1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ
昨日、保育所の仕事も終わり帰ろうとしたとき



と、その前に

昨日は5歳児さんの組だったのですが
A子ちゃん、B子ちゃん、C子ちゃんが
一緒に遊んでいて・・・
A子ちゃんが私のひざに甘えてきて
くっついたものですから
A子ちゃんと一緒に遊べなくなった
B子ちゃんとC子ちゃんが

「先生、あっちに行ってよ。
 こっちに、こないで!あっち、行きよ!」

二人して、そう言うもんですから
私はA子ちゃんに・・・
B子ちゃんとC子ちゃんが待ってくれてるよ。
そう言ったのですが
A子ちゃんが、私のそばを離れなかったので
B子ちゃんとC子ちゃんが、ますます私に攻撃。

「先生、もういいから あっち行ってよ!
 私達はいいから!」

「先生は、みんなとこうやって遊びたいのよ~」

「もう、いいって!私達は自分で遊ぶから!」

「・・・・・・」

「あっち、行け!」


子供に、何を言われようが
子供って、そんな生き物や。って思ってたけど
ちょっと、カチンと来た。
じゃかまし~~んじゃ!おい!
とは、言わず・・・


「B子ちゃん、C子ちゃん
 自分が<あっち行け>って言われたらうれしいの?」

もじもじ、する二人

「うれしいの?」

「いや・・・」

「じゃ、自分がされたらイヤなことは
 人にはしないの!!!わかった?」

えーーか!よ~おぼえとけよ!
大人になってからも、それが基本なんじゃ!
自分がされてイヤなこと、人にするな!
とは、言わず・・・

「わかった?人にそんなこと言ったらダメよ。
 自分が言われたらイヤでしょ?」

「うん・・・」

「はい、でしょ?」

「はい・・・」


それから、こういう子供は
なでなでとかまうよりも、知らん顔するほうが
自分から近づいてくるだろう・・・と
知らん顔してたんですよ。
すると、案の定・・・


「先生、あのな B子な、バレエ習ってんねん!」

「そう(^^)」

「先生、あのなあのな、C子もなバレエ習ってんねん」

「そう、すごい~ 踊って見せて~」


と、そんな感じでした。

しかし、私、、、保育所内では
めちゃおとなしい無口な人だと思われてると思います。
叱るのって、ちと恥ずかしい。





で、最初にしようとした話になるのですが
保育所の仕事も終わり、タイムカードをおして
帰ろうとしたとき・・・
保育所の所長とK先生が私のところに来て

「〇〇〇〇先生(私のこと)
 どうして、緑組にいなかったんですか?」

「え?いましたけど5時になった時に
 ばら組に行ってって言われたんですけど・・・」


私は、まだ 誰が正職の先生で
誰が保育補助のパートさんだとかは
ちゃんと把握してません。
名札を付けなきゃいけないのに
付けてない人もいるので
名前を知らない先生もいっぱいいます。
聞く機会があれば、聞いたりもしますが。
また、パートの人も多いので
15分刻みで入れかわったりするのです。
なので、チンプンカンプンなんです。
でも、仕事を続けていれば 
自然と名前も覚えてくるだろうし
そんなことに、焦りはありません。
組も、、、昨日、やっとちゃんとわかりました。
赤、もも、ばら、黄、だいだい、青、緑・・・と
7つの組があったんです。


「誰に?誰にばら組に行けって言われたの?」

「名前は知りません。昨日、初めて見た先生です」

「そう・・・」

「はい」

「わかりました」


それから駐車場まで(10分ほどかかります)
同じ駐車場を借りてるT先生と歩いていると
さっき、所長と一緒に私に聞いてきたK先生がバイクで来て


「先生(私のこと)気にしないでね」

「え?何をですか?」

「さっきのこと、気にしないでね」

「あ、あーーん。いや・・・全然、気にしてませんけど」

「そう・・・それならよかった」

「はい、ご親切にありがとうございます」

「先生、悪くないからね」


え?(@。@)かえって、その言葉に驚く。
え?私、悪いの?


