昨日、熊本の幼馴染から電話があった。


「もしもし、どうしたん?」

「Sちゃん(私)ちょっと聞いてくれる?」

「うん、どうしたん?」

「鍋、あるやろ?」

「鍋?」

「そそ、鍋料理よ」

「うんうん」

「その鍋料理が グツグツ煮えてるときも
 そこに、おたまをずっと入れておく?」

「いや、入れてないよ。
 そりゃ、たまには 入れてるときもあるけど
 大体は、おたま入れみたいなのに入れてるかな」

「そうやでなぁ?」

「うん、そうやで~ どうしたん?」

「そやろ?旦那がな、グツグツ煮えてるお鍋に
 おたまを、ずっと入れてるから
 私は、そんなんしたら食べれなくなって
 イヤやから やめてって言ったら・・・
 おまえは、普通じゃない。常識がない。
 世間知らずって言うねん。
 おたまは、鍋に ずっと入れておくもんや。
 おまえは、ほんまにズレてる!って言うんよ」

「いやぁ・・・どっちかって言えば
 おたまを、お鍋の中に入れて
 ずっと、煮てる方が おかしいと思うけどなぁ。
 まぁ、私は お鍋におたまが入ってても
 食べれるけれど・・・それでも、やっぱり
 おたまは、おたま入れに入れてほしいかな。
 それに、おたま入れにおたまを入れておくことが
 常識ないって、思えへんけどなぁ・・・」

「そうやろ?なのに、おまえはおかしい!
 おまえは、常識がない!って言うんよ」

「いやぁ・・・そんなことはないと思うけど
 まぁKちゃんは、お鍋におたまを入れてるのは
 どうしてイヤなん?」

「なんでって、金属を煮てるってイヤやんかぁ~」

「じゃ、金属のお鍋で みそ汁とかはしないん?」

「まぁ・・・そうやなぁ・・・それは、するなぁ」

「そっか、じゃ、木のおたまなら
 お鍋に、入れてても平気なん?」

「それも、いややよ」

「うん、イヤやでなぁ。
 なんでSさん(Kちゃんの旦那さん)は
 おたまを、お鍋に入れっぱなしにしろ。って言うの?」

「皆で、鍋したら、自分のお箸を使わずに
 そのおたまで、具材を取るためって言うねん」

「それでも、取ったら また おたま入れに
 入れたらええやんなぁ?」

「そうやろ?それやのに、そんなことするのは
 世間知らずの常識がない人間やって言うねん」

「ふ~~ん・・・
 常識ないって思えへんけどなぁ・・・
 それに、皆で食べてたら
 普通は、皆 おたま入れに入れるんちゃうの?」

「やろ?
 私、あまりにも頭に来て
 カセットコンロ、ひっくり返したわ!」

「え、え~~~(@。@)
 めっちゃ、めずらしいやん!
 そんなこと、することあるんや・・・びっくり」

「やろ?あまりにも頭に来てさ~」

「ふうん・・・
 でも私はKちゃんと一緒で
 おたまは、おたま入れに入れるって考えやけどなぁ。
 インターネットで検索したら?」

「調べたんよ、でも載ってないねん」

「ふぅん・・・
 あ、今 うちの旦那に聞いたら
 旦那も、おたまはおたま入れに入れるって」

「やろ?そうやろ?」



それから、Kちゃんの旦那さんとも電話で話し
うちの旦那も電話で話し・・・

結局は、仲良しなんやなぁ~ってことになり
その後・・・Kちゃんから
<つまらんことで、ごめん>のラインが届き
今日になったら、何事もなかったような
穏やかな、ラインが届きました。


 Kちゃんちの畑の「ふきのとう」だって。
c0211824_3335030.jpg

夫婦げんかって、ほんと些細なことで起こる。
はぁ?そんなことで?
とか、思う人もいるかも知れないけど
小さなことだって、本人にとっては
その時は、大きな問題だと思う。

私も、旦那と何回もケンカしてるけど
3年ほど前だったなぁ・・・
もう一緒に暮らせない?って思うほどの
大喧嘩をしました。
その時、色んな人に聞いてもらったけど
「そんなこと、どうでもええねん!」
そう言った人もいる。
その時の日記には、悪くて書けなかったけど
かなり、きつい口調で言われたもんだから
それからは、その人には・・・
あまり、相談はできなくなった。
でも時間が経てば・・・
また普通に付き合っているけれどね。

