれなしによく思いすぎよ。
 おまえが、機嫌よく 仲良くしてるから
 おらは、あえて言わなかったけど
 ゆきみちゃんて 軽い人間やん。そんなとこ 見えてたやろ?
 わからんかったか?」

「いや・・・そりゃ、女王さまなとこあるから
 自分が中心でないとダメみたいな部分は好きではなかったけど
 そんな軽い感じで、平気のへ~すけではないと思ってたかな」

「なんで、そう思えたん?おら、不思議やわ。
 ただの、軽いひどい人間やん。
 彼氏が欲しいって言うて、おまえ必死で探してあげて
 おまえの店で見合いして・・・
 で、相手の人が話してるのにテレビ観て話も聞かず
 おまえの顔も、丸つぶれやったやろ?
 それに対して、お礼の言葉も謝りの言葉もない。
 で、見合いも1回ちゃうやろ?
 おまえ、何回 世話やいてるん?
 そんなおまえに対しては、何の感謝もないけど
 違う人にビデオ借りて、お礼しなきゃ!って
 おまえに相談してたやろ?
 とことん、おまえ・・・ええように扱われてるのに
 それでも、まだ 色々とやってて・・・
 おら、おまえを あほか?って思ってたよ。
 そんな軽い人間やから
 自分も嫌いって言ってる店でも
 平気で、ま、い~~か~って感じで行けるんよ。
 あの子には お前に対して感謝ってものが全くないやん。
 おまえの親切、平気で踏みにじる子やん。
 おら、なんで おまえがそんな子に
 色々と親切にしてるんや?って思ってたよ。
 例えば、おまえがもらった野菜でも
 おまえは、絶対に一人で取り込むことができないから
 ゆきみちゃん、半分コしよ~とか言ってたけど
 あの子は、自分がもらったものは 自分のもんやん。
 そういうところ、見ててわからんかったか?
 ただ、おまえが それでええならええわって思って
 口は出さなかったけどな。
 そやから、おららやったら 嫌い!って言うて
 一緒になって悪口言うてる店ら、恥ずかしくて行けないけど
 そうやって、カンタンに行けるんよ。
 おまえに、どう思われてもいいわけよ。
 そういう扱いしかされてないわけよ」

「う~~ん・・・
 最終的には、そうなるわな・・・
 けど話す内容は常識的なものの考え方と思ったんやけど」

「自分がやってもらうことは当たり前で
 自分は他人には何もしないことは
 すでに、非常識って言うんよ」

「(え?あんたの話?(^^;)) うーーん・・・」





そうなんかぁ~ 


別に、他のお店に行くことは裏切りでも何でもないけど

あれだけ、私の悩みの愚痴を聞いてくれて

自分自身も、嫌いで受け付けられない!って行ってたお店に

そうやって、行けるんだなぁ・・・

あぁ・・・そうでっか・・・





え、え~~~い!!
なんや、釈然としないが、、、
時間が忘れさせてくれる!!



書いてたら、ス~~~っとしてきた(^^)
by rakki_618 | 2017-08-13 12:42 | お店のこと | Comments(2)

どんより。。。

まーちゃん、ごめん(ん?どっかで聞いた言葉)


「まーちゃんが、正しかったです・・・ごめん」

「な?俺が言った通りやろ?」


俺が言った通りやろ?というのは
この男の子のことなんです。

まぁ・・・私も、この彼(K君)に対して
段々と<???>って思うことがあったのですが
私は、まーちゃんが言う
「うつ病は自転車に乗らない」って言葉に対して
そんなことは、ないと思うよってのが強かったのですが
K君に対しては・・・ここ何日間かで
え?って思うことが重なりました。
今では、少し怖い人かなぁ・・・って思っています。





その①
4~5日前の深夜(真夜中1時半頃)
一人で、お店にいたらドアがコンコンと叩かれたのです。
うちのお店は、深夜遅くまで営業していますが
外の照明は消して、鍵をかけています。
知ってる人は、それでもコンコンしてくれるのです。
でも、この日は もう誰もいなかったし
パソコンしながら、まったりしてたのです。
ドアのコンコンを無視しようと思ったのですが
やはり、気になり・・・でも、ドアを開けれず
出窓のシャッターを開け、見たのです。
K君が自転車を止め、立っていました。
すぐ、ドアを開け外に出て

「どうしたん?ごめん。今日は、もう終わったよ」

「あ、はい。この前 お借りした500円持ってきました」

先日、再始動した私のお店に来てくれたK君。
今日は、お金ないので また来ます。
そう言ってくれたのだけど
お金、今度でかまわないよ~と
私が無理にお店に入ってもらったのです。
その時の、代金を持ってきてくれたと言うのです。

「これ、早く渡さなきゃと思って」

K君は、けっこう大きな声で話すんです(^^;)

