1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旦那のこと( 119 )

ケンカで思ったこと。

7月24日(日)~28日(木)
東北旅行を考えています。
富士山に行く予定だったのも
琵琶湖に行く予定だったのも
全てキャンセルし、東北に行こうと思いました。
ま、わんこそばを食べたいという気持ちが
おさまらなかったからなんですが(^^;)
東北旅行は来年に予定してたのですが
いや・・・もう、思ったときに行っておきたい!と
今年、行くことにしました。
仙台空港に到着してから
福島、宮城、山形、岩手、秋田、青森
これだけ、回ってこようと思いましたが
なかなか、それだけも回れないかもしれません。
旦那とケンカした時、あぁ・・・旅行もなくなったな・・・
そう思ったのですが、行けることになりました。
この旅行は、旦那からあることで10万円もらったので
行けることになりました(^^)えへ、ありがと!


「東北旅行、高速代金は 全部おらが出すわ」

「え?全部?」

「おぉ、全部」

「けっこう、高くかかるんじゃないの?」

「かまへんよ。おら、それくらいのことはさせてもらうわ」

「え?」

「おまえに、かなり悪いことして苦しめたと思う。
 それくらいのことは、さしてもらうわ」

「え、え~~~(@。@)そうなん?」

「うん」

「ラッキ~~~♪」



仲直りした時、旦那がヒシヒシと言ってくれました。


「おまえのいない生活なんて、絶対に考えられない。
 淋しくて淋しくて絶対にあかん。
 これからも仲良くやっていこな!」

そう言ってくれて、うれしかったんだけど・・・

私が思ったことは・・・
もちろん、旦那がいないと淋しいけれど
それは好きでいるから、そう思うんでしょ?
ケンカして別れるんなら嫌いになってるから
淋しいとか思わなくなるだろうし、むしろセイセイするでしょ。
それよりも、私が思ったのは
もしも離婚なんてことになったら
私は、たちまち 経済的に生きていけないんだ・・・と
つくづく痛感しました。
もう、こんな年齢で どこでも働けるわけじゃないし
体だって、これから段々と弱っていく・・・
息子たちはアテにはできないし・・・
私は、旦那のおかげで こうやって食べていけてる。
旦那のおかげで、こうやってぬくぬくと暮らせていけるんだと
ほんとう~~に、ほんと~~に思い知りました。
私は、もっともっともっともっと
今まで以上に旦那を大切に大切にして
暮らして行こうと・・・
ヒシヒシ思いました(^^;)
ケンカして、学びました。
いかに旦那によくしてもらって暮らせているのかを
再認識しました。 おおきな口たたいてごめんなさい。
ありがとう・・・
けど、これからも大きな口たたくと思うけど(><)許して。





   こんな貼り紙をしてる、たこ焼き屋さんがあったよ~
   (写真、お断りして撮らせてもらった^^)
c0211824_12261547.jpg

c0211824_12262941.jpg

by rakki_618 | 2016-06-29 12:27 | 旦那のこと | Comments(4)

旦那と大喧嘩した・・・

6月26日(日)
旦那と大喧嘩をした。
これはもう・・・
おらはバナナが好き。そう?私はイチゴが好き
さぁ?どっちが美味しい?いやバナナ、いやイチゴ
とか言う問題ではなく、とても大切な
「心」の 価値観の問題のケンカだ。

「59歳、女性 離婚したら どうやって暮らせるか?」

そんな検索までした。
あぁ・・・稼ぎもない私は一人で生きてゆけるわけがない。
私は・・・所詮、旦那の寄生虫のようなものだ。
つくづく思い知らされる。
かと言って、そのケンカの原因をクリアにしない限り
一緒には暮らしにくい。。。
なんとしても私の言ってることを理解してもらわなければならない。
泣きじゃくった顔は翌日も腫れたまんまで
血圧は200近くになり・・・車の運転も仕事もできることもない。
もっともっと大変な環境におられる人にとっては
すごいバカらしい話かもしれない。
でも、私には大変な・・・大きな問題!な、の、だ。



結果としては、あの手この手で旦那を説得し
何度も何度も訴え続け・・・どれほどの時間がかかったかな?
やっとやっと、自分が間違っていると言ってくれた。



「おらの何が悪いんや!!
 おおぉ、誰にでも聞け!世間の誰にでも聞け!」

そんな風に、いつもにない勢いで
すごい目をして、私を睨んで怒鳴るものだから
私は黙ってしまった。

「ふん、自分が不利になったら黙るんか?
 ちゃんと言えよ!」

「ちがう・・・不利なんかじゃない。
 こんなヒドイことに気付けないことが悲しいだけ」

「おらの何が悪いんや?どこが間違ってるんや!!」

私がおかしいのかな?
そうなん?私がズレてるんかぁ?うそ!

