1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夢コンサート

8月30日(水)コンサートへ。




   近くのホールで、こんなコンサートありました。
c0211824_10173245.jpg

スーパーにチケットが置かれてて
安かったので行ってきました~。
コンサートは、久しぶりです。
4月18日、旦那の事件が起こった日に
コンサートに行く予定してたので・・・
こういうコンサートへ行くのは
なんだか、怖かったのですが(><)
なんとかクリアできましたよ。
(心に受けた傷って、けっこう残るものですね
 はよ、忘れたい)

コンサートは、楽しかった~~♪
旦那が、よろこんでくれてたので よかったです。
出演者の人のお話は、ほとんど健康に関するお話が多く・・・
おもしろおかしく、上手に話されるので爆笑でした。
歌も、みなさんお上手で・・・さすが、プロ!
よかったです~~(^^)
by rakki_618 | 2017-08-31 10:26 | お出かけ、旅行 | Comments(9)
8月29日(火)
私の車の車検を受けてきました。
ここ最近の車検は、自動車屋さんには頼まず
自分達で行ってます(要予約です)
軽四ばかりの車検場です。



   新しい場所になったみたいです。
c0211824_9223617.jpg

まずは、手続きします。

重量税     6630
自賠責保険  25070
手数料     1400

合計が    33100でした(^^)
自分でやると、すごくお安い~~!




   手続き終われば、こうやって並んで順番を待ちます。
c0211824_9224483.jpg

私の車の車検も前回は旦那にやってもらったのですが
今回、免許がないので(公道ではないので乗れるのですが)
係りの人に、聞いてみると
以前、免許なしの人がポールを倒して大変だったらしく
できれば、免許を持った本人で。と言われ
私が初めて、車検経験しました(^^;)

「がんばれよ、おまえならできる」

そう旦那に言われ
え?カンタンに考えてたけど、、、
そんな大変なものなん?
自分で車検をするのが初めての人は
クリアファイルに初心者マークを入れてもらって
係りの人に見えるところの車中に置いておきます。


いざ、車検が始まると・・・
けっこう、怖かった~~(><)
まず、色んなライトが点くか?調べて
そういうのは怖くないけど
それが終わると、少し進んで
時速40km出してください。と言われ
タイヤが、凹んだところに入ってるので
前には飛び出さないんだろうけど
40km出すのが怖くて
ゆっくりアクセル踏んでたら
もっと、早く踏んで!と言われ(^^;)
怖かった~~
それから、私が運転席にいたまま車が持ち上げられ
車体の底の部分を点検。
何もなく、車検 いけました。

「ブレーキ、踏んで~」

「(^^;)はい!」

車体の後ろのガラスをドン!と叩かれ

「点いた点いた!ここ消えてたで」

「そうですか(^^;)」

「はい、ボンネット開けて」

「え?ボンネット?どこにレバーが?」

「そこ」

「はい・・・」

で、開けれなくて(><)

「これは、自分で開けてもらわないとあかんやで」

「はい・・・(^^;)アセアセ」

「こうやって、開けるんやで」

「はい、すみません(^^;)」

「自分で、やってもらわんとあかんやで」

「はい(^^;)すみません」

でも、係りの人は笑いながら言ってくれて優しかったです。




「終わったよ~」

待ってくれてた旦那に電話。

「お、終わったか?けっこう、早かったな」

「怖かった~~~~!けっこう、怖いな」

「そうかのぉ?おらら慣れてるからなぁ」

「ボンネットの開け方とか、今度の時には
 教えておいてな」

「お~お~わかった」

「え、え~~っと 次回の車検は・・・
 31年9月頃かぁ~ え、え~~っと 
 あんたの免許取り消し解除が32年4月か」

「(^^;)もう一回、がんばってくれ。
 それが、済んだら 言うてるまや」

「うん・・・免許の試験、大丈夫かな?
 免許、取れたらタクシー乗りたいん?」

「うん、おらにもってこいの仕事や。
 体は辛くないし、運転好きやし・・・
 おら、タクシーに乗りたい」

「そうなんや、ふ~ん・・・」

「雇ってくれなかったら、仕方ないけど」

「うん・・・」


タクシーの乗務員がいいんだって。
私も、あなたの乗務員姿好きですよ(^^)
希望が叶うと、いいですね~





   8月28日(月)出会った日
   旦那に無理やりご馳走していただきました。
   しゃぶしゃぶ食べ放題、ごちそうさま~
c0211824_9225769.jpg

c0211824_923718.jpg




   8月29日(火)
   連日のしゃぶしゃぶ食べ放題。
   車検を受けに行った帰り道にも同じお店が。
c0211824_9231419.jpg



しゃぶしゃぶを食べながら・・・

「なぁなぁ、もし人生であと一回しか旅行できないなら
 あんたは、どこに行きたい?」

「おら、沖縄かなぁ~」

「へ~ よく、沖縄にハマった言うて
 住む人いるけど、そういうタイプやな」

「うん、おら 沖縄に住みたいくらいかな」

「へ~~~」

「ゆったり、のんびり・・・
 おら、ず~~っと海見てられる。
 おら、今 家でずっといてるのも苦痛じゃないもん。
 最初は、イヤやったけど のんびり ええぞ」

「へ~~~ 私は、あかんわ~
 家にずっとおれないタイプやわ」

「おまえ、どこ行きたい?旅行。
 おまえは九州が好きなんよのぉ」

「うん、でもなぁ・・・
 北海道もめちゃよかったし、東北もめちゃよかったし
 東京方面もめちゃ行きたいし・・・迷うなぁ~
 でも、やっぱ九州に行きたいかな。
 でも、住みたいとまでは思わないかな。
 やっぱ、今のところが一番いい。大阪が好きかな」

「おらも、いまのところがええよ、もちろん。
 でも、沖縄にも住めると思う」

「へ~~~
 私は、やっぱ旅行で行くからいいという感覚かな。
 海とか、きれいで素敵やけどな~」

「やろ?」

「うん」


旦那って、そんな沖縄が好きだったんや・・・
石垣島が、いいらしい。
本島は、沖縄らしくないという感想らしい。

ま、そんな意味のない たわいない話をしながら
旦那と食事することが私の幸せですかね・・・
これからも、できるだけ仲良く暮らせるといいな。
出会って、40周年。記念日の食事でした。
ご馳走さま~~(^^)
by rakki_618 | 2017-08-30 10:49 | 旦那のこと | Comments(6)
面接で、きかれたこと。


就職のための面接なんて・・・
何年ぶり?ん?何十年ぶりかな?

