1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:息子のこと( 149 )

長男の彼女、ご来店!

昨日、長男から電話があった。


「もしもし、おかん?」

「ん?どうしたん?」

「店、誰かいる?」

「いや・・・お父さんだけ。お父さん、ごはん食べてる」

「ふ~~ん・・・」

「何よ?ごはん、食べるんか?」

「いや・・・」

「何よ?」

「今、彼女と一緒やねん」

「え、え~~~~~?(@。@)長崎から?来たの?」

「うん、そうやねん。ちょっと、行こうかなぁ」

「うんうん、おいでや!」

「おかん、変なこと すんなよ!」

「変なこと?踊ったり?」

「とにかく、変なこと すんなよ」

「ふぁ~~い」



長男の彼女は博多の人だと思っていたけど
博多はデートの場所で
長男の彼女は長崎の人らしい。



長男と電話が終わって、ドキドキしていると
20分くらいして 彼女が お店にやって来てくれた。

おぉ~~~めちゃめちゃ きれいな娘さんやん。
可愛いって言うより、ほんとに美人な娘さんでした。
あどけない感じで・・・美人。
いやぁ~~もう、わかったわ。
近々、息子は ふられる・・・わ。(-。-)

おかん!どっかに載せる気ちゃうやろなぁ?
そう言って、嫌がってたけど
載せさせて、いただきますね~~
これ、おかんの楽しみブログやからね(^^)
あんた、このブログ知らんし・・・へへ
c0211824_105156.jpg

(おまえは、ドクロの服を着るな!っつうの)


新幹線で博多まで行って帰ってくると 
30000円くらいかかるらしい。
長男は飛行機が苦手で乗れないのでピーチなども利用できない。
今回は、彼女が長崎からピーチで来てくれたらしい。
下世話な話だけど長崎から大阪までピーチでいくらしたの?
そう聞くと
「6000円くらいです」と、彼女。
横から、長男が
「その、飛行機代 俺が出してん」

(^^;)

おまえ・・・そういうことを言うな!
この、バカタレがぁ~~~!!
やっぱ、おまえは すぐ ふられるわ(><)

そう思いながらも、母は うまくいって!と、願ってしまう。
つーーか、長男の笑顔を見ていたい。


長男たちが帰った後、旦那が言った。

「あいつも、うまいこと考えたのぉ」

「え?どういうこと?」

「あいつが博多まで行ったら3万かかるやろ?」

「うんうん」

「ほやけど、彼女をこっちに呼んで自分がお金出したら
 自分が飛行機に乗らんでもええし、半額で済むやん」

「ほ~ほ~、なるほどね!」

「やろ?あいつ、うまいこと考えてるわ」

「そやけど、きれいな娘さんやったね。可愛いっていうより美人やね」

「そうやのぉ・・・第一印象はバッチリやったな。
 イヤミのない美人な娘さんやのぉ~」

「うんうん、感じのいい娘さんやったわ」




出会って一か月らしい。
それなのに、もう何回もケンカしてるらしい。
ま、青春 楽しんで~
って、、、あんた もうすぐ 33歳。。。

彼女、長崎の方では なかなか仕事もなく
大阪に出てこようかどうか迷ってる・・・って
この前、長男が言っていた。
もしかして、少しの間 我が家にいるかも知れないので
次男に、そのことを チラっと言うと

「出会って、一か月やろ?軽いな・・・」と、ポツリ。

あはは(^^;) まぁ、たしかに・・・。
by rakki_618 | 2015-09-05 10:38 | 息子のこと | Comments(8)

長男の恋

私達3人がラッキーのお参りをしている頃、長男は・・・




と、その3日前の8月13日(木)


「おかん、今から 明日の博多行きの新幹線のチケット取れる?」

「え?博多?」

「うん、博多」

「博多って・・・おまえ、何しに行くん?」

「何って・・・ま、色々 観光とか・・・」

「え~~誰と?」

「誰と?って・・・一人で」

「え、え~~?一人で?なんでよ?」

「なんでって、俺は色々と観たいねん」

「ふ~~~ん、変なの(?。?)」

「チケット、取れる?」

「明日やろ?そんな急には無理やわ~」

「俺、みどりの窓口 行ってくるわ」

「う、うん・・・」



そんな長男が博多行きの新幹線のチケットが取れたと言い
私とのラインに、こんな画像を送ってきた。
c0211824_1147840.jpg
c0211824_11471816.jpg