「もう、夜中やから・・・近所迷惑になるから
 もう少し、小声で・・・」

「でしょ!!隣の客でしょ?
 隣の客、ガラ悪いから 近所から苦情きて
 迷惑してるんでしょ?」

「・・・・・・???」

「ママさん(私のこと)も 困りますよね!!
 ほんま、ガラの悪い客ばっかりですよ、隣は」

「他の、お店の悪口やめようや。
 とにかく、中に入って。声デカいわ」

なんなん?
どの店に行っても、人の悪口ばっかでイヤになる。
そういう、あなたの言葉を聞き 純粋やって思ってたのに。
自分発信で、バンバン悪口言ってるやん。
私だって、言うよ。けど、それは何かされたらや。
自分発信の悪口はナイ。
あんた、バンバン言うなぁ~~(@。@)

「早く、お金渡さなきゃって思って」

「そんなん、別にいいのに。
 コーヒーでも出したらいいのだけど
 明日、早いから・・・ごめんね」

「いえ、あの・・・
 なんで僕がドア叩いた時、開けないんですか?」

「あー もう、こんな真夜中やし
 誰か、わからないし怖いですやん」

「でも、僕 前にもドア叩いたでしょ?
 その時の僕の叩き方、忘れたんですか?」

わぁ~ 変! おかしい・・・
そんなもん、わかるか!!
第一、普通にコンコンコンコンと叩いただけじゃろが!!

「そんなん、覚えてないよ」

「あ、そうですか」

「私、悪いけど 明日早いし・・・
 もう、帰ってくれる?」

「あ、はい。すみません」


こう言って帰ってくれるまで
立ったまま、20分は話してたかな。。。




その②
先日、Kさんのギター演奏の日
このK君が、偶然 ご来店してくれたのです。
それで、音楽を楽しんでもらってたのですが
偶然、隣に座った 初対面のかっさん(仮名)に
演奏が始まっても、ずっと話しかけているので
私が、軽く「歌、始まったよ~」って言ったんです。
それから、色んなことがあり
途中から、機嫌が悪くなり黙り込み
私が、何か話しかけても
「知りません」と 怒った感じ。
歌の途中で、プイと帰ったのです。
その後、私が悪かったの?と かっさん。
僕が悪かった?と kさん。
あとから来た夢ちゃんも、私が来たから?
私も、何々?私なん?と
皆に、気分悪さを与えプイと帰ってしまったK君。
翌日、かっさんが
昨日、ありがとう。歌、よかったわ~と言いに来てくれ
昨日の男の子、ずっと話しかけて
それを、かっさんに任せた感じになってごめんね。
そう言うと・・・言いにくそうに
ほんとに、困った。お姉さんが自殺したと相談されて
私も、そんな話聞かされてムゲにできないし
でも、話してたら 歌ってくれてるKさんにも悪いし
すごく、困ったらしかったのです。
お姉さんが自殺した話・・・
それは、つい最近のことで・・・

「他の誰にも、言わないで欲しいんです。
 ママさんだけに言います。
 姉が・・・こうこうで・・・」

そういう言い方で、私に言ってくれたので
私は<言わないで>って言われたことは
旦那にも、言えないし・・・黙ってたんだけど
初対面のかっさんに・・・
しかも会ってスグに言ったらしいんです。
じゃ、別に誰にでも言ってるんやな・・・
そう思ったので書きました。
どんな出来事でも、だれかれなしに話して
自分に注目を集めたい・・・
自分を見てほしい・・・
そんな感じかな?って思ってしまいました。




その③
以前から7月7日(金)に母と行きます、と
言ってくれてたK君。
最初、K君のお母さんがシフォンを買いに来てくれ
それから、お母さんとK君が一緒にシフォンを買ってくれ
それから、二人でお店で食事をしてくれ・・・
そういう形で、うちに来てくれるようになったK君。
それから、私の旦那の事件があり しばらく休業したので
再始動してから行きます、と 
お母さんから何度か電話をいただいていました。

そのお母さんとK君がご来店してくれた日。
K君は、前日のギター演奏の日のことが
まだ、頭にきてるのか?(何を?)
ずっと話さないまま。。。
時間が経つにつれ、やっと少しづつ話してきたK君。
母が、やって来てママさんに姉のことを話すと思いますが
僕から、聞いたって言わないでくださいね。
そう言われてたけど、、、
でも・・・私、お姉さんのこと聞いていながら
初めて聞いたような顔できないよ・・・
そんなウソの芝居できないよ・・・
私は、そうK君に言っていました。