Kちゃんの旦那さんが
カツラつけてたらダメかも知れないよ。
子供と遊んでて、カツラが急にハズれたら
赤ちゃんが泣き出すよ。
そう言うもんですから
え?そうなの?それなら先に聞いておこうと
募集してるところに電話したんです。

「あの・・・私、いま 丸坊主でカツラなんです。
 カツラの人、ダメなら面接はやめておきます」

そう言ったら

「いえ、カツラ関係ないですよ~」

そう言われ、面接に行きました。
履歴書を書くのも久しぶりだし・・・
何もかもが、久しぶり~~~でした。



面接は男性一人と女性一人の二人でした。
この女性の人が、私が今度勤める保育所の園長さんでした。
質問は、すごく多かったです。



「まず、自己紹介をお願いします」

「はい・・・〇〇 〇〇子です。
 この町に生まれ、育ち嫁ぎましたので
 この町にしか住んだことありません。
 主人と息子二人います」

「どこで、このお仕事知りましたか?」

「友達が、教えてくれました」

「今まで、こういうお仕事の経験は?」

「保母さんのような、お仕事はしたことないです。
 事務か、調理関係のお仕事ばかりでした。
 孫もいませんし、子供とふれあう機会もあまりないので
 このお仕事、できるかな?と少し不安があります」

「では、なぜ 応募されたんですか?」

「主人が、運転免許3年間取り消しになりまして
 車の運転の仕事をしてたので、会社を辞めたんです。
 今、家にいますので 少しでも働かなければ・・・
 そう思って応募しました。
 町内なら、近いし あと何年かは働けるかな?と」

「そうですか・・・好きなことはなんですか?」

「え~~っと・・・趣味ってことですか?
 フォークソングが好きです」

「ほ~~~」

「あとは旅行が大好きです。食べることも好きです」

「働くにあたって、体は健康ですか?」

「糖尿病です。少し前まではインスリン治療してましたが
 今は、してません。もしかしたら またインスリン治療に
 なるかもしれませんが」

「仕事するのに、支障ありませんか?」

「はい、大丈夫です」

「健康について、自分は注意してるほうだと思いますか?」

「う~ん・・・調べたりすることが好きなので
 健康についても、へ~そうなんだ・・・とか
 調べることが好きですし
 まぁ・・・めちゃめちゃではないですが
 自分なりに注意はしてるつもりかな・・・と思います」

「最近の保育所について考えることは?」

「そうですね・・・普段の生活で
 保育所に行くような子供と触れ合ってないので
 正直、保育所に入れない子供さんがいるという
 ニュースを見ても、あ~そうなんや・・・
 それくらいの感じでしか、ニュースは見てないですかね」

「子育てについては、どう思いますか?」

「以前、スーパーの駐車場までカートを押してきた
 若い母親が、そのカートを元の位置まで返さず
 自分の小さな子供の前で、そのカートを
 駐車場の壁にど~~んと投げつけてるのを見て
 あぁ・・・こういう親御さんに子供は育てられるのか
 思いやりのある子に育つのかな?と
 思ったことがあります。まぁ、全体的に
 思いやりのある人が少なくなったと思います。
 あれ?質問の答えになってない(><)
 すみません・・・
 子供は、思いやりのある人間に育ってほしいと思います」

「例えば、保護者の人との接し方は
 どうすることがいいと思いますか?」

「(遠い目をして)深入りしないことです。
 あ、それは冷たく接するって意味ではないです」

「職場の仲間との接し方で一番大事なことは
 なんだと思いますか?」

「協調性ですかね・・・
 余計なことは言わず、みなに合わすことでしょうか。
 ただ・・・あまりにも、おかしいと感じたことは
 黙っておれないので、それおかしいと思います、と
 自分の意見を言ってしまうと思います」

「自分のアピールをしてください」

「え?(@。@)
 え~~っと・・・漫才師になりたいなんて
 思ったこともありましたので」

「ほ~~」

「なので、冗談や笑えることが大好きです。
 でも、足が地についてない生き方はイヤです。
 ちゃんと生きてないとイヤです。
 あれ?また質問の答えになってませんかね・・・
 すみません(^^;)」

「最後に、あなたを雇った場合
 どのような、いいことがありますか?」

「え~~(^^;)いいことは、ないかもです。
 う~~ん、私 すごくキッチリした人間なので
 遅刻とかは絶対にないと思います。
 あ、当たり前のことですね・・・
 いいことか、悪いことかはわかりません、が
 キッチリした人間なんです(人の心に関しては)
 あぁ、また質問の答えじゃないですね(><)
 私を雇っていいこと?うーーん、真面目に働きます!
 (自分のお店も、真面目に開けろよなぁ~)」



質問は、もっとされたかもしれません。
私は、自分を作らず
全て、正直に答えました。

その日のうちに、電話での連絡が入り
9月1日から働くことになりました。
その日には新しい人が3人入るそうです。
ほんと、人手足らないんでしょうね。
なので、こんな私でも雇ってもらえたんでしょう。
せっかく、雇ってもらえましたが
あかんたれの私なので
精神的にしんどいなら、、、
少しは我慢しますが、、、
きっと、我慢しきれなかったら辞めます。
この先の人生、できるだけ人間関係で
悩むことはイヤなんです。
それなら、のんびり~~と貧乏を選びます。
って、、、そんなお給料ないし(^^;)

まぁ~ やりまぁ~~~す(^^)
新しい世界への挑戦!
がんばるぞ~~~い!!