<そんな長男とのラインのやり取り>

これ、どこ?
門司港?かな。
ふ~ん、大丈夫なん?
うん、大丈夫。
そうなん?
俺、何回か博多来てるし
え?何回か行ってるん?
うん、そうやで
へ~~


おかしな行動するなぁ?
なんやろ?
彼女でも出来たんかな?
まさかな(^^;)


そんな長男が、16日(日)の夜中に帰ってきた。


「おまえ・・・博多に何しに行ったんよ?」

「何って・・・(^^;)」

「何よ?ほんまのこと言いよ!彼女か?彼女できたんか?」

「まさか・・・違うよ・・・」

「じゃ、何よ?」

「いや・・・俺かって観光したいがな」

「何度も博多を?博多、好きなんか?」

「うん、まぁ・・・」

「おかしいやん!彼女やろ?」

「・・・・・・」

「白状しい~や!」

「うん・・・実は・・・そうや」

「ええ~~~~~~!! (@。@;) ま、ま、まじっすかぁ~~!」

「うん・・・」

「え?どこで知り合ったん?」

「どこって・・・」

「え~~出会い系とか やってんの?」

「いや、そうじゃない」

「じゃ、そんな遠いところの子と どうやって出会うんよ?」

「ま、友達の紹介っていうか・・・」

「ふ~~ん・・・」

「えへへ」

「おまえ、あけみちゃん、あさみちゃん、あやかちゃんって・・・
 ずっと<あ>のつく名前の彼女やったけど・・・今度は?」

「え~~おかん よう覚えてるなぁ。今度は<ま>や」

「え?そうなん?名前、当てるわ!」

「え?」

「う~~んと・・・まき?」

「ちがう」

「まさこ?」

「ちがう」

「え~~ まなみ?まな?まゆ?まゆこ?まい?」

「全然、当たらへんやん。全部、ちがう」

「ふ~~ん、ま、ええわ」

「彼女、おかんに会いたいって言ってたわ」

「え?なんで?」

「お母さんって、おもしろい人なん?って言って」

「おもしろい人って・・・
 おまえ、俺のおかんっておもろいで~とか話したん?
 いや、別におもろないけどな^^」

「いや・・・俺がおもしろいから おかんもおもしろい人かなって
 思ったんちゃうか?」

「え、え~~~~(@。@) あんたって、おもろいか?
 おもろいこと、言うん?」

「うん、俺 おもろいらしいで(^^)」

「ふ~~~ん・・・そうなんや。
 おまえ、もしかして博多に行くって言うんちゃうん?」

「いや、彼女が大阪に来たがってる」

「そうなん?」

「進学しようか就職しようか迷ってるらしいねん」

「え、え~~~~ そんな若い子?」

「うん・・・まぁ・・・」





長男は、もうすぐ 33歳。
私が知ってる、付き合った子は3人。
付き合い出すと意外と長く・・・3年、4年、3年と長い。
で、最終的に いつも フラれてる(^^;)
今回は、どうなることやら?
でも、まぁ・・・幸せそうで よかった。



今の私の心配は・・・

「おかん!俺、博多に行くことにしてん!でな、にゃ~のこと頼むわ!」

そう言って、私に猫の世話をしてくれと頼むんではないのかな?
そんな心配、しています(^^;)

長男ちゃん、お幸せに~♪
by rakki_618 | 2015-08-20 12:28 | 息子のこと | Comments(8)
明日、お寺さんのお参りがあるので
2~3日前から家を大掃除!
普段から、ちゃんとやってないので大変大変(><)
ベッドの下なんかは、まだラッキーの毛がいっぱい・・・
ここんとこ、ラッキーのことで私もようやく泣かなくなりました。
ラッキーの写真を見ても、大丈夫になりました(^^)

家を片づけて、がちゃがちゃもんが いっぱい出て
いるもんがあったら持って帰って~と
仲の良いリサイクル屋さんに電話して彼女が来てくれて片づけた後
家の庭で彼女と私達夫婦で話をしてたんです。
そこへ近所のおばはんがやってきて