「はい・・・?」

「気にしないでね」

「いやぁ・・・
 私、何も気にしてませんよ。
 私なんて、まだまだ新人ですので
 先輩の先生に、あのクラスに行って、と言われれば
 その通りに動くだけですし
 例えば、今日は絶対に誰に何を言われても
 緑組にいてね!と言われたのに
 私が勝手に動いたなら気にしますけど
 それに、まだまだ どの先生が何時までで
 どの組には先生が少なくなるとかわからないです。
 言われた通りに動くだけです(^^;)
 言われた通りにしただけですので・・・ 
 何も、気になってないんですけど(^^;)
 (気にしてないこと)すみません・・・」

「よく、わかったわ~ 先生、回転速いわ~
 うんうん、話もわかりやすい!すごいわ」

「いやいやいや!!なんでですか?
 ごく、普通の話をしてるだけじゃないですかぁ~~!」

「うん、わかった。気にしないでね」

「はぁ・・・(?。?)はい」



バイクの先生は帰って行かれ・・・
駐車場まで、もう一人のT先生と歩いていました。


「私って、ずるいのかな?」と、T先生。

「は?」

「私ね・・・争うこと嫌いなの」

「はい・・・」

「だからね~ 今の話も聞いてないの」

「はい・・・」

「争いたくないのよね」

「いやいや(^^;)
 争う、争わないって話と違いますやんかぁ~
 ただ、なぜ緑組にいなかったの?って聞かれたから
 ばら組に行けって言われたってだけの話ですやんかぁ~」

「そうなの?でも、争うのイヤなのよ」

「はぁ・・・(^^;)そうですよね」





先生たちにも、保育が必要なんじゃないの?




こんな私なのに
私にすごく優しく接して下さる先生もいます。
何かと、優しく教えてくれて注意してくれます。

「私もね、保育の経験がなくて
 この仕事に入って2年なんよ。慣れてくるからね」

いつも、そう励まして下さいます。
昨日も、帰ろうとすると・・・
ロッカーに呼んでくれて

「これ、私が入った時の注意事項なんよ。
 コピーしてきたから、あげる」

そう言って、保育の注意事項が書いたものを
下さったんです。



   ありがたい~~ 親切がしみる~~
c0211824_12482757.jpg

他にも、優しい先生もいっぱいです。
いい大人の私ですが、、、
優しそうな先生のところにしか近づけません(^^;)




   


   旦那のお皿アートの鉄人28号!
   家で、あわてさせて描いたものですから
   ちょっと、かわいそうなことしました。
   しかも、魚を焼くオーブンで焼いて。。。
   (家に、電子レンジしか、なかってん)
   温度設定できずに、、、お皿割れてるし・・・
   おら、ゆっくり描きたい。って言ったのにな^^
   ま、ま、ちょっとやってみてよ。なんて
   せかしすぎました(^^;)
c0211824_12484118.jpg

# by rakki_618 | 2017-09-22 13:09 | その他のこと | Comments(9)

お皿アート、楽しい~♪

お皿アート、やってみましたよ~(^^)



   まずは、100均でオーブンOKのお皿を買って
c0211824_521722.jpg




   らくやきマーカー黒ペンでふちを描いて
   230℃のオーブンで20分ほど焼きます。
   焼いた後、1時間ほど冷まします。
c0211824_5211674.jpg



 
   色を塗って、また焼いて冷まします。
c0211824_521347.jpg




   へたっぴ~~でも、楽しくて
   こんなに、焼いちゃいました~♪
c0211824_5214010.jpg





久しぶりに、保育所便りです~。

赤組<0歳児>
抱っこすることが多いので、けっこう腰が痛くなります。
こんな、小さい頃からスネるんですね(^^;)