<<8月28日>>

c0211824_1035944.jpg出会って40年です。
みなさん、そうでしょうが
私達にも色々な出来事がありました。
でも、今でも旦那が大好きです。
きっと、これからも大好きなままで
生きていくと思います。

c0211824_1036338.jpg病気にもなった。
離婚も、しそうになった。
お互い、信じられない時もあった。
みなさん、そうでしょうが
私達も、色んなことを乗り越えた。
今も、旦那が大好きです(^^)



いつもいつもいつも、優しくて
ありがとうな。
by rakki_618 | 2017-08-28 09:27 | 旦那のこと | Comments(11)

保育補助の仕事を。

9月から町内で働くことになった。
働くと言っても2時間ほど。
自分が今までしたこともない種類のお仕事なので
できるかな?と心配しています。
保母さんの助手です。
幼馴染のKちゃんが

「え?〇〇ちゃん(私)仕事、探してるん?
 町の保育補助募集してるで。
 人手が足らないから、誰でもいけるで」

その仕事に就いてるKちゃんが教えてくれた。
他の場所で働くよりも
今の自分のお店を盛り上げて
がんばって行くことが一番いいんだろうけど
お店は辞めたくないけど盛り上げれない・・・
って、感じが強い。
お店に関しては・・・
人生においての終活みたいな時期に入ってる?
まだ生きていたいけど、いろんな片付けはしときたい。
まだお店は存続したいけど、いつでも終われるように。
ぼちぼち、自分の好きな形での営業かな・・・
ま、今までもそうでしたが(^^;)

保育補助の仕事は、あと何年かできるようだし
町内なので、家から近いし・・・
ただ、保育所には駐車場がないので
借りた駐車場から15分歩かなければならない。
今は、それも運動になるしな・・・なんて思うけど
イヤになれば、15分も歩くのしんどいしな~
そう思うようになるんだろうな。
できれば、給食のおばさんみたいな仕事が
好きなんだけど、、、そちらは時給も安いらしい。
しかも朝から晩まで長時間らしい。

自分には、合ってないような保育補助の仕事。
9月から、行ってきます。
時間は16時~18時までの2時間。
どんなかな?
by rakki_618 | 2017-08-26 08:41 | その他のこと | Comments(9)
長男は7月いっぱいで仕事を辞めたらしい。

私が仕事から帰っても、いつもいなくて・・・

毎日、どこに行ってるのか?何をしてるのか?

ちょっとした用事で電話しても電話には出ない(><)

ラインで文字を送れば、返信は必ずある。

一体、どこで何をしてるんだろう?

健康保険だって任意継続するなら

早くしなきゃいけないのに・・・

そのこともラインで何度も伝えてるのに

また、聞いてみるわ。とか ぼんやりな返事。

結局、ぎりぎりな日にちで問い合わせたみたいだけど。。。

そんな長男と、昨日 久々に顔を見て話すことができた。



「おまえ、毎日 どこで何をやってるん?」

「え・・・?ま、色々と」

「色々って何よ?何してるん?」

「音楽やってるよ。スタジオとかで」

「ふ~~ん・・・」

「おかん、これ見て!これ、全部 俺やねん」

「あー、それ 見せてもらったよ」


ギターを弾いた息子
ドラムをたたいてる息子
ベースを弾いてる息子
歌ってる(だったかな?)息子
その4つの動画を合わせた動画だった。


「え?見せたっけ?」

「うん、いつか忘れたけど見せてもらったよ」

「あ、そうやった?
 俺も、とうとう金を稼げるようになったよ」

「え、え~~ そうなん?すごいやん!」

「うん」

「何で稼いでるのよ?」

「そやから、これよ。ユーチューブに出したりしてる」

「え、え~~~? それで稼いでるん?」

「うん」

「へ~~~ いくら稼いだん?」

「200円くらい」

「え?(@。@)・・・・・・200・・・円?」

「うん・・・まぁ、今はな」

「・・・・・・うん・・・」

「でも、好きなことやって 金 稼ぐって最高やん!」

「まぁ・・・な。そや・・・な」

「俺の好きなことで、金 稼いだんやで~」

「そやな(^^) よかったな
 それ、どうやったらユーチューブで見れるの?」

「イヤや、恥ずかしい」

「はぁ?」

「ま、まぁな。俺も、宣伝とか もっとせなアカンやけどな」

「ふーーん」




ひゃ~~~~~~~!

200円・・・てか?

ま、自分の人生やからな

他人さんに迷惑かけないよう

好きに生きたらいいよな。

精神やられてパニック障害なった時もあったし

甲状腺ガンにもなった時のことを思えば

幸せそうな、楽しそうな長男を見る方が

お母さんも、う~~んと幸せや。

よかったな。
by rakki_618 | 2017-08-21 10:47 | 息子のこと | Comments(4)

夢ちゃんとの話

自分って、しつこくて
イヤなことを早く忘れる能力があんまりない。


一秒・・・一秒
たった一秒、私が車からおりるのが遅かったなら
道路を通過する、ゆきみちゃん(仮名)の車を見ずにすんだ。
え?ゆきみちゃん?
自分の駐車場に車をとめ
その駐車場から歩いて道路に出かけたとき
私の目の前を通過した、その車の後姿を見てしまった。
ナンバーも見た。
その車は、そのまま 私の嫌いなお店の方向に曲がった。
見ようと思わなくても、、、
その場所辺りは視界が広いので
目の中に入ってしまう。。。

私は、その時 夢ちゃん(仮名)と 電話中だった。
車の中でハンズフリーで話してたんだけど
話が終わらずに、話ながら車をおり
危ないので、お店まで ゆっくり歩いていた。
2~3日前、この辺に借りてる夢ちゃんの
駐車場にとめてた夢ちゃんの車2台の
フロントガラスが割られたらしい。
それ、どうなった?
何か犯人の手掛かりあった?
そういう会話をしていた。


「話の途中やけど・・・」

「どうしたん?」

「今、変なもの見た・・・」

「え?何々?」

「ゆきみちゃんの車・・・」

「え、え~~~~!」

「あっちの方向に消えて行ったわ」

「え、え~~?そんな頻繁に行ってるんや」

「私が、おかしくなってるんかな?
 よく似た車を見て、ゆきみちゃんと思ってるのかな?
 勘違いかな?いや。。。でも、ナンバー見た」

「そうなん?」

「いや・・・見間違いかな? 
 あ~~~ どうでもいいや!
 だいぶ、忘れかけてたのに・・・」

「わかるよ~~
 あんまり親しくなかった私でも
 へ~~~~!?ってびっくりしたもん。
 そりゃ、キューピーはショックやわな」

「うん・・・まぁ、段々と薄れてたけどな
 あ~~~ 見たくなかった」

「ま、ゆきみちゃんは 中立というか・・・
 なんやかんや言うても 
 もっと常識的な感じしてたもんなぁ」

「そうやねん・・・
 あれだけ、イヤなめにあわされてるって話を
 うんうんって聞いてくれて
 自分も、嫌いって言ってたお店に
 あ~やって行けるんやなぁ。
 きっと同じように、私のこと言ってるかもな」

