1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:息子のこと( 154 )

勝手な旦那・・・

c0211824_5105034.jpg

お義姉さんが北海道に行ってきました。
おみやげを、いただきました m(。。)m

5~6日前の話なんですが・・・
北海道を旅行中の お義姉さんから
電話が、かかってきました。

「もしもし、〇〇ちゃん(私のこと)」

「あ、お義姉さん、どうしたん?」

「今日の3時の飛行機で帰るんやけど」

「うん」

「それが・・・行くときも荷物がオーバーしてるとかで
 2800円かかってな」

「うん」

「で、現金では支払いできないって言われて」

「え?うん」

「カード支払いじゃないと、あかんらしくて
 で、〇子(義姉の次女さん)に電話して
 カード支払い頼んだんよ」

「うん・・・」

「で、今日 3時の飛行機で帰るんやけど
 また、荷物が多いから お金かかると思うんよ。
 〇子は、今 仕事中で連絡取れなくて
 主人は、カード持ってないし・・・
 〇〇ちゃん、悪いけど カードの番号を教えてくれる?」

「え?(@。@) カードの番号・・・ですか?」

「うん、ごめんなぁ~ 帰れないんよ
 悪いけど、頼める?」

「あ・・・(^^;)はい、わかりました」

「そ、ありがとう、助かるわ。
 もう少ししたら、ピーチ航空の人から電話あると思うから
 その人に、カード番号 言ってくれる?」

「はい・・・」



うわぁ~~~(><)
カード番号なんて、教えたくない!と思ったけど
お義姉さんが帰れないみたいに困っているし・・・
カード番号はピーチ航空の人からの電話で言うみたいなので
仕方なく、、、仕方なく 引き受けました。
お義姉さんは、少し非常識だと思うことあるけど
仮に、反対の立場で私がお義姉さんに
カード番号を聞いたとしても
心よく、引き受けてくれる人なんです。
(あ・・・私は絶対にそんなことはしませんが)
カード番号、教えて・・・にはビックリしましたが
お義姉さんの、その頼みをムゲに断れません・・・
少ししたら、ピーチ航空の人から電話があると告げられ
電話を切りました。


電話を切ったあと、旦那が聞いてきました。


「どうしたん?」

「お義姉さん、今 北海道で 
 もうすぐ飛行機に乗るらしいけど荷物が多くて
 追加の料金が発生したらしい。
 現金での支払いはダメらしく
 カード支払いらしいねんけど、カードは家にあるらしい」

「うん、ほんで?」

「で・・・私のカード番号を教えてって話」

「なんで、義兄ちゃんにカードの番号聞けへん?」

「そんなん、知らんけど・・・
 義兄ちゃんはカード持ってないらしい。
 で、義姉ちゃんのカードしまってるところを
 義兄ちゃんに言いたくないんじゃないの?

「はぁ~~~!?アイツは、ほんまに・・・
 で、おまえOKしたん?」

「私だって、カード番号なんか他人に教えたくないよ。
 でも、仕方ないやん。帰れないとか言われたら・・・
 それに番号は飛行機会社の人に言うから」

「それ、なんで、おまえに言うてくるん?」

「そんなこと、私に言われても・・・(^^;)
 〇子ちゃん(次女さん)は仕事中で連絡取れないし
 お義兄さんはカード持ってないらしいわ」

「いけるんか?」

「もうすぐピーチ航空の人から電話があって番号聞かれるらしい」

「そんなん、教えて大丈夫か?」

「義姉ちゃんに番号を言うんじゃないし・・・
 私だって、こんなんイヤやけど仕方ないやん。
 自分の姉なら断るけど
 あんたの姉ちゃんやから断りにくいし・・・」

「いけるんかぁ?断れよ!!」

「そんなん言うても、帰られへんって言われたら
 仕方ないやんか、あんたかて・・・そうやろ?
 もういてないけど、私の母親から言われたら
 断りにくいやろ?」

「おら、おまえのおかあちゃんやったら
 スグにOKするよ!あんな世話になったんやから!」

「そんなん言われたら、たとえ話になれへんやん・・・
 もう言葉、なくすやん うれしいし。
 ま、そんなもんやん! 
 私かて義姉ちゃんが、私を頼ってくれてると思って
 うれしいし・・・お世話になってるし」
 
「アイツに何を世話になってんや?
 ほんまに、アイツは無理ばっかり言うてきやがって」
 
「そんなことないって」

「だいたい、おまえがピーチ航空を教えるから
 こんなことになるんや!!」



「え?(@。@)・・・
 はぁ~~~~~~~!?



「おまえが、安い飛行機をアイツに教えるから
 こんなことなってるんや!」

「あんた、何 言うとん?
 私がピーチ航空を教えたわけでもないし」

「ほんでも、この前 チケット取ってたやろ」

「はぁ~~? 
 あれはパソコンでどうやるの?って聞いたから
 義姉ちゃんの店まで行ってきて
 やり方言うてきたんやろ?
 その時、すでにピーチ航空を利用するって決めてたで。
 それに、その時には・・・
 あんたかて、行って教えてやれって言うたやん!」