桃組<1~2歳児>
まだ、かかわったことはありません。


黄組<2~3歳児>
物の取り合いになると、おかまいなしにケンカ。
自分の気持ちを、思いっきり出しまくって気持ちいい。


だいだい組<3~4歳児>
先生、見て~  先生、一緒にやって~
先生、先生、先生~~って よくお呼びがかかります。


青組<4~5歳児>
物の取り合いのケンカになっても
スグに先生のところに行って・・・
先生、あの子 叱って・・・と、先生にお願いする。


緑組<5~6歳児>
言うことは、大人のよう・・・

「先生、きょうはどの組よ?」

「え?」

「だから、どの組に行くんよ?」

「そんな、口の聞き方~か~い」

「どこよ?」

「だいだい組やで」

「あ~(私の組ではなくて) よかった」

「(^^;) そうですかい」


葉っぱを頭の上に乗せられて、、、
かっぱや、かっぱや~~~って言われて
頭を、さわるものですから・・・(><)
ちょ、ちょ~~(@。@) カツラが!危ない!

「かっぱだぁ~~」と 子供の気をそらす。

それが、おもしろいのか・・・
いつまでも、かっぱをやって~と言う。
で、いつまでもやってると
けっこう、上からの物言いになってくる。

「かっぱ!そうやって、ずっと かっぱやってろ」

で、ニコニコしてると・・・つけあがる。
ほどを見計らって、ちょっと強く言うと・・・
おとなしくなる。

あまり叱ってもいけないが
叱らないと つけあがる気がするわ(^^;)
私の本音は、ゆった~~りと接したい。
自分の子供にはできなかったけど
ゆった~~りと子供と接したいと思うな・・・

昨日、初めて少しだけ楽しいと思えたかも(^^)
あ、少しだけね。
まぁ、まだ続くかどうかは自信ないけどね(^^;)
とにかく、毎日 がんばってます~(^^)
# by rakki_618 | 2017-09-21 05:51 | その他のこと | Comments(8)

37年でした。

9月18日(月)0:00
旦那の携帯のアラームが鳴った。
ん?どうしたんだろ?そう思っていると


「結婚記念日やな、おめでとうございます。
 いつも、ありがとう」

そう言ってくれるではないか!(@。@)
びっくりした!
9月18日は私達の37回目の結婚記念日。
私も、もちろん覚えていたけれど
旦那の方から、こんなことを言ってくれたのは
37回目にして初めてでした。
あ~ 色々と苦労させてるな・・・とか感じてるのかな?
私に、気を使ったのかな?
わぁ~ かわいそうに・・・って思ってしまった。
ま、ほんの一瞬ですけどね。
それよりも、うれしさとありがたさの気持ちの方が
もちろん!まさっていましたよ(^^)
こちらこそ、ありがとうね。



結婚記念日に写真を載せておこうと
昔の写真を見てたら・・・
菅原洋一さんに似てると姉に言われたころの写真が
いっぱい出てきました。
みんな、私のこと ブスブスって言うけど
(菅原洋一さん、すんまへん!)
私、別に自分の顔は嫌いじゃないけどなアハハハ
それに、私のせいじゃないも~~~ん(^^)
でも、あんまり言われると
60歳の今でも・・・傷つくぞ~(^^)アハハ



         友達と黒部ダムや諏訪湖に行った
         生まれて初めての旅行写真
         実家では、ず~~っと犬がいた
         どの時代の犬も名前はシロで雑種のオス
c0211824_12211698.jpg



         会社の慰安旅行でキャンディーズさんを。
c0211824_12371949.jpg



    兄弟仲のよかったころだぁ~~
    遠い昔だなぁ~
c0211824_12375069.jpg

c0211824_1238120.jpg



        旦那の笑いのセンスが好きです。
        謙虚で言葉の選び方に思いやりがある。
c0211824_12381548.jpg



        親戚の結婚式。
        私は思いっきりお化粧してます。
c0211824_12382651.jpg




そろそろ、いろんなものを整理していかなきゃ・・・
そう考えています。今よりもわけわからなくなる前に
写真の整理などもしていかなきゃ・・・な。
友達が、言ってました。
お母さんが亡くなった時の写真の多さにびっくりし
捨てるに捨てれず・・・長いこと悩んだ挙句に
捨てることにした・・・と
なので、自分は写真を残さない。子供に迷惑かかると。
そうやよね~~ そろそろ、写真の整理もしなきゃです。




