1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 20日 ( 1 )

夢ちゃんとの話

自分って、しつこくて
イヤなことを早く忘れる能力があんまりない。


一秒・・・一秒
たった一秒、私が車からおりるのが遅かったなら
道路を通過する、ゆきみちゃん(仮名)の車を見ずにすんだ。
え?ゆきみちゃん?
自分の駐車場に車をとめ
その駐車場から歩いて道路に出かけたとき
私の目の前を通過した、その車の後姿を見てしまった。
ナンバーも見た。
その車は、そのまま 私の嫌いなお店の方向に曲がった。
見ようと思わなくても、、、
その場所辺りは視界が広いので
目の中に入ってしまう。。。

私は、その時 夢ちゃん(仮名)と 電話中だった。
車の中でハンズフリーで話してたんだけど
話が終わらずに、話ながら車をおり
危ないので、お店まで ゆっくり歩いていた。
2~3日前、この辺に借りてる夢ちゃんの
駐車場にとめてた夢ちゃんの車2台の
フロントガラスが割られたらしい。
それ、どうなった?
何か犯人の手掛かりあった?
そういう会話をしていた。


「話の途中やけど・・・」

「どうしたん?」

「今、変なもの見た・・・」

「え?何々?」

「ゆきみちゃんの車・・・」

「え、え~~~~!」

「あっちの方向に消えて行ったわ」

「え、え~~?そんな頻繁に行ってるんや」

「私が、おかしくなってるんかな?
 よく似た車を見て、ゆきみちゃんと思ってるのかな?
 勘違いかな?いや。。。でも、ナンバー見た」

「そうなん?」

「いや・・・見間違いかな? 
 あ~~~ どうでもいいや!
 だいぶ、忘れかけてたのに・・・」

「わかるよ~~
 あんまり親しくなかった私でも
 へ~~~~!?ってびっくりしたもん。
 そりゃ、キューピーはショックやわな」

「うん・・・まぁ、段々と薄れてたけどな
 あ~~~ 見たくなかった」

「ま、ゆきみちゃんは 中立というか・・・
 なんやかんや言うても 
 もっと常識的な感じしてたもんなぁ」

「そうやねん・・・
 あれだけ、イヤなめにあわされてるって話を
 うんうんって聞いてくれて
 自分も、嫌いって言ってたお店に
 あ~やって行けるんやなぁ。
 きっと同じように、私のこと言ってるかもな」

「それはないやろ~~~
 そこまでやったら、人として腐ってるやん」

「う~~ん・・・そこまでな人と今は思ってる」

「そうかなぁ?」

「とにかく、この前 会った時・・・」



この前、詳しく書かなかったのですが
先週の金曜日(11日)に
私が大ゲンカしたK-ちゃん
そして、Tちゃん
そして・・・ゆきみちゃん・・・と
バラバラに道で出会ったんです。
以前は仲良く忘年会などをしてた仲間です。
Kーちゃんは自転車に乗っていて
歩く私とバッチリ目が合ってしまい・・・
どちらからともなく「こんばんは~」
そう普通に話せたんです。
やっぱ、時間は偉大ですよね。
1年前には、あんなに悩んだのに・・・
それから歩いていると見知らぬ人に道をたずねられ
話をしてるとき、Tちゃんが通過しました。
Tちゃんと私はケンカしてるわけでもないので
私は「Tちゃん」って声かけたのですが
Tちゃんには聞こえなかったみたいで
自転車で通りすぎました。
道をたずねられた人を近くまで案内して
自分のお店に行こうとしたとき
信号待ちをしてる、ゆきみちゃんの車に出会いました。
それは、みなで 私の好きじゃないお店に行った帰りです。
金曜日には、みなでそこに集まるって話は
ゆきみちゃんには、聞いていました。
でも、ゆきみちゃんは イヤだから行かない。と
私のお店に来てくれていました。
でも、無理やり誘われることもあり
イヤイヤしか参加することもある・・・
けど、今年に入って2回しか行ってない・・・などと
私は何も聞かないのに、私に悪いと思ったのか
最初のうちは、私に悪そうな感じで言ってくれてたんです。