「それはないやろ~~~
 そこまでやったら、人として腐ってるやん」

「う~~ん・・・そこまでな人と今は思ってる」

「そうかなぁ?」

「とにかく、この前 会った時・・・」



この前、詳しく書かなかったのですが
先週の金曜日(11日)に
私が大ゲンカしたK-ちゃん
そして、Tちゃん
そして・・・ゆきみちゃん・・・と
バラバラに道で出会ったんです。
以前は仲良く忘年会などをしてた仲間です。
Kーちゃんは自転車に乗っていて
歩く私とバッチリ目が合ってしまい・・・
どちらからともなく「こんばんは~」
そう普通に話せたんです。
やっぱ、時間は偉大ですよね。
1年前には、あんなに悩んだのに・・・
それから歩いていると見知らぬ人に道をたずねられ
話をしてるとき、Tちゃんが通過しました。
Tちゃんと私はケンカしてるわけでもないので
私は「Tちゃん」って声かけたのですが
Tちゃんには聞こえなかったみたいで
自転車で通りすぎました。
道をたずねられた人を近くまで案内して
自分のお店に行こうとしたとき
信号待ちをしてる、ゆきみちゃんの車に出会いました。
それは、みなで 私の好きじゃないお店に行った帰りです。
金曜日には、みなでそこに集まるって話は
ゆきみちゃんには、聞いていました。
でも、ゆきみちゃんは イヤだから行かない。と
私のお店に来てくれていました。
でも、無理やり誘われることもあり
イヤイヤしか参加することもある・・・
けど、今年に入って2回しか行ってない・・・などと
私は何も聞かないのに、私に悪いと思ったのか
最初のうちは、私に悪そうな感じで言ってくれてたんです。

ゆきみちゃんの車のライトで私が見えてるだろうな・・・と
私は、ゆきみちゃんの車の前に立って
お~~~いって感じで、ふざけた顔をして
そして運転席のゆきみちゃんのところに行ったのに
車の窓を開けてもくれず・・・完全無視でした。
そのとき、助手席には 
ゆきみちゃんが嫌い!と言ってた 
あの店のママさんのお友達を乗せて。
その時、私は完全に無視されたのではなく
信号も青になるし、急いでたのかな?とか思ってました。
でも、次の日 また あのお店に車をとめてました。
わぁ~~~ そうなんや・・・
ゆきみちゃん・・・そこまで?
最初は誘われてイヤイヤあそこに行ってる。
イヤで仕方ない・・・みたいに言ってたけど
それは、いいけど・・・
なんで、私を避けたかな?
気まずい理由あるのかな?
まぁ、私も ゆきみちゃんと仲良くしたいとは
いまさら、思ってないけど、、、
こんな仕打ち、する?
あ~~~ 早く忘れたい。


「とにかく、この前 会った時・・・
 最初は、そう思ってなかったけど
 あれ、完全に私を無視ったんやろな。
 窓も開けなかったし
 私は、車の外から声かけてるのに
 窓を開けることもなかったし
 私の目を見ることもなかったし
 その時は、ただただびっくりしたの?って思ったけど
 後で、考えたら・・・
 私に何か気まずいから無視ったんやろな。
 で、次の日には 私に見えるのがわかってて
 あの店の前に車をとめてたし・・・」

「そうなんや、すごいことするなぁ。
 そこまで、って思わなかったよなぁ。
 まぁ、Tちゃんはチャランポランやから
 そんな人かな?って思うけど
 ゆきみちゃんに対してはガッカリやな」

「そうやねん・・・ガッカリって言い方が
 一番ピッタリかな。
 そういことは、恥ずかしくってできないという意識を
 持ってる人と思ってた」

「やでなぁ・・・
 ま、いいんちゃう?
 あそこで、仲良くしてても
 きっと、もめるわ。
 そしたら、キューピーがよかったってことに
 気づくんちゃうかなぁ」

「いや、私 そんなええもんちゃうし
 仮に、むこうでもめて あ~~あ ってなっても
 もし、また来てくれても
 お客さんとしては受け入れても
 もう、昔のような話はできないわな・・・
 なんか、へ~~~って感じ。
 とにかく、早く忘れたい!!
 平和なんやろなぁ・・・
 旦那が勾留されてるとか
 息子がガンになった時やったら
 こんなことでグチグチ言ってるヒマないやろし
 こんな、くだらんことを気にするんやから
 私は、今 平和ってことなんやろな。
 あ~~~~そやけど気分悪い。
 早く、忘れたいわぁ~~~!!」

「平和なんかなぁ・・・
 そやけど、気分悪いのは当然ちやう?
 私でも、なんかモヤモヤしてるもん。
 そりゃ、そうやわ~
 ゆきみちゃんは、ちょっと違うって思ってたのにな。
 そんなカンタンな人やったって感じやな」

「私や、夢ちゃんは
 ちょっと何でも深すぎるんかな・・・
 でもさぁ~
 ここは、そんなカンタンじゃあかんやろ!ってこと
 あるよなぁ?でも、世間は カンタンに扱うよね。
 そういう大切な部分を」

「そうやねん、みな そうよなぁ・・・」

「あ~~~ とにかく 早く忘れたい!
 時間や、時間や!早く時間過ぎて~~!」

「そそ!時間はすごいよ。
 がんばれ~~」

「うん、ありがとうな
 で、話は脱線したけど・・・車、どうよ?」



割られたフロントガラス、修理には
安くても2台で16万円かかるそうで・・・
自分に何か恨みを持つ人か?って考えてたら
色んな人を疑ってしまい
色んな人を疑う自分がイヤになって・・・
あ~~ もう忘れて仕事に打ち込もう!と
一生懸命、仕事をしている。ってことでした。
監視カメラの設置もすることにしたそうです。