「あ、そう・・・じゃ子供たちに聞いてみるよ」

「おぉ!聞け聞け~~!!」



<長男>
う~~ん・・・俺はおかんよりの意見かな。
そやけど、俺もそんなことするかわからんから
おとんが悪気でやってないのはわかる。
でも、おかんの言ってる方が正しいよな・・・


<次男>
おかちゃんの気持ち、わかるよ。
おかちゃんは、そういうこと許せない人やからな。
確かに、おとちゃんのしたことは、ええことじゃないよなぁ・・・
俺は、しないかな(^^;) ようせんかな。
でもまぁ・・・おとちゃんは何も思わんとやってるんやろうなぁ・・・




私が、この世で一番正しいことを言ってるんじゃないか?と
いつも思ってる たーちゃん(仮名)に 聞いてみた。

「え、え~?〇〇〇ちゃん(旦那)意外やわ!
 そんなことを嫌う人やん。うっそ~信じられへん」

「そやろ?なのに おらは悪くないの一点張りやねん」

「イヤやわ。私もそんなんイヤやわ。かえちゃん(私)と
 同じ考えやわ。絶対にイヤやわ」

「やろ?尊敬できなくなるやろ?」

「うん、なる。それはアカンなぁ・・・
 かえちゃん、間違ってないと思うわ」




お客様で常識的な感じの、もちこさん(仮名)にも聞いてみた。

「かえこさんの気持ち、私も同じです。
 旦那さん、何かあったんですかね?おかしいですね」

「やろ?」

「それは・・・私もイヤですね。
 かえこさん、間違ってないと私は思いますよ」

「ありがとう」




優しさのかたまりだと思ってる、かっさん(仮名)にも聞いてみた。

「う~~ん、私は旦那さんの気持ちがわかる。
 〇〇さん(私)の言ってる方が正しいと思うけど
 私やったら、そこまで言わないかな。
 そんなの、別にどってことないかな。
 もっと大きな問題かかえてるから」

「そっか・・・ごめん。じゃ、もし息子さんでも?」

「う~~ん、息子やったら 注意するわ。あかんって」

「そうなん・・・うん、ありがとう」

ちょっと冷たく言われた気がして
それが意外でした(^^;)あは




昔からの知り合いの男性にも電話してしまった。

「どうしたん?」

「あれこれあれこれ、ど~~たらこ~~たらやねん。
 どう思う?奥さんがこんなんやったら」

「あ、俺は怒るなぁ!嫁に怒るわ、それはアカンやろ」

「え?そうなん?わかった。ありがとう」

え?この人、冷たそうな気がしたので
そういう人の意見も聞こうとしたのに
これまた意外でした(^^;)あは




京都の情緒なしの幼馴染にも
辛辣な意見を聞こうと電話したけど
体の具合が悪く、病院です。の ラインに
おっと~ そんな大変な時に・・・と やめました。




福岡のちゃららにも電話。
その時には旦那と和解してたのですが
どうしても、ちゃららの意見が聞きたかった。
ちゃららは、めちゃ優しい人ですが
こういう時、え?そうなんや・・・って思う意見を
ちゃんと言ってくれることもあるので
どうしても聞いてみたかったんです。

久しぶりに電話で話しましたが・・・
話が長くなりすぎて、ちょっと忘れてしまいました(^^;)あは
まぁ、ミルクの気持ちはわかるよ。だったかな^^
私も、旦那さんと同じようなことするかもしれない。だったかな^^
その後・・・
何歳になっても純粋だね的なメールをいただき
うん・・・素直にうれしいメールでした。




夢ちゃん(仮名)にも聞きました。

「私もキューピー(私)と 一緒の意見やわ。
 一緒に住んでる人とは分かり合って暮らしたいもんな。
 そういうことする人、私もイヤって思うわ
 多分、許せないかも・・・私、あかんわ・・・」

「やろ?それを何回説明してもわからんかってん。
 もう和解できたからええんやけどな」

「うんうん、よかったな」

「うん、ちゃんと悪いと気づいて謝ってくれたから
 それは、すごいことやから ありがとうって言うたんよ」

「うんうん、男の人って自分が間違ってても
 もうええやん、みたいにごまかすもんなぁ。
 私も、そうやって ごまかされるんイヤやわ。
 そういう点、〇〇〇ちゃんえらいなぁ」

