昔の知り合いのSさんと。

8月7日(火)

糖尿病の定期検診で、通院してる病院で
知り合いの人と出会います。
次男が保育所の時、同じ組だった女の子のお母さんです。
顔と名前だけは知っているのですが
特に話したこともなく・・・の間柄でした。
Sさんっていう お名前です。
私が、糖尿病の検診でこの病院に来てる。っていうと
旦那さんが、糖尿病なので
一度、話を聞かせてほしい。と言われ・・・
そんな、話すほどのこともないんですが(^^;)
せっかく、声をかけていただいたのだから・・・と
昨日、家の近くの喫茶店で待ち合わせてお会いしました。


 私は、紅茶が好きです。ストレートです。
c0211824_1222656.jpg

旦那と出かけるところがあったので
1時間くらいしか、話せませんでした。

なんでも・・・Sさんの旦那さんが
この3月からインスリン治療になったのに
血糖値が高く、朝は空腹で300近くあるらしく
夜は、おかきをぼりぼり食べて やめてくれない・・・
そんな内容でした。
インスリンは何単位を?
5単位かな。
うーーー 5単位なら・・・
私なら、仏さんに供えるごはん2回分くらいだぁ~
それは、お医者さんから言われてやんなぁ・・・
うんうん、そうやで。
うーーー 私は自分なりに
インスリンをちょこちょこ打ちするから
なんとか、血糖値が上がらず保ってるけど
そんなちょこちょこ打ちなんぞ、、、
お医者さんには、絶対に言えないし
もちろん、人にもすすめられるわけがない。
でも・・・インスリンと言う素晴らしいものを
使っているのに、空腹時血糖値が300近くって、、、
めっちゃ、もったいないなぁ・・・
そして、足がピリピリ痛くって
車の運転するときも足が痛いらしい。
わぁ~ それって神経障害・・・

でも、私に言えることなんて しれてる。
私の考えは、お医者さんは 助言する人であって
私が、私の体をどうやっていくかを
決めたい。って思うんです。
なので、お医者さんの言うことでも
ん?って思ったことは ちゃんとききたいし・・・
私の意見を取り入れてもらいながら
こうしたほうが、よりいいよ~って助言をしてほしい。
Sさんの旦那さんは、もうどうでもええんよ。
好きなもの、食べて死にたい。
そう言うらしいですが・・・
簡単に迷惑かけずに死ねたら、そりゃ~いいよ。
でも、糖尿病は 気を付けないと
ほんま~~に、怖いもん。
私の父は、内臓が強かったけど
糖尿病で失明して、8年も入院してた。
糖尿病で病院に通院してて
その病院の帰りにコロッケを食べサイダーを飲み
体が、欲しがってるんや!仕方ない!とか言って
まったく気を付けてなかった。
私に、もっと知識があれば
早くにインスリンをすすめたと思う・・・
でも、それを はいはいと聞くような人ではなかったし。
なので、結局は気を付けてないと
すんなりとは死ねず、苦しんで死ぬことになる。
まわりの家族にも迷惑かけるし・・・
ちゃんと自覚して、気を付けなければあかんよな。

そして、Sさんと話してるうちに
Sさんが5年前からパーキンソン病になった。
そんな話になり・・・びっくり(@。@)
それで、その話になり・・・
あ~ 旦那さんのことより
自分の話を誰かに聞いてほしかったのかな?って
そう、思いました。
私は、ただ聞くだけ・・・でした。
なぁ~~んも、でけへんもんなぁ・・・

時間が少なく、話たらなかったのかも知れないので
また、会うことになりました。

うーん・・・なんて言葉かけてええか
わからへんわな・・・
うまく、よ~いわんわ。


話をきくだけでも、気持ちがスっとなるなら
それくらいなら、私でもできそうなので・・・
また、お会いしましょう。
by rakki_618 | 2018-08-08 12:31 | その他のこと | Comments(4)
Commented by aoi at 2018-08-08 17:38 x
こんにちは
お知り合いの方のご主人も糖尿で足がピリピリ痛いと奥さんとしては心配ですよね。
奥さんが何を言っても聞かないのなら奥さんが誰かに相談してもどうしようもないのだろうけど、Sさんはパーキンソン病なんですね。
うちの父もパーキンソン病で食べ物を食べるにも大変でしたからね。
どの程度かわかりませんが悪化しなきゃいいですね。
誰かに話しを聞いてもらうだけでも気持ちはスッとしたかも知れません。
 
Commented by rakki_618 at 2018-08-09 10:27
aoiさんへ

こんにちは~
糖尿病で、足がぴりぴりってなると
かなり、やばい気がします。
私も、けっこう 長いこと放置してたときあって
その時はヘモグロビンA1Cが11%以上になってました。
何度、糖質制限食に挑戦してもダメで・・・
で、インスリンを打ちたいと思うようになり今になります。
手術などは、もちろん自分ではできないので
お医者さんにお願いするしかないですが
糖尿病の治療のやり方は自分で選びたいと思うのです。

aoiさんのお父さん、パーキンソン病だったのですか?
Sさんは、歩いてたりすると よく転んだりするそうですが
その病名を教えてもらうまでは Sさんを見ても
どこが、悪いのかは知りませんでした。
なので、そこまで悪化はしてないように思いました。
でも先のことを考えると不安だと・・・
話を聞くしかできませんが 
沈んだ気持ち、発散してもらえたらいいのになぁと思います。
Commented by らいぐー at 2018-08-09 10:30 x
こんにちは

Sさん、ご主人は糖尿病(しかも投げやり?)ご自分はパーキンソン病だと不安でいっぱいでしょうね。。
みるくさんと話すことで楽になったのでは?って思う。
でも、人の話って結構受けての心にダメージがあるから、みるくさんは距離感を持ってね。
みるくさんは思いやれる人だから、何とかしてあげたくなっちゃうんじゃないかって心配。
専門的なことは専門家(お医者さん)に任せて、おしゃべりを楽しむくらいがいいよね♪
Commented by rakki_618 at 2018-08-10 10:51
らいぐーさんへ

こんにちは~
そうなんですよね・・・Sさん、大変です。
話すだけでも、気持ちが晴れてくれるといいのですが。
私も自分のことで精一杯なので 話を聞くくらいですね~
何も頼んでは来られてませんが
この先、何か頼まれたとしても・・・
中途半端には、なにもできないですもんね・・・
私のこと、心配してもらってありがとうね!
ちゃんと距離感もって接しますね~ 了解です!(^^)