「でも、お前が言うからや」

「はぁ~~~~!!!
 じゃ、もしもお義姉さんが 飛行機代が高いわぁ~言うて
 何か、安い飛行機ってないかなぁ?って言うたなら
 おまえ、ピーチ航空を教えちゃれよ(教えてあげな)って
 そう言うんやろが!このフラツキ男が!
 自分だって、ピーチ航空があるぞって言うやろが!
 その時、もしも言うの忘れてて
 義姉ちゃんが高い飛行機に乗ったなら・・・
 なんで、おまえは言わないんだ?って言うんやろが!
 話に一貫性がないんじゃ!
 こっちの時は、こう言うた方がええかな?
 こっちの時は、こう言ったらええかな?
 そんな話のやり方を、するなよ!
 ちゃんとした話をしなさいよ!!!
 自分が今言ったことを、わら半紙に書いて読んでみろ!
 すご~~い自分勝手な言葉に仕上がってるぞ!」

「ハッ!(@。@)」

「なんや?自分がひどいと気づいたんか?」

「はい・・・」

「今日は、早く気づいたな」

「・・・・・・すみません」

「ほんまに勝手に人間やな。
 あほ(バカ)な子ほどかわいい。
 とは、よく言ったもんや。あんたのことや」

「うるさいわ!」


学習能力 ゼロ~~~ (え?私がか?)



で、結局は追加の料金は発生せずで
お義姉さんの件は何事もなく済みました。

旦那は、私に悪いと思うのか・・・
私の前では義姉のことを悪く言います。
ところが実際に会うと うれしそうです。

「あんたさ~ 
 私に悪いと思うのか・・・
 義姉ちゃんのこと悪く言いすぎるけど
 そういう芝居しなくていいから!
 無理、してるんやろ?」

「あれ・・・(><)バレてた?」



やっぱ、そうやったんや・・・
でしょうね。



   スマホのカバーかえました(キーホルダーは前から)
   大好きな「すみっコぐらし」ちゃん。
   色は地味ですが・・・気に入ってます(^^)
c0211824_5112543.jpg

c0211824_5113936.jpg

by rakki_618 | 2017-10-16 12:32 | 息子のこと | Comments(4)

息子のドラム

9月24日(日)
初心者バンドさんたちのライブに行ってきました。



珍しく長男からのお誘い(もちろん有料)



「おかん、ライブ観にくる?」

「え?おまえ出るの?」

「うん・・・まぁな」

「行く行く!!」

「俺の連れ、祭りとかで 5人あかんようになってさ」

「ふ~~ん(でしょうね)行く~~」

「うん、1500円なんやけど」

「うん、お父さんと行く!」

「じゃ2人で来てくれるん?」

「うん、はい 3000円な」

「もしかしたら、これ 安くなるかわからんから
 そうしたら、お金返すな(お金を返しますね)」

「もうええよ。ご祝儀や、あはは~」

「うん・・・サンキュ」

「で、歌うたうの?」

「いや、今回 助っ人やねん」

「え?助っ人?」

「俺な、〇〇楽器のライブ登録みたいなんしてるんよ」

「へ~そんなんあるん?」

「うん、ほんでな ドラムのスティック買いに行ったよ」

「うん」

「そしたら、ドラムもするんですか?って聞かれて」

「うん」

「いや、俺はギターです。って言うたんやけどな
 今度の初心者ライブに出る あるメンバーの
 ドラムの人がダメになったから助っ人で出てって言われて
 ほんで、出るんよ。だから歌は歌えへんで」

「そうなん」

「ドラムだけやで」

「うん、でも行く~~」

「あ、立ち見やで」

「え?じゃぁ~ お父さんあかんやん」


てなわけで・・・
友達を誘って行ってきました。
その友達は、パソコンで知り合ったB子ちゃん。
1年半ぶりくらいに会うかなぁ~
たまぁ~に連絡するくらいの仲だけど
旦那とも会ったことがあるので
「旦那さん、元気?」と聞かれ・・・
軽く流せず・・・ちゃんと話しました。
ちゃんとした話ができる人だと思っているので
旦那のこともちゃんと話しました。
私が無理やり誘ったライブに付き合ってもらって
ありがたかったです(^^)



   少し早めに会って食事をしました。
c0211824_12223716.jpg





ドラムを叩く息子



「おかん、どうしたん?その顔!」

「え?何?何かついてる?」

「いや・・・妖怪みたいな顔してる」

「え?(@。@)」

「それ、何かしたん?普通でその顔なん?」

「何もしてないわ!!しっつれいなぁ~~~!!」

そういう自分だって、、、
若そうに見えるけど近くに行ったらシワが目立って
老けたぞ~~~
とは、言いませんでした(^^;)
がはははは~









どうしても行きたくなかった月曜日の保育所。
みなさんを、イヤな気分にさせるので
あまり、、、そういうことは書かないように・・・
そう思うのですが、まぁ・・・許してね~
だって、ほんまに行きたくないんやもん!
書いたらスっとするんやもぉ~~ん。
でも、旦那には言わなかった。。。
言っても仕方ないもんなぁ・・・
じゃ、ここにも書くなよ。って話でしょうが
まぁまぁ・・・書かせてください。




〇〇〇〇(私の苗字)と私を呼び捨ててた子供
〇〇〇〇先生と呼んでくれるようになりました。
そして、あそぼ~~!って近寄ってくれます。
私を見ると駆けて来てくれて抱きついて
先生、好き~~って言ってくれる子もいます。
先生が、いい~!って言ってくれる子もいます。

でも・・・目立たず嫌われず好かれず
そんな立場を保ちたい私です。
嫌われても好かれても問題が起こりそうです。
先生たちや子供たちとの間に。
とにかく、ほどほど・・・ですね。