その時のこともあって・・・
たとえ、些細な愚痴であったとしても
本人にしてみたら、すごく悩んでいるのだから
突き放すような言い方を
しないように・・・と 私は思っています。
自分が凹んでるとき、突き放されたら
すごく、傷つくものだと思います。
なので、凹んでる本人の気持ちを
どうにかして理解したいなぁって思うんです。
なので、そんな、ちっちゃなことで?とか思わず
私は、ちゃんと話を聞きたいと思うんです。
聞くだけでも、気持ちが落ち着くと思うし・・・
私も、些細なことでも聞いてほしいと思うし・・・

まぁ、すぐに 終わってよかった(^^)
2月14日(木)
バレンタインには
家族と、まーちゃん(仮名)に
ガナッシュを贈りました。



 名前入りです。
c0211824_3281363.jpg



 これは、旦那の分。
c0211824_3283368.jpg

今年はシンプルなガナッシュを贈りました。


 
「バレンタインのチョコレートケーキですぅ。
 どうぞ、受け取って下さい。
 今年はシンプルで、上に何も飾りないよ」

「お~お~、そんな飾りいらんよ。
 この方が、あっさりして ええよ~」

「うん、細かい話やけど
 上の飾り つけたら 500円高いねん。
 でも、苺とか食べないし・・・
 今年は、シンプルにしたよ~」

「うんうん、それで ええ、ええ。
 そやけど、安いのぉ~
 このケーキ、500円であるん?」

「(゚ε゚ ) なぬ?(∵)へ? ちがうって~~!
 上の飾りの部分が、500円よ~
 あんた、きょうび ショートケーキでも 
 500円するで~」

「あ、そうか(^^;)」

「チマチマした値段の話になって
 申し訳ないけど(^^;)」


 これは、去年贈った
 バレンタイン用のガナッシュです。
 やっぱ、この方が豪華でいいなぁ~!
c0211824_33103.jpg

あ~ 上の飾りの苺とかを、食べないとしても
やっぱり、豪華なケーキの方がいいなぁ・・・
今年は、ケチってしまったなぁ。。。
来年もバレンタインと言う日があるなら、、、
はりこもうじゃないか!!






 旦那の頭の傷は、すっかり完治です!
c0211824_3312878.jpg

熊本のKちゃん。
前から、腰が痛い痛いと言ってたんだけど
病院で診察してもらったら
椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症だと診断されたらしい。
ヘルニア?びっくりした。
軽い腰痛だと思ってたのにな・・・
保育士さんの仕事も、重労働だったろうし
介護の仕事も、重労働だったしな
Kちゃんは、忍耐強いからなぁ。
それで、色々と調べていたら
ホットパックっていうのがいいのでは?と
Kちゃんに連絡してみた。
介護の時に、施設にそういうのがあったよ。
そう言ってた。あまり効果ないのか?

でも・・・!
これって、旦那にいいんじゃないの?
安い商品だし、ポイントもあったので
早速、購入しました。


 これです。
c0211824_21162284.jpg

c0211824_21164182.jpg

気休めかなぁ?
使ってよかったら、Kちゃんに連絡します。
もう、働かなくても暮らしていけるなら
そんな無理して働いて、体を悪くするより
ゆっくり、暮らしたらいいんじゃない?
私が、そう言うと
そうやなぁ・・・でもなぁ・・・と 考えていました。
根っから、働き者なんだろうな・・・
もう、ゆっくりすればいいよ。
健康が一番だよ~~~!






旦那の通院してる病院のリハビリの時間は

 9:00~11:50
13:00~13:50
16:00~16:50
18:30~20:50

と、こんなにある。
私が、旦那を送っていけるのは
ほとんど 13:00~13:50
この時間になるのだけれど
今日は、しんどくてしんどくて
お店で、起きたら 13時19分だった。
びっくりして、すぐに帰り
掃除機をかけていると

