1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:糖尿のこと( 83 )

糖尿病の検診でした。

11月10日(金)
糖尿病の検診でした。
先生と口論になりました。
まるで、子供のケンカです(^^;)


「どうですか?」

「はい、まぁ・・・特に変わりないです」

「A1C 7、9% になってるよ」

「そうですか・・・」

「上がってるね~」

「はい・・・」

「ヒューマログ打つか・・・」

「はい、お願いします。
 (やった!!やっと、ほしかったインスリンがもらえる!)」


ヒューマログと言うのは、今いただいてるインスリンとは
違う種類のもので、即効性があるので
私は、これが ほしかったのです。


「前は、どれくらい打ってましたか?」

「う~~ん、それこそ ご飯をきっちり食べるときは
 24単位とか、打ってました」

「24単位?すごい量やね」

「はい」

「今回は、そんな 打ったらあかんよ」

「はい、糖質制限してますので」

「うん、じゃぁ・・・どれくらいの単位にしようか?」

「先生、あの・・・
 朝、昼、晩って打つんですか?」

「うん、どれくらいの単位にしようか?」

「先生、決まった単位ではなく 食べるものによって
 決めるのはダメなんですか?」

「うん、それは、そうなんやけど 基本をね決めなきゃ」

「そうですか、はい」

「え~~っと・・・6単位くらいかな?
 朝食にも、6単位でいいかな」

「あの・・・いちいち口出すようで悪いのですが
 私、朝は食べないので 打たなくてもいいのでは?」

「あなたが、言ったんじゃない!朝、打ちたいって!」

「・・・・・・(><)」

「あなたが、言ったの!!打ちたいって!」

「言ってませんよ!!!」

「言うた!!!」

「言ってません!!!!
 なんで、私が言うんですか!
 私は朝食は食べないんです!!!
 なのに、インスリン打ちたいなんて なんで言うんですか!
 低血糖で、死んでまうわ!」

「言うた!」

「言ってない!って、言ってるでしょうが!」


まるで、子供のケンカ(^^;)
その後、先生がおとなしくなり・・・
また、自分だけがペラペラと話すので


「先生!患者の言うことも聞いて下さいよ!」

「あ・・・血圧、はかりましょか」


血圧は 204  2回目 197


「わぁ~~~~!熱くなったらダメですね。
 すみません・・・」

しばらくして 血圧は 140

でも、もうこの病院には来ない!
二度と、来るか!
最初だけやん!優しかったん!
そう思ったんだけど・・・
冷静になれば、先生だって
もし私が、口論中に倒れたら すごく問題になって
困っただろうなぁ・・・
だから、言いたいことも おさえてくれただろうな・・・
そう考えなおしました。
先生も、また にこやかに話してくれ出しましたし
私も、また にこやかに話せました。


まぁ、よかったよかった(^^;)


「インスリンは、6単位までね」

「わかりました。どんな食べても7単位以上は
 打ちません」

「うん、ま、8単位くらいまでなら」

「(どっちやねん?)あ、そうですか・・・
 では、8単位までですね」

「うん、でも 基本6単位で」

「わかりました」


こんな調子で検診も終わり・・・
また、来月も、この病院に行きます。 

しかし、子供のケンカやね(><)
はじゅかし~~~~(^^;)
反省反省!!
先生、ごめんあさぁ~~い!



   病院代、インスリン代
c0211824_10235128.jpg

c0211824_10235899.jpg

by rakki_618 | 2017-11-11 10:55 | 糖尿のこと | Comments(2)

糖尿病の検診でした。

10月13日(金)
糖尿病の定期検診でした。


先生は、ふつうな感じでした。
あさイチ血糖値が高く、その後も血糖値が上がる。
私が、そう話した時
その証拠(?)を見せて。と言われ
あさイチ血糖値測定の後、こまめに血糖値を測定。
その、データを見せました。


あさイチ、1時間後、2時間後です。
(ほんとは、もっと細かく測定しています)


<<9月29日~10月13日分です>>

29 (金)         
30 (土)150 173 158
 1(日)145 156 144
 2(月)148 170 153
 3(火)162 196 204
 4(水)189 176 216
 5(木)168 194 180
 6(金)189
 7(土)174 167 164
 8(日)163 167
 9(月)174 187 190
10 (火)211 199 185
11 (水)164 168 181
12 (木)161 139 158
13 (金)242


「あさイチから上がる日と下がる日、ありました」

「な、こうやってデータ取ったらわかるやろ?
 だから、そこやねん。僕がデータ取ってって言ったのは」

「はい」

「これで、わかったやろ?」

「はい・・・」

「こんなん、ヒューマログ打ってたら低血糖になるよ」

「はい・・・」


私は、もう何も言い返しませんでした。
私は自分の体で何度も経験して知っています。
朝起きてから、3時間くらいまでは
血糖値が上がるときあります。
もちろん、そうでない時もあります。
平均、1時間半くらいまでは上がります。
なので・・・
ヒューマログと言うインスリンを少し打ってあげると
すこぶる調子がいいのです。
低血糖を起こさないよう気を付けながら
その日の調子をみて、少し打つんです。
そうすれば、200近くまで上がる血糖値を
うまい具合に150以下に抑えれるんです。
同じインスリンを打っても、血糖値の下げ方は
日によってちがいます。もちろん前日の食べ物でも。
そういう細かいことを考えながら打つインスリン。
そのインスリン量の計算をするのが・・・
私は好きなんです。