先生、先生、先生~!好き~!
そんなことをを言ってくれても
5分くらいして気に入らないと
プイと横を向いて
先生と遊ぶの、や~~めた!
あぁ、そうですかい。
それで、いいですよ~
子供って、そんなもんじゃい。わかってます。
好きにどこかに行って遊んできなさいよ。
そうやって、知らん顔します。
すると、また戻って来て私の手を握り
先生~~!って甘えるのです。


ちょっと、、、え?って思ったこと。


「先生、足 痛い~~」

「え?どこが痛いの?」

「ここ」

そう言って足の裏を見せた子供。
小さなことでも正職の先生に伝えなきゃいけないので
私は正職の先生に言いました。

「先生、〇ちゃんが 足が痛いと言ってます」

「はい」





「〇ちゃん、その足 家で保育所で?」

「家でやった」

「じゃ、保育所じゃないんやね?じゃ、関係ない」


え、え~~~~~~(@。@)
なんつ~言い方?なんつ~~接し方?
足が痛いと訴えている子供に
なんつ~~おかしな答えをするのよ。

私は、こっそりと後で聞きました。
〇ちゃん、痛いの?大丈夫か?
うん、もういける~
そう言ったものですから安心しました。

しかし・・・なんちゅう言い方するのよ。
保育所の責任じゃないって言いたいんだろけど
子供が聞いてほしいのは足が痛いってことなのよ。
家でしたケガなら保育所は関係ない・・・なんて
おかしな考え方に、おかしな答え方。
言い方には気を付けないと
子供心にいらない傷がつく。

ほんまに、、、先生が保育所からやり直せ。




昨日、保育所に着いて緑組の保育補助になって
何人かいる先生に
「こんにちは~よろしくお願いします」
まずは、そう挨拶します。
ん?んん?
一人の先生が無視か?
いや、そんなハズはない。
しかし・・・メンタル弱しの私は気になる。
で、その先生の近くに行き顔を覗き込み
「こんにちは~~」と言ってみる。

「(@。@) あ、す、すみません!
 こんにちは~」

よかった、無視されてないね。ホッと一安心。
私は、ほんとにメンタル弱いのか・・・

そんな中、9月に一緒に勤めだした先生が
辞めると言いだした。
帰り道、話す機会があって・・・


「私、卓球やってるねん。
 11月になると試合も多いし
 保育所、休まなきゃあかんから」

最初は、こんなことを言ってたんだけど
昨日は・・・

「先生たちの言い方がきつくて・・・」

「え?そうなん?私も、そんな時あるよ~
 でも、この前もデッカイ声で言い返したわ~」

「あは、おとなしそうやのに あんた、やるやん」

「そうよ~ えぇ・・・辞めるの?いやや~~!!」

「うん・・・まぁ、所長に相談してみるけどな」

「せっかく一緒に入ったのに、がんばろうよ~!」



そんな言い方して引き止めたけど・・・
私が先に辞めるかも(><)がはーーー
by rakki_618 | 2017-09-27 13:05 | 息子のこと | Comments(6)

仕事、何してるんやろ?

保育所、今日で3回目。

な、こうなることは必然やでなぁ~
子供たちが、物を取り合ってケンカ。
ワンワン泣き出し、、、大粒の涙を流してる子供。
あら?ちょっと可愛い泣き顔。
どうするの?
わからんから、ほっておいた。
少ししたら、泣きやんでた。
そそ、自分で解決しーよ。(本音)
ジグソーパズルのピースを そこらに投げつけてる。
「知りませんよ、自分で拾ってきなさい」
めっちゃ、小さい声で言ってみた(><)
知らんがぁ~ 自分で、拾って来い。(本音)


保育士さんは補助の人も
みなが保母さんの経験者なので
声は、よく出てるし
うまいこと叱る。
私は、いつも 感心しながら見とれてる。
絵本も上手に読んでくれるので
ついつい、おもしろくって
子供達の見守りを忘れ、自分が楽しんでる(^^;)


「〇〇先生(私のこと)
 おとなしいから、子供にあまりベタベタしなくて
 そういう態度がいいと思うよ」

「何か、こうしなきゃ!って思うことある?
 ないの?そそ、無い方が長続きするから」

「すぐに慣れるって!
 〇〇先生、おとなしくて優しそうだから
 すぐに子供が、なつくわよ」

「〇〇先生みたいに受け身の人は好かれるわよ」

「〇〇先生、案外 合ってるかもよ」



他の保育士の人達が
色々と優しく、なぐさめてくれるのですが・・・
私が優しそうに見えるなんて、、、
私も、かなり ねこかぶってるな。。。
鬼って言われてるからな・・・私って。
それほど、私は保育所では静かなんです・・・
慣れないから、黙ってポツンといてますわ^^
まだまだ慣れない3日目でした。

保育の仕事の疲れかな?
歯茎が腫れてきて・・・痛い。
今日は、定期検診もかねて歯医者さんへ行ってきました。
もしかしたら、化膿してるかもらしいです。
「お疲れですね~」って言われました。
そそ、疲れてまんねん・・・
早く慣れなきゃね~
でも、もう最初のような焦りはなく
ちょこっと、自分なりにやってるんですけどね(^^;)
一緒に入った人が言うのには・・・
「2時間なんて、すぐ経っちゃうね~
 早い早い、子供と遊んでたら楽しいから
 アッという間やね~」って、、、(^^;)
うっそ~~
教室には時計があるので
コソッと時計を見ると・・・
え?まだ4時40分?
え?まだ5時10分?
え?やっと、6時10分前。
え?時計、止まった?
動いてる?あ~~~長い。
私は、そんな感じです~~(><)


