よかったです。

6月30日(土)
何時ころだったかな?
仕事が終わったのは明け方で・・・
お店で寝たのは午前6時くらいかな?
ちゃんとは覚えてないけど。。。
それでも、もう起きてたから(寝ぼけてはいる)
11時半ころかな?

大雨だったので、駐車場に車を置かず
車はお店の前に停めていた。

お店のドアがコンコンとノックされた。
え?もしかして?
この人か?
こんな出来事があった、お店のご近所の若者さん
あぁ・・・やはり、そうだった(><)
クレームだ。。。

でも、こんなこともあったんだけどね。
後日、こんなこともあった

私の中には、このクレーム男さんとは
かかわりたくない気持ちと
一言、こっちからも文句を言いたい気持ちがあった。




6月29日(金)は夜から大雨で・・・
いつも、お店に来てくれてる まーちゃん(仮名)は
この日の仕事は、深夜までだったので
お店に来てくれるのは深夜2時を過ぎるよ。って言ってた。
私は、かまわないよ~ と言い
お店には、深夜1時半ころに着いたのかな?
お店の近くに、駐車場を借りているけれど
駐車場からお店までは、少し歩かなければならない。
土砂降りだったのと、荷物が多かったのと・・・
私は、お店の前まで車で行き荷物をおろし
車を駐車場まで停めに行こうとしたのだけれど
傘をさして歩いても、ずぶ濡れだろうなぁ~とか
色々と考えて、、、
こんな雨・・・お店の前に車を停めていいかなぁ・・・
めっちゃ、久しぶりだし
あのクレーム男さんも、許してくれるかな?と
お店の前に車を停めたんです。



 この矢印の方向の奥にクレーム男さんの家があり
 そこに自分の車を入れるのに
 私が、ここに駐車すると入れにくいと
 警察に電話するのです。
c0211824_14125551.jpg

ちなみに、前方の赤いカラーコーンなんですが
クレーム男さんは、この店舗を貸している会社まで行き
あそこに駐車したら、危ないから 
駐車できないようにカラーコーンを置け。と
怒鳴りこんだそうです。。。
賃貸会社さんは、うるさいので仕方なく・・・
カラーコーンを置いてるらしいです。



クレーム男さんが起きてくる前までには
自分の車を駐車場に置いてこよう!
そう思っていたけど熟睡してしまい・・・
起きて、ぼんやりしてたときにノックされたんです。


「あの、この前の車 あなたのですか?」

「はい、そうです」」


へ~~
今日は、まだ あなたのですか?と聞くだけ
普通になってるやん。そう思った。



 私は、お店のドアが開けれるキチキチのところまで
 車を、お店の方まで寄せてます。
c0211824_1413588.jpg



「あのね、ここに車を停められると
 危ないんですよ」

「あのね、私も言いたかったのですが
 なんで、自分の敷地内に自分の車を停めて
 で、あなた様に文句を言われなきゃいけないの?」

「危ないでしょ!」

「あなた様ね、私がおかしいと思うなら
 今すぐ、警察を呼びはったらいいわ。
 それで、警察の人に聞いてもらいましょうよ」

「・・・・・・
 僕もね、前にここから出るときに
 小さな子供をはねたんですよ!
 だから、危ないんです!」

「それは、あなた様が ちゃんと確認しないからでしょ?
 ご自分が悪いんじゃないですか」

「でもね、こうやって置かれてると
 危ないんですよ!」

「あのね、あなた様は その路地から
 この前の道に車を出すのに
 50分も1時間もかかりますか?
 かからないでしょ?ほんの数秒ちゃいます?」

「・・・・・・」

「私もね、あなた様の意向にお応えしようと
 必死なんです!あなた様に言われてから
 そんなに停めてないでしょ?
 主人が、ご飯を食べに来てました。
 早く食べて!早く食べて!と
 急いでご飯を食べた主人は、休憩することもなく
 すぐに帰ります。10分くらいのことです。
 まぁ・・・今は、それもないですけどね(^^;)
 私は、あれから あなた様が恐くて怖くて
 重い荷物があるとき
 あなた様の車が家に停まってるか停まってないか?
 そう、おそるおそる確認して・・・
 停まってないなら、あぁ!早く荷物をおろして早く!と
 自分をせめたてて、せかせかと作業して・・・
 私なりに、あなた様のご意向に応えられるようにと
 めっちゃ努力してるんです!」

「そうですか・・・
 もう、気持ちはわかりました!」

「いえ!聞いてください!
 昨日は、雨が降ったでしょ?大雨でしたでしょ?
 私が、ここに車を停めたのは
 ずいぶんと久しぶりでしょ?
 昨日は、めちゃくちゃな雨で・・・
 重い荷物を置いた後、車を駐車場まで持っていこうと
 思いましたが、これは体中 ぬれてまうな・・・と
 ここに停めてしまいました。
 でも、自分のところです!!」