「そやろ?なかなか自分が悪いことを認めて
 謝ってくれたりしないもんなぁ・・・えらいわ」

「うんうん、まぁ よかったやん 仲直りできて」

「うん、ありがと」




また、熊本の幼馴染には

「え~~~わたし、わからへ~~~ん」

まぁ、いつもこんな感じな人なので聞かなかった(^^;)あは




あとは・・・
私達の夫婦喧嘩をおもしろがるような人には言いたくなかったし
そこまで親しくない人にも聞けなかったし
家庭が色々と大変な時だったり、自分が大変な時だったり・・・と
聞いてみたい人は、他にもいたけど
聞ける状況じゃない人にはモチロン聞かなかった。
旦那のおかしなところを聞いてもらうのだから・・・
やっぱ、ちょっと誰彼なしには聞けないしね(><)
迷惑おかけした人には 旦那との和解をちゃんと報告し
お礼を言いました。
ふ~~
夫婦喧嘩は、疲れる。。。(^^;)



どうやって仲直りできたのかと言うと・・・
翌日も、ケンカが終わってなかったので
旦那の仕事中に悪いとは思いながらも
お客様の乗ってない空車の時間に
何度も旦那と電話でやりとりして・・・
あれならどう?これでもわからない?
こうやったらどう思う?
そうやって言ってるうちに・・・
旦那が、あっ!と 何かに気付き・・・
私は小さな突破口を見つけることができたのです!
旦那の話しぶりに変化が出たところを一気に攻め
やっとやっと、私の思いが通じたのです。
私からすれば、こんなにも「人の心」が
わからんことが不思議でした。
でも、わかってもらってよかった(^^)



   私からのラインに返事してくれた旦那のライン
c0211824_1921992.png

c0211824_19212510.png


ケンカした後は・・・いつもは、やはり・・・
私からも「言い過ぎてごめん」とか、謝るんだけど
それは、ほんとにそう思ってるから謝るんだけど
今回は、自分が悪いと全く思わなかったので
謝れなかった・・・そんな私ですが

でも旦那は

「いや、もうほんまに理解できた。
 おら、ほんまにヒドイ人間や。
 悪かった、おまえは何一つ悪くない。
 ほんま、すまんかった。
 いろんな角度から説明されて・・・
 ようやく気付けた。
 そんなカンタンなこともわからんかった。
 恥ずかしい・・・ほんま、すまん」

そう言ってくれた。


ふ~~よかった。
あ~~しんどかった。
by rakki_618 | 2016-06-28 21:11 | 旦那のこと | Comments(4)

え~~、そんなことが?

3月8日(火)
仕事中の旦那から電話があった。



「どうしたん?」

「いや・・・えらい珍しいことが起こったんで
 電話したくなった」

「え?なになに?」

「おらタクシーに24年勤めて、こんなこと初めてや」

「え?何があったん?」

「あそこのショッパーズモールあるやろ?」

「うんうん、〇〇か?」

「そそ、そこにお客さんを迎えに行ったんよ」

「うん」

「ほんだら警備員さん出てきて・・・」

「うん・・・」

「タクシーを呼んだお客さんが万引きして警察につかまって
 いま、事情聴取しててタクシーに乗れません。って
 言いに来てくれたんよ」

「え、え~~(@。@)」

「そんで、おら・・・キャンセル料が発生するんやけど・・・
 そう言ったら、警備員さんが立て替えておきます、言うて
 そんで、もらって帰ってきたんよ」

「え、え~~(@。@)え?タクシー呼んだのを
 万引きした人が警備員さんに言ってくれたん?」

「そうなるわのぉ~」

「え、え~~(@。@)万引きしたけど、えらい律儀な人やなぁ」

「そやろ?その人、よくタクシーを利用してくれるんよ」

「え、え~~(@。@) じゃ、ちょっと恥ずかしいやん」

「そやろ、おらかて びっくりしたわ」

「ふ~~ん・・・え?男の人?女の人?」

「それが・・・わからんのよ」

「はぁ~~~~?どういうこと?よく利用してくれるんやろ?」

「そうよ、そやけど どんな人やったかなぁ~って・・・
 考えても思い出せないんよ。覚えてないんよ」

「いやいや・・・どういう意味?よくタクシー利用してくれるなら
 覚えてるんちゃうん?」

「違うんよ、今 タクシー呼ぶとき会社に電話あったら
 おらら乗務員の車に<〇〇様が、どこどこでお待ちです>みたいな
 そんな表示出るんよ」

「へ~~」

「で、その表示されてる お客さんの名前を見たとき
 あ、いつもよく利用してくれる人や。って思って
 そのショッパーズモールまで行ったけど
 本人が万引きで捕まって出てこないから、、、
 名前は、よく見て覚えてるのに・・・どんな人やったのか
 男か女かさえも、覚えてないのよ」