   



   もうすぐ35歳になる長男と写真!
   やっぱ、嫌がるよなぁ~
   おかん、やめろや~~
   なんでよ、ケチ!!
   おかん、明日いなくなったらどうする?
   ・・・もうぉ~ おかん、撮るか?
   うひゃひゃ~~ やった~
   おとうさ~~~ん!撮って~!
c0211824_2219822.jpg

「おまえ、彼女と続いてんの?」

「うん、続いてるよ」

「あんまり、ウキウキしてないな」

「そうかな・・・今日も会うよ」

「ふーん、どこ行くん?」

「俺のタンプレ探してくれるって」

「タンプレ?あ~ん 誕生プレゼントかいな」



2日ほど前に長男とこんな会話をした。



「そういえば・・・誕生プレゼント買ってもらったん?」

「うん」

「何、買ってもらったん?」

「え?バッグ」

「ふ~~~ん・・・エコバッグ?」

「なんでやねん!」

「で、彼女の誕生日は?」

「もう過ぎたよ」

「何か、あげたん?」

「うん、指輪。女って指輪 欲しがるなぁ」

「そうかな」

「でな、神戸ではピンキーやねん」

「ピンキー?なに?それ」

「小指に指輪をすることよ」

「へ~~」

「神戸では、彼氏にもらった指輪は小指らしいわ」

「ふーん。で、彼女とうまくいってるの?」

「うーーん・・・普通かな」

「ふーーん・・・あんまり、燃えてないんやな」

「うーーん」

「恋って、もっと燃え上がるようなもんやのに
 冷めてるなぁ~」

「ふ」



いつになったら、結婚するんだろう?
別に、しなくてもいいけど。
by rakki_618 | 2017-09-05 23:24 | 息子のこと | Comments(6)
長男は7月いっぱいで仕事を辞めたらしい。

私が仕事から帰っても、いつもいなくて・・・

毎日、どこに行ってるのか?何をしてるのか?

ちょっとした用事で電話しても電話には出ない(><)

ラインで文字を送れば、返信は必ずある。

一体、どこで何をしてるんだろう?

健康保険だって任意継続するなら

早くしなきゃいけないのに・・・

そのこともラインで何度も伝えてるのに

また、聞いてみるわ。とか ぼんやりな返事。

結局、ぎりぎりな日にちで問い合わせたみたいだけど。。。

そんな長男と、昨日 久々に顔を見て話すことができた。



「おまえ、毎日 どこで何をやってるん?」

「え・・・?ま、色々と」

「色々って何よ?何してるん?」

「音楽やってるよ。スタジオとかで」

「ふ~~ん・・・」

「おかん、これ見て!これ、全部 俺やねん」

「あー、それ 見せてもらったよ」


ギターを弾いた息子
ドラムをたたいてる息子
ベースを弾いてる息子
歌ってる(だったかな?)息子
その4つの動画を合わせた動画だった。


「え?見せたっけ?」

「うん、いつか忘れたけど見せてもらったよ」

「あ、そうやった?
 俺も、とうとう金を稼げるようになったよ」

「え、え~~ そうなん?すごいやん!」

「うん」

「何で稼いでるのよ?」

「そやから、これよ。ユーチューブに出したりしてる」

「え、え~~~? それで稼いでるん?」

「うん」

「へ~~~ いくら稼いだん?」

「200円くらい」

「え?(@。@)・・・・・・200・・・円?」

「うん・・・まぁ、今はな」

「・・・・・・うん・・・」

「でも、好きなことやって 金 稼ぐって最高やん!」

「まぁ・・・な。そや・・・な」

「俺の好きなことで、金 稼いだんやで~」

「そやな(^^) よかったな
 それ、どうやったらユーチューブで見れるの?」

「イヤや、恥ずかしい」

「はぁ?」

「ま、まぁな。俺も、宣伝とか もっとせなアカンやけどな」

「ふーーん」




ひゃ~~~~~~~!

200円・・・てか?

ま、自分の人生やからな

他人さんに迷惑かけないよう

好きに生きたらいいよな。

精神やられてパニック障害なった時もあったし

甲状腺ガンにもなった時のことを思えば

幸せそうな、楽しそうな長男を見る方が

お母さんも、う~~んと幸せや。

よかったな。
by rakki_618 | 2017-08-21 10:47 | 息子のこと | Comments(4)

長男の仕事

いよいよ、長男も退社するようです。
7月いっぱい?みたいです。
どうするのかな?
自分で何かをする!と 燃えてはいますが・・・
はぁ・・・(^^;)不安です。
なんとか、自分のことは自分で処理しもらえると
ありがたいのですが・・・
まぁ、私達は夫婦で全く仕事してないようなものなので
その辺の事情は、わかってもらってると思いますが。。。
はぁ・・・また不安材料が増える気が(><)
昨晩も私のお店でチラシを印刷して
がんばってましたが・・・いけるんかな?
ま、思っても仕方ないよね。
もう、いい大人なんだからなぁ。

前向きにコツコツとやってほしいもんです(^^;)
by rakki_618 | 2017-07-03 11:48 | 息子のこと | Comments(4)

みんな、ありがたい!