「最近さ~ タイルに油絵?みたいな感じで
 絵を描いてみたいなぁ~って思ってさ」

「おまえだけは、色々とやりたいことがあって
 ええのぉ~~」

「なんか、やりたいことないん?」

「おら、な~~んにもない」

「あら・・・ギターは?」

「あぁ、それはやるよ。もうちょっとしたら」

「もうちょっと?やろうと思えば今できるやん」

「うん。まぁ・・・」

「やる気ないわけね。ま、別にいいけど。
 でも、やればいいのに~ 
 あんた、運動神経もすごいし音感もあるし
 すぐに上達するわ。誰でもできるのに」

「うん・・・」

「でな、タイルに絵を描いても その後どうする?って
 考えたら・・・ちょい待てよ?お皿は?って思って
 お皿に何か描けないかなぁ~って思って調べたらさ~
 いま、そういうのがメチャ流行してるんやってさ!
 そんなん、知らんかったけど 私もやってみたくて」

「ふ~~ん」

「でな、100均で器を買ってん!」

「へ~」



      色んな大きさの器を買いました。
c0211824_12385055.jpg




     お皿に描けるペンを注文しました。
c0211824_1256271.jpg




「あんた、鉄人28号がすきなんやろ?」

「おぉ」

「じゃ、今 すぐにここに描いてみて。って言っても
 何も見れずに描ける?」

「おぉ、描けるよ~ カンタンや!」

「ふ~~ん・・・」

「あれ?ん?ありゃりゃ、、、
 忘れてるわ・・・あれ?こうやったかのぉ?
 うーーん、あかんヘタになってる(^^;)」




        まぁまぁ、じゃないですか
        (^^;)ぷぷ
c0211824_1259184.jpg



「こういうのを、お皿に描いてオーブンで焼いたら
 描いた絵も消えないのよ。あんたもやってみる?」

「おぉ~ やろうかのぉ~」

「やろ?きっと楽しいわよ!」

「うん」




てなわけで、二人でお皿に絵を描いて
楽しむことに決定しました~ルンルン

今日、帰ったら 描くペンが届いてるかなぁ~
楽しみです(^^)
# by rakki_618 | 2017-09-20 13:08 | 旦那のこと | Comments(4)

仲間と漫才を観に!

9月18日(月)
仲間6人と難波へお出かけしました~♪
まずは、皆で宝くじのグループ買いをしました。
当たると・・・いいなぁ~~ えへへ(^^)


   それから、二見さんの豚まんを試食!
   漫才を観る前なので買って行けず
   後から買う予定でした・・・が
   もし、売り切れたらイヤなので
   1個だけ買って、皆で味見をしました(^^)
   美味しい~~~!!美味しかったわ!
   中の具が、家庭的な味って感想です~!
   551さんの豚まんも好きやけど二見さんもうまい!
   帰り、売り切れてなかったら 
   今日は、二見さんの豚まんをを買って帰ろう~!
c0211824_333397.jpg

   帰り・・・売り切れてました(;。;)



   なんばグランド花月に到着!
   人、人、人~~すごいにぎやかでしたよ(^^)
c0211824_3331178.jpg

c0211824_3331860.jpg




   松浦真也さんと写真を撮っていただきましたよ♪
   むかって左から・・・
   まーちゃん(仮名)、幼馴染ご夫婦、松浦真也さん
   夢ちゃん(仮名)、私、旦那の順に写ってます。
c0211824_3332561.jpg




   漫才を観終わって、外でもパチリ!!
c0211824_3333169.jpg




   そして、晩ご飯は<牛かつ もと村>さんへ。
   皆、美味しい~~美味しい~~って言ってくれて
   晩ご飯は、ここに決めてよかったです(^^)
   皆は、牛かつ1枚。私だけ2枚の注文です(^^;)
c0211824_3333969.jpg

c0211824_3334421.jpg



あ~~楽しかったです(^^)
ほんと、楽しかった~~♪
11月には皆で日帰りバスツアーに行きます!
今から、楽しみです~~(^^)