「何、してるん?」

そう話しかけてきたので、旦那が

「家の片づけ、してたんよ。また何かあったら この子に言うたって~」

そう言ってリサイクル屋さんの彼女のことを紹介したんです。
この おばはんは、イヤミ~~な おばはんなので かかわりたくなくて
私は、この おばはんに言うな!みたいに
旦那に目くばせしたのですが・・・(^^;)おそかった。。。
この おばはん。我が家から言えば 裏の方の家の人なんですが
ニコニコして、口ではいいこと言うのですが
心が、ついてこんのです(と、私は思うのです)

「あんたとこの、次男さん どこに勤めてるん?」

我が家の次男が働いてないのを知ってて、こんなことを聞くのです。
ほんとうに知らなくて聞いてくるなら答えますが
おばはん、知ってるくせに何聞いとんねん!
そう思いますので、ちょいムカつきます。
しかし、ご近所さんですので

「うん・・・次男は働いてないんよ~」

そう答えますと、あら、そう?みたいに言っておいて

「あんたとこの、次男さん どこに勤めてるん?」

この質問を何度かしてきますので

「うちの子、働いてないって言ってるやんかぁ。何回、聞くんよ?」

私は、そう言ったこともあると思うんです。
そんな、おばはんですので ちょい苦手です。

旦那が、「また、何かあったら 言うたって~」そう言うと

「うちとこは、何にもないよ~ ここ(我が家のこと)は
 お金持ちやで~。なんでって4人とも働いてるんやもん。
 家族4人いて、4人とも働いてるんやもん」

はぁ?おばはん・・・ほんま、イヤミなヤツやのぉ。
おまはん、知ってるんやろ?
次男は自慢じゃないが ぷ~~太郎や。
何年も、ぷ~太郎や!
そんなイヤミ言うてるんとちゃうぞ!あほか!

心の中で思いました。。。クッソ!



翌日、次男に言いました。
おまえ・・・働かないから
世の中からこんなことを言われるんだぞ。
そんな思いも込めて次男に、言いました。
近所の、おばはんにイヤミ言われたことを
ちょっと言いにくかったけど
世の中、こんなんやぞ。って意味も込め言いました。
そして、私は言ったのです!


「あの、おばはん おまえが働いてないことを
 まだ、わかってないみたいやから
 いや・・・わかっててイヤミ言うから
 おまえ、家の裏の方をウロウロして
 あの、おばはんに見られろ!
 俺は働いてません!アピールしろ!
 俺は、こんなにも働かず
 ずっと家にいます!ってことを見せろ~~!」




あれ?私が次男にイヤミだった~?(^^;)えへへへ


ほんでも、この おばはん いい時もあります(^^;)
私、ちょい言いすぎたかしら?
おっほっほ~~! イヤミな、あたし(^^)
by rakki_618 | 2015-08-12 08:58 | 息子のこと | Comments(6)

もぉ~

次男と口ゲンカになった。




何週間か前から、ノドがおかしいって言う次男。
病院に行き!って、言っても行かない・・・

「調べてみたら、俺みたいなノドの症状は漢方薬でも
 治るらしい」

そう言うので、こっちは必死で調べて勉強。
近くで漢方薬売ってるところならアソコがあるよ。
などの情報も言ってるのに動かない・・・

「おまえ、漢方薬屋さんに行ったんか?」

「まだ・・・」

「まだって、、、ええかげんにしいや。
 なんで、そうやって心配かけてくるん?
 いつまで心配させるん?
 仕事してるわけでもないのに
 すぐに、行けるやろ?」

「そこより、近い漢方薬屋さんない?」

「は?そこは、近いやろ!
 しかも、そんなん思うんやったら 自分で調べたらいいやん」

「うーーん」

「兄貴のこともあるから、ノドって言ったら心配になるやろ!」

「俺が、ガンって思ってるんか?」

「そんなこと思ってるって言ってないやろ!
 そうなったら困るから はよ、病院に行け!って言ってるんよ」

「・・・・・・」

「病院に行かなくってもいいと思うなら
 はやく、漢方薬屋さんにでも行っておいでや!」

「うーーん・・・最近 ちょっとマシかも」

「あ、そ!マシやったら それでいいやん」

「けど、ちょっと おかしいかなぁー」

「あ、そ!じゃ何かしら動けば?」 

「うーーん、また行くわ」

「はぁ?またっていつ?
 こんなに心配させてて平気なんか?
 ちょっと、行ってきて安心させてくれたらいいんちがうん?
 もし、おかしな病気やったらどうするん?
 あのとき、調べておけば・・・ってな後悔したくないやろ?」