でも、そんなことを説明するよりも
はいはい。って素直に聞いておとなしくしてる方が・・・
得策だと、前回わかったので おとなしく はいはい。です。
今は我慢の子です。
まだまだ、時間がかかりそうですが・・・
今はまだ、一日中効果のある ゆるいインスリンしか
いただけませんが、、、
もう少ししたら・・・違う種類のももらえるかな。
インスリンがもらえないなら、、、
薬なしの7%台でいい。
もう、それでもいいんじゃないの?
そんな風にも思ったり・・・
考えるのが疲れてくるんです(^^;)
はぁ~~あかんな、諦めたらあかんな(^^;)

先生とも信頼関係が築けるまでは時間がかかるだろうし
私の言うことを理解していただくより
私が先生を理解できるようにならなきゃ・・・かな。


「え~~っと、針とかあるかな?」

「はい、インスリンの針はまだあります」

「消毒綿は?」

「それも、あります」

「じゃ、センサーやね」

「はい。
 先生、こういうセンサーとかは?
 いただくほどに金額があがるんですか?」

「え~~っと、どうかな」

「同じなのかな・・・」

「違うと思うんやけど」

「そうですか」



診察が終わり、会計を済ませた私を追っかけて
看護師さんが、言ってくれました。

「さっきの話なんですけどね、消毒綿などは全て
 指導料に含まれてますので、お金かかりませんよ」

「そうですか、ありがとうございます!」


親切で、優しい看護師さんだな・・・ありがとう。



これ、お金かかりますか?なんて・・・
ちょっと、恥ずかしい質問に感じてしまって
なかなか、しにくい質問なんですよね(^^;)
だけど。。。
消毒綿ひとつにしても お金がかかるなら
家にあるのを使えばいいのだから いらないし・・・
無駄なお金は支払いたくないんです。今の私は。
だけど、、、ちまちまと・・・
これ、お金いります?なんて聞くのが みじめ。。。
そんな気分になります。
でも、ええやんなぁ~~ だって、気になるもん!




ならば

コンビニによって、散在するの無駄!やめろよ。と 影の声

それは、無駄じゃないの!私の幸せなんですから~

ほんま、勝手やな。と 影の声

まぁまぁ・・・おさえておさえて。



 

   病院代、インスリン代(ヒューマログ2本分)「
c0211824_111380.jpg
c0211824_1111391.jpg


次回の糖尿病検診は、11月10日(金)
by rakki_618 | 2017-10-14 12:06 | 糖尿のこと | Comments(8)
最近、炭水化物を食べすぎ!
もうすぐ、また前みたいなインスリン治療が
できるかなぁ~って思うと・・・
ちょっと、油断してパン類を食べてしまってます。
そうは言っても、ガッツリは食べれません。
ほんの少し、口にしてしまいます(^^;)
だけど、米粒は食べれません。
とにかく、私は「米粒」で血糖値がすごく上がります。
しかも、何時間も下がりません。
食べると、目がクシャクシャしてきますし、、、
まだ小麦粉の方が血糖値の上がり方がマシな気がします。
あんなに大好きな米粒は我慢できるようになりましたが
どうしても我慢できないもの・・・
それがスイーツなんです(^^;)
甘いもの、好きなんですよね・・・
ここ最近、コンビニさんのロールケーキにはまり
毎日のように食べてます。美味しいんですよね~
それと、プリンにもハマってます。
インスリンに戻ろうと思ってから
ついつい1個食べてしまいます。
それまでは、我慢したり 食べても半分くらいだったのに。
やっぱ、甘いものは幸せになるのよね~
甘いものが苦手、なんて言ってみたいものです。

で、

そんな生活を続けていたら・・・
また、タンが絡むようになりました。
やっぱ、こわいよ炭水化物。
こう、続けざまに食べてると こうなるんだな・・・
たま~に食べるくらいなら、そんなことなかったのにな。
それに体重が3kgも増えました。
48kg台までなってたのに、今は51kg台です。
やっぱこわいよ、炭水化物。
ちょい、気を引き締めて3kg落とします。
糖質制限も、がんばります(ゆる~~い糖質制限ですが)




        こんなパンパンだった火傷あと
c0211824_654942.png

おまえを、針で、つっついてやろうかぁ~~
ひっひっひ~  とも、思いましたが
静かにしておきました。


        角度によっては、わからなくなりました。
        つーか、わかりにくい角度で写しました。
c0211824_6541671.jpg





あ~~~旅行したい。
毎日のように、バスツアーのサイト見ては・・・
行きたいなぁ~~~って思ってます。
by rakki_618 | 2017-10-11 07:17 | 糖尿のこと | Comments(16)