<<記事、追加しました>>

9月9日(土)~10日(日)のバスツアーで
バスから転げ落ち、、、右胸を打って、、、
ちょっと痛かったのですが
段々と治ると思ってたのに、、、
段々と痛くなって、、、
今朝は最高に痛かったので仕方なく
病院に行ってレントゲンを撮ってもらいました。
軟骨は骨折してても、わかりにくいらしく・・・
でも、多分折れてないでしょうとのこと。
一ヶ月くらいしたらマシになるそうです(^^)
コルセット、湿布薬をいただきました。
今の仕事、もし続けられたなら
来年2月に、六ヶ月以内に撮った
胸のレントゲン写真を仕事場に提出しなきゃいけないので
診断書も、いただいておきました~(^^)



   安静にと言われても・・・無理だぁ~
c0211824_23122850.jpg


仕事は、休まず 行ってま~~~す(^^)
# by rakki_618 | 2017-09-19 13:38 | お出かけ、旅行 | Comments(4)

病院、変えました。

ここんとこ、糖尿病のことで
ちょっと思うことがあって・・・
病院を変えてみようかな?と思ってました。
今の病院の先生は、いい先生だと思ってます。
治療方針も、私の意見を取り入れてくれるし・・・
また、看護師さんもいい感じの人が多いんです。
でも、何か・・・感じたんだろうなぁ~ 私が。
何をよ?なんでよ?どこがよ?
そう自分に問うても、、、答え出ない。
もう、なんやわからんけど変えたほうがいいかな?って
思ってしまったかな(^^;)
ブルース・リーさんの映画のセリフ
<考えるな、感じろ>みたいな?


自分の糖尿病の特徴は・・・空腹時血糖値が高い。
2日間も絶食したなら、同じ糖尿病の人でも
血糖値は100以下になると思う。
だけど、私はならない。
世の中には、平熱が高い人がいるように
私は平血糖値が高いんだろうな、と思う。
私は、確かによく食べる。
だけど・・・私の食べ方なら
ヘモグロビンA1Cは6%台くらいのハズじゃないのかなぁ?
それほど、炭水化物は我慢している。

例えば・・・先日の夜、何も食べないで寝た。
でも、次の日の朝は血糖値が170だった。
2時間ほどして、また測定すると200くらいだった。
もう~~!なんで?なんて思ってしまう。
ここんとこ、糖尿病のことをいっぱい勉強した。
ネットで何日も調べまくった。
もともと血糖値が高く、炭水化物を食べなくても
ヘモグロビンA1Cが6、5%って人もいる。
こんな記事を見つけた!
やろ?そやろ?そんな人、いるんよ!
今の私のヘモグロビンA1Cが7、5%
現在、私は60歳。
はしゃぎまわって生きれるのは・・・もうしれてる。
だから、薬を飲まずに7、5%なら・・・
もうええんちゃうん?きちきち管理しなくてもさ。
そう思ったり、思わなかったり、、、

<<インスリン>>

やっぱ、インスリンがいい~~!
すごく、よかったなぁ~
インスリン治療に戻りたい、マジ戻りたい。
ただ・・・インスリンをやめた理由は太ったから。
太って高血圧になったからだ。
約8kg近く体重が増え
正常だった血圧は200を超えることもあり
フラフラするようになり、、、
これでは、車の運転もこわいなぁ・・・
高血圧って、なんてこわいんだろう。
高血糖もこわいけど高血圧のこわさもすごいなぁ。
体重が減れば、血圧は正常になるかな?
去年の12月そんな思いでインスリンをストップした。
糖質制限で体重は減って行き
血圧は正常に戻り、ほっとした。