「うーーん」

「もう!!!おまえ、一人で暮らせや!心配ばかり、かけやがって!」

「え?なんで、そこまで・・・」

「うるさい!病院か薬屋に行け!」

「わかったよー行くよ」

「いつ?」

「近々」

「そんな返事じゃアカン!いつやねん!!!」

「明日、行くよ~」




可愛いとこもあるけど、憎たらしいわぁーーー
by rakki_618 | 2015-07-04 10:41 | 息子のこと | Comments(0)

父の日のプレゼント

7月2日(木)


次男から父の日のプレゼントとして
私も一緒に喫茶店でモーニングセットをご馳走になる。
c0211824_9494295.jpg

3種類あるモーニングセットをすべて注文し、みんなで味見。
次男君、私にまで ごちそうさまです~~ m(。。)m





お店のお客様に、お寿司を食べに連れてってもらった~♪
そのとき、いただいた 貝柱とアスパラのバター炒め
貝柱も、アスパラも大好き~!
c0211824_9524111.jpg


いつも、ありがとう。
ごちそう様です~~ m(。。)m
by rakki_618 | 2015-07-03 09:53 | 息子のこと | Comments(0)

長男、久しぶりに来店。

ここんとこ
捻挫が、ひどかったので純粋なウォーキングはしてないけど
上半身を動かす運動はがんばった。
上半身を動かすだけでも 20000歩カウントするには
1時間50分くらいはかかる。
ウォーキングよりは、かなり少ない運動量だけど
動かないよりもマシだと思ってがんばっています。

 
<<6月の歩数>>
 
 1日(月) 20174    16日(火) 20392
 2日(火) 20214    17日(水) 20266
 3日(水) 21809    18日(木) 20858
 4日(木) 20119    19日(金) 25210
 5日(金) 21082    20日(土) 20090          
 6日(土) 21362    21日(日) 20474
 7日(日) 20498    22日(月) 20019
 8日(月) 20392    23日(火) 20427
 9日(火) 20460    24日(水) 23196
10日(水) 20598    25日(木) 20463
11日(木) 20805    26日(金) 20641
12日(金) 20168    27日(土) 21093
13日(土) 20242    28日(日) 20428
14日(日) 20456    29日(月) 20526
15日(月) 20301    30日(火) 25033




おっとっと~ ここまで書いたところで・・・
さっき、長男が 久しぶりに お店にやって来た。


「ふぅ~~」

ありゃま。。。
また、ため息ついてるわーー
ほっとこ、ほっとこ。
聞いたら、こっちも しんどくなる(^^;)
けど、気になる・・・

結局、ボソボソと話してきた。
仕事が、しんどくて辞めたいんだってさー
ま、そんなことやろうと思ったけどな。
なんか、理不尽なんだってさー
自分は成績がいいのに、成績がそんなに良くない人の方が
お給料がいいらしく、それが納得いかないとか言ってた。
けど、俺は金じゃないねん!俺は金より時間やねん。とか
言ってた~~
あんまり理解できなかったけど
仕事は辞めれば辞めるほどしんどくなるのもわかってる。
そうも、言ってた~。
前に仕事が決まらずにパニック障害起こしたんやから
今度はちゃんと決めてから辞めれば?
まぁ、自分の人生やから 好きなように生きればいいけど・・・
これくらいしか言えないわなぁ。。。

がんばれーーー
強い芯持ってたら生きていけるやろ・・・
by rakki_618 | 2015-07-01 22:11 | 息子のこと | Comments(0)

父の日のプレゼント

ドォ~~~ン!
c0211824_20551040.jpg




父の日のプレゼント・・・
旦那が座る椅子の横の机に、これが置いていたそうです。
長男から「おとん、ギフトあるで」ってメールをもらったらしく
どこに、あるんやろ?どこに、あるんやろ?って探したらしいですが
どうも、このラーメン2袋だったようです(^^;)
あっはっは~~ ありがたいけど 笑える(^^)
長男君、ありがとうございます m(。。)m