糖尿病の診察

昨日29日(金)は糖尿病の診察日でした。


新しい病院に変わってから2回目です。
一日に一回だけ打つと言うインスリンをいただき
すごく少ない量で試し打ちをしていってます。


「どうですか?」

「はい、特に変わりはないです」

「朝の血糖値が、だいぶ下がってますね」

「あ・・・はい」

「A1Cは月一回しか検査できないから次回にしますね」

「はい」

「検尿しますか?」

「え?それは何を調べるのでしょうか?」

「タンパクとかですね」

「いえ、今日はいいです」

「え~~っと また血液検査しておきますか?」

「え?(@。@)2週間前にしたばかりですよね?
 え?そんな何回もしていただかなくても(^^;)」

「はい、でも次回は尿も取ってもらいますね」

「はい、わかりました」

「あさイチが、この数値ならいいんじゃない?」

「先生、この数値から20~50くらい上がるんです」

「僕は、それを見てないからなぁ 
 じゃ、その証拠見せてくれる?
 上がった時の血糖値を見せてくれる?」

「はい」

「そうしたら、あ~ インスリンがいるなぁ~って出せるし」

「わかりました」

「ウソついたらあかんよ。上がった数値を出すために
 わざと何か食べて測定しないでね」

「(^^;)なんで、そんなことを・・・
 そんなん、しませんよ・・・」




その後、色々と話しは続いたのですが
僕の言うこと、聞きなさい。的な話ぶりになったので
わぁ・・・最初だけよかったのかな?って思いました。
それに無駄な検査をすすめられるのは かなわないなぁ。
この病院の先生、よかった!って思えたのは・・・
ビギナーズラック?のようなもの?
先生が、私の話をおさえつけたような話し方になったので
途中から、、、話そうと言う気をなくしてしまった。
バカみたいに「はい、はい」って言っておけばいいかな・・・
そんな気になってしまった。
まぁ・・・2週間後にまた行くけど
イマイチに感じたら、また病院を探すかな。
それとも、そこまでキチキチしなくても
適当に合わせながら、、、やっていくかな?
あ~ どこ行っても同じかもな・・・



   病院代は安かった。
c0211824_11513457.jpg







お隣さんが家を新築するらしい。

   

   先日、挨拶に来て下さいました。
c0211824_11523611.jpg
 
うちのご近所さんは、皆さんお金持ちです。
会社を経営されてたり、商売されてたり
すごい土地を持っておられたり・・・
そんな ご近所さんに囲まれ
貧乏な我が家があります。
ふ~~ 
人とくらべることなかれ。
くらべるところから不幸が始まる。
いつも、強く思ってはいますが
やっぱ、お金持ちはいいなぁ~
8~9割の願いはお金で叶うよなぁ・・・
でも、あとの1~2割が大切なんだってば!!

ふぅ・・・強がりでしょうね。
お金は、やっぱいいもんだよ。
お金さん、あなたに 一生、片想いです。


お金は少なくても、普通に暮らしてまぁ~~~す♪
毎日、楽しいでぇ~~す(^^)
by rakki_618 | 2017-09-30 12:04 | 糖尿のこと | Comments(13)

病院、変えました。

ここんとこ、糖尿病のことで
ちょっと思うことがあって・・・
病院を変えてみようかな?と思ってました。
今の病院の先生は、いい先生だと思ってます。
治療方針も、私の意見を取り入れてくれるし・・・
また、看護師さんもいい感じの人が多いんです。
でも、何か・・・感じたんだろうなぁ~ 私が。
何をよ?なんでよ?どこがよ?
そう自分に問うても、、、答え出ない。
もう、なんやわからんけど変えたほうがいいかな?って
思ってしまったかな(^^;)
ブルース・リーさんの映画のセリフ
<考えるな、感じろ>みたいな?


自分の糖尿病の特徴は・・・空腹時血糖値が高い。
2日間も絶食したなら、同じ糖尿病の人でも
血糖値は100以下になると思う。
だけど、私はならない。
世の中には、平熱が高い人がいるように
私は平血糖値が高いんだろうな、と思う。
私は、確かによく食べる。
だけど・・・私の食べ方なら
ヘモグロビンA1Cは6%台くらいのハズじゃないのかなぁ?
それほど、炭水化物は我慢している。

例えば・・・先日の夜、何も食べないで寝た。
でも、次の日の朝は血糖値が170だった。
2時間ほどして、また測定すると200くらいだった。
もう~~!なんで?なんて思ってしまう。
ここんとこ、糖尿病のことをいっぱい勉強した。
ネットで何日も調べまくった。
もともと血糖値が高く、炭水化物を食べなくても
ヘモグロビンA1Cが6、5%って人もいる。
こんな記事を見つけた!
やろ?そやろ?そんな人、いるんよ!
今の私のヘモグロビンA1Cが7、5%
現在、私は60歳。
はしゃぎまわって生きれるのは・・・もうしれてる。
だから、薬を飲まずに7、5%なら・・・
もうええんちゃうん?きちきち管理しなくてもさ。
そう思ったり、思わなかったり、、、

<<インスリン>>

やっぱ、インスリンがいい~~!
すごく、よかったなぁ~
インスリン治療に戻りたい、マジ戻りたい。
ただ・・・インスリンをやめた理由は太ったから。
太って高血圧になったからだ。
約8kg近く体重が増え
正常だった血圧は200を超えることもあり
フラフラするようになり、、、
これでは、車の運転もこわいなぁ・・・
高血圧って、なんてこわいんだろう。
高血糖もこわいけど高血圧のこわさもすごいなぁ。
体重が減れば、血圧は正常になるかな?
去年の12月そんな思いでインスリンをストップした。
糖質制限で体重は減って行き
血圧は正常に戻り、ほっとした。