旦那には、めったと

「肩、もんで~~~」と お願いしない。

なんでって。。。チカラが強いので痛いんです。
なので、肩もみをお願いするなんて まずない。
ところが・・・最近、肩がこってこって・・・

「肩、もんで~~」って言ってしまった。

旦那も、色々と私に悪いと思ってくれてるのか・・・
肩をもんでくれる・・・
やっぱ、、、痛いんですよ~~
でも、痛くても かまわん。肩がこってる(><)
それを見た長男

「おかん、肩 こってんか?もんだろか?」

(@。@)え、え~~~~!!
今、なんて? え、え~~~~~!
あんたの口から、そんな言葉が?
おかん・・・肩 もんだろか?ってか?
ひぇ~~~~! マジっすか?
あ、ありがとうございます!
ありがたく、もんでいただきました・・・
え~~っと・・・何年ぶり?




出かけてる次男から、出かけてる私に電話。

「何か、食べに行く」

「は?おごっくれるの?
 今までみたいにはいかんよ。
 今日の夜は、お父さんもお母さんも食事抜き。
 おまえが、ご馳走してくれたら・・・
 へへへ 夜ごはんが食べれる」

「え?何 食べたいん?おごるよ」

「冗談だってば(^^;)」

「そうなん?」

「うん、スーパーに寄って食べるもん買う~」

「わかった」


そんな次男が帰って来て


「おかちゃんの好きなセブンイレブンの揚げ鶏買ったで。
 それから、おかちゃんの好きなカシューナッツも」


え、え~~~~(@。@)
ありがとう・・・



息子達も、優しい。




   

   夢ちゃんから、お届け物!!
c0211824_5111136.jpg

「え?なんで?どうして、こんな高いジュースくれるのよ?」

「〇ちゃん、カラオケの時 みなにお弁当くれたし
 ちょっとした、お礼」

「え、え~~~なんでぇ~~~!いいのに~」


カラオケの時、みんなに心配かけてごめんね・・・と
お弁当をみなに配ったんです・・・
そのお礼にって、夢ちゃんからジュースをいただきました。

そして、まーちゃんには近所にできた居酒屋さんで
ご馳走になりました(2週間ほど前ですが)



   いつも、ありがとう。ご馳走さま!
c0211824_511429.jpg

c0211824_5115199.jpg

c0211824_5115722.jpg





みんなみんな、ありがとう!!
by rakki_618 | 2017-06-04 05:17 | 息子のこと | Comments(6)
さて・・・泣いてばかりもいられない。
次へ進まなければならない。
それも、なるべく早くね(^^)
今までシフォンケーキ屋として
営業してきたお店の方向を少し変更していこうと考えている。
旦那の免許取り消しが1年なら
今のお店で、なんとか ふんばろう・・・
免許取り消しが3年なら・・・
こりゃ、もう、今のお店ではやっていけない。
お店をたたんで、自宅で たこ焼き屋さんか?
そんな見積もりもしてたのですが
待てよ?今のお店を何とか盛り上げることを考えた方が
得策ではないだろうか?
そう考えが変わって・・・
喫茶店、フリマ、その他色々とやってみることにした。



   色々と買いそろえています。
c0211824_3104345.jpg

私が一家の大黒柱です! 稼がねば!!
病気しないように、怪我しないようにしなきゃ!
今、私の体調が悪くなれば きっと旦那は
自分のせいだ・・・と 落ち込むだろうから
私は、絶対に元気でいなきゃいけない!!


旦那のことばっか気にしてたけど。。。
長男の体の調子が、ずっと悪かった。
甲状腺ガンの手術が3年前(お~~3年かぁ~~)で
それから、ずっと定期検診に行ってるし
もう、大丈夫的なことを言われていたのに。。。

「おかん、俺・・・ガン再発してるんかな?」

そんなこと言うし。。。
私は、旦那のことやら息子のことやら・・・で
長男のことも、すごく気になりながらも
旦那のことで精一杯だった。
何回も検査してもらって!という私でしたが
(もう、かなり前に)ちゃんと検査を受け
憩室炎と診断されました。
聞きなれない病気だったので、調べまくりましたが
まぁ・・・本人はストレスだと言うんです。
どうも、会社を辞めたいらしく・・・
何度も願いを出しているようです。
でも、忙しくて辞めれないらしいです。
そんな長男が、先日 私に話しかけてきました。


「おかん、結局 おとんと何か起業するん?」

「え?起業って?」

「おとんと、たこ焼き屋するとか言ってなかった?」

「あ、あ~~ん。それな・・・
 う~~ん、色々と考えたんやけどな。
 またイチからお金かけて何かを始めるより
 今、ある お店を盛り上げようって考え直してん。
 そやから、今の店で・・・
 まぁ、色々とやってみようかと思ってる。
 喫茶もやって、フリマ的なことも考えてる」