「もう、おらは大丈夫!
 これから、掃除機は おらがかけるわ。
 今は、おまえの方が 体がえらいことなってるし」

旦那が、そう言ってくれた。

「今日、会社に電話したんやけど
 今月いっぱいは、休ましてもらって
 仕事、来月から行こうと思ってるんよ」

「え~~ いけるん?」

「うん、もう大丈夫」

「そうなんや・・・無理してない?」

「いけるよ」

「わかってる?一回、会社に戻ったら
 その後、やっぱり体がしんどいって言うても
 もう、なんの保障もないよ」

「うん、わかってる」

「自転車、乗れるの?」

「おら、この前 乗ったって」

「でも、それは短時間やろ?
 通勤は、長時間やで」

「うーーん、また2月の終わりになったら
 いけるかどうか、自転車に乗ってみるわ」

「うん、よ~~く考えて 動かなあかんよ」

「うん、わかってる」


旦那は3月から、仕事復帰の予定みたいです。
ゆっくり、休んでもクビにならないなら
もっと、ゆっくりと休んでほしいけど
旦那も、今の仕事を辞めたくないんだろうなぁ。
私達も、働かなくていいなら
もう、ゆっくりと暮らしたいわぁ~~!
まだまだ、無理かぁ~~~(^^;)
旦那のことばかりで、どうも(^^;)
とってもとっても、大事な人なので・・・
書かせてください!(勝手に書けや~、へーい)




2月12日(火)
連休明けに、頭の傷のところ抜糸しましょう。
病院の先生から、そう言われていました。
12日(火)予定通り、抜糸していただきました。
5回、チクチクってしたそうです。
今日は、お風呂は入らないで。と言われたそうです。



 ガーゼ、取れそう(^^)
c0211824_18373060.jpg




2月13日(水)
旦那は、今日もリハビリへ。
頭の傷も、完全に治ってるらしく
お風呂もOKって言われたそうです。


「どう?体の調子は?」

「うん・・・」

「どうしたん?」

「あれは、何やったんやろ?」

「どれ?」

「うん・・・この前は、めちゃ楽になって
 おら、もう仕事行ける!って思ったし
 もうシップもやめたんやけど」

「うん」

「やっぱり、今日は またシップ貼ってくれる?」

「うん、わかった」

「あの日(10日のことやね)
 めっちゃ、楽やって 
 ほんで、自転車にも乗ってみたんよ」

「え~~!!自転車に乗ったん?」

「おら、言うたやんけ。忘れたん?」

「いやぁ・・・そうやった?
 リアルボックスの位置がおかしいから
 もう少し、後ろにした。って言ってたけど」

「そうよ、そのときよ。自転車にも乗ったんよ」

「え、え~~ 大丈夫やった?」

「乗ったって言っても、庭でな。
 うん、全然 平気やったんよ。
 揺れても、痛くないし・・・
 でもまた。。。なんか、痛いかなぁ・・・」

「そうなんや、まぁ、まだ日も浅いし
 そんな急に治らないわよ。
 調子よかったり、よくなかったりしながら
 ちょっとづつ、治っていくんちゃうかなぁ。
 無理したら、あかんって。治りが遅くなるよ」

「うん、そうやのぉ。
 やっぱり、シップ貼ってもらうわ。
 ほんで、もうちょっと仕事も休むわ」

「うんうん、その方がいいんじゃない?」

「そうやのぉ・・・」

「この前は、私が掃除機かけてたら
 ここも、ここも、って言って・・・
 おらがするわ、って元気やったけどな。
 やっぱり、無理したらあかんよ」

「うん・・・そやの」

「なぁ、映画とか観に行けるん?」

「それくらい行けるよ。なんで?」

「観たい映画があるねん。
 じゃ、チケット取っていい?」

「うん、ええよ」

「了解!
 でもまぁ、けっこう元気になってるよな」

「うん、一時のこと思ったら
 だいぶ、元気や~!」

「うんうん、よかった(^^)」



旦那のリハビリの病院で出会う おばあちゃんが

「あそこに、鯛焼き屋さんができてて
 帰りに買うんよ、美味しいよ」

そう教えてくれたんです。
旦那のリハビリは30~40分くらいかかるので
待ってる間に、鯛焼き屋さんに行ってきました。


わぁ~~!!(@。@)関東旅行した時
めちゃ美味しかった鯛焼き屋さんや~!


 ここです!
c0211824_18531331.jpg




 チェーン店でも、同じ味かな?と
 1日目は2個だけ買いました。
 やっぱ、美味しかったので
 2日連続で、買ってしまいました。
 冷めても、美味しいけど
 (私は、回転焼きは冷めてる方が好き) 
 やっぱ、ここのは焼きたてが美味しいな。
 冷めると、もっちり感がわかりにくいかな。
 焼きたてだと、皮がモッチモッチなんです(^^♪
c0211824_18564936.jpg