「もう、わかりました。
 恐がらせて すみませんでした」

「え?そんな優しい言葉 言ってくれるの~?
 でも、もう一つ言いたいことがあります」

「はい・・・」

「あなた様、覚えておられますか?
 私は、後から 腹が立ってきました。
 自転車のことです!
 あなた様は、私の知らない自転車や!って言ってるのに
 その自転車を、ぼ~んとうちのお店の前に
 置きましたよね?あれ、なんですか?
 あなた様は自分が言いたいことは言って
 自分のすることは、間違いでもまかり通るのですか?
 覚えておられますか?」

「はい、覚えています」

「ほ~ 覚えてるんや」

「はい、あれは 僕が悪いです!
 申し訳ございませんでした!」

「わぁ~~ すごい!
 自分、えらいなぁ。
 私は、そのあと あなた様から
 笑顔をいただいたのも覚えています」

「はい、覚えてます。
 もう、十分です。気持ち、よくわかりました。
 本当に申し訳ございませんでした」

「いえ、見てください」

「え?」
c0211824_1611321.jpg

「こうやって、お隣さんとの境界まで
 キチキチに停めて、できるだけ前をあけ
 あなた様が出やすいように
 私は、やってるつもりです」

「もう、本当に気持ちはわかりました」

「そうですか?よかったです。
 ご近所で、もめたくないですし・・・」

「あ、あの・・・シフォンケーキ美味しかったです」

「シフォンケーキ? あ・・・はい
 (え?はて?あげたのかな?)」

「あのーー」

「はい」

「僕、日中は仕事でいないんです。
 その時、僕の駐車場を使ってくれていいです」

「はぁ?え?いやいや(^^;)
 そんなことは、して下さらなくても
 ありがとうございます」


そんなこんなで握手して終わりました。


 写真では、前方はすごく出てるように見えるけど
 前方は、けっこう 隙間ができてます。
c0211824_1613712.jpg





話せば、わかる人やったんや!
とにかく、よかった~~(^^)
by rakki_618 | 2018-07-01 15:56 | お店のこと | Comments(4)
Commented by shilave at 2018-07-01 17:28
良かった! ハラハラしましたけど😅
話せばわかる人だったんですね
しかし、その後の折れようが予想外、
コンニャクみたいですね😂💦
こちらまでスッとしました


咳も快方に向かってますね
もうちょい、ご無理なさらずエアコンに当たりすぎないように
気をつけてくださーい❣️
Commented by aoi at 2018-07-01 18:45 x
こんばんは
上の方のコメントのようにハラハラでしたが、よ~く説明して良かったですね。
自転車の件もきちんと自分が悪いと謝ってくれたので、それほど悪い人ではなかったようですが、毎度とめているならともかく いちいち文句を言われるとみるくさんも ちょっとご主人が食事に寄ったり 荷物を下ろすにもドキドキしてしまいますよね。
自分の気持ちを伝えて本当に良かったですよね。
それじゃなきゃ 相手もこれだけ気にしてるんだってわからないものね。
Commented by rakki_618 at 2018-07-01 23:44
shilaveさんへ

こんばんは~
えへへ、ハラハラさせてしまいました(^^;)?
そうなんです、話せばわかる人でした。
何人かの人に、すごいクレーマーだと聞いてたので
かまわないでおかなきゃ、って思ってましたが
私が、どうも思わずに車を停めてるのではないってことを
話せば ちゃんと理解をしてくれました。
そして、何年か前の自分の横暴さも覚えてて
そんなの、知らない!って逃げることもなく
ちゃんと、頭を下げて謝ってくれました。
そそ、その後の折れようはコンニャクみたいでした^^

咳は、まぁまぁ おさまってきました。
歳とると、完治まで 長いですわ。。。
ありがとうございます!
Commented by rakki_618 at 2018-07-01 23:50
aoiさんへ

こんばんは~
はい、説明をちゃんとすれば 十分に理解してくれました。
今の世の中、自分のことばかりの人が多いですが
この人も、そうなんだろうなぁ~って思ってましたが
いやいや、なかなか ちゃんとした人でしたわ。
私も、今では お店の前に車を停めることは
ほとんどないのですが・・・
aoiさんたちが来てくださったときも
近くのパーキングに停めてもらったしね(すみません)
そうやって、こっちも考えてるってことを
理解してくれたようでした(それも、言えばよかった^^)
今回のことで、じっくりと話せてよかったです。
お互いに、穏やかに話せたので よかったです。
文章ではあらあらしい感じになってるかも知れませんが
穏やかに、話せました(^^)