K君はコーラを注文。
お母さんは、オレンジジュースを注文されました。
オレンジジュースを注文された、お母さんが

「あれ・・・」そう言うのです。話すのもゆっくりです。

「え?どうされました?」

「なんで?」

「え?え~~と?何がですか?(^^;)?」

「私のん、なんで入ってないん?」

「え~~っと・・・何がですか?」

「息子のん、入ってるのに」

「あ!レモンですか?」

「うん・・・なんで、私のには入ってないん?」

「あーー (^^;)
 ま、コーラにはレモンお入れするんですが
 オレンジジュースには、入れないんですよ。
 レモン、お好きですか?入れましょか?」

「うん、入れてほしいわぁ~ レモン好きやのに」

「わかりました」

で、わざと分厚く切ったレモンを入れ

「レモン、お好きって言われましたので
 分厚く、切っておきましたよ~」

「うん、ありがとう」

「はい(^^)」

「・・・・・・あれ・・・」

「え?どうされました?」

「きれいくないわ」

「え?」

「息子のコーラに入ってるレモンはきれいやのに
 私のレモン、イマイチやわーーー」

「はぁ・・・(^^;)」

そりゃ、そうだろうよ~~~!
オレンジジュースにレモン入れたって
同じような色なんだから、、、目立たない!ちゅうの!

「きれいくないわーーー。コーラにしたらよかった」

「はぁ・・・(^^;)」

特に話すこともなく、前に立ってるのも
どうかな・・・って思ったので
厨房の中の小さな椅子に座ってたんです。
1時間ほどして、食事が終わって
K君が、私に向かって
母が、話があるそうです。そう言うのです。


「ちょっと、来て」と お母さん。

「な、なんですか?(^^;)」

「ちゃんと、私の前に立って!」

「はぁ・・・(^^;)」

カバンから何かを取り出しています。
それは、写真でした。

「これ、見て!」

「はい・・・」

「これ、娘」

「はい・・・」

「この娘、死んでん」

「はい・・・」

「自殺」

「はい・・・(^^;)」

「12時10分の電車に飛び込んでん」

「はぁ・・・(^^;)」

「でな、私 その電車の音 家で聞いててん
 あっはっは~~」

「・・・・・・はぁ・・・(^^;)」


あかんて!この親子・・・私、無理やって。


「そうですか・・・それは、悲しい・・・ですね」

「そうやねん、見て!この娘やねん!」

「はぁ・・・(^^;)」

それから、約1時間 どんよ~~~り。。。
ご来店から、約2時間経ったころ

「淋しいなぁ・・・誰も来ないなぁ」

「そうですね」

「ごめんね~ 私らも もう帰らなきゃあかんのよ。
 もっと、いてあげたいけど ごめんな
 私らも、用事あるし・・・帰るな。
 ごめんね、帰って悪いね」

「いえいえ、そりゃ 用事あるでしょう。
 今日は、来てくれてありがとうございます」




そうやって、(やっと)帰ってくれました。
どういう心境で、話すんですかね?
なんで笑って話すんですかね?
そういう事態をも、、、
自分に注目の目をむけるため利用するのかな?
病気なのかな?仕方ないのかな?
さびしくてさびしくて 誰かに聞いてほしいのかな?
みんな、自分で処理して生きてるんやで。
そんな言葉は、無駄かな・・・
言ってはいけないのかな?

私のこの目に見えたわけではないけれど
黒~~~い空気が流れたぁ~~~~

少し、(いや、かなり)おかしな親子だなぁ・・・





「まーちゃん、なんかおかしな人たちやったわ」

「な、だから 俺が言ったやん!おかしいでって」

「そうやね・・・まーちゃん、ごめん」

まーちゃんも酔ったら、めちゃおかしいけど
まだマシやわ。ええとこも多いからな。



ん?まーちゃん、ごめん・・・
どこかで、聞いたよね(^^;)

大鶴義丹さんがマルシアさんに言ったヤツかぁ~~
by rakki_618 | 2017-07-09 12:10 | お店のこと | Comments(6)

楽しかった夜(^^♪

昨日はギターと歌が上手なKさんが、ご来店!
あんな上手なギターと歌を・・・
わたし一人で聴かせてもらってはもったいないと
なるべく、ギター好きな歌好きな人に連絡。
フォークソング好きな人はいても
夜は家から出れない人もいて
集まってくれた人は少なかった。

イナさんaoiさんご夫婦にも声をかけた。
この前、来ていただいたばかりだが
ギター好きなイナさんには
どうしてもKさんのギターを聴いてもらいたかったので。
幼馴染の友達夫婦もKさんのファンなので来てくれた。
あとは、2~3人。
私は、イナさんにもギターを弾いてほしかったのに
Kさんの後じゃ、弾けないよ・・・と
全然、弾いてくれずに残念だった。
Kさんのギターと歌に感動してくれていたようで
私としては、遠いところを来てもらったけど
喜んでもらえたので、よかった!!です。

いつもいつも、おみやげ持参していただき・・・
申し訳ないです m(^^)m



   イナさんご夫婦からクッキーのおみやげと
   友達夫婦からはスイカのおみやげ!
c0211824_9544242.jpg




   ギターも、上手。歌も上手。声もいいし・・・
   ほんと、しびれます。
c0211824_9545868.jpg

Kさん、ありがとう。
みなさん、ありがとう!