誰が、こんなヒドイことをするのかな?
お盆で、酔った人が おもしろがって?
それとも、夢ちゃんの知ってる人?
私も、ほんまムカムカして!
犯人が捕まればいいのに!と 思っていますが
こういう犯人は、なかなか捕まらないそうで・・・
あったま、きます。
ただ、真夜中でも その駐車場で
片付けをすることがある夢ちゃん自身が
傷つけられなかったことが救いです。

「真夜中に、そこで作業したらあかんよ!」

そう、きつく言ってしまいました。
夢ちゃんは・・・

<<おまえを必ずつかまえてやる!>>

車に、そんな貼り紙をしたそうです。
犯人、はよ 捕まって!!

by rakki_618 | 2017-08-20 09:28 | その他のこと | Comments(4)

こまごましたこと

例えば・・・
自分が、急に亡くなったとして・・・
こまごましたことは、家族の誰も知らないだろうし
どことどこの銀行に口座があるなんてことは
ちゃんと言っておかなくては・・・と
ここんとこ、思うようになりました。
私は、あれこれ色々と調べる性分ですが
旦那は、じゃまくさがりだし。。。
なので、銀行のこまごましたことや
その他のこまごましたことも
片付けておけるものは片づけておこうと
思うようになりました。
ブログの存在も、旦那は知ってるけど
「字」を読むのが好きではない旦那は
読みたいとも思わないだろうし
私が、先にいなくなったら・・・
ブログは、ずっと このまま・・・かな。
まぁ、それは仕方ないけど
ちょっとしたお金のことはキッチリできるものは
早めにキッチリしておきたい。
幸か不幸か・・・財産はナイに等しいので
私達二人とも、いなくなった場合も
財産分与でもめることは、ほぼないと思うけど
家は持ち家なので・・・どうなるのかな?
あの世からも、兄弟のケンカを見るのかな(><)
あーーやだやだ。

平成元年に実家の土地を借りて
そこに、お店を建てました。
その時、銀行さんからお金を借りたんです。
いくら借りたのかは忘れたのですが
そのお金を借りるためには
その銀行の株(だったのかな?)を
何口か、買わなきゃいけなくて
で、何口か買ったんです。
でも、たった20000円だけなんですけどね。
それ、買わなきゃ借りれなかったんです。
それで、家を担保にしてお金を借りて
何年かで返済したのですが
その 20000円っていうのだけが
ずっとずっと残っていたんです。
毎年、1000円くらいづつ利子みたいなのがついて
それも、ここ何年間かは ほったまんまだったんですが
とうとう、昨日 やっとキッチリとしてきました。
少しでも利子が入るので、そのままにしてる方が
う~~んと、お得なんですが
こまごましたものなんで
生きてるうちにキッチリしたいと思い銀行に行って
たまった利子6700円ほどと
元金の20000円を返金していただきました。
手続きは何日間か、かかりましたが
こんな こまごまなこと残してても
旦那も息子たちも知らないだろうし
旦那には説明をして、一緒に行ってきました。
小さなことですが、やっとひとつ終わりました。



「出たついでに、郵便局で通帳の記帳させて」

「おぉ」

「偶数月の15日に2ヶ月分の年金が入るんよ」

「ほ~~」

「ほら、見て 入ってるやろ!」

「おぉ~~(@。@)
 今まで、なかったお金やからなぁ。
 そうやって、入ったらうれしいのぉ~」

「でもな・・・これの何倍ものお金が・・・
 入らないようになってん(^^;)」

「・・・・・・??
 ううぅ(><) それを言ってくれるな・・・つらい」

「あ~~(^^;) わりわり!
 責めてないよ! わりわり!
 幸せやで~ お金なくても 幸せに生きてるで~」

「うん」

「お金のことで、
 ケンカはこれからもせんとこな(しないでいましょうね)
 お金のことでケンカするのは、みっともなくてイヤやから」

「うん」

「今までも、いっぱい夫婦ゲンカはしたけど
 お金のことでケンカはしないって決めてるから。
 これからも、それだけはイヤやで」

「うん、わかってる」


年金、私がいただけるようになり
これには手を付けないで貯めて行こうって
思ってましたが、そうもいかず
少ないですが、、、
これもバンバン気にせずに使うことにしました。
つか、使わなやっていけません。
使ってこそ金や!使わなかったらただの紙。
そそ、使ってこそ お金よね~~(^^)
人生は、こんなもんですかね・・・
これから、少し楽になるかな・・・
なんて、安心したら最後!
え、え~~~~??って言うような人生が待ってます。
こんな、思いもしなかった人生が
私には、似合ってるかもしれません。
今は笑顔で、受け止めれています(^^)
いつもいつも、時間は 優しいお友達ですね。
決して、裏切らない・・・ですね。
全てのことと、時間さん、ありがとうな。




坊主頭、10日ほどで ここまで毛が伸びるんですね~


   

        10日ほど前
c0211824_9261654.jpg






     昨日
c0211824_9263147.jpg

白髪も、いっぱ~~い(><)




「ちょっと、後ろから写真撮ってよ」

「わかった」

「え、え~~ なんか・・・上の方 薄いな。
 もっと、濃く撮ってよ」

「濃くって・・・おまえ、ハゲてるから
 仕方ないやんけ」

「違うって!ハゲてるのはここじゃない。
 しかも、もうハゲも治ってるし、、、
 私、じんじり(つむじ)2つあるんよ。それやんか!
 そこを、もっと濃くできない?」

「じんじり?ハゲちゃうんか?」

「ハゲかぁ~~?」

「じんじりかぁ~~?」




     カツラをつけると
c0211824_9264297.jpg



このカツラ、すごくいいので
これがダメになった時のために
同じものを、また買いました(^^)
by rakki_618 | 2017-08-18 09:50 | その他のこと | Comments(4)

旦那のうれしい言葉

今年から、お盆踊りは
15日、16日の2日間になったらしい。
毎年14日~16日の3日間だったけど
今年からは2日間になったらしい。



昨日、お寺さんのお参りも済みました。
その前には、お墓参りも済ませました。
嫁ぎ先のお墓は家から車で4~5分。
あまり、お墓参りをしない私ですが
やはり、お正月とお盆とお彼岸にはお参りします。
うちの長男も次男も、私とは違って
けっこう、お墓参りとか気にする子供たちなので
自分一人でも行ってくれてるようです。
さぞかし、私のことを
できてない母親・・・って思ってるでしょうね(><)
ガビィ~~ン(><)