「そうなんや、俺も その方がええと思うわ。
 でな・・・実は・・・俺も・・・
 自分で何か始めようと思ってるねん」

「え?会社、辞めるの?」

「うん、音楽配信とか・・・
 まぁ、自分のやりたいことやりたいんよ」

「ふ~~ん・・・(今頃かいな^^)
 え!?儲けたら、お金ちょうだいな!!
 (なんとも、自己中な私だ~~)」

「ふ・・・そこまで行けばな」

「わぁ~~い♪」

「で、そんな資金はないから 
 まぁ・・・その辺は ちゃんと考えてする」

「頼むよ~~~ 今、家はピンチやで~~~」

「わかってる、自分でやるから」

「うん!」



長男が出かけた後・・・旦那に


「わぁ~~~ 稼いでくれたらええのになぁ~
 そしたら、心配ないのになぁ~~」

「(-_-;)」

「え?どうしたん?」

「(人差し指を立てて、動かしながら・・・)
 チッ、チッ、チッ おまえはアホか?
 あいつの実力、どれほどのモンよ?
 宝くじ当たるよりも、低い確率や」

「ま・・・ま~~なぁ
 それでも、何とか稼いでくれて
 私らを食べさせてくれへんかなぁ~~」

「甘い、甘い、ありえない」

「そ、(^^;) そう~~やでなぁ~
 ま、今 こんな状態やから私らにお金貸してとかは
 言ってはこないやろ、ま、自分でやるやろ。
 好きなこと、すればいいわ~ 自分の人生やしな」

「そそ、自分でする分は ええんちゃう」

「けど、うまく行けばいいなぁ~~!な!ってば!!」

「(シブシブ) まぁな・・・」




そして次男からは・・・



「あんさん(私のこと)色々とアイデア出すし
 行動的なんやから・・・色んなことすれば?」


そんなことをポツリと、おっしゃって下さいました。
私は、心で叫びました(^^;)



あんた、あんた~~~!働いて~~~~~~!!
by rakki_618 | 2017-05-27 14:52 | 息子のこと | Comments(8)
◎一人カラオケ喫茶に行った


「あれ、ひさしぶりやん」

「はい、久しぶりです」

「どうしてたん?」

「元気にやってましたよ~」

「そうなんや、インスリンは?」

「打ってないですよ~」

「え?がんばってるんやなぁ・・・
 私、しばらく見ないから 調子悪いんかと思って」

「いやいや、インスリンなしでがんばってます」

「そうなんや・・・」

「ママさんは、調子どうですか?」

「これがいいって、これ見て」


そう言って菊芋の粉末を見せてくれた。


「それ、いいらしいですよね」

「そう?いいのかなぁ?あ、歌ってね~」

「はい」


♪ 遠くで汽笛を聞きながら
今、ギターで練習してる この曲を歌った。
歌い終わった私にママさんが・・・


「それ、アリスの歌?」

「そうですね・・・」

「アリスの歌ばっか歌う人が亡くなって・・・
 その人が、よく歌っていた・・・ほら、あの・・・
 なんていう歌やったかなぁ・・・
 え~っと、そうそう!遠くで・・・遠くで汽笛なんとか・・・
 そんな歌、うたえる?」

「遠くで汽笛を聞きながら、ですか?」

「そそ!!!それ!遠くで汽笛を聞きながら、よ!!
 それ、歌って~~ あれ、いい歌やでなぁ。
 それ、歌ってよ」

「・・・・・・今、歌ったのが その歌です(^^;)」

「(@。@;)え、え~~・・・ あ・・・」


私が歌うと、、、
♪ 遠くで汽笛を聞きながら も
♪ 近くで雑音を聞かされて に なったかも^^


あ~~~笑ったわ(^^)



◎タンが、からまない 


やっぱ、炭水化物さんのせいだったのね・・・
もう、はっきりと確信したよ。



◎年金受給?のハガキきたよ。


1回目は4月で一回分で 46566円だった(と、思う)
3月分が、4、5月分と一緒になって
6月に3か月分一緒に振り込まれるかも知れないって
言われたけど3月分だけ4月に振り込まれるらしいよ。
次回からは2カ月分を偶数月に・・・やね。
うれしいよ~~~
こんなにいただけて、うれしい~~~~よ~~~~
ありがとうございます!!
企業年金?の方は 1回目は一か月分で 570円。あはは
570円でも、うれしいよ。
来年からは1年分が4月に振り込まれるのかな?




4月9日(日)
次男が、ご馳走してくれた。
私たち夫婦の誕生祝にと・・・
今年からは、何もプレゼントとかはナシで。
そう言ったけど、、、何かご馳走すると言ってくれて
私の希望で難波の「牛かつ もと村」さんへ行ってきました。


車で出かけたので、途中 いくつかの桜風景を見ましたが
お天気がよくなくて、桜もなんだか薄すぎて・・・
写真は撮らずでした。
婚約指輪をリフォームしたのですが
なんか、金具?が突起してきたのでお直しに出していました。
それを取りに寄って・・・


      ピカピカになってました
      (画像ではわかりにくいなぁ)
c0211824_1242418.jpg

その宝石屋さんに、すごい布団というのを
売りに来てる人がいて、、、その話を聞いてると
滞在時間が長くなり、、、
宝石屋さんから、かなり離れた駅近くあたりで
車で待ってくれていた旦那と次男が
すごく心配してくれたらしく・・・
私の携帯電話を車に置いて行ってたので
連絡ができずで、また旦那からも電話できずで・・・
私が「ごめんごめん~~」って車に戻ると

「おまえ!!何してんや!!」と旦那に言われ

「おとちゃん、ごっつい心配してたで」と次男に言われ

お直しからピカピカになって帰ってきた指輪より
旦那がメチャ心配してたって次男から聞いて
ほんま、うれしかった~(^^) えへ、単純やろ。
   



私が二人を待たせてしまったので・・・(申し訳ない)
   