「ひゃ~~~~(@。@)
 万引き事件もびっくりやけど、あんたにもびっくり!」

「そんなこと言うけど、おららどれだけのお客さんを
 毎日 乗せてると思うよ~ 覚えてないんよ」

「けど・・・常連さんやろ?名前も覚えてるくらいの・・・」

「そやけど、思い出せないんよ」

「ふ~~~ん」

「ま、こんなこと初めてで おらもビックリして
 あまりにも、珍しい出来事やったので
 おまえに電話したってわけよ」

「ほ~ほ~ 魔が差したんかな・・・その人」

「そうかのぉ・・・」



こんなことが、あったらしいです。
私としては、その事件にもびっくりですが
旦那にも、びっくりした~~(^^;)
ま、毎日2~3人もお客様のない私とは違って
タクシーの利用者さんは、いっぱいいるもんなぁ・・・
覚えるの、無理かな?(^^;)
けど・・・常連さんやろ?(><)
でも・・・無理か~ そやね(^^)
by rakki_618 | 2016-03-10 10:49 | 旦那のこと | Comments(4)

ケンカ、くわしく

夫婦ゲンカは、おさまりました m(。。)m
あ~恥ずかしや・・・恥ずかしや。

昨日、仕事に出かけようと次男に
「行くで~」って、カーテン越しに声かけたら

「あ・・・うん、は~い・・・クスッ」

え?笑ったよなぁ?今、笑ったよなぁ?

で、違う部屋にいた旦那に

「〇〇〇〇(次男)、ケンカしたの知ってるん?」

「そりゃ、おらの電話 今 調子悪いから
 電話相手の声がスピーカーからしか聞こえないから
 おまえの怒った声、スピーカーからじゃんじゃんと
 聞こえてたんちゃうか?」

「(><)あちゃちゃ、ま~え~わ」

恥ずかしい・・・





旦那と電話でケンカしてて、なんとなく終わったのですが
なんとなく終わったと言うのは 
旦那は会社で講習を受けなきゃいけないので
出かけるんやと言い、、、話をゆっくりできなかったんです。
私が仕事場から家に帰ったら旦那はいなくて・・・
何時間かすると帰ってきたんです。
タクシー運転手さんも色々ときびしくなって
ずんずん仕事がやりにくくなるそうです。
でもまぁ・・・態度の悪い運転手さんが
少なくなっていくって意味ではいいことなのかも知れません。
そんな話をした後・・・



「悪かった・・・ほんまに、すまん!
 おらが全て悪い!いつもいつも、おらのこと考えてくれて
 めちゃ優しくしてくれて・・・そんなおまえに・・・
 ほんまに、すまん!悪かった!」

「(ほんまかいな?)へ?そんなん思ってるん?ほんまに?」

「ほんまや!おまえ、おらにあんなに怒ってるのに
 冷蔵庫見たら、おらの好きなチョコレート買ってくれてて
 なんて優しいんやって思って、すぐに電話しようと思ったけど
 恥ずかしくって、ようせんかった・・・」

「(チョコレートにつられたんかい!?)
 ふ~~ん・・・そうなんや・・・
 私、あんたのこと クズ男ってブログに書いたで」

「(゚〇゚;)え?」

「まぁ、読んでくれてる人 少ないし あははは~~」
 
「かまへんよ、ほんまに悪かった!
 おらは、おまえを すごい尊敬してる。
 おらにとっては、おまえは神の域や。
 ほんまに優しくて、素晴らしい人間と思ってる。
 そんな人に対して・・・おらが全て悪い!
 ほんまに、すまんかった!もう許してくれ!悪かった!」

「(よ~~~しゃべるなぁ~(^^;))
 うん、わかった・・・神じゃなく紙のように
 うすっぺらい存在って気もするけど・・・」

「ちゃう、神様やと思ってる」

「ふ~~ん・・・神様にそむいたんや・・・
(もちろん、旦那が私を神様と言うのは冗談ですよ~
 私が神様にそむいたんや~って言ってるのも冗談です^^)」

「悪かった、ほんまに おらが全部悪かったから!」

「うん・・・いや・・・こちらこそ ごめんなさい。
 じゃ、もう仲良く暮らして行こうな」

「当たり前や!仲良く暮らして行こう!」




かなら~~ず、またまた ケンカは起こるでしょうが
今回のケンカは終了~~(^^)


お詫びに回転寿司に連れてってくれるんだって 2回も!
うひゃひゃ~~超ラッキー♡
(ラッキー?ラッキー~~!母ちゃん、やったよ!)