兄弟仲の悪さは、すごいので
家族4人でお墓参りなどはありえません。
長男なんぞは、この前
兄弟の縁って切れないんやな・・・
俺、調べたけど なかなか難しいわ。
そんなこと言うもんですから
へ?そこまで?って思いました。
ま、話が横道にそれました(^^;)
そのお墓参り、私達夫婦で行こうとしたら
次男が
「俺も行く、で、〇〇(私の実家)の墓参りもしたい」
そう言うのです。
まぁ、殊勝なこと。私とは大違いです(><)
(私も、もちろん行く気でしたが)
3人で行くことになり不在の長男にもラインしておきました。
<俺も、また行っておくわ> そう返事が来ました。

嫁ぎ先のお墓参りを済ませた後、実家のお墓へ。
お墓には駐車場がないので
旦那には、車に乗って待っててもらったんです。
で、交替でお墓参りをしようと思ったのですが
次男と私が、お墓に行くと・・・
ないんです!(@。@)お墓が!!
え?姉はお墓を売ったの??
まさか・・・でも、ない!どこ?どこ?

「おかちゃん!あるやん!ほら!」

草だらけで、わからなかったのですが
その草ぼ~ぼ~の下にお墓がありました。
とてもじゃないけど、私には無理だと
旦那と交替してお墓の掃除をしてもらいました。

私は、姉が嫌いなんです。
姉は、めちゃ機嫌やさんで・・・
小さい頃から、私をいじめて生きてきました。
6歳も年齢が違うので
今では、同じようなおばちゃんですが
小さい頃は姉が高校生の頃、私は小学生って時もありました。
なので、逆らうなんてできませんでした。
暴力もふるったし、、、色々といじめられました。
私が働くようになった時も
家で、ごはんは食べるな!と言って
私は、家にお給料の半分のお金を入れてたのに
ずっと外食でした。
両親は、変わり者の姉に何一つ言わない弱い立場でした。
なので、そんなこともあり父も嫌いで
家出もしたことあります。
結婚して、早く家を出たかったので
結婚願望がめちゃ強かったのです。


母親のことは大好きでしたので
結婚してからも母に会いに実家に行っても
姉の車があれば・・・寄らずに帰りました。

そんな姉なんですが、ほんとに気分屋さんで
自分の気分がいい時には
私に話しかけてきます。
で、こちらが何か言おうとすると
うるさい! なんです。
自己中の人は、みな同じですね。
ま、そんな姉でも私には姉なんですが
姉が私を受け入れてはいないので
私も歩み寄ることはしないことにしてます。
何度か、歩み寄ろうとして・・・
髪の毛を持って引きずりまわされたことあります。
私が、仲良くしようよ!って泣いた時です。
こんな姉なので・・・今は疎遠です。

父親が亡くなったとき
病院から私に電話がありました。
え?なんで私に?姉は?知らないのかな?
すぐに姉に電話しました。
パチンコやさんにいた姉・・・

「おとったん(私は父親をこう呼んでいました)
 亡くなったって・・・病院から電話あったよ」

「私、今 確変 来てるんやで!!」

「は?何、言ってるん!?」

「わかったよ!終わったら行くから」

(パチンコしない人に説明します。
 確変とはパチンコで大当たりしてるというようなことです)

この人、頭おかしいんじゃないの?
とっても、ムカついたこと覚えています。

勉強ができて、字が上手で、お料理が上手で・・・
そんな姉でしたが、、、
今は、なんじゃ?ほんとのバカ!

両親の法事もしたことないのでは?
私には、声もかかりません。
まだ遺骨も実家に置いてる気がします。

ひどい姉なので
付き合うと、頭にくることばかりで
もう、平成18年に父親が亡くなって
お葬式で会ったのが最後です。


姉妹仲のいい人・・・いいなぁって思うけど
人は人、自分は自分!って言い聞かせてます。
他人さんを羨ましがることなかれ・・・です。
だけど、いいなぁ~(^^;)

話が姉のことになってしまいました(><)

そんなひどいお墓を見て旦那が言ってくれたんです。


「えぐいこと、なってるわ。
 おとちゃんやおかちゃん、かわいそうなもんやの。
 おら、おかちゃんには いっぱいええにしてもらって
 おら、毎年 ちゃんと掃除するわ。
 おらが、ちゃんとする。おかちゃんには世話になったし
 こんなことされて・・・かわいそうに」

旦那が、こんなこと言ってくれたんです。
それが、うれしかった!ってことを書こうとして
随分、愚痴をこぼしました。



ここんとこ、イヤな人のこと たくさん書きました。
お盆で、吐き出しました。

もっと、楽しいことも書きたいです。



今度6人グループで難波に遊びに行くんですよ!
今は、それが楽しみです~♪
by rakki_618 | 2017-08-15 13:39 | その他のこと | Comments(8)

Kさんのこと。

私が大ファンだったギターと歌の上手なKさん。
このKさんのところへは・・・
(多分)もう行かないと思う。
ま、気持ちは変化するので
この先、どうなっていくかはわからないけど(^^;)
また、Kさんが演奏出演する山荘へは
Kさん以外の人もたくさんいるので・・・
山荘に行って出会うかもしれないけれど・・・

Kさんのギターと歌が好きだったので
Kさんのところへ行きませんか?と
フォーク好きな人を誘っていた私。
Kさんのところは、たった500円で
飲み物が飲み放題、お菓子も用意されてて・・・
Kさんは純粋に自分のギターと歌を聴いてほしいんだ!
そういう姿勢が好きだったし
お金儲けのためではないという感じがしたので
他の人も、誘ったりしてた。