主食を抜くことには慣れた。
ごはん粒やラーメン、パンなどなどは
全く食べてないし、それは我慢もできる。
ただ、ポン酢に入ってる糖質などまでは計算してない。
お好み焼きだって、粉は入れずに焼いて食べる。
ソースは、塗らないか・・・たまに、うす~く塗る程度。
だけど・・・
トマトをいっぱい食べるものだから
トマトでも、血糖値が すごく上がるんです。
そういうときにインスリンを打ちたいのです。
ほんの少しだけ・・・
少しだけインスリンを打っておさえたいんですよね~
今の病院では、インスリン治療に戻れるって言ってくれたし
私が、申し出ることはできる。
だけど。。。先生に金額のことを聞いた時
必ず、月一回の診察で8000円はいるって話でした。
ところが・・・色々と調べてみると・・・
2ヶ月に一回で5~6000円ってところもあるんです。
病院の人は、どこでも計算は一緒です。って言うけど・・・
そういう、計算の仕方を問い合わせれるところがあり
そこにも、質問の電話をしてみましたが
やっぱ、病院でバラバラだという回答でした。

今のところでは2ヶ月で16000円かぁ。
それでも、病気の治療なんだから・・・仕方ないのですが
しかも、慣れた病院なのでいいのですが・・・
今の我が家の状態(旦那は気にするな、と言いますが)や
いえ・・・それだけではなく
私が、今の病院に何かを感じたのだと思います。
まぁ、そういうことも重なり
病院を変えてみようかな?って思うようになりました。

で、

病院探しを始めたのです。
まず電話での問い合わせを8つの病院にしました。
それから、3つの病院で診察を受けました。
ひとつは、若い女医さんです。
先入観を持ってはいけないのでしょうが
若い女医さんは、ほんと机上の空論なんです。
まず、あまり糖尿病のことを知らない人が多い(と思う)
なのに、こうこうでこうこうだからこうして下さい!と
自分の意見を押し付ける・・・
これが私の若い女医さんへの感想です。

あるクリニックに予約をしたあとで
若い女医さんが糖尿病の専門医として来てると知り、、、
あちゃちゃ~~ 予約、取り消そうかな?
まぁ、待てよ。もしかしたら・・・いい先生か?と期待して
診察を受けたわけですが・・・
今の私の気持ちを、話していると・・・

「うちでは、無理ですね!
 元の病院に戻られたらどうですか?」

そう冷たく言われました。
しかも、やっぱ思った通りで
糖尿病のこと、あんま知らないなぁ~と感じました。
若い女医さん・・・苦手です(><)


次に行った病院。
40代くらいの男性医師でした。
自分の今の状況と気持ちを言いました。
話は、聞いてはくれたのですが
お薬が合わないので、お薬はイヤなんです。
そう言うと・・・

「今のあなたの数値なら、僕は薬でいいと思いますよ。
 色んな薬がありますから、薬でがんばりましょう。
 あなたも、勉強されてるかもしれませんが
 僕は、医者ですよ。僕の言うこと聞いて下さい」

わぁ~~(><) 
あかんやん、こんなお医者さん・・・あかんやん・・・
お薬がダメって言ってるのに、、、飲めばいいなんて。
はぁ?って感じがしました。
僕の言うこと、聞けってか?
私の体なんじゃ!!



あーーあ・・・やっぱ。いい病院ってないのかな?
それで、どうしようかなぁ~とさまよって。。。
いやいやいや!!絶対にあるはずだ!
私の、気持ちをちゃんとわかってくれる先生も
きっといるんじゃない?
それまで、診察代ばっかかかるけど
長い目で見たら、それくらいなんなんだ!と
それから、また探し始め・・・
ある病院に電話。

「もしもし、おたくの病院は
 糖尿病のインスリン治療も、やっておられますか?」

「はい、やってます。今日は専門医の先生がおられます」

「あ、そうですか・・・あの・・・
 糖尿病の専門医の先生は・・・若い女性ですか?」

「いえ、内科は全て男性医師です」

「あ、そうですか・・・あの、若いですか・・・」

「いえ、若い先生はおられませんけど」

「あ(^^) そうですか!それなら行きます!」

「はい、わかりました」



そんなわけで、ある病院に行ってきました。
その先生が・・・すごく、話を聞いてくれて
もう一度インスリン治療に戻りたいっていう
そんな私の気持ちも、理解してくれて・・・
私の診察に2時間もかけて下さいました(^^;)
めちゃ、申し訳なかったけれど
すごく、ありがたかったです!