とかなんとか言っても
旦那は、優しくていい人です。
自分が悪かったと謝れるってだけで
素晴らしいと思います。
自分が悪くても、謝れない人も多いから・・・ね。

いつも、ありがとうございます。
こちらこそ、すみませんでした m(。。)m 
by rakki_618 | 2016-02-04 11:13 | 旦那のこと | Comments(5)
この前から、旦那と小さなイザコザが、、、
お互いの思ってることが うまくかみ合わず・・・
そうしているうちに大ゲンカになりました。
こんなケンカは一生のうちで一回でいいじゃないか!
くらいの大ゲンカになりました。
どんなことで大ゲンカになったのかを
ここにブチまけたい気持ちはヤマヤマですが・・・
お互いのことを考えて、やめときます。
みっともなくて、恥ずかしい・・・
だけど、このあたり(時代)で こういうケンカがあったことは
ちゃんと記録に残したいと思ってます。
旦那の・・・ある一言で、、、ちょっとだけ離婚まで考えました。
あ~私は、こんな旦那と巡り会えて
なんて幸せ者なんだろう・・・
冗談抜きで、心底そう思ってました。
だけど、そういうことを あまり言うのは
ちょっと恥ずかしいことなので
ほんとうは、もっともっと言いたかったけど
これでも、けっこう控えめに言ってました。
そんな普段の気持ちもなんのその!!
あんな最低な男!!人間のクズ!とまで思いました。
だけど・・・
そんな一言を言わせた自分がここに存在することも
ハッキリとわかっていました。
ケンカはお互いさま・・・ですね。
離婚したらどうなる?生活できる?
若い頃なら、なんなとやるわ~~!くらいの馬力もあったけど
今、どうやって暮らしていくよ?
子供は、アテにはならないで。
自分の稼ぎなんてないでー。
どうするよ?
バカになって、あのアホ男についていくのが
一番、賢いんちゃうか?
なんでも、うんうん言って・・・心の中ではバカにして
生きていくために あのアホ男に合わせておけばええねん!
そんなことも頭の中をグルグルしていました・・・
ハテ・・・?
私に、そんな暮らしができるのかなぁ?
ケンカは、その日のうちに終わらせるという暗黙の了解さえ
二人とも守れず・・・時間だけが過ぎて
だけどね~ ほんとに・・・
時間は裏切らない。
時間は優しいお友達ですね。
時間が経てば、反省もするし
このままじゃいけないなぁ~と思うし
あと生きれる何年かを笑って楽しく過ごしたい!
そう思いなおし・・・旦那に電話。
お互いがお互いの言い分をちゃんと言い合って
まぁ・・・
なんとか、おさまりました。
あんなアホ男が。。。から
まぁ・・・普通の旦那さんになりました。
いま、ケンカおさまったとこやから
なんか、まだ傷口がヒリヒリと痛い~~。


ケンカは、こりごり・・・疲れた(;。;)
by rakki_618 | 2016-02-03 12:43 | 旦那のこと | Comments(8)

安心して下さい!

「あなた、このブログ記事 どう思います?」


道後温泉旅行のまぐろ寿司のおかしな店員さんのことから
旦那とちょっとした口論になったことを書いた私のブログ記事の
旦那との口論部分を旦那に読んでさしあげました^^

旦那はブログってものを知ってるけど
そして、私が そういうのをやってるのも知ってるけど
読んでくれたこともないはず。
そういうものに全く興味がなく字を読むのも嫌い。
私が何を思って、何をどうして
友達と、どこで何を食べた・・・とかも
興味がないわけではないけど
それを知るために「字を読む」って行為が苦手。
頭が痛くなるような「字を読む」行為をしてまで
私が、ブログに何を書いてるのかを知らなくてもいいんだろうな。
でも、昨日は この「まぐろ事件」を、読んでみた。
紙芝居みたいに、絵も見てもらいながら 旦那に読んでみた。 


「どう?」

「おまえ、よ~~覚えてるのぉ~~」

「やろ?どっか、違うとこある?」

「ないなぁ、ないわ。一言一句そのままや~」

「ほぼ、そのままやろ?」

「うん・・・そやけど・・・おまえ・・・
 それ、みんな読むんやろ? おら、恥ずかしいやんけ」

「大丈夫!読んでくれてる人は少ないし・・・
 それに、恥ずかしいことは もう散々書いてますから」

「うわぉ~~~(><)」





安心して下さい、バレてますから(^^)
by rakki_618 | 2015-12-19 11:30 | 旦那のこと | Comments(6)

今度こそ、松茸を。

熊本に嫁いだ幼馴染みに会いに行こうと
来年の1月どう?って電話したら
1月は寒いし・・・働き出したし・・・って
働き者やからね(^^)仕方ないなぁ~。
じゃ、もっと暖かくなってからってことになりました。


この前の、旦那に食べてもらった松茸。
少しすぎて、、、なんだかモヤモヤしてる私です(><)



そんな私・・・いいもの見つけましたよ!!
こんなバスツアーです!