次男からは私に電話がありました。
もちろん、旦那にもメールで「ありがとう」っぽいことを
送信してくれたようですが

「父の日のプレゼント、おとちゃんと一緒に
 また、喫茶店でモーニングでも食べる?」

「え?お母さんも一緒にご馳走になっていいのん?」

「ええよ~ ニコイチみたいなもんやん」

「はぁ・・・(^^;) まぁ・・・
 じゃ、母の日にご馳走になった喫茶店に行く?
 お母さんが決めていいならやけど」

「うん、そこでもいいし 新しいとこ開拓してもええしなぁ。
 あ、いやいや・・・その喫茶店がええんなら そこでええんやで」

「うん、絶対にそこってわけでもないけど・・・
 こっちこそ、どこでもいいよ~」



次男の、こんな気遣いのある 話し方・・・
母は好きです(^^)

もちろん!長男も優しくて好きです(^^)

二人とも、父の日に ありがとうね!
by rakki_618 | 2015-06-24 21:08 | 息子のこと | Comments(0)

偽善ってか?

5月13日(水)


次男に言われた ひと言にすごく傷ついて。。。(;。;)


「最近、ちみる(仮名)おばさんは? どうなん?」

「あぁ・・・(><) この前も、同じことばかり言って
 途中で、しんどくなったから おまえに電話したやろ?」

「え?いつよ?」

「ほら、セブンイレブンさんのお菓子がヤマザキナビスコさんが
 作ってた・・・みたいな電話よ」

「あ、あーーーん」

「あれは、別に用事なかったけど その電話したら
 ちみるちゃんの話が違う話になってくれると思ったんよ」

「ふ~~ん」

「この前は、もう ひどかった。。。ほんまに気が狂いそうやった」

「じゃ、ズバッと言えばいいやん。
 そんなんってわかってて話を聞く自分も悪いんじゃないん?」

「お母さんだって、同じお客さん同士やったら聞きたくない話は
 無視することもできるけど、聞いて~~って涙流してるのに
 無視するって、できひんよ。それに無視することの方が
 メチャ、しんどくなるってわかるもん」

「話、変えたらいいやん」

「変えても変えても元に戻すのよ」

「さっさ~~って話を終わらせたらええやん」

「あのな、言うはカンタンよ。自分だって、この前 市役所で
 すごい説明が遅いおばちゃんが応対してくれた時
 急いでたから、お母さんが、早くしてもらって。って言ってるのに
 この人、必死でやってくれてるから この人を責めないで。
 みたいなこと、お母さんに言ったやん!同じやん。
 自分やったら、みな そうなるよ」

「あれは、初対面の人やろ?おかちゃんは 顔なじみやろ?」

「顔なじみの方が言いにくいやろ。
 ええんよ、答えが欲しいわけじゃないよ。
 あんたが、どう?って聞いてくれたから言っただけよ。
 なんも正解ないし、あったとしても人それぞれ違うやろ。
 そやから、話を聞いてくれるだけでええわけよ」

「結局は偽善やろ?」

「え・・・? 偽善? 誰が?お母さんが?」

「そうやで」

「・・・・・・偽善ってどういうこと?」

「結局、優しいフリしても偽善やろ」

「フリ? そりゃ、完全に真剣に心配はでけへんやろ?
 他人なんやから! ちみるちゃんの子がガンって言われても
 毎日毎日、病院には行けへんやろ?
 けど、おまえやったら心配やろ?
 そんなん言ってたら、この世は全てが偽善やん!」

「ブツブツ・・・」

「え?何よ?」

「いや・・・」




この偽善って言葉が頭をグルグル駆け巡り・・・
誰かに聞いてほしくって、すぐに旦那に電話。
何十回、鳴らしたかな・・・
電話に出ない。。。
実車中(お客様が乗ってくれてる時)なら
ただいま、電話に出られません。ってなるのに・・・
全然、電話に出てくれない。
偽善って言われたくやしさを聞いてほしいのに
次男ではなく、旦那に腹が立ってきた。
多分、仕事がヒマで駅前で車から出て
他の運転手の人と話してるんだろうな・・・
そうだとは思っても、タクシー強盗かも知れない・・・
こういう事件が多発してるから
車を離れるときも、携帯は必ず車中に置かず
ポケットに入れてね!って、あれほど言ったのに!