主食を抜くことには慣れた。
ごはん粒やラーメン、パンなどなどは
全く食べてないし、それは我慢もできる。
ただ、ポン酢に入ってる糖質などまでは計算してない。
お好み焼きだって、粉は入れずに焼いて食べる。
ソースは、塗らないか・・・たまに、うす~く塗る程度。
だけど・・・
トマトをいっぱい食べるものだから
トマトでも、血糖値が すごく上がるんです。
そういうときにインスリンを打ちたいのです。
ほんの少しだけ・・・
少しだけインスリンを打っておさえたいんですよね~
今の病院では、インスリン治療に戻れるって言ってくれたし
私が、申し出ることはできる。
だけど。。。先生に金額のことを聞いた時
必ず、月一回の診察で8000円はいるって話でした。
ところが・・・色々と調べてみると・・・
2ヶ月に一回で5~6000円ってところもあるんです。
病院の人は、どこでも計算は一緒です。って言うけど・・・
そういう、計算の仕方を問い合わせれるところがあり
そこにも、質問の電話をしてみましたが
やっぱ、病院でバラバラだという回答でした。

今のところでは2ヶ月で16000円かぁ。
それでも、病気の治療なんだから・・・仕方ないのですが
しかも、慣れた病院なのでいいのですが・・・
今の我が家の状態(旦那は気にするな、と言いますが)や
いえ・・・それだけではなく
私が、今の病院に何かを感じたのだと思います。
まぁ、そういうことも重なり
病院を変えてみようかな?って思うようになりました。

で、

病院探しを始めたのです。
まず電話での問い合わせを8つの病院にしました。
それから、3つの病院で診察を受けました。
ひとつは、若い女医さんです。
先入観を持ってはいけないのでしょうが
若い女医さんは、ほんと机上の空論なんです。
まず、あまり糖尿病のことを知らない人が多い(と思う)
なのに、こうこうでこうこうだからこうして下さい!と
自分の意見を押し付ける・・・
これが私の若い女医さんへの感想です。

あるクリニックに予約をしたあとで
若い女医さんが糖尿病の専門医として来てると知り、、、
あちゃちゃ~~ 予約、取り消そうかな?
まぁ、待てよ。もしかしたら・・・いい先生か?と期待して
診察を受けたわけですが・・・
今の私の気持ちを、話していると・・・

「うちでは、無理ですね!
 元の病院に戻られたらどうですか?」

そう冷たく言われました。
しかも、やっぱ思った通りで
糖尿病のこと、あんま知らないなぁ~と感じました。
若い女医さん・・・苦手です(><)


次に行った病院。
40代くらいの男性医師でした。
自分の今の状況と気持ちを言いました。
話は、聞いてはくれたのですが
お薬が合わないので、お薬はイヤなんです。
そう言うと・・・

「今のあなたの数値なら、僕は薬でいいと思いますよ。
 色んな薬がありますから、薬でがんばりましょう。
 あなたも、勉強されてるかもしれませんが
 僕は、医者ですよ。僕の言うこと聞いて下さい」

わぁ~~(><) 
あかんやん、こんなお医者さん・・・あかんやん・・・
お薬がダメって言ってるのに、、、飲めばいいなんて。
はぁ?って感じがしました。
僕の言うこと、聞けってか?
私の体なんじゃ!!



あーーあ・・・やっぱ。いい病院ってないのかな?
それで、どうしようかなぁ~とさまよって。。。
いやいやいや!!絶対にあるはずだ!
私の、気持ちをちゃんとわかってくれる先生も
きっといるんじゃない?
それまで、診察代ばっかかかるけど
長い目で見たら、それくらいなんなんだ!と
それから、また探し始め・・・
ある病院に電話。

「もしもし、おたくの病院は
 糖尿病のインスリン治療も、やっておられますか?」

「はい、やってます。今日は専門医の先生がおられます」

「あ、そうですか・・・あの・・・
 糖尿病の専門医の先生は・・・若い女性ですか?」

「いえ、内科は全て男性医師です」

「あ、そうですか・・・あの、若いですか・・・」

「いえ、若い先生はおられませんけど」

「あ(^^) そうですか!それなら行きます!」

「はい、わかりました」



そんなわけで、ある病院に行ってきました。
その先生が・・・すごく、話を聞いてくれて
もう一度インスリン治療に戻りたいっていう
そんな私の気持ちも、理解してくれて・・・
私の診察に2時間もかけて下さいました(^^;)
めちゃ、申し訳なかったけれど
すごく、ありがたかったです!



「じゃ、今は薬も飲んでないんですね?」

「はい」

「A1Cが7、5%やね。血糖値が200やね」

「え、え~~(@。@) 200ですか?
 私、昨日の夜から食べてないんですが」

「うん、200やね~」

「先生、私 お薬は・・・イヤなんです。
 市販のお薬も飲めないんです」

「うん、いてるよ~ 薬がほんまに合わない人って。
 あなたも、インスリン治療のほうが合ってるんやろうね」

「はい」

「僕もね、あなたが今80歳なら
 A1Cが7、5%でも いいかなって思うけど
 今、60歳でしょ?そうしたら、このままだと
 やっぱ、合併症が心配ですね~
 6、5%以下におさえておきたいですね」