一生分の松茸と近江牛が食べられる伝説の店
お客様がギブアップするまで次々に松茸と近江牛の追加が出てきます。
まずは体験してみてください。
お品書き
・松茸と特選近江牛のすき焼き(食べ放題)
・近江米の松茸御飯(食べ放題)
・あつあつ松茸土瓶蒸し
・デザート
うれしいすき焼き用の卵は何個でもおかわり自由です。
c0211824_1215398.jpg



このバスツアーの内容と画像を仕事中の旦那に送ったら
電話がかかってきて

「ほんまかよ~~~!こんな松茸いっぱい食べれるんかよぉ?
 ほんまかよ~~!わぁ~~~!ええのぉ!
 おまえ、ええのん 見つけてくれたのぉ~~!」

「行く?」

「行く!行く~~~! ほんまかよ~~!こんな松茸・・・
 ほんまかよ~~!」


電話のむこうでは、よだれをたらしていたのでは?


やっぱ、そんなに松茸が好きなのね・・・

「おら、そんなに松茸は好きでもないから
 これで、十分 満足したよ」

この前の松茸ランチでは、そう言ってたけど
やっぱ、遠慮してたんやね!

あなた!今度は ドドォ~~ンと、食べて下さいね(^^)
よかったわね~(^^)





オレンジシフォン、失敗した~~~(;。;)
逆さにして、さましてるとき落ちた~~(><)
c0211824_1236272.jpg

by rakki_618 | 2015-11-05 12:33 | 旦那のこと | Comments(8)

旦那がバイクと事故?

何日か前のこと・・・
旦那の携帯に電話がかかってきて誰かと話してる。

「はい、あ、そうでしたね。わかりました!スグ行きます」

え?誰から?どこ行くんやろ?

「どうしたん?」

「あら?おら、おまえに言うてなかったか?」

「何を?」

「事故ったんよ」

「事故!?(@。@;)聞いてない聞いてない!」

「あ、そうやったか?うん、まぁ・・・事故って言うても
 バイクに乗った人が交差点で飛び出して来て
 おらの車にびっくりして転んだんよ」

「え、え~~~!!ケガは?」

「うん、たいしたことはないんやけど
 転んで、ズルズルすべって おらの車にあたってきたんよ」

「へ~ それでも、事故なんや・・・」

「そうなんよ、おらは停車してたんやけど事故なんよ。
 で、警察に行って なんか書類にハンコ押さんなんや」

「え?今の電話、警察から?」

「そそ、ほな、ちょっと行ってくるわ」

「うん・・・わかった。気を付けて」


警察に行って帰ってきた旦那が言うには


「ま、相手の人も どうもないし なんのおとがめもないやろ。
 って言うよな話やったわ」

「そうなん?よかったな」


そう言ってたのに・・・こんな葉書が届きました。。。
c0211824_1049464.jpg


「え、え~~~(@。@)結局、おとがめあったん?」

「ま、仕方ないわ・・・おらの車にあたってなかったら
 なんにも、 ないんやけど おらの車にあたったからのぉ」

「え?勝手に転んですべってきてあたっても?」

「うん、まぁ・・・おらの車がびっくりさせてしもたからのぉ」

「ふ~ん・・・そうなんやね」

「それよりも!!おら、びっくりしたわ~!」

「え?どうしたん?」

「その事故の時、おら実車中(お客様を乗せてること)やったんよ」

「うん」

「ほんで、乗せてたお客さん・・・若者や」

「うん」

「その人、救急車呼んでくれたりして、すごい親切やったんよ」

「うんうん」

「停車してる、おらのタクシーにバイクが
 コツンとあたったくらいやから
 その若者には何のケガもなければピンピンしてたんよ。
 おらはすぐにバイクの人について行くし・・・
 かわりのタクシー呼んで、若者は そのタクシーに乗って行って
 もちろん、タクシー代金はナシやし」