何回目かの電話でやっと出てくれて・・・

「すまんすまん!ちょっと外に出てたんや」

「ちょっとじゃないやん!何十回鳴らしたと思ってんのよ!」

「ほんまに、マンわりのぉ~。ちょっとやったんやけど」

「もぉ~~!」

「どうしたん?」

「どうしたん?って言われても そんな気分じゃないわ。
 なんで、電話を持って車外に出てくれないんよ?」

「おまえかって、そんなことあるやろ」

「家の中でいて、掃除機掛けたりラッキー連れて庭に出たり
 洗濯干したり、シャワー浴びてる時は仕方ないやろ。
 何かの用事で電話待ってる時はシャワー浴びてても
 お風呂場まで携帯持って行ってるわ!
 それ以外は、家の中にいるときはわからん時もあるわ」

「ほれ、そうやろ」

「また、意味 違うやん!
 タクシー強盗とか多いから電話して出なかったら
 心配で仕方ないから、電話は必ず持っててな。
 そう約束したのに・・・何回も、そんなことするやん!」

「・・・・・・悪かったよ。 で、どうしたん?」

「もういいよ・・・今、言う気ゼロや。またな」

「わかった・・・」


それからシャワーを浴びたのですが
旦那に対して、小さいことでプリプリして
バカらしくなってきて・・・
でも偽善って言われたことは
まだ心の中でチクチクしてて・・・


また旦那に電話したんです。


「もしもし・・・」

「おぉ、何があったんや?」

「うん・・・かれこれかれこれ・・・って言われてん」

「え?偽善?おまえのことをか?」

「うん・・・わたしって偽善者みたい?」

「なんでなぁ、そんなことないぞ」

「ちみるちゃんの話とか聞くのも偽善って言う意味かなぁ・・・」

「そりゃ、店してるんやから お客さんの話は聞くやろ」

「やでなぁー」

「そりゃ、当たり前やん。同じ話 何回されても耐えてるやん。
 それは偽善とかって言わないんちゃう?
 例えば、ちみるちゃんが何も言わないのに
 あそこに連れてってあげるわ。とか
 これ、こうしてあげるとか世話焼いたんなら
 ウソの優しさか知らんけど、おまえは違うやん。
 ちみるちゃんから、お願いやから連れてって。ってとか
 頼まれて仕方なく・・・それも、おまえが優しいから
 断れなくって、そうなってるんやろ?
 全然、偽善じゃないぞ。むしろ はがゆいくらいにバカ正直やぞ」

「ううぅ・・・うぇ~~ん、うぇ~~ん。シクシク」

「あいつ(次男)は、世間を知らなすぎるんよ。気にするな」

「うん・・・ありがと」

「あ、それからさっき電話長いこと出なくて心配かけたから
 明日、おわびにランチおごるわー」

「え、え~~~!やった~~!!ラッキー!」

「おぉ、なんでも食べてくれ」

「おぉ~♪」





旦那は・・・
私の心のモヤモヤを吹き飛ばせる言葉を知ってて
私には、そういう一面があるんだってことも
穏やかに教えてくれて・・・
うまく私を奮い立たせる褒め言葉を並べてくれて
だから立ち直ることが早くできる。
いつもいつも、ありがとう。

旦那にごちそうになった、とんかつランチ。ごちそう様!
c0211824_17251950.jpg




   

     それと・・・次男から、その日のうちにメールが届いた。
c0211824_17263320.jpg





     私も返信した。
c0211824_17272717.jpg





今は、すっきり~~(^^)
by rakki_618 | 2015-05-14 17:43 | 息子のこと | Comments(0)

は、は~~~?の日

たとえ・・・たとえ・・・
母の日に息子達から
何もなくても・・・
うん・・・何もなくても凹みません
絶対に凹みませんってば!
私も、いい大人です。
そんなの笑って吹き飛ばせますって!
つか、そこまで母の日のことを
こちゃこちゃと考えませんから~!


