2018年 02月 06日 ( 1 )

2月4日(日)
保育所は、お休みだったけど
自分のお店の仕事はありました。
前は、ちゃんとした定休日があったけど
今は、まーちゃんに来てもらえる日は
日曜日でも関係なく、開店しています。
で、変則的に お休みしたりしてます。
4日の日曜日も、旦那と出かけていたのですが
早めに帰って、家族のカレーを作っていました。

次男は、私に よく話しかけてきます。
それも、ほんとうに くだらない話・・・
話は、くだらなくても
そういう時間は大切なんだと思うし
全然、イヤじゃないので 私もよく話します。
もちろん、長男とも会えば よく話します。
(なかなか、顔を合わせることがないのですが)

そんな次男が・・・
カレーを作ってる私の後ろに立ち・・・
そんで、、、クスクス笑うんです。
と、その前に・・・
入り口に、何か置いていたので
これは?お寺さんの記念品みたいに書いてるけど
おまえが受け取ってくれたんか?
そう聞くと・・・
いや・・・俺じゃないよ。
ちょうどアレが帰ってきた時、受け取ってたわ。
そういうのです。
アレ?
仲の悪い、兄貴のことです。
以前にも、兄貴のことをアレと呼んだので
私は、次男をこてんぱんに怒ったんです。
それからは、アレなんて呼ばなかったのに
また、、、アレって言うてる(-_-;)
そのことにも、カチンときてたし

(次男には何の関係もないけど)
この前、夢ちゃん(仮名)が・・・
まわりが全く見えなくなって
これから、彼氏と皆が仲良くなろうかと
話をしようと思ってたのを私がさえぎった・・・
喫茶店でのことを、そんな感じで言われ、、、
そうなんや・・・こっちの思いなんて
完全に無視して、そんな感じになるんかぁ
そういう思いが、まだ少し残ってたんだろうなぁ・・・
なので、いら立ってたんだろうなぁ・・・

そういう思いが、ちょっと残ったままの私だったので
カレーを作ってる私の後ろでクスクス笑う次男が
すごく、人をバカにしたように感じたんだろうなぁ。
しかも「なによ?どうしたん?」って聞いても
クスクス笑い続けるし(><)
気分悪いでしょ! もう一度・・・
「なによ?なにがおかしいのよ?」って聞いても
別に~~ みたいな感じで。。。
いつもの私なら、そんなことくらい!
「なによ~~ 母ちゃんの髪型おかしいの?
 もう~~(^^) 笑わんとってよお~」
そう言ったし、そう言えば 笑って済んだのに。。。
「そんな笑うなら、アッチ行け!!
 気分が悪いんじゃ!!クスクス笑いやがって!」
そう怒鳴ってしまって(><)
その後、涙が出て・・・
なんだかなぁ・・・
働いてもない、おまえにカレー作って
それが、終われば この寒い中 仕事じゃ!
そんな私に対して、お前は 何をクスクスと!!
そういう気持ちが、こみあげて。。。頭、来たんです。
でも、自分が悪いと思った。
自分の心に、余裕がないんだと思った。
八つ当たり・・・かな・・・
自分がカレーを作ってやってる。
そんな思いかな?
でも、考えてみ・・・
私は、ほんとうに母親としての役目は皆無。
それでも、文句も言わずに話しかけてくれる息子たち。
ほんま、ありがたいことなのに(^^;)
なんてバチあたりな自分!
それなのに、、、わかっていながら、頭に来たんです。

仕事するのは、ほんとう~~~に!かまわない。
でも結局は、カレー作ってから寒い中 仕事や。
そういう・・・やったってる感がいけないわな。。。
でも、クスクス理由もなく笑うのが許せなかった。
(仕事じゃなくてもカチンと来たかな・・・)
なんなの?そう聞いたなら
おかちゃん、頭 へんやで・・・とか
いや・・・思いだし笑いやから気にせんとって・・・とか
何か答えればいいものを!いつまでもクスクスと!
でも、、、
何でも笑いに変えればよかった・・・と反省。
なので、家を出る時には
行ってきま~~~す!って、大声で言いました。
次男も、はーい。って言ってくれて ほっとしたよ(^^)




仕事から帰った5日(月)の朝

「〇〇〇〇(次男)ごめん。
 昨日、お母さん なんか・・・言いすぎたね。
 ごめんね~」

「・・・え?あ・・・(^^;)うん」

「え?おまえは?」

「え?なに?」

「おまえは、お母さんに言葉はないんか?」

「あぁ・・・(^^;)俺も、悪かった」

「はーーい」



まぁ、なんと器の小さな いつもの自分です。
相手からの言葉も要求するなんて(^^;)でへ。

その後、台所でカレーを温めていると
また 私に色々とうるさいくらい
話しかけてくる次男でした。


他人さんとも、家族とも もめずに
これから先の人生を ゆった~~りと暮らしたいのに
生きていたら、毎日 色んなことあって・・・
なかなか、ゆった~~りと いきそうもないナ。

それでも、なるべく笑顔の多い人生を!
それは、わたし次第・・・ですね!
ハイ、わかっています。




そんな次男から、たった今 電話が・・・

「おかちゃん、新米 炊いたから
 おかちゃん、味見したいやろうから
 ちょっと、味見分 取ってるで」

だってさ~

なんやかんやあっても、可愛いな 子供って(^^)
ってことに、しておく。