「そうですか・・・」

「え、え~~っと・・・
 インスリンはね、2つの病院からは出せないのよ。
 どうされますか?元の病院から出してもらいますか?
 それとも、ここにしますか?」

「はい、こちらの病院に変わりたいと思います」

「わかりました、そしたら こちらで出しますね。
 以前は、どんな種類のインスリン打っておられました?」

「はい、ヒューマログとトレシーバです」

「うんうん、
 基礎のインスリンを打つところから始めましょか」

「はい」

「トレシーバ、以前は何単位でしたか?」

「16単位です」

「うん、じゃ8単位から始めてみましょか」

「え?8単位ですか?(それじゃ~効き目ないだろな)」

「うん、インスリンは最初少な目から始めて
 段々と・・・ていう規定があるのよ。
 今は、どんな状態かもわからないので
 まぁ、ここから始めてみましょうか」

「はい、わかりました!」



   初めて行った病院なので
   色んな検査をしてもらいました。
   最初だし、検査代もあるので当然高いです。
c0211824_11422855.jpg

c0211824_11423740.jpg

ここんところの悩みも吹っ飛んで
気持ちが、晴れやか~~~~になりました(^^)
そそ・・・悩んでいたのよ・・・




「すごく、いい先生やった」

「そうか、それは よかった」

「なぁ・・・インスリンに戻ってもいいよな?」

「ええやん、なんでアカン?」

「なんか・・・脱落者のような気になって」

「ん?どういうこと?」

「世間のみんなができてる糖質制限を
 自分は、できなくて・・・結局インスリン・・・
 それって、なんか負けたような・・・」

「誰に負けるん?」

「うーーん、自分?なんか、恥ずかしい(><)」

「誰に、恥ずかしいん?」

「うーーん・・・」

「おまえの人生やろ?」

「うん・・・」

「あれだけ、がんばっても血糖値が高いから
 仕方ないやん。そんな人、いるんちゃうか?
 薬が合わないんやからインスリンやろ?
 薬がインスリンになっただけやん。
 何も恥ずかしくもないし、それでええやん」

「やでなぁ!! それでいいって、もっと言って!」

「それで、ええんや!!
 ただ、また食べすぎて体重増やして
 血圧が高くならんようにせ~よ」

「うん、それは自分でも思ってる。
 主食は、食べないつもり。
 その方が、体の調子がええから。
 ただ・・・たまに食べたい甘いもの
 それから、ナッツとか・・・
 そういうもので上がる血糖値をおさえたいんよ。
 体重は40kg台をキープしたいと思ってる」

「それが、わかってるならええよ」

「インスリン代、かかってもええ?かまへん?」

「当たり前やろ!
 そやから、そこは気にするな!
 おまえの体の方が大事やろ?
 自分のやりたい治療をすればええんや」

「うん・・・ありがとう」






そんなわけで、糖質制限しながらの
軽いインスリン治療に戻ります~。

ヘモグロビンA1C 目指せ!6、5%以下です。
体重は50kgを超えないよう、がんばります!
by rakki_618 | 2017-09-17 11:26 | 糖尿のこと | Comments(6)

病院に相談に

今、病院から帰ってきたところです。

結果は・・・トルリシティも在宅医療らしく
8000円の在宅自己注射指導管理料が
発生するらしいです。
この前の定期検診のとき、先生に質問したら
在宅医療にならないと言ったと思うんだけどなぁ・・・
私の聞き間違いだったようです(^^;)
もっと、ちゃんと聞けばよかったです(^^;)
自分のミスです(><)



   余分な診察代がかかりました。
c0211824_1311196.jpg



「〇〇さん、お薬の相談ですね~」

「はい。この前、教えていただいた
 トルリシティなんですが・・・」

「はい」

「私、帰ってから調べまくりました。
 けっこう、優れものなんですね。
 それに、私が一番下げたい空腹血糖値が下がるみたいで
 これ、いいなぁ~って思ったのですが」

「はい、どうされますか?」

「これは・・・在宅医療・・・ですか?」

「はい、在宅医療になります」

「(@。@) え?そうなんですか・・・」

「はい。在宅医療になりますね」

「はぁ・・・じゃ、在宅自己注射指導管理料の8000円が
 かかってくるんですよね?」

「はい、かかりますね~」

「それなら、インスリンだけでも・・・」

「ま、すごく便利ですしね」

「はい・・・
 先生、例えば2日間も絶食すれば
 血糖値は100以下になりますよね?」

「はい」

「ところが、私は120~130くらいあるんです。
 なので、空腹時の血糖値をおさえたいと思ったのですが
 在宅医療になるなら・・・インスリンだけでいいですね」

「そうですね、ま、便利ですのでインスリンと一緒に
 使用される方、いますよ」

「それは、いいだろうなぁ~
 え~~っと・・・(^^;)
 それだと 8000円を2回お支払いするんですか?」

「いえいえ、8000円だけですよ」

「じゃ、トルリシティって1本3586円ですから
 保険適用で3割になるんでしょうか?」

「えーーーと、そうですね・・・」

「やっぱ、インスリンいいですね・・・
 昨日の夜もトマトを4個食べたんです。
 すると、朝の血糖値が211でした。
 こういうときに、ちょこっと打ちたいですね~」

「トマトは、血糖値上がらないのでは?」

「いえ、先生 トマトは100gに糖質が4、7gも
 含まれてます。ミニトマトだと、もっとです」

「あ~甘いですからね」

「はい、それで1個が200gくらいあるので・・・
 4個食べると、、、けっこう上がります」

「そうなんですか?」

「はい」

「なので、こういうの食べるときに
 打ちたいですね~ 夜、食べなければいいんですけどね」

「もう少し、考えてみますか?」

「はい、そうします」

「はい、お大事に」




なんだか、お金のことばかり質問して
言ってる自分が恥ずかしいやら、、、みじめやら。
今は、仕方ないかな・・・(^^;)
医療にかかる8000円くらい、どってことないのに
遊びでは、もっと使ってるのに。。。
なんだか、自分だけのための8000円って
旦那に申し訳ない気がして使いにくい。
でも、結局 病気が悪化したら
もっと迷惑かけるのだから、、、
インスリンに戻ろうか?
うーーーーーーん。