以前、Kさんと夢ちゃん(仮名)が
少しだけ、近づいたことがあったけど
うまくいかず・・・なことがありました。
それから何もなくだったんだけど
7月15日(土)に夢ちゃんの誕生日祝いもかねて
グループ6人でKさんのところに行った時
なんとなく、Kさんと夢ちゃんが いい雰囲気で・・・
お?これは?もしかして・・・?
恋に発展するのでは?
誰が見ても、そんな二人に見えたんです。
Kさんはオシの強い人なので
その後、かなり 夢ちゃんにグイグイな感じだったようで
私にも「今度は、うまくいきそうです」みたいな内容の
ラインが届きました。
私は、二人がうまく行けばいいけど
もしかして、、、ケンカ別れなんぞしたら、、、
Kさんの音楽が聴けなくなるのでは?
そう思ったので、Kさんと夢ちゃんに
「ケンカ別れだけはしないでね」
そう言ってたのです。
それでも、ケンカしたら仕方ないけど
うまく、仲良くいけばいいなぁ~って思ってたんです。

8月5日(土)のKさんのところでの初心者ライブは
グループ6人の仲間は、用事や仕事で皆が不参加。
行けるのは、私達夫婦だけの予定でした。
もちろん、私達夫婦だけでも行くつもりでした。

ところが・・・

Kさんと夢ちゃんが、2回ほど会ったらしく・・・
もちろん、まだ付き合うとまではいってなかったのですが
夢ちゃんが・・・Kさんとケンカしたと言うのです。

「どうして?なんでケンカしたの?」

「あの人、俺と付き合おうと思ったら
 条件が2つあるって言うねん。
 それは、めちゃカンタンなことやからって」

「へ~ どんな条件?」

「ひとつは移動は全てバイクってことと
 週に一回は泊まりに来ること。って言われてん」

「はぁ~~~~~~!!??
 俺と付き合うなら??へ~~」

「で、ずっと前にもバイクの後ろに乗ってって言われたけど
 私、怖いから 断ってん」

「うんうん」

「そしたら、俺はプロやからって言って・・・
 で、今回も断ったのに、、、何回も言われて、、、
 仕方なくバイクの後ろに乗ったんよ」

「うん・・・」

「そしたら、すごい運転の仕方で・・・
 車と車の間をビュービュー飛ばして
 怖くて怖くて・・・子供二人いるのに
 まだまだ死ねないのに!って思って
 止めてほしいのに、止めてくれなくて
 きゃ~きゃ~って声が出て」

「うんうん」

「そしたら、そんな声出す人初めてや!
 俺の好きに運転させてよ!!って怒ってきたんよ」

「はぁ~?」

「で、ようやくラーメン屋さんに着いて
 私が・・・怖かったし、頭に来てたから
 話す言葉もなかってん」

「うん」

「そしたら、何 怒ってるんよ?もう帰りよ。って言われて」

「はぁ~?」

「で、もう帰るから私が乗ってきた車の場所まで送ってって言って」

「うん」

「で、帰ってきたんよ」

「へ~」

「そしたら、謝ってきて・・・」

「ふ~ん」

「電話とか、かかってきても
 今、俺がヒマやから電話した。とか
 この人と付き合っておけば将来得するとか
 私に健康か?とか
 俺の介護してもらえるな・・・とか
 俺は、子供は嫌いやから・・・とか
 私の仕事のことも、いくら儲けてる?とか
 今度の日曜、俺 ヒマやから来てよ。とか
 とにかく、自分自分ばっかりなんよ」

「へ~~」

「もう、歌だけの方がよかった」

「そうやね・・・」




これは、ほんの一部で・・・
でも、この時の私の気持ちは
そこまでひどいのか・・・Kさんは・・・
そんな感じだったけど
まだ、Kさんの音楽は聴けたんです。

8月2日(水)
Kさんから私に電話があり・・・

「もしもし、何か夢ちゃんから聞いてます?」

「いや・・・詳しくは・・・聞いてないけど」

「5日、来てくれますよね?」

「うん、まぁ・・・今回はよそうかなと思ってる」

「なんで?」

「うーーん、夢ちゃんと ちょっとモメたんでしょ?
 なんか、行きにくい」

「やっぱ、聞いてるんや」

「そんな詳しくは・・・」

「もう彼女の話、一切しないでくださいね!」

「え?すごく勝手やね。聞くときは聞いといて」

「とにかく彼女の話しは しないでくださいよ!」

「・・・・・・」

「で、彼女とギターは関係ないですから
 来て下さいね」

「はぁ・・・(^^;)」




それから、しばらくして また電話があり



「今、夢ちゃんと仲直りしましたよ!
 だから、来て下さいね」

「そうですか、じゃ 行きますよ~」


そうなってたのですが・・・
それから、またKさんと大ゲンカしたと夢ちゃんから聞いて
とにかく、今回は不参加しようと決めて
また、次回は参加しようと思ってたのです。
で、2日後に
<旦那と、すこしモメたので今回は不参加で>
そういうラインを送って 
8月5日(土)の初心者ライブは不参加しました。
イナさん、aoiさんご夫婦が・・・
もしかしたら楽しみにされてて参加かな?
それが気になったので、電話させていただきました。
私は、その時 ちゃんとした理由を言わなかったけど
ちゃんと言わなきゃなぁ~って思ってたので書いてます。
他にも、お誘いしてた人にも悪くて・・・
誘っておきながら、すみません m(。。)m



で、このまま時間が経てば
また、普通にKさんのところへ行くこともあるかもな。
そう思ってたのですが・・・


8月7日(月)
車を運転中の私にKさんから電話があったんです。
助手席には旦那がいたし、運転中なので
ハンズフリーで話す私達の声は
当然、旦那にも全て聞こえます。


「もしもし」

「はい・・・ん? あ、Kさん?」

「はい、今いけますか?」

「運転中ですが、ハンズフリーですのでいけますよ。
 どうされました?」

「このままだと、僕が悪者みたいでイヤなので
 ちょっと、弁解しておきますわ」

「はい・・・?何を?」

「夢ちゃんのことなんですが」

「はい」

「彼女、またキレたんですよ~」

「またキレたって・・・何をですか?」

「すぐにキレるでしょ?彼女」

「そんなことないですよ、常識的な人ですので
 何もないのに、キレないでしょ?
 何か、理由があるんでしょ?
 その前後の話がわからないので
 そのキレた部分だけ言われても・・・」

