2017年 11月 21日 ( 1 )

息子のこと

息子のこと、まずは長男。


19日の日曜日だったかな?
彼女が家に来てくれてました。
長男の彼女は、知ってるだけで6人目かな?

最初はAちゃん、2人目もAちゃん、3人目もAちゃん。
1人目と2人目の彼女の名前が一字違いだったので

「あんた、絶対に名前呼び間違えたらあかんで!!」

そう言ったものでした。

1人目の彼女は家出をしてきて
しばらく我が家に住んでたけど・・・
やがて、長男は ふられました。
2人目の彼女にも、3~4年付き合って ふられました。
3人目の彼女とも3年ほど付き合って、ふられました。
4人目は長崎の彼女でした。1年も付き合わないまま
二股かけられてて、、、ふられました。
5人目の彼女は、ハーフだったようです。
ほんの数か月のお付き合い?
これまた、ふられました。
付き合ったら、すぐに家に連れてくる長男ですが
5人目の彼女だけは、会ったことがありませんでした。
そして、今の彼女 知ってるだけで6人目ですが
長男は、メンクイなのか?
いつも、彼女は美人です。
今の彼女も、きれいな女性で・・・
日曜日、私がお風呂から出ると玄関にいたのです。


「あ、こんにちは~」

「あ、おじゃましてます」

「うんうん、え?まだ この人(長男)と
 付き合ってるの?」

「はい」

「え、え~~ 自己中やろ?
 あおり運転してない?車間距離とらんやろ?
 気~つけいや。この人(長男)・・・大丈夫?」

「いえ、優しいし すごく安全運転です」

「信じられない~~
 ちゃんと教育してあげてなぁ。お願いしときます」

「いえいえ(^^;)」




「おとんと、おかんは昔の俺様俺様って言ってた
 俺の印象が、強すぎるんよ。
 俺は、もう あの頃の俺じゃないで。
 もっと、他人を考えられるようになってるから」



そんな言葉を吐いた長男の顔をジッと見てしまった私。
まぁ、彼女と仲良くやってたら それでいいわ。
人生、楽しんでなぁ!(^^)






そして、次男の話。
またの機会に書く予定してた次男の話なんですが・・・

次男は夜間高校を卒業後
(朝が起きれないので夜間高校に行きたいと言ったので)
就職が決まらずで・・・ふらふらし
それでも、近くの会社に働きに行ったこともあるのですが
すぐに辞めて・・・
私に怒られるから・・・と
仕事に行くふりをして、家を出てその辺で時間をつぶし
そんなことは、すぐに私にばれて・・・大喧嘩。

「おまえ、働かないなら家から出ていけ!」

そして、家を追い出して・・・
腰を悪くして、帰ってきて・・・
またケンカになって家を追い出して・・・
半年くらいはマンションで一人暮らしをしてたんですが
やがて、私と仲直り。家に帰りたいと言い出し・・・
今に至るのですが
いつもいつも、寝てる次男を見ては
カリカリしてたのですが・・・
世の中、いろんな事件が起こるのを見たり
近所の人のいろんな話を聞き・・・
あぁ・・・生きてくれてるだけでいい。
5~6年前に、そう思えるようになりました。

次男は、どうやって生計たててるの?
ってことになりますが。。。
家にも、少しですが お金は入れてくれてます。
私たちに、たまに御馳走してくれますし
旅行もプレゼントしてくれる時、あります。
次男の収入源は・・・
嫌いな人にとっては、
聞きたくもない話になりますが・・・
スロットという遊戯で収入を得ています。
私たち夫婦も、遊戯で遊びますが
それは、ちゃんと仕事をしててのことです。
仕事もせずに、、、こういうのだけで生活するのは
ほんとうに、、、いやです。
でも、次男は・・・
例えば、大きな勝利があれば 1日20万円あります。
そんな日が、月に2回もあれば・・・
そりゃ、働く気にもならないでしょうね。
でも、そんないい日ばかりではありません。
でも、次男は次男なりに〆日を作って
ちゃんと、お金の管理をしてるようでした。
働いてくれないことを
すごぉ~~~~く、嫌でしたが
毎日毎日、考えすぎて おまえ病気になるぞ。
そう旦那にも言われ・・・
5~6年前から、私の気持ちも楽になりました。

そんな次男が・・・(旦那とは話してたらしいですが)

「俺も、仕事しようと思ってる」

そう言ったのです!!

「え、え~~~~~~~!!(@。@)
 あんた、仕事する気あったの?」

「え?あるよ」

「え、え~~~ 仕事するん?」

「するわ、むしろ俺が仕事しないって思ってる
 おかちゃんに、びっくりするわ!」

「なんでよ~~ あんた、何年 仕事してないんよ?
 12、3年?もっと?
 ふつうは、そう思って当然やろ」

「するって。
 おかちゃんも知ってるやろうけど
 俺は、なんたら症候群で」

「え?なにそれ?なんたら症候群?」

「うん、とにかく 始めるのが遅いんよ。
 だから、仕事って言っても
 どこかに勤めに行くとかじゃないけど
 自分で、何かをしようとは思ってる」

「ふぅ~~ん・・・そうなんや」

「そやで、俺がずっと働かないって思ってた?」

「ふつうは、思うんちゃうか?(^^;)」

「そうなんや・・・」

「そりゃ、そうやろ。
 もし、働く気が起こるなら・・・
 彼女ができて、結婚を考えたときか
 お父さんや、お母さんが
 この世にいなくなったときに思うかな?
 そう、お母さんは思ってたけどな」

「そうなん?」

「そやで。
 そやけど・・・そうかぁ~
 考えては、くれてるんやな。
 わぁ~ こんな普通のことがうれしいなぁ。
 そっかぁ~ 働く気があるんや。
 お母さん、もうその言葉聞いて安心したわ」

「うん・・・でも、スグじゃないで。
 それに、自分で何かやるから」

「うん、わかったよ。
 その気持ちがあるだけで、かあちゃんは うれしい」

「うん・・・」




次男との、そういう会話が 何日か前にありました。
私は、ひとつ前進かな・・・と
うれしかったです(^^)




息子たちの話でした m(。。)m
by rakki_618 | 2017-11-21 13:11 | 息子のこと | Comments(8)