   
   難波に着いたのは、もう夕方
c0211824_12495635.jpg




   これこれ!!私は遠慮せず2枚いただきました。
c0211824_12503160.jpg




   私は衣をはがして焼くので画像が汚いのです。
   なので、旦那の牛かつを焼いてる写真をパチリ!
c0211824_12523535.jpg




家を出るときには
せっかく難波まででかけるから
海遊館にも行きたいね!なんて言いながら
検索したら・・・一人 2300円? たっか~~
シニア60歳以上が 2000円。
え?3人で 6600円か?
う~~ん、そこまでしてみたくないかも^^
1200円くらいなら行ったかな。
私って、ケチやな。
by rakki_618 | 2017-04-10 13:16 | 息子のこと | Comments(4)
昨日、長男から電話があった。
かけ放題じゃない長男のスマホなので
長男からのワンコールで、私がかけなおす。


「どうしたん?」

「うん、おかんハーモニカ安いの知らん?」

「そんなん、知らんわー」

「調べておいてくれへん?
 色んなハーモニカの種類あるんやけど安いヤツ」

「え?自分のスマホで検索したら?
 色んな種類あるんやったら、よけいにわからんし
 自分で調べた方がええんとちゃうん?」


そうは、言ったものの
誰かに何かを頼まれると、私は気になって仕方がない。
長男に自分で調べれば?って言ったものの
スグに色々と検索してネットから画像を取り込み
長男に、その画像を送った。

<上から三番目の右端のハーモニカいいなぁ>

そんなラインが届き、買うのかな?買わないのかな?
自分で、やるんだろうなぁ~とか思ってると

<やっぱ、いいわ。また考える>

そんなラインが届き、ホッとした。
長男は、こうやって気軽に物事を頼む。
夜になって・・・
スリーフィンガーを教えてほしい、ギター弾きに行く。
そんな連絡があり、やってきた長男。


「お母さん、スリーフィンガーできると思うけど
 全然、ヘタやで。あんた、やったことないの?」

「スリーフィンガーってあるのは知ってるけど
 弾いたことない」

「ふ~~ん」

で、長男がギターを弾き始めた時、、、
ギターの2弦が切れたのです(><)

「わぁ~~(><)あ~も~最悪や!」

「ありゃま、また弦買って来なアカンな」

「うん・・・ないん?」

「ないわ~ 買って来たら弦つけかえてな」

「そんなん、楽器屋さんでやってもらったらいいやんか」

「なんでよ、ギター持って行くの重いやん。
 弦、買って来たらつけかえてよ。
 お母さん、あんまりできないけど
 おまえ、慣れてるんちゃうん?」

「え~~~(^^;) メンドクサイ」

「・・・・・・」

「なによ?」

「おまえ、冷たいなぁ~
 ちょっと、うん、いいよ。つけかえてあげるわって
 そう言ってくれたらええんちゃうん?」

「なんでやねん!おかん、そこが超自己中やねん!」

「はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~!?
 超自己中は、あんたちゃうん?」

「なんでやねん、おかんは考えを押し付けてくるやん」

「はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~!?
 考えを押し付ける?ギターの弦のことが?」

「そうやんか、俺はイヤって言ってるやん」

「ちょっと、やってくれたらええんちゃうん?」

「俺は、おかんに何かを頼んで断られても
 そうなん?ってあっさり引くよ」


あ、そうですか!!!! 
むちゃ、むかついた(`Δ´)



「あ、ギターの弦あるやん!」と 長男。

「え?あった?」

「うん、ここに予備あったで」

「そうなん、それならよかった。
 え?(@。@)で、弦、取り替えてるやん!!」

「そりゃ、そうやろ 俺 弾くのに」


自分の用事は頼んでくるけど
こっちが、ちょっとのことを頼んでも
全く、心よく引き受けてはくれない・・・
それって、超自己中ちゃうん?
おまえが、超自己中ちゃうの?


なぐさめて・・・誰か、私をなぐさめて~~~!
長男が帰ってから仕事中の旦那に電話。


「今、いける?」

「おぉ、いけるよ。どうしたな?」

「あのな、〇〇〇(長男)がな・・・
 $#&$#”&%#$&¥%$・・・って言うんよ
 どう思う?正直に言うて。私が超自己中なん?」

「アホなこと、言うな。なんで、おまえが超自己中よ。
 おまえ・・・アイツに言われたら終わりやぞ。
 あんな自己中な〇〇〇に超自己中って言われたん?
 ほんまに、アイツだけは・・・
 自分がどんだけの自己中か、ほんまわかってないんやの。
 まぁ、わかったら自己中ちゃうわな」

「やでなぁ!〇〇〇が自己中やでな!」

「当たり前やんけ。お前のギターを弾いて
 〇〇〇が弦を切ったんやろ?
 まぁ、いつかは切れる弦やろうけど
 〇〇〇がギターを弾かなかったら
 弦は切れてないんやろ?いや、いつかは切れるけどな。
 それを取り替えてくれって言うて
 なんで、イヤって言えるんよ?
 反対に、おかんスマン!俺、弦買ってくるわ。
 そのくらい、言って普通やぞ。
 ほんまに、アイツだけは・・・自己中やのぉ。
 おらにでも、わからん道を聞くために
 じゃんじゃん電話してきて、そこに着いたら
 ありがとう、着いたよ。の連絡もない。
 アイツは、あんな性格じゃ・・・
 そら、女にフラれるわ。
 ほんまに勝手なヤツやのぉー。
 まぁ、おらはアイツをそう見てるから
 ほ~~ん、また出たか・・・くらいの感覚やけどのぉ」