「じゃ、今は薬も飲んでないんですね?」

「はい」

「A1Cが7、5%やね。血糖値が200やね」

「え、え~~(@。@) 200ですか?
 私、昨日の夜から食べてないんですが」

「うん、200やね~」

「先生、私 お薬は・・・イヤなんです。
 市販のお薬も飲めないんです」

「うん、いてるよ~ 薬がほんまに合わない人って。
 あなたも、インスリン治療のほうが合ってるんやろうね」

「はい」

「僕もね、あなたが今80歳なら
 A1Cが7、5%でも いいかなって思うけど
 今、60歳でしょ?そうしたら、このままだと
 やっぱ、合併症が心配ですね~
 6、5%以下におさえておきたいですね」

「そうですか・・・」

「え、え~~っと・・・
 インスリンはね、2つの病院からは出せないのよ。
 どうされますか?元の病院から出してもらいますか?
 それとも、ここにしますか?」

「はい、こちらの病院に変わりたいと思います」

「わかりました、そしたら こちらで出しますね。
 以前は、どんな種類のインスリン打っておられました?」

「はい、ヒューマログとトレシーバです」

「うんうん、
 基礎のインスリンを打つところから始めましょか」

「はい」

「トレシーバ、以前は何単位でしたか?」

「16単位です」

「うん、じゃ8単位から始めてみましょか」

「え?8単位ですか?(それじゃ~効き目ないだろな)」

「うん、インスリンは最初少な目から始めて
 段々と・・・ていう規定があるのよ。
 今は、どんな状態かもわからないので
 まぁ、ここから始めてみましょうか」

「はい、わかりました!」



   初めて行った病院なので
   色んな検査をしてもらいました。
   最初だし、検査代もあるので当然高いです。
c0211824_11422855.jpg

c0211824_11423740.jpg

ここんところの悩みも吹っ飛んで
気持ちが、晴れやか~~~~になりました(^^)
そそ・・・悩んでいたのよ・・・




「すごく、いい先生やった」

「そうか、それは よかった」

「なぁ・・・インスリンに戻ってもいいよな?」

「ええやん、なんでアカン?」

「なんか・・・脱落者のような気になって」

「ん?どういうこと?」

「世間のみんなができてる糖質制限を
 自分は、できなくて・・・結局インスリン・・・
 それって、なんか負けたような・・・」

「誰に負けるん?」

「うーーん、自分?なんか、恥ずかしい(><)」

「誰に、恥ずかしいん?」

「うーーん・・・」

「おまえの人生やろ?」

「うん・・・」

「あれだけ、がんばっても血糖値が高いから
 仕方ないやん。そんな人、いるんちゃうか?
 薬が合わないんやからインスリンやろ?
 薬がインスリンになっただけやん。
 何も恥ずかしくもないし、それでええやん」

「やでなぁ!! それでいいって、もっと言って!」

「それで、ええんや!!
 ただ、また食べすぎて体重増やして
 血圧が高くならんようにせ~よ」

「うん、それは自分でも思ってる。
 主食は、食べないつもり。
 その方が、体の調子がええから。
 ただ・・・たまに食べたい甘いもの
 それから、ナッツとか・・・
 そういうもので上がる血糖値をおさえたいんよ。
 体重は40kg台をキープしたいと思ってる」

「それが、わかってるならええよ」

「インスリン代、かかってもええ?かまへん?」

「当たり前やろ!
 そやから、そこは気にするな!
 おまえの体の方が大事やろ?
 自分のやりたい治療をすればええんや」

「うん・・・ありがとう」






そんなわけで、糖質制限しながらの
軽いインスリン治療に戻ります~。

ヘモグロビンA1C 目指せ!6、5%以下です。
体重は50kgを超えないよう、がんばります!
# by rakki_618 | 2017-09-17 11:26 | 糖尿のこと | Comments(6)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618