そう思ってたんです・・・


ところが、、、


おい、もう日付かわるで。
もう月曜になるってば
言葉のひとつもないんかい?
あちゃちゃ、、、
なんかさびしいやん!
あかん!我慢できひんわ。

長男の部屋に行き
タブレットでアマリリスさんが母の日に
息子さんからいただいた器の画像を大きく広げ


「これ、見て!お母さんの友達が息子さんからもらったんやて。
 母の日にもらったらしいよ!ほら、よ~~く見てみ!」

「あ・・・!今日、母の日か!」

「そうよ!なんか、ちょうだいよ!」

「あれ?子供の日は?」

「あほか、柏餅あげたやろ」

「あ、そうか・・・」

「なんか、ちょうだいよ!!」

「うーーーん、この辺にある ぬいぐるみ持って行きよ。あげるわ」

「はぁ~これ、前の彼女にプレゼントして戻ってたんとちゃうんか?」

「ちがうよ~~ 俺が取ったヤツや」

「ふーーーん・・・ほな、もらっていくわ」

「え・・・(@。@)・・・ぜ、・・・全部?」

「そうや!」

「ちょ、ちょい・・・ひとつ残して・・・(^^;)」

「ひとつやで!」



で、無理やりせしめた ぬいぐるみ
c0211824_9273242.jpg





それから次男の部屋に行き・・・
寝てる次男を揺り起こし
長男に言った言葉と同じことを言い

「なんか、ちょうだいよ!!早く!」

「いやぁ~ 今、なんもないから 明日渡すわ」

「明日じゃイヤや!!何でもええからちょうだい!
 ちょう~~~だい~~~!ってばぁ~~!」

一生懸命、何かを探す次男

「これ・・・食べる?」

「うん!食べる!」

で、この食べかけのお菓子をせしめました。
c0211824_9304258.jpg





ふ~~~
何も言わなくても
きっと遅ればせながら
何かしてくれたのかも知れませんが(^^;)

なんか、我慢できんようになって
ついつい。。。

ほんま、ガキのような私。

ま、心の中では 優しい息子達と思っています。

無理やりのプレゼント、ありがとう~~。
by rakki_618 | 2015-05-11 09:32 | 息子のこと | Comments(0)
次男と言い争いになった。

何が原因かって言うと、ちっちゃいことである。
私の携帯の電源が切れたので、お店にしか充電器のない私が
家で携帯の充電器を持ってる次男に

「悪いけど、ちょっと携帯の充電させてくれる?」

そう言うと・・・
ものすごぉ~~~~くイヤそうに

「はぁ~~ん?そんなにも充電するんやったら自分で充電器買いよ」

そう言ったのだ。

その「はぁ~~ん?」という言い方が
何ちゅうか、、、
すごく邪魔くさそうに嫌そうに。。。


「あ、そ!! 貸していらんよ!
 おまえ、お母さんに何かモノ頼むな!二度と頼むな!わかったな!
 店に、ご飯も食べに来るな!わかったな!」

「何も、貸せへんって言うてないやん!
 そんなに何回も充電器貸してって言うなら
 自分で買ったらええって言ってるだけやん!」

「はぁ~~~!?何回も??はぁ~~?初めてじゃろが!」

「初めてと違うやろ!2回目や」

「はぁ~~!?あ、そ!2回目やったんか知らんけど
 たった2回やろ?」


きたきたきたきた!あったま、きた!!
洗面のところにいた旦那のところまで行って

「ちょっと聞いてよ!! けーすけ(次男、仮名)にな
 携帯の充電させてって言ったらな
 めっちゃ、じゃまくさそうにされてん。
 なんで、アイツに こんなんされなアカンねん。言うてよ!!」



旦那 「けーすけ、おまえ 携帯の充電くらいかまへんやろ」

次男 「違うよ、俺かて そんなんかまへんよ」

旦那 「ほな、なんな?」

次男 「俺が言いたいのは、おかちゃんが充電器借りるのが
    初めてやって言うんよ。2回目やのに!
    自分が間違ってるのに、自分が正しいみたいに言うから」

私  「はぁ~~~~~~~~!!??
    今、問題はソコじゃないやろ!それに2回目やって言われて
    あ、そうやったん?言うて認めてるやろ!
    おまえのじゃまくさそうな言い方を言うてるんじゃ!
    おまえ、お母さんに どれだけ物事を頼んでくるねん!
    そのくせ、ちょっと充電器貸してって言うたらそれか?」

次男 「そやからぁ~~!そんなに携帯に充電が必要なら
    自分で充電器買えばええって言ってるんよ」

私  「そやから、お母さんは たった2回やろが!!
    お父さんが毎日借りるんやろが!!」

次男 「おとちゃんも、おかちゃんも同じや」

私  「なんで、同じやねん!名前も性別も
    携帯の番号もちがうわ!!どこが一緒じゃ!
    おまえ、おとちゃんに言えよ!
    毎日借りてるおとちゃんに言えよ!
    なんで2回しか借りてない おかちゃんに言うとんねん!
    しかも2回目、借りれてないやん!1回やん!」