まぁ、2ヵ月後の次回のA1Cで決めようかな。
それまで、自分なりにがんばってみるか・・・



あ~~~~
もうすぐ、保育園の仕事だ。。。
あ~~~~
イヤかも・・・(><)
by rakki_618 | 2017-09-04 13:37 | 糖尿のこと | Comments(6)

糖尿病の検診でした。

8月31日(木)
糖尿病の定期検診でした。


ここ最近、やっぱインスリン治療に戻ろうか?とか
考えに考えていたんですが、なかなか気持ちが決まらず
インスリン治療のほうが、う~~んと楽で
自分には、合ってる気がします。
ただ・・・インスリン治療になると
在宅自己注射指導管理料というのが発生して
絶対に、月一回の診察と8000円がかかる。


「インスリンに戻りたい気はするけど
 月、8000円もかかるしなぁ・・・」

「なんや、おまえ・・・
 金のこと、気にしてるんか?」

「うーーん、そればっかりじゃないけど・・・
 それもあるかな」

「そんなもん、気にせんと 思うようにやれ」

「うん・・・でも、もしインスリンが無料だとしても
 ちょっと、迷うかな・・・
 インスリンをやめた理由は太って高血圧になったから。
 高血糖もこわいけど、高血圧がすごくこわかったから。
 だから、血圧のためにインスリンをやめたわけで
 でも、ちょっとした物の中にも炭水化物は含まれてるので
 私の食べ方のすごさは、知ってるやろ?
 なので、たくさん食べる私にとっては
 ちょこっとインスリンを打って、血糖値を下げたいんよ。
 けど、インスリンを1~2本もらうために8000円?
 それなら、ドバっともらいたい?
 けど、そうなると以前のように体重が増えて
 血圧が上がってしまう・・・
 そんなことで、ウダウダ迷ってるわけよ」

「たとえ1~2本のためでも、自分がそうしたいなら
 自分の思うようにしたらええんや。
 インスリンをもらったからって、前みたいに大食いせずに
 ちょっとした甘いもん食べるときに
 ちょこっと打ったらええんちゃう?」

「そうよ・・・それが、できるとええんやけどな。
 今までの私を見ててもわかると思うけど
 きっと、食べてしまうかも・・・これが心配」

「うーーん・・・」


c0211824_6341096.jpg

体重は1、5kg増えました。
これはナッツの食べすぎですね~
ナッツは、カロリーがすごい(@。@)
血圧は、まぁまぁ。
血糖値は、高すぎ~~
ヘモグロビンA1Cは0、2%下がりましたが
これくらいの誤差はあるので、、、なんとも。
1%下がったら、喜べるのですが(^^;)





「はい、〇〇さん どうですか?
 お薬、どうでしたか?」

「はい、ゲップとムカムカ
 それに、大げさに言うと・・・
 内臓がねじられてるような痛みがありました。
 あ、大げさに言うと・・・です。
 これでも、何回か飲めば慣れてくるのかな?と
 飲もうとも思ったんですが、飲めませんでした」

「それはダメです、飲んだらダメです。
 合ってませんね~ 下痢はしましたか?」

「いえ、下痢はしませんでした」

「じゃ、どうしますかね・・・
 違う、お薬出しましょか?」

「いえ、お薬はイヤかな・・・
 先生、私はいつもこうする!とか
 はっきりと気持ちが決まっているのに
 今回は、インスリンに戻ろうか・・・どうしようかと
 ちょっと迷って、気持ちが決まらないんです」

「はい」

「炭水化物・・・ごはんや麺類、粉ものは
 食べないことには慣れたんですが
 やはり、お腹がすくので違うものをたくさん食べます。
 それがナッツなんです。
 で、ナッツも炭水化物量が少しあるので
 たくさん食べると、すごい血糖値が上がって。。。」

「納豆はいいですよ~」

「いえいえ(^^;)納豆ではなく、ナッツです」

「え?ナッツですか?」

「はい、ナッツです。私、納豆はそんなに・・・」

「え?〇〇さんと言えば納豆と大根おろしじゃないですか」

「え、え~~~(^^;)そうですか?」

「そうですよ、それ食べて下さいよ」

「う~~ん、はぁ・・・(^^;)」
 
それで、旦那との会話の内容のような気持ちだと
大事な部分だけ、伝えました。
(もちろん!8000円がどうのこうのってことは言わず)



すると、先生が



「〇〇さんインクレチンて知ってますか?」

「え?いえ・・・」

「これが %&’&$#&&%$・・・なんです
 また、ご自分でも調べてみてください」

「はい・・・」

「週に一回打つだけで血糖値が下がるものがあります」

「え?週に一回?」

「はい、それはインスリンのように体重は増やしません」

「そうなんですか」

「それ、考えてみますか?」

「それは、在宅医療になるんですか?」

「いえ、なりません」

   

   色々と、説明していただきました。
c0211824_6341667.jpg

「どうされますか?」

「うーーん、ちょっと考えます」

「わかりました。では次回は1ヶ月後でいいですか?」

「先生 A1Cは2ヶ月くらいの平均ですか?」

「そうですね~」

「じゃ、2ヶ月後でお願いします」

「わかりました」

「ありがとございます」

トルリシティ 調べてみました。優れものなんだな・・・
ただ、3586円らしく
割と値段は高いかなぁ・・・
保険適用で3割になって
週に1回なら・・・それなりの高額かなぁ?
イヤ、そうでもないかな?
これで、血糖値が抑えられるなら
試してみようかな・・・