ゆきみちゃんの車のライトで私が見えてるだろうな・・・と
私は、ゆきみちゃんの車の前に立って
お~~~いって感じで、ふざけた顔をして
そして運転席のゆきみちゃんのところに行ったのに
車の窓を開けてもくれず・・・完全無視でした。
そのとき、助手席には 
ゆきみちゃんが嫌い!と言ってた 
あの店のママさんのお友達を乗せて。
その時、私は完全に無視されたのではなく
信号も青になるし、急いでたのかな?とか思ってました。
でも、次の日 また あのお店に車をとめてました。
わぁ~~~ そうなんや・・・
ゆきみちゃん・・・そこまで?
最初は誘われてイヤイヤあそこに行ってる。
イヤで仕方ない・・・みたいに言ってたけど
それは、いいけど・・・
なんで、私を避けたかな?
気まずい理由あるのかな?
まぁ、私も ゆきみちゃんと仲良くしたいとは
いまさら、思ってないけど、、、
こんな仕打ち、する?
あ~~~ 早く忘れたい。


「とにかく、この前 会った時・・・
 最初は、そう思ってなかったけど
 あれ、完全に私を無視ったんやろな。
 窓も開けなかったし
 私は、車の外から声かけてるのに
 窓を開けることもなかったし
 私の目を見ることもなかったし
 その時は、ただただびっくりしたの?って思ったけど
 後で、考えたら・・・
 私に何か気まずいから無視ったんやろな。
 で、次の日には 私に見えるのがわかってて
 あの店の前に車をとめてたし・・・」

「そうなんや、すごいことするなぁ。
 そこまで、って思わなかったよなぁ。
 まぁ、Tちゃんはチャランポランやから
 そんな人かな?って思うけど
 ゆきみちゃんに対してはガッカリやな」

「そうやねん・・・ガッカリって言い方が
 一番ピッタリかな。
 そういことは、恥ずかしくってできないという意識を
 持ってる人と思ってた」

「やでなぁ・・・
 ま、いいんちゃう?
 あそこで、仲良くしてても
 きっと、もめるわ。
 そしたら、キューピーがよかったってことに
 気づくんちゃうかなぁ」

「いや、私 そんなええもんちゃうし
 仮に、むこうでもめて あ~~あ ってなっても
 もし、また来てくれても
 お客さんとしては受け入れても
 もう、昔のような話はできないわな・・・
 なんか、へ~~~って感じ。
 とにかく、早く忘れたい!!
 平和なんやろなぁ・・・
 旦那が勾留されてるとか
 息子がガンになった時やったら
 こんなことでグチグチ言ってるヒマないやろし
 こんな、くだらんことを気にするんやから
 私は、今 平和ってことなんやろな。
 あ~~~~そやけど気分悪い。
 早く、忘れたいわぁ~~~!!」

「平和なんかなぁ・・・
 そやけど、気分悪いのは当然ちやう?
 私でも、なんかモヤモヤしてるもん。
 そりゃ、そうやわ~
 ゆきみちゃんは、ちょっと違うって思ってたのにな。
 そんなカンタンな人やったって感じやな」

「私や、夢ちゃんは
 ちょっと何でも深すぎるんかな・・・
 でもさぁ~
 ここは、そんなカンタンじゃあかんやろ!ってこと
 あるよなぁ?でも、世間は カンタンに扱うよね。
 そういう大切な部分を」

「そうやねん、みな そうよなぁ・・・」

「あ~~~ とにかく 早く忘れたい!
 時間や、時間や!早く時間過ぎて~~!」

「そそ!時間はすごいよ。
 がんばれ~~」

「うん、ありがとうな
 で、話は脱線したけど・・・車、どうよ?」



割られたフロントガラス、修理には
安くても2台で16万円かかるそうで・・・
自分に何か恨みを持つ人か?って考えてたら
色んな人を疑ってしまい
色んな人を疑う自分がイヤになって・・・
あ~~ もう忘れて仕事に打ち込もう!と
一生懸命、仕事をしている。ってことでした。
監視カメラの設置もすることにしたそうです。

誰が、こんなヒドイことをするのかな?
お盆で、酔った人が おもしろがって?
それとも、夢ちゃんの知ってる人?
私も、ほんまムカムカして!
犯人が捕まればいいのに!と 思っていますが
こういう犯人は、なかなか捕まらないそうで・・・
あったま、きます。
ただ、真夜中でも その駐車場で
片付けをすることがある夢ちゃん自身が
傷つけられなかったことが救いです。

「真夜中に、そこで作業したらあかんよ!」

そう、きつく言ってしまいました。
夢ちゃんは・・・

<<おまえを必ずつかまえてやる!>>

車に、そんな貼り紙をしたそうです。
犯人、はよ 捕まって!!

by rakki_618 | 2017-08-20 09:28 | その他のこと | Comments(4)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618