「そうなん?超自己中って言われたことが
 ほんまに、ムカつくんよ!」

「まぁ、気にせんとけ。
 子供やからって、必死にならんでも
 軽く、付き合ったらええんや。
 子供でも分かり合えないこともあるよ。
 気にするなよ。おまえは自己中ちゃうぞ」

「わぁ~~ ありがとう」

「アイツはね、おらのことも
 何でも、おまえの言いなりって勘違いしてるんよ」

「うん・・・」

「この前もね、つい この間やぞ」

「うん・・・?」

「恐怖のお化けのビデオ、一緒に観ようって言うんよ」

「うん」

「アイツ、怖がりのくせに あんなん好きやろ?」

「うんうん」

「そやけど、おらは観たくないって言ったんよ」

「うん」

「ほんだら、おとんは何でもおかんの言いなりや。
 おかんが、そんな変なビデオなんて見るもんじゃない。
 そう言うから観ないんやろ?
 おとんは、ホンマおかんの言いなりやなぁ。って言うんよ」

「へ~~」

「それも、勝手に決めてるやろ?
 おらがおらの考えで観たくないって思ってるのに
 そうやって、なんでもおかんの言いなりって
 勘違いしてるんよ」

「ふ~~ん」

「夫婦喧嘩してる時も、もとはおらが悪くって
 おまえは、そんな人間じゃあかんよ!って
 忠告して正しいことを言ってくれてるのに
 おらが難しい偏屈な人間ってわからんと
 ただ、うわべだけ見て 理解もせんと
 おとんは、おかんの言いなりって言うやろ?
 おらは、おまえの一番の理解者や。
 アイツはおまえを理解しようとせんと
 なんでも、おとんを押さえつけてるって
 決めつけてるんよ。わかってないんよ。
 おまえは、〇〇〇の言うような
 超自己中とは、絶対に違うから安心せぇ」

「うんうん、そうやでな?
 私、超自己中ちゃうよな?」

「ちゃうちゃう~!!」


こうやって、旦那に慰められて
まぁ・・・落ち着いた私です。


「そやけどさ」

「うん?なんな?」

「東北旅行した時、地震あったやろ?」

「おぉ」

「あの時、ラインくれて・・・すぐに気づかんかったら
 あの、いつもワンコールの〇〇〇が電話くれて
 そのまま、かけなおしもなしに話したことあったわ。
 おかんらに、もしものことあったら俺・・・俺・・・って」

「ふ」

「あの時、うれしかったわぁ~」

「アイツは得やの、そんな普通のことして
 おまえに、そんなに喜んでもらって」

「そうなん?」

「ま、おまえが うれしいならええやん」

「うん」

「ま、ま、そやから 気にするなよ」

「うん、ありがとう」





旦那って、いい人やね(^^)
by rakki_618 | 2017-02-15 22:55 | 息子のこと | Comments(8)
9月22日(木)に、大阪城ホールで
「君と歩いた青春」ってタイトルのフォークコンサートあります。
お客様、旦那、私の3人で行くのですが
今年は、小椋佳さんがゲスト出演すると言う話から・・・
昔、小椋佳さんの歌ですごく好きだった歌が
あったのを、ふと思いだしたんです。

「何年ぶり」

こんなタイトルでした。
何かのレコードのB面だったと思います。
それから、急に聴きたくなってユーチューブとか探しましたが
全然、ありません。聴きたいと思ったらすごく聴きたい!
で、その歌が収録されてるアルバムを見つけ購入。


c0211824_1213286.jpg

c0211824_1214122.jpg



何年ぶりかに「何年ぶり」を、聴きました(^^)
あぁ・・・なつかしい(;。;)




長男から電話がありました。

「おかん、俺な面接行ってきたんよ」

「え?」

「この前、言ってたオーデションの」

「へ~。うん」

「で、今、面接終わったんやけど」

「うん」

〇ーーーー〇ーーーー〇ーーーー〇ーーーー〇ーーーー〇ーーーー〇

どうも、その会社に入って歌手になる夢を叶えるみたいです。

はぁ~?

「おかん、どう思う?」

「う~~ん・・・何度も言うけど。自分の人生やから
 自分の好きな道を行けばいいやん。
 ただ・・・これも何回も言うけど
 全て、自分で責任持てる範囲で行動してな。
 お金のことは、一切手助けできないからね。
 そんな、うまい話は絶対にないと思うから
 契約書を、ちゃぁ~~んと読んで考えやなアカンよ。
 どこに、落とし穴があるかわからんで」

なんでも、長男の言うことにゃ・・・
今の仕事をしててもよくて
3年契約で、その間も辞めたくなっても違約金はなしで
最初は150枚のCDを出してくれて
2枚目からは300枚以上売れたら折半で・・・
そういうこまごました話をしてくれたけど・・・
複雑な気持ち。
やめなさいよ!って止めたとしても
私の言うことは、聞かないだろうし
また、止める権利もない。

「あの時、おかんが止めたから 俺は夢をあきらめた」

なぁ~~んて言われるのは、まっぴらごめん!
でも、不安だなぁ・・・
被害の少ない小さな騙され方をして
ピンボールみたいに
その辺で、コンコンコンコ~~ンと、頭を打って
あぁ・・・世の中、そんな甘くないわ。。。と、目が覚めてほしい。


そやけど、まぁ・・・長男は長男の人生やもんね・・・
どう転がっていくかは、わからんし・・・

でも、母の心は 平凡に生きてほしい。
by rakki_618 | 2016-09-18 01:41 | 息子のこと | Comments(6)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618