 
   大腸がん検診、大丈夫でした(^^)
c0211824_6342340.jpg



   病院代
c0211824_634293.jpg



次回は2ヶ月にしてもらったのですが
月曜日にでも、行こうかな・・・とか思ってます。
トルリシティって、試してみたいな・・・と。
by rakki_618 | 2017-09-02 12:01 | 糖尿のこと | Comments(8)

調子悪し。

調子悪いって言うのは
糖尿病のお薬を飲むと・・・ってことなんですが。

まず効いてる感はないなぁ。
こんな早く結果は出ないのかも知れないけど
ちょっとムカムカするのと
ゲップが出るのと
お腹が張って、下っ腹が痛い。
ムカムカとゲップは
お薬を飲みたくない!という私の気持ちもあるかもですが
お腹が張って、しんどいのは確実にお薬の副作用だよなぁ。
運動会の昼食を食べたあとスグ徒競走した感じ?
薬が、いやだ!!という気持ちも大きいんだろうけど
やっぱ、ダメだな・・・
昨日から、飲むのを止めた。
結局は3日ほどしか飲んでないけど
先生に言ってもらおう!

「あ、これなら お薬は飲まなくていいですね~」

その言葉を聞くために、がんばろう~~!
食事療法、運動、がんばるか!


ヘモグロビンA1C 目指せ!自力での6%台!
by rakki_618 | 2017-08-01 10:20 | 糖尿のこと | Comments(8)

糖尿病の検診でした。

7月27日(木)
糖尿病の検診日。


私の中では・・・
この日のヘモグロビンA1Cの結果で
お薬を飲もうか、飲むまいかを決めようと思ってました。
前回の検診日から、この日の検診日までの食べ方で
数値が上がるようなら・・・もう、薬だな。
下がるようなら、薬は飲まない・・・飲みたくないと
そう、先生に言うつもりでした。
この日は特定健診も、お願いしてました。
毎年、どこかのホールなどで受診するのですが
5月30日で旦那が退職したので
受診予定の場所では受診できなくなり
かかりつけの病院での受診をお願いしました。


「今回、院外に血液検査を依頼するので
 重なりますので、いつもの検査はしませんね~」

「え?じゃ、A1Cとか出ないんですか?」

「はい」

「え?今回、決めようと思ってることあるので
 今日、A1Cが知りたいです。
 院外の結果はA1Cは出ないですよね?
 つか、今日 知りたいんです。
 お金、かかってもかまいまえんから お願いします」

「あ、そうですか、わかりました」



c0211824_1021579.jpg

ヘモグロビンA1Cは 7、6% → 7、7%
う~~ん・・・0、1% 上がってる。
これくらいなら 誤差の範囲と思うけど
ま、大きく下がってはないよね・・・
もう、お薬を飲もう!

体重は順調に下がってるよん。
かなり増えたときよりは8kgも減ってるのに・・・
長男からは

「うそやろ?8kgも減った?
 全然、わからへんわ~
 つーーーーか、めちゃヒドイ体形やでな。
 おかん・・・ 一生 こんな体形なん?
 これ、治らへん?」

こんな言葉をいただいた(><)
ふん、ありがとうなぁ~!

血圧は、やっぱ正常になりました。
体重増加で高くなってたんだろうなぁ・・・

血糖値は高いなぁ~
前日夜からの絶食、空腹時で133?たっか~~!!





   薬を飲むなら、これか?
   勉強したので、これでお願いしたいと
   先生に、印刷したものを見せると
c0211824_1022429.jpg

「はい、このお薬は いいお薬ですよ」

そう言ってくれて
もちろん、私よりも詳しくて(当然だね(^^;))
ちゃんと説明してくれて



   このお薬を出してくれることに
c0211824_10221131.jpg

薬局の人も
これは安くて、よく効くんですよ~って言ってました。


でもね、このお薬は もう少し飲まないと効かないらしい。
先生は、最初は様子を見るために・・・と
少しだけ出してくれたのですが
私、テスト的に 昨日の夜 お菓子を食べて
寝る前に、お薬 飲んでみました。
朝の血糖値 207.。。
がびぃ~~~ん!
効き目なし? ちょっと効いてるの?

お薬でムカついたりするので
寝る前に飲んでもいですか?
寝てる間ならムカつきもわからないので。
私が、そう言うと
先生が、それでいいですよ~って言ってくれたので
寝る前に飲んだわけですが、、、
意味ないかも。。。段々、効くのかな?
あーーーインスリン治療がいいなぁ・・・





   毎年、無料だった特定健診だけど
   任意継続保険なら、お金かかるのね・・・
c0211824_10221677.jpg




   病院代
   もう院外に出しませんね~
   同じような検査ですので。
   そう言われ、返金もあった。
c0211824_10504724.jpg

c0211824_1050532.jpg





   お薬代、一か月分。安いんですね(^^)
c0211824_1051034.jpg


そそ!

「珍しく、たんぱく出てますね?
 疲れていますか?」

「はい、先生・・・
 自分でも、疲れていると思います。
 体が、しんどいです・・・」

「どうされました?」

「旦那を、病院に送り迎えしたりして・・・」

「ご主人、病気ですか?」

「はい、まぁ・・・
 主人のせいにしたらあきませんね。
 まぁ、疲れてるんです(><)」

「あ、そうですか・・・」



そそ、毎日 ちょっと だるいんですよね~
でも、食欲あるし 大丈夫だろう!
旦那の病院も半年に一回くらいになったし
気持ちも、落ち着いてきたし・・・
ちょっと、気分的にも楽になれるかな!
まだまだ心配事もあるけど
生きてる証拠だい!