旦那 「けーすけ・・・おとちゃんが充電器借りてるのが
    そんなにイヤやったんか?おまに、親切にしてくれるから
    おとちゃん・・・そんなん知らんかったわ。
    迷惑かけて・・・悪かったのぉ」

私  「そそ!あんたはな、ずっと嫌がられててん!
    毎日毎日、充電器借りてな けーすけに嫌がられててん!
    そのイライラを私に ほとんど借りてない私に言うてきてん!
    おまえ、なんな?お父さんに優しくてお母さんに冷たいんか?
    それ、どういうこっちゃ?」

次男 「そうじゃない!おとちゃん、俺 迷惑とか思ってないで」

私  「はぁ~~!?ほな、おまえ お母さんやったら迷惑なんか?」

次男 「だからーーー!そうじゃないって!
    なんで、ひがむねん!おかしいやろが!」

旦那 「けーすけ、おまえね・・・
    お母さんが、どんだけ おまえに頼まれたことで
    動いてるか、知ってるか?
    買い物ひとつにしても、おまえはカンタンに頼むけど
    ひとつのスーパーに行って頼まれたものがなかったら
    また、違うとこ探し回って・・・
    お父さんが、もうええやん。って言うても
    お母さんは、あの子、食べたいやろうから。って言うて
    それが見つかるまで、いくつものスーパーを探し回るんやぞ。
    それで、お父さんがもうええやろ!って言うて
    この前もケンカになったやろ?おまえ、覚えてるやろ?」

次男 「うん・・・」

私  「大体やなぁ、お母さんの携帯の充電が切れたのも
    おまえのパソコンが壊れたって言うて
    お母さんが一生懸命 自分の携帯で おまえのパソコンのことで
    色々と知り合いの人に頼んで、おまえと電話かわって
    おまえが、その人と電話が長話になって
    ほんで、充電が切れたんやろ?
    それなのに、よく そんなじゃまくさそうな返事したな!
    そんなイヤそうな言い方するな!気分悪いわ!」

旦那 「けーすけ・・・おまえ、悪いぞ・・・」

次男 「うん・・・悪かったよ・・・」

私  「もう、ええよ。お母さんも言いすぎた、すまん」







「おかちゃん、この前からイライライライラしてスグ切れて
 なんか、おかしいよなぁ?どうしたん?」

「うん・・・兄貴の甲状腺ガンのあたりから
 なんか、神経がおかしくなって敏感になってるんや。
 本人もわかってるから・・・」

そんな二人の会話が聞こえてきました。
そうなんです・・・
長男が甲状腺ガンになって入院したあたりから
私は自分でもわかるくらいイライライライラして
旦那にもケンケンするようになって・・・
神経が、すごく過敏になってしまい。。。
なんか、、、おかしいんです。
いや・・・おかしかったんです。
けど、やっと そのおかしさからも抜け出たと思ってたんです。
だけど・・・まだ少し、残ってたようです・・・(>_<)
ごめん・・・
もう少し、穏やかに怒らずに 日々を過ごしたい・・・
みんな、ごめんなさい m(。。)m




その後、旦那に言いました。

「あんたのことをわざと悪者扱いして大げさに
 怒りを、けーすけに伝えた・・・ごめん」

「かまへんよ。それで、ええんや。
 おらのことを大げさに悪く言うてええんや。
 そうしといたらええんやど。
 お前の気持ちはホンマはそうじゃないってことは
 おらが一番知ってるから、それでええんやど」

「うん・・・ありがとう」

旦那は、優しいし 穏やかだ。
事件の解決も上手だ^^


そして、その後 次男から電話があり

「すごくきれいなイルミネーションの家 見つけたでー。
 これ、前に言ってた家やろ?」

そんな電話がありました。

ケンカの前には

「今度は俺が全部 お金出すから
 行きたいって言ってた香住町にカニ食べに行く?」

そう言ってくれてた次男なのに・・・
ごめん・・・お母さんが怒りすぎ!
ほんとに、ごめん!!
反省してます。。。ごめんなさい m(。。)m






      最近、ビーズの指輪にハマってます♪
      オークションで新品の指輪を買いました♪
      100円とかでも、あるんですよ~♪
c0211824_21485748.jpg

by rakki_618 | 2014-12-16 22:31 | 息子のこと | Comments(0)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618