どういうこっちゃ!

以前も書きましたが、旦那はタクシーの運転手。
若い頃は腕相撲は誰にも負けたことがないって言ってたし
力は強い方みたいでした。
でも、結婚する前くらいから、わけのわからん病気になり
働くことも、ままならぬ。。。体になったのですが
食べては、いけないので何とかタクシーの運転手になって
私たち家族を養ってくれてます。
働けないよ・・・そうお医者さんに言われたけど
国からの援助もないし・・・食べていけませんやん。
私達夫婦は、悩んで泣いて苦しんでさまよって、ここまで来たんです。
そして、苦労の末にやっとやっと今の仕事に就けたのです。
それなのに、この生活を脅かす者がでてきたのです。
運転代行という仕事がこの世にでき
規制緩和たらなんたら(意味、よ~知りません)で
タクシーの仕事は、いっそう厳しくなってます。
それでも、すごい頑張ってくれていて
私は、ほんとうに有難いと思ってます。
なのに、なのに、なの~~~~に!!
どうでしょう・・・私は怒っています!
何がかと言いますと
旦那の会社の一部の運転手さんが(さんづけ、いらんわな)
ワンメーター(メーターがあがらない距離の利用者さん)の
お客様に対し、悪態をつくと言うのです。
駅前にある喫茶店のママさんに聞こえるほどの大声で
「そんな近い距離、歩いて行け!」と
お客様に対して罵倒しているというのです。
行き先を告げても返事もしないと言うのです。
そのお客様が会社に苦情の電話をしても
会社は対処しないというのです。
許せない・・・
今はタクシーの車内にもカメラがついてるらしく
ちゃんとしらべれば、どの運転手さんが
そういう悪態をついてるかがスグわかるらしいのに
対処しないというのです。はぁ~?どっこいです。
苦情は2~3件ではなく、いっぱいきてるらしいのに。。。
あぁ・・・許せない。
そんな一部の心無い運転手さんのおかげ(せい)で
旦那のタクシー会社の評判が落ちてると言うのです。
おたくのタクシーには乗りません。とばかりに
旦那の会社のタクシーが待機してる駅前に
違う会社のタクシーを呼ぶらしいです。
こらこらこら~~!一部の運転手さん!
ああぁ・・・許せない。
私たちの生活が一部のひどい運転手さんのせいで、脅かされています。
あ~あ~、ほんとに許せない!
なんて、ひどいんでしょう・・・
私は、旦那に言いました。
「そのタクシーにワンメーターで乗って悪態つかれたらどやしてくる」
旦那は、私に言いました。
「やめとけ」
でもね・・・
やっと今の仕事に落ち着き生活も何とかできて
頑張ってくれているのに・・・
そんなヒドイ運転手さんがいたら安心できないじゃないですか。
そんな人は制裁を受けるべきです。
あ~~~許せない。
これは憶測ですが、そういう運転手さんがひどい態度をとるのは
お年寄りや か弱そうな女性でしょう。
いかにもヤクザ!さんみたいな人にはしないでしょう・・・
あぁ・・・ほんとに許せないわ。
なにかギャフンと言わさなければ・・・
私たちの生活を守るためです。
何か・・・考えましょう。
私、燃えます!
# by rakki_618 | 2010-09-03 11:56 | 旦那のこと | Comments(6)

こんなキーホルダーを作りました。

旦那にも、ミニギターをあげようと思ったのに
「おら、そんなもん いらん」と言われ
「え~じゃぁ何やったら持ってくれる?」と聞けば
「北斗の拳のケンシロウやったら持ってもええわ」と言うので
こんなの、作ってみました。
ドラゴンボール編も作ってみました。
c0211824_2283118.jpg

木が、ちゃんと長方形に切れてなぁ~~い!
え~~!?歪んでる・・・
え~~~!性格みたい(^。^;)
# by rakki_618 | 2010-08-31 02:31 | 旦那のこと | Comments(6)

結婚30周年旅行、決まりました!

結婚30周年の旅行が決まりました!
ま、ま 日帰りですけどね(^^;)
美味しいものも食べたいけど
それは、まぁ・・・いつでも食べれるし
やっぱ、どこかへ行きたいなぁ~ってことになりました。
ある日、旦那から電話があって
「おまえ、天川村へ行きたいって言うてたんちゃうんか」
そう言ってくれたんだけど、それはもう15年前くらいの気持ちで
「今は、もう別に行きたくないよ」
そう答えると
「そうか・・・漫才、観たいんか?」
「でも、自分 漫才いやなんやろ?」
「うん・・・まぁの~」
「じゃ、かまへんよ。漫才じゃなくっても」
「わかった。どうする?」
「あ!!!ええこと考えた!」
「なんや?」
「今まで何でも私が決めてきたけどさー」
「うん」
「今回は、あんたが全て決めてよ」
「え?」
「わたし・・・初心に戻って・・・」
「ん?」
「何にも逆らわずに、従うから・・・昔のように」
「がっはっはっはっはっは~~!!」
「な・・・に・・・よ・・・(-。-;)」
「そりゃ、ええのぉ~。了解!」

