2018年 02月 11日 ( 1 )

2月10日(土)
仕事が終わり、家に着いたのが
午後12時半くらいだったかな?

今、家の前の道路は工事をしています。
何の工事かは知らないのだけれど
(きっと、説明のお知らせ用紙はあったと思う)
工事してくれてる人が、何人もいます。
そして、警備のおじさんも何人かいます。

私の家の前には、近くの保育所に
子供を送り迎えするための
保護者さんの駐車場があります。
その広い駐車場に、工事の人の車がとめてあって
私が家に着いた時、雨が降ってる その駐車場には
Aさん、Bさん、Cさんと3人の男性がいました。
車をとめて、家に入ろうとすると・・・
男性の怒鳴り声が聞こえてきました。
すごく、大きな声で 怒鳴っています。

え?なになに?どうしたん?
そう思ったので、車を降りた私は
怒鳴り声がする駐車場を見てました。

怒鳴ってる男がAとしましょう・・・
そして、怒鳴られてる男性がBさんとしましょう。
Aが・・・Bさんに・・・

「おい!<はい>って返事しろや~!
 <はい>って言え!って言ってるんじゃ!
 おい、こら~~!<はい>は?
 <はい>は?って言ってるんじゃ!!
 おまえ、いてまうぞ~ やったろか?
 おい!いてまうぞ~~!!
 おい、こら!!!!!」

なんてことでしょう!(@。@)
Bさん、お願いやから<はい>って言って!
Bさんも・・・何を意固地に?
<はい>って言えばいいのに・・・
Aが殴りかからないか心配で
ずっと見てました。

口だけで勝負してくれるなら
私なら、もっと汚い言葉で
Aをののしれる自信があります(どんな自信^^?)
でも、Aをかまってはいけません。

Aがむこうに歩いて行ったので
私はBさんに近づき

「大丈夫ですか?」

そう声をかけました。
Bさんは、うつむいたままです。
年齢は・・・70歳はこえてる?
それくらいに見えました。
そこへやってきたCさん。

「大丈夫ですか?
 何の工事ですか?」

むこうにAの姿が見えたので
わざと、デカイ声で言いました。
Cさんは

「はい・・・道・・・工事です」

笑顔でそう言いました。
そこへ歩いてきたA
私を見て、へらへら笑っています。
私は、にらみつけてやりました!
あほか、おまえ!
イエスとしか返事のできない弱い立場の人に
えらそ~~~に言いやがって!!バカが!!
芸人のマキタスポーツ(さん)みたいな顔しやがって
マキタスポーツ(さん)まで嫌いになりそうじゃ!
(関係なくて申し訳ないけど)
なんや、この男!!
おまえにも、父親がいるんやろが!
もっと優しく言うたれや~~~!!


それから家に入って、旦那に言い
長男に言い、次男に言い・・・
ふ~~ あったまきた。

でもな・・・もしかしたらな・・・
あのBさんが何か悪いことしたんかも知れんしな。
でも、気分の悪い出来事でした。






日中、旦那と出かけ
夜になってスーパーに買い物に行きました。
買い物も終わり、スーパーの駐車場から
道路に出るのに右折しようとしたのですが
右折すると、すぐに信号があり
その信号が赤になって、、、
ぱっぱ~~っと右折すればよかったのですが
雨だし、暗いし・・・
ぱっぱ~~っと行けなかったのです。
なので、左方向から来た車がいっぱいになり
私は右折できず、スーパーの駐車場から
車の頭がちょこんと出た形になったのです。
すると・・・
左方向から自転車に乗ったおじさんが来て

「行けや~~!!ぼけが!!
 はよ、行けや~~!!
 入れや!信号に!早よ、入れや~!!そこに!!
 この、ぼんくらが~~!!」

めちゃめちゃ乱暴な言葉で叫んできたのです。
私は、助手席の方の窓を開け

「おじさん、行きたくても行けないよ~」

そう言うと、おじさんは

「このアホが!!
 行けや~~!!ぼんくら!!
 どけや~~!!ボケが!!」

自分こそ、私の車の前を横切って
さ~~っと行けばいいのに。


「はよ、どけや!!
 ボケが!!アホが~~!!」

めちゃめちゃ、元気なおっさんやん!!
信号が青になれば、行けるのだから
待ってくれればいいものを・・・
ず~~~っと叫んでいるんです。
あぁ・・・とうとう旦那が怒鳴り返してしまいました。

「うるさいの~ おっさん!
 ちょっとくらい待てや!!」

すると、おっさんが・・・

「このボケが!!
 はよ、行け~~!!ぼんくら!!」

旦那も・・・

「うるさい!ちょっとくらい待てや!!」


そして、やっと・・・信号も青になり
おっさんとも、さよならできました。
ふぅ~~~


あぁ・・・たられば話になってしまいますが
私が助手席の窓を開けなければ・・・
私が、何か言わなければ・・・
旦那も黙っていたんだろうに。。。
帰ってから気分が悪く、、、
ずっと反省していました。

「お願いやから、あのおっさんに謝って。
 私の車が歩道に乗ってたから
 私がバックしたらよかったのに、、、
 お願いよ~~ 一緒に謝ってよ」

「なんで、謝らなあかん?
 あの おっさんが悪い」

「あんたは、そうやから・・・あかん。
 今年は相手の立場に立って物を考える。
 思いやりの心を持つ。
 そう言うたやろ?
 そりゃ、あのおっさん 歩道をさえぎられて
 頭、来たかもよ。急いでたかも知れんし。
 次、何も悪いことが起らないように・・・
 反省して、おっさんに謝ろう」

「はぁ?」

「ま、ま
 私の言うこと、聞いといてよ」

「・・・・・・もぉ~~」


そして手を合わせ、おっさんに謝ったのです。
ふぅ~~
私の気持ちは、おさまりました。
旦那の気持ちは、おさまらないかも知れないけど
謝っておくのがいいのです。
次に悪いことが起らないように・・・




あの、怒鳴ってたおっさんが
お昼、Aに怒鳴られてた Bさんだったら・・・


笑うでなぁ~~(^^)