「〇〇さん(私のこと)は夢ちゃんと友達だから
 そうやって、かたを持つんでしょ?」

「いやいや、内容がわからないじゃないですか。
 Kさんが夢ちゃんを怒らせるようなことを
 言ったんじゃないんですか?」

「僕はね、僕から怒るようなことってないんですよ。
 全部、彼女が悪いんですよ」

「う~~ん・・・内容がわからないので」

「僕はね、彼女が夜遅くまで働いてるので
 体が心配だから、そこまでやって 
 そんなに儲けある仕事なの?って聞いたんですよ。
 だって、彼女の体が心配だから。
 そしたらキレたんですよ」

「(だいぶ、はしょってるやん!)
 そうですか・・・でも、まぁ 彼女も
 自分の仕事にプライド持ってるでしょうから
 口出しされて、イヤだったのかも知れませんね」

「あ、もういい!二度と彼女の話はしないでください!!」

「は?(^^;)」

「もう、彼女のことは二度と言わないでくださいね!!」

「いやいや・・・Kさんが電話をかけてこられて」

「チッ!!しつこいなぁ~~!!」

「え?(-_-;) 今のお言葉、そっくりそのままKさんに
 お返ししますよ・・・」

「もういい!電話、切りますよ!」



電話、プチンと切られました・・・


ずっと黙っていた旦那が

「なに?あれ?頭、おかしいんちゃうんか?
 おまえ、よう我慢したな」

「やろ?」

「おらや、まーちゃんやったら とうに怒鳴られてるぞ!
 つ~か、おまえ 怒鳴ってもええぞ あれ」

「私も我慢したよ・・・」

「おまえ、やれば できるやん! 我慢できるんか?」

「できる!ちゅうねん」

「おかしなヤツやのぉ?
 自分のことばかり言って、こっちが何か言ったら
 しつこいなぁ~ってか?
 しかも、めちゃめちゃ やらしい言い方やったなぁ」

「やでな~ 弁解したいって電話してきたのに
 反対に変に思われることになったやん。
 おじさんの皮をかぶった3歳児って感じやね」

「ほんま、あんな変な人やったんやなぁ」

「もう、行く気なくした」

「当たり前やん」





こんな感じだったんです。
イナさん、aoiさん・・・
そして、ライブにお誘いしたお方・・・
ほんとうに、ごめんなさい m(。。)m
by rakki_618 | 2017-08-14 12:49 | その他のこと | Comments(4)
お店のお客さんではあるけれど

まぁまぁの仲の良さで

お店に来てくれたときには

私の愚痴を聞いてくれていたゆきみちゃん(仮名)

あるお店のママさんのことも

私がイヤな目にあってることを、うんうんって聞いてくれて

私と同じように「嫌い」と言っていた。

そのお店には行きたくない、と きっぱり言ってたけれど

最近、ひんぱんに そのお店に行ってることを知った。

ゆきみちゃんは、そういう感じとは思ってなかったけど

そうね・・・なんかショック。

どこへ行こうが自由だけれど

ゆきみちゃんとは・・・

「お客さん」を越えた仲だと勘違いしてた(^^;)

人間関係が・・・ううぅ~~

なんて思って精神的に病むこともあるだろうけど

私は病まないよ!!

なんじゃい!

ゆきみよ、おまえもか・・・

って感じがした。




旦那に愚痴ったら

「おまえ、驚いてるけど おら、なんも驚かないわ。
 そんな人間と思ってたからな。
 おまえ、いつも だれかれなしによく思いすぎよ。
 おまえが、機嫌よく 仲良くしてるから
 おらは、あえて言わなかったけど
 ゆきみちゃんて 軽い人間やん。そんなとこ 見えてたやろ?
 わからんかったか?」

「いや・・・そりゃ、女王さまなとこあるから
 自分が中心でないとダメみたいな部分は好きではなかったけど
 そんな軽い感じで、平気のへ~すけではないと思ってたかな」

「なんで、そう思えたん?おら、不思議やわ。
 ただの、軽いひどい人間やん。
 彼氏が欲しいって言うて、おまえ必死で探してあげて
 おまえの店で見合いして・・・
 で、相手の人が話してるのにテレビ観て話も聞かず
 おまえの顔も、丸つぶれやったやろ?
 それに対して、お礼の言葉も謝りの言葉もない。
 で、見合いも1回ちゃうやろ?
 おまえ、何回 世話やいてるん?
 そんなおまえに対しては、何の感謝もないけど
 違う人にビデオ借りて、お礼しなきゃ!って
 おまえに相談してたやろ?
 とことん、おまえ・・・ええように扱われてるのに
 それでも、まだ 色々とやってて・・・
 おら、おまえを あほか?って思ってたよ。
 そんな軽い人間やから
 自分も嫌いって言ってる店でも
 平気で、ま、い~~か~って感じで行けるんよ。
 あの子には お前に対して感謝ってものが全くないやん。
 おまえの親切、平気で踏みにじる子やん。
 おら、なんで おまえがそんな子に
 色々と親切にしてるんや?って思ってたよ。
 例えば、おまえがもらった野菜でも
 おまえは、絶対に一人で取り込むことができないから
 ゆきみちゃん、半分コしよ~とか言ってたけど
 あの子は、自分がもらったものは 自分のもんやん。
 そういうところ、見ててわからんかったか?
 ただ、おまえが それでええならええわって思って
 口は出さなかったけどな。
 そやから、おららやったら 嫌い!って言うて
 一緒になって悪口言うてる店ら、恥ずかしくて行けないけど
 そうやって、カンタンに行けるんよ。
 おまえに、どう思われてもいいわけよ。
 そういう扱いしかされてないわけよ」

「う~~ん・・・
 最終的には、そうなるわな・・・
 けど話す内容は常識的なものの考え方と思ったんやけど」

「自分がやってもらうことは当たり前で
 自分は他人には何もしないことは
 すでに、非常識って言うんよ」

「(え?あんたの話?(^^;)) うーーん・・・」





そうなんかぁ~ 


別に、他のお店に行くことは裏切りでも何でもないけど

あれだけ、私の悩みの愚痴を聞いてくれて

自分自身も、嫌いで受け付けられない!って行ってたお店に

そうやって、行けるんだなぁ・・・

あぁ・・・そうでっか・・・





え、え~~~い!!
なんや、釈然としないが、、、
時間が忘れさせてくれる!!



書いてたら、ス~~~っとしてきた(^^)
by rakki_618 | 2017-08-13 12:42 | お店のこと | Comments(2)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618