「へ~ うんうん」

「で、びっくりするぞ!」

「え?どうしたん?」

「おら、次の日 休みやろ? 
 その日に、その若者から会社に電話あったらしいわ」

「え?なんて?」

「体がおかしいやらなんやらって」

「え、え~~(@。@)どこも打ってないんやろ?」

「打つどころか、、、コツンってバイクがあたったくらいやのに
 その若者、そんなんで動きもせ~へんよ」

「へ~~」

「で、一日休んで 次の日のおらの仕事の日に
 またまた、その若者をお客さんで乗せたんよ」

「え、え~~偶然?」

「そうよ!おら、わからんかったんやけど 話しかけられたんよ」

「え?なんて?」

「おっちゃん、あの事故の時の態度何よ?
 のんびり、しすぎや~!もっとテキパキ対応せな!ってよ」

「え、え~~!!」

「ほんで、おら言うたんよ。
 兄ちゃん、おらバイクの人に感謝されてんや。
 仕事中やのに、すみませんって。
 こっちのミスで勝手に転んで病院に付き合ってもらって
 家まで送ってもらってすみません。って感謝されてんや。
 そう言うたんよ」

「うんうん」

「ほんでも、対応悪かった!遅すぎるとかヤカラ言うんよ」

「え、え~~?何それ?」

「ほんで、おらも頭来てよ~」

「うんうん」

「兄ちゃん、おら あんたのことが怖いわ。
 会社に電話してきたんやってなぁ?
 体がおかしいって?兄ちゃん、どこ打ったんよ?
 そう聞いたんよ。そしたら、こんなん言うんよ」

「え?なんて?」

「あのときビックリして心臓がドキドキしてきて
 帰ってから体調がおかしくなった。って、言うんよ」

「え~~!?」

「おそろしいわ。すごい、ええ青年や思ってたら怖いわ」

「ほんまやなぁ・・・何歳くらいの若者?」

「そうやのぉ・・・30歳前後か?な・・・」

「ふ~~ん」

「で、言うたんよ。兄ちゃん、今 車載カメラ付いててな
 兄ちゃんが、事故の時にどこかにあたったとかスグにわかるで
 ええかげんないいがかりつけてたらアカンよって言うたんよ。
 おら、もっと言いたかったけど・・・カメラあるしのぉ^^」

「へ~~~ほんでどうなったん?」

「その後、何も言うて来てないよ」

「ふ~~ん、お金取ろうと思ったんかな?」

「誰かに悪知恵つけられたんとちゃうかのぉ?」

「ふ~~ん、あほやなぁ・・・かわいそうやわ」

「ほんま、あほや。ごっつい好青年やと思ったのに」

「ふーーん。。。」



そんな、いやらしい考えなんか持たずに
やさしく生きて欲しいものです・・・



結局、バイクの人は 擦り傷があり
2週間とういう診断書がでたので 
旦那はおとがめありになりました。
あ~~旦那もかわいそう(;。;)
けど、ケガなくてよかったです。
バイクの人も、かすり傷程度でほんとよかったです(^^)
by rakki_618 | 2015-10-31 11:26 | 旦那のこと | Comments(9)

ケンカざんまい

旦那とケンカして、次男ともケンカした。
別々に、ケンカした。


旦那とケンカした理由は
携帯ショップで、私にえらそ~~~に言うから
ちょい、頭にきた。。。
昔昔、言われたことまで思い出してきた。。。
その言い方が、すごく えらそ~~で
私のことを・・・くぅ~~~!!
頭を殴ってやった。ふん!!
人前で、恥ずかしい・・・
人前で、怒り狂うなんて何十年振り?
おぉ~ まるで若い頃の私だーー。
早く携帯ショップを出て、旦那に文句を言いたかった。