鯛焼き、焼けるのを待ってる間に
店員さんとお話を・・・

「あ~~ ここの鯛焼き美味しいですよね。
 旅行で、東京に行ったとき食べたら
 すごく、美味しかったんです。
 へ~ こんなところに お店できたんですね」

「そうなんですよ、去年の9月に開店しました。
 東京のどのお店に行かれました?」

「雷門から浅草演芸場に行く時でしたので
 そのあたりでした」

「あ~ そのお店
 この前テレビドラマに出たんですよ。
 日曜日のグッドワイフってドラマです」

「え~~ あのドラマずっと観てるけど
 気づかなかったなぁ・・・」

「ちょっとの時間ですけどね」

「へ~~そうなんですか」

「この鯛焼きは、もともとは大阪なんです」

「へ~ そうなんですか」


あずき餡の他には、さつまいも餡と
さつまいもと生クリームの餡がありましたが
私は、あずき餡が好きだな~(^^)



あ~痩せれない・・・( ^ω^;)・・・
2月11日(月)

前日から仕事が休みの私は
久しぶりに、家のベッドで寝た。
朝、起きると 旦那はもう起きていた。

「どう?体の調子は?
 昨日、マシになったって言ってたけど
 今日は?今日も、かなりいい調子?」

「うーん・・・」

「え?(@。@)どうしたん?」

「うーん、寝方かなぁ?
 寝方が、おかしいからかなぁ・・・」

「え?痛いの?」

「うーん・・・昨日は、寝方がよかったんかなぁ?」

「え?痛いの?」

「うーーん・・・
 昨日は、おまえが横にいたから
 寝返り、うてなくて・・・」

「え?私?(@。@)
 私がわるい・・・の?」

「いやいや!そういう意味じゃないよ」

「え、え~~~ 
 今日は、私 違うところで寝ようか?」

「いやいや、そんなことしたら風邪ひくよ」

「なんちゅうか・・・
 おまえが、いた方に おらが寝るわ」

「ふーん、そうなん?わかった」


夜になって・・・


「どう?調子は?」

「うん、マシマシ!
 朝は、ちょっと えらかったけど
 もう、大丈夫やで」

「あ~よかった」

「うん・・・よかったわ~
 ほんまに、今やから言えるけど
 おら・・・このまま動かれへんようになって
 ほんで、何もでけへんようになるんちゃうかと
 めちゃめちゃ心配やったんよ~」

「え~~ そんな、しんどかったん?」

「うん・・・おまえに言うたら
 また心配してくれて・・・
 おらに隠れてメソメソ泣くかなって思ったから
 言えんかったわ。あ~マシになってよかった~」



あ~~よかったよかった!
ほんとに、もう大丈夫やよね?



「T君(旦那)てさ・・・
 <死>とか考えることある?」

「<死>?」

「うん・・・
 私は60歳をこえてから
 すごく考えるようになったわ」

「ふーん」

「そんなことない?」

「おらかて、ちょっとは考えるよ」

「例えば?」

「おらは、おまえの死に顔を見たくないから
 おまえより、先に死にたいと思ってるけど
 もし、仮に・・・おまえが先に死んでしもたら
 山に行こうかのぉ、って思てる」

「山?どこの山?」

「どこって、そこらへんの山」

「え?山で、何するん?自殺ってこと?」

「違うよ~~!山で暮らすんよ」

「え?どうやって?ごはんは?お風呂は?トイレは?」

「ごはんは、車で買い物行くし
 風呂も、たまに入るし
 おしっこは、その辺にするし」

「え?車 持って山に行くん?
 草むらの中で暮らすん?
 なんで、家で暮らさないん?」

「みなに迷惑かけるから」

「はぁ?山で暮らす方が迷惑やん」

「そうかのぉ・・・」

「うん (^^;)
 変な質問、してしまったね あはは~」



私は、きっかり60歳になったとたん
<死>を意識しはじめました。

自分は、どんなことで死ぬんだろう?
後は、どうなるんだろう・・・
子どもたちは?
両親も60歳くらいから死を意識したのかな?


人間、うまくできてるんやなぁ・・・
段々、動きも鈍くなって
どこかへ行きたい、遊びたいって気持ちも
少なくなっていって、おとなしくなるなぁ。

私も、あれほど はしゃいでいたのに
なんだか、最近 おとなしくなった気がする。
あーーー いやだいやだーー!

とは言いましても・・・
この寒い中、シャワー浴びた後
裸で踊って、、、家族中に、見せてます。

「あほなこと、してらんと(してないで)
 はよ、服 きいよ(着なさいよ)風邪ひくぞ!」

と 旦那に言われ・・・

「げぼ~~!(><)オエ、オエ~~(><)」

と 長男に言われ・・・

「フッ (><)」

と 次男に失笑され・・・

家族中から嫌がられています(^^;)
ふ~~ まだまだ元気じゃい!!