さて・・・これから一か月は
もっと糖質制限を厳しくしてみよう・・・
がんばるぞ~~!!



次回の検診は一か月後。
by rakki_618 | 2017-07-29 11:04 | 糖尿のこと | Comments(4)

糖尿病の検診

5月18日(木)
糖尿病の検診でした。
沖縄旅行の前に検診に行って
晴れやかな気分で旅行する予定だったんですね~
ま、今回は大きな出来事もあり
正直、糖尿病の数値なんて、、、
どってことないわ。。。くらいの
毎日の凹みようでしたので
悪い数値を告げられても・・・
でしょうね~ って気分でした。あは




c0211824_20401270.jpg

ヘモグロビンA1C 7、1%(前回) 
         7、6%(今回)
血圧      142/78(前回) 
        134/74(今回)
体重      51、8 (前回)   
        49、1 (今回)



「う~~ん、〇〇さん(私)高いですね~」

「そうですね・・・」

「これはダメですね~」

「はい・・・」

「少し、お薬 飲みますか?」

「薬ですかぁ~~~(^^;) う~~~ん」

「高いですねぇ」

「私、ほぼ炭水化物は食べてなくってコレなんですね。
 ま、旅行した時に ちょっと白米を食べましたが・・・
 それと、この前 フライドポテトを食べすぎて
 その時に、糖尿病の人と血糖値測定して
 二人で、血糖値をくらべっこしたんですが
 その人が、おさまるころに 私は300くらいになるんです」

「人それぞれに、血糖値の上がり方とか違いますからね」

「先生、どれくらいならいいと?」

「6%台ですねぇ」

「そうですか・・・」

「今日は、採血したので その結果と・・・
 え、え~~っと インスリンがどれくらい出てるかも
 調べておきますか?」

「はい、お願いします」


   

   病院代
c0211824_20401940.jpg




   インスリンの上がり方を印刷してくれた。
c0211824_20402634.jpg




   旦那と、バイキング。こんな日くらい・・・いいやん。
   でも、主食は抜きました。
c0211824_20403465.jpg






5月23日(火)
血液検査の結果を聞きに病院へ。


   こんな結果らしい。
c0211824_224692.jpg

「血液検査の結果は、こんなんです」

「はい・・・」

「肝機能の数値はよくなってます」

「はい」

「悪玉コレステロールが多いですね~」

「はい・・・(><)」

「中性脂肪は、減ってますね」

「はい」


肝機能も、寝不足で検査したら 悪い数値でるし
中性脂肪は、前日の食事で大きく変わるから
私自身は、あんまり気にしてないけど
悪玉コレステロールは、、、いかんな。
これは、多いと困る~~



「炭水化物ダイエットで体重が・・・」

「先生!私はダイエットはしてません」

「え?」

「ダイエットのために炭水化物を抜いてるのではありません」

「え?じゃ・・・」

「血糖値を下げたいからです。
 でも、ゆるゆるな糖質制限ですけどね(^^;)
 炭水化物をやめて、朝 タンが出なくなりました。
 それまでは、こちらでもお薬をいただいたことありましたが
 朝、少しタンがからんだんです・・・でも、今はないです。
 炭水化物は、非常に悪いモノだと私は思います。
 それでも、仕方のない・・・必要悪のようなものでしょか?
 先生は、糖質制限どう思われますか?」

「いいと思いますよ~
 メタボなんかには、一気に体重が減りますし
 まぁ、その後 どうやっていくかは問題ですが」

「あ、そうですか?糖質制限いいと思われます?」

「はい、思いますよ~」

「炭水化物やめて ハゲてた頭も・・・
 ハゲがなくなったんです」

「そんな・・・」

「先生、ほんとですって!ほら!」


そう言って髪をかきあげた私。
先生は、別に見たくもなかったろうに(^^;)




前回、看護師さんが 私の体重が減ったもんだから
しきりに、どうして?どうして?って聞いてた。
炭水化物を抜いてますので。って言うと
え?炭水化物を抜くだけで?って聞いたけど
そうなんですよ~って言いました。
ダイエットに興味あるのかな?
そう言えば・・・私はもう40kg台になっています。
なんや、、、ちっとも感動もないですが。。。
でも、念願の40kg台になってるんだよね~~♪


 

   なんか、いいらしい。印刷してくれた。
c0211824_2242770.jpg




   病院代
c0211824_2244483.jpg



「で、どうされますか?」

「う~~ん、先生・・・お薬は・・・
 今回、60年 生きてきて
 一番すごい出来事がありまして・・・
 炭水化物を食べてないのに、こんなに上がってるのは
 ストレスってあるんでしょうか?
 まぁ、私はストレスで ここまで上がるとは思えないのですが
 また、食べ方の研究しますので・・・
 それで、高ければ お薬も考えます」

「ストレスで、上がりますよ~
 じゃ、一か月後くらいにしますか?」

「いや・・・二か月後くらいにして下さい」

「わかりました」


そんなわけで、次回の検診は二か月後。
by rakki_618 | 2017-05-26 23:28 | 糖尿のこと | Comments(4)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618