ところで・・・
不思議ちゃんのちみるちゃん(仮名)
この人は、フォークソング大好きで
こうやってギターを弾ける人が来るときには
連絡が欲しいです。って以前から私に言ってたんです。
なので、2~3日前から電話を合計7回ほどしたのですが
まったく、通じなくて・・・
ラインをしても、既読になっても返事なし(><)
自分の用事を頼んでる時には、すぐに返事くるのですが
やっぱ、不思議ちゃんは自己中です。

それと・・・昨日、たまたま来店してくれた
私が心優しい青年と思ってた人なんですが・・・
昨日、歌の途中でプイと帰り・・・
何かを話しかけても、怒ったような返事で。。。
これまた意味わかりませんでした(><)
今日も、15時くらいに母と行きます。って
言ってくれてたけど、、、どうかな?
なにも機嫌を悪くするようなことはなかったと思うけど
ちょっとした会話で、頭に来たりするのかなぁ?
ちょっと、印象 かわってきたな・・・
気分屋さんは、怖い。
自分を見て見て!自分の話を聞いて聞いて!
そんな感じなのかな?


ま、そんなこともあったけど
ほんと、ステキな夜でした~~♪
by rakki_618 | 2017-07-07 10:08 | お店のこと | Comments(6)

珍しいお客さんに、びっくり

昨日、昔のお店のお客さんが
来て下さいました!!
この店を始めてから
一回だけ、来てくれたことあったんですが
お店のお客さんと一緒に
5人でカラオケにも行ったのですが
昨日、私が用事あったので電話したのです。
そうしたら、しばらくして 来てくれてビックリ!
かなり、酔っぱらっていて・・・
最初は、二人でギターを弾きながら歌っていて・・・
やがて、お互いの家庭の話になり・・・
あの頃、独身だった彼も今は3人の子供の親。
一番上の息子さんが21歳らしい。
そっかぁ~~ 幼かった彼でしたが
しっかりと暮らしているんだな・・・
それから・・・

「旦那のこと、知ってる?」

私が、そう切り出すと
辛そうな顔をして

「うん・・・うちの家、夜中じゅう テレビつけてて
 で、朝になったら ニュースで旦那さんの名前言ってて
 でも、同姓同名かな?って思ってたんやけど
 車を売ったって話を 前にしたときに
 あ、そうかな・・・って思った」

「うんうん、そうなんよ。
 もちろん、そんな逃げたりする人じゃないんやけど
 まぁ・・・こうなってさ」

「うん、わかるよ!旦那さん、そんな人ちゃうってわかる」

「うん・・・まぁ・・・な、こうなってしまったわ」


それから、しんみりとした話が続き
私も、今は 明るく生きてると言い
彼も彼なりの悩みがあり・・・
それは、壮絶だったけど
お互いの近況を報告したあとは
また、明るく歌を歌って 別れました。


顔、出してくれて ありがとうね。




それから!
昨日なんですが、ギターの上手なKさんから
明日、お店に行くわ~って連絡があり
あんな上手なギターと歌を
誰かに聞いてもらわなきゃ、もったいない!と
イナさんaoiさんご夫婦にも無理言って
来て下さい!って お願いしました。
で、今日はご来店してくれま~~す!
無理、言ってすみません!

ありがとうございます!
by rakki_618 | 2017-07-06 10:13 | お店のこと | Comments(6)

まともに見れなくて(^^;)

昨日、Aさんが3人連れでご来店。
他の2人がフォークソングを歌ってくれて
Aさんも、ノリノリだった。

「このコンビで歌ってくれるの、好き~~」

そう言って、私に

「そう、思えへん?」

とか、話しかけてくれるのだけど
まともに目が見れないし、、、

「う、(^^;) うん~ そうやね」

そうとしか、答えられない。
いつ、怒ってくるか泣き出すかわからない・・・
そんな恐怖が。。。
言い方などにも、気を使ってしまった(^^;)

「いいよね~ 楽しいよね~」

って言って、私を見てる気がするんだけど
やっぱり、まともに顔を見れない・・・

せっかく、来てくれたのにな(^^;)
私って、なんでこんなんかな?
ま、これが自分だから、、、仕方ないね。


もう少し、時間が経てば きっと忘れるだろうから・・・
Aさん、ごめんしゃい。来てくれて、ありがとう!
by rakki_618 | 2017-07-04 00:49 | お店のこと | Comments(2)