そして、昨日決まりました。
「おら、3つ選んでみたんやけど、その中から
 おまえが行きたいとこ選ばんでええんか?
 全部おらが決めるんか?」
「うん、じゃ~ 一応、言ってみて」
「おぉ。和歌山と六甲と天川村や」
「和歌山?和歌山って・・・すぐそこやし、何かするん?」
「いやー。昔、よく峠でホットドッグ食べたやろ?」
「うん・・・」
「あそこに行って昔みたいにホットドッグ食べようと思って」
「まだ、やってるかな?」
「そやのぉ」
「で、ホットドッグ食べに行くだけ?」
「うん」
「ええええ?まぁ・・・全て従うって言ったけど・・・(-。-)」
「ん?」
「ホットドッグ食べるだけなん?」
「うん。うまいどぉ(美味しいよ)」
「うん・・・いいよ・・・」
「ありゃ、ほんまやのぉ。それだけやったら時間あまるのぉ」
「まぁ・・・ね」
「あ!ええこと思いついた!」
「なに?」
「そこでホットドッグ食べて、夜に天川村行こか!」
「うん。いいよ、それで(^^)」
てなわけで、今度の旦那の3連休の10月3日(日)に
和歌山へ行ってホットドッグを食べ
それから天川村に星を見に行くことに決定!しました。
初めて旦那の計画に従うわたしです・・・
よかった!よかった!
# by rakki_618 | 2010-08-30 21:58 | 旦那のこと | Comments(0)

次男の出来事

昨日、旦那と次男と私の3人で、お蕎麦やさんに行きました。
先日、長男と回転寿司に行ったので
次男とも、何か食べに行く予定でしたので
昨日、行ってきました。
旦那も休みだったので一緒に。
お蕎麦を食べながら次男が色々としゃべってきます。

「おとちゃんには、言うたんやけど・・・聞いた?」
「え?何を?聞いてないよ」
「この前、兄貴が彼女を家に連れてきてん」
「へ~いつ?」
「4~5日前かなぁ」
「ふうぅん。ほんで?」
「でな、俺がいてるのに一緒に風呂に入ってるねん」
「へ~」
「でな、俺がトイレからでたら ちょうど彼女が
 兄貴の部屋から出てきて・・・」
「えええ?」
「で、彼女が俺の前を歩く感じになって」
「うん」
「裸やで・・・」
「え?」
「俺、ケツ見てもうたがな(-。-;)」
「がっはっはっは」
「俺の前を歩いて居間まで行って、そこに兄貴が風呂場のほうから来て
 兄貴も裸でポロンとしてるし、俺は俺で暑いからパンツ一丁やし
 居間で3人でかたまってもうて、、、3人裸で三つ巴や」
「ぷぅ~~~~!!」
「で、兄貴が俺に<行って行って!>って、手で払うし」
「おっかしぃ~~」
「やろ?」
「うん」
「ほんま、、、見たくもないケツ見てもうたがな」
「うっは~~」
「でな、別に兄貴の悪口言うつもりちゃうけど」
「ん?」
「時間すぎてから俺がシャワー浴びててん」
「うん」
「ほんだらな、風呂場の横の洗面のとこに用事があるんか
 知らんけど、ドアをノックするんよ」
「え?失礼しますよ~みたいに?」
「うん。しかも丁寧なたたき方で3回」
「うん、ええやん」
「また、5秒くらいして3回キッチリたたくんよ」
「ええやん」
「それがな、いつもは俺がシャワー浴びてても
 ノックするなんて、ありえないねん」
「え?彼女の前やから?」
「そうかなぁ・・・」
「そっかぁ・・・彼女の前では
 オレは、礼儀知ってますよ~ノックしますよ~みたいな感じか」
「そそ、そうちゃうか」
「へ~~」
「ほんま、兄貴はわかりやすいわ」
「ぷ!」
「そのあと、兄貴らは静かに眠ってるんか・・・
 物音もなく、部屋におったみたいやわ」
「ふぅ~ん」

こんな会話をしながら、お蕎麦をすすった私でした。
美味しかったです(^^;)
# by rakki_618 | 2010-08-28 10:44 | 息子のこと | Comments(12)

あんた・・・そんなことでいいの?

糖尿病。
そそ、私、糖尿病なんです。。。
最近、空腹時でも血糖値は250くらいある。
恥ずかしいけど・・・
またタバコを吸っている。
タバコって絶対に、いいはずないよなぁ・・・
そんなこと思いながら、、、吸ってる。
どんな風に影響するのか
血糖値を測定。
吸う前と吸ってから
え?うっそ~~~!
吸ってからが20くらい下がる。
3回測定して、3回とも20くらい下がる。
え?反映されるのは、もっとあとから??
え~~~い!もう一回測定。
わお!30上がった(--;)
(上がるまで、吸わんでええから!)
やっぱり、血糖値にも悪影響。
そう自分を納得させたかったの・・・
やっぱ、あかんよね。。。タバコ。
タバコを吸わないのと血圧が正常なのがリスクをさげます。
そう、病院で言われたもんな。
最近、血圧も高い感じだわ。
「おまえ、そんな食べてて なんで体重減ってるんや。
 おかしいぞ。糖がおりてるんちゃうんか?病院へ行けよ」
旦那にも、そう強く言われた。
そそ、わたし2か月に一回は通院するいい子ちゃん患者やったのに
去年の1月くらいからは病院に行ったことないわ。。。
これじゃ、あかんよね。
義姉の嫁ぎ先のお母さんが先日亡くなられ
その時、そこの次男さんと食事の席が近くで・・・
いろいろと話してたら、その人も糖尿病で
ヘモグロビンA1Cが9%くらいだったときに
足の指がロウのようになり、黄色い水があふれ
指をさわったら、、、ポロっと落ちて骨が見えたって。。。
でも、な~んにも痛くないんだって。
「だから、怖いねん糖尿は」
そう言っておられました。
あ~~~~~~
目指せ!ヘモグロビンA1C 5、3%
なんて、ほど遠いわい!!
「おまえも、薬嫌いとか言うてらんと病院行って
 ちゃんと、薬もうてこい。ほんだら、もっと楽になるぞ」
はい・・・
旦那から言われた言葉を胸に。
ちゃんとしなければいけませんね・・・
あ~~~でも、薬はイヤじゃ~~~!
# by rakki_618 | 2010-08-27 12:02 | 糖尿のこと | Comments(4)