携帯ショップを出て、その駐車場で・・・


「あんた、他人の前と子供の前やったら
 何、かっこつけとんねん!何回、おんなじこと言わすねん!
 ええかげんに、しろや!あほか!」

「わるい・・・」

「おまえ、もし そんな夫婦の話を聞いたら どう思うんや!?」

「それは・・・なんちゅう旦那や!えぐい旦那やって思う・・・」

「やろがぁ~~!!それが、おまえじゃ!ぼんくら!」

「わるい・・・」

「あれこれかれこれアレコレカレコレ・・・・・・」

「わるかった・・・ほんま、悪かった。
 もう、ほんまに反省した。おそろしい・・・
 こんな、おそろしい目に遭うとは・・・ほんまに、こたえた」

「ほんまやなぁ!!」

「うん・・・(><)」

「この前よ~」

「うん・・・」

「お好み焼き屋さんで言ってたよな」

「え?・・・??」

「私が、聞いたやろが。
 あんた、小さい頃から仲よかったおさむ君(仮名)
 今、どこにいるんやろ?とか思うことないの?って」

「うん」

「そしたら、あんた なんて言うた?」

「え?・・・??」

「もう、忘れとるんか?そんなことや思ったわ」

「・・・・・・?」

「おらは、おまえさえ おったら友達も何もいらん。
 おまえ一人おったらええんや。そう言うたよな」

「あ・・・うん、言うた」

「で、おらは そうやけど おまえは違うみたいやけどの~
 そう言ったよな。あの時、私が黙ってたのはな
 あんたが、そう言ってくれてるのに 
 私は友達だって欲しいわ。
 そんなん思ったら、なんか・・・あんたに悪いなぁ
 そう思って黙ってたんと違うんや! 
 よ~言うわ このオッサン。
 そう思って、黙ってたんや。案の定そうやんか!
 結局、すぐに私を二束三文扱いするやろ?
 何が、私だけおったらええ・・・じゃ。よう言うたな。
 おまえ、ほんまのあほか?」

「違う!ほんまに、そう思ってるんや」

「ほ~~ほんまにそう思ってるもんが、そんな扱いするんか?」

「う~~~」

「ちょっと、人前やったら ええかっこしたいんか?」

「うん・・・確かに、そんなとこある」

「ふぅ~~ん、やっぱな。じゃフォローしろや
 言うてしまったことは仕方ないとして、それをフォローしろや」

「うん・・・おらの口が・・・」

「おまえ、2年前 私に何言うた?
 ヨソモン言うたな・・・私にヨソモンやとよー」

「それは、悪かったって!」

「ほな、何か?子供はここ(家)で生まれたからヨソモンちゃうんか?
 私の方が、ここ(家)に住んで長いのにヨソモンか?」

「ちがうって~~!そやから、わるかったよ・・・」

「おまえ、反省ってないんか?」

「してるよーー、めちゃめちゃしてるよー」

「ほな、何回 おんなじことするんな!」

「うん・・・おら、ほんまに今度こそこたえた。
 おまえが、ごっつい怖い。もう、わかった。わるかった」

「ほんまやなぁ~~~~!人間、とっさの時に本性出るんじゃ
 普通に何もないときは、誰でも穏やかじゃ
 とっさの時に優しくなれ~~~!」

「はい!」





次男は・・・
私にネットでの買い物を頼んできて
自分で買いなよ。って言ってるのに
アマゾンさんに登録してないとか言って頼んできて
で、仕方なく 注文したら
2日ほどしか経ってないのに
遅い、調べてほしいと言い
もうちょっと待てば?って言ってるのに
4~5回、同じことを言い続け
ぐちゃぐちゃ、うるさい!ちょっとくらい待て!
そう言って口論になり・・・あ~~ぐちゃぐちゃ男が!

気分の悪いまま、仕事に出かけるハメに・・・

「おい、私が仕事に行った後 
 おまえら二人で私の悪口言うてみろ!
 しょうちせ~~へんぞ!!」

そう旦那に言うと

「めっそうも、ございません!言いません!」

だとよーーー。



あ~~あ、

ええ?あの旦那さん、そんな暴言吐く?
めちゃ、優しいんちゃうん?
うっそ~~!信じられへんわぁ~
世間様は、そう言ってくれる・・・

あんた、トクやね。ふん!




あ・・・!!仲直りしてます~~(^^)
旦那は、いい人です。
by rakki_618 | 2015-10-23 03:21 | 旦那のこと | Comments(8)

結婚35周年

9月18日(金)
結婚35周年でした。
結婚35周年は「珊瑚婚式」らしいですね・・・
結婚22周年のその日は、母のお葬式の日でもありました。
あれから13年も経ったんだなぁ・・・


やっぱ、いつもと同じく記念日には美味しいものを食べたい私です。
ちょい奮発して 10000円のフレンチコースを予約しました。
カメラのフラッシュが故障して修理に出しているので
タブレットで撮ったのですが、、、暗い~~(;・;)
すごい品数のコースでしたが少しだけ載せます。
c0211824_7274424.jpg
c0211824_728630.jpg
c0211824_7281787.jpg
c0211824_7282417.jpg
c0211824_7283435.jpg
すごく、美味しかったのですが 
暗くて、お料理写真が かわいそう(><)


結婚35周年のケーキも焼いていただきました♪
c0211824_732176.jpg



結婚から35年経った私達も ついでにパチリと^^
c0211824_733235.jpg



「こんな おらに 我慢してついて来てくれて ありがとう」

旦那から、そんな言葉をいただきました。

こちらこそ・・・です(^^;)えへへ。照れる~

40年目 ルビー婚式 
45年目 サファイア婚式
50年目 金婚式

ここまで、行きたいね。
by rakki_618 | 2015-09-20 07:41 | 旦那のこと | Comments(4)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618