1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 22日 ( 1 )

メッキの優しさじゃ!

白浜旅行、当然 運転は全て私。
高速道路が苦手な私は高速道路を使わず白浜へ。
犬鳴山を抜けて和歌山まで走ると
すごく近いうえに、対向車も少なく
私には、もってこいの道でした。
制限速度を守って(たまには守れず)走っている私に
後続車が、あおってきます。
後続車に、あおられるのは超苦手なので
旅行前から旦那には

「私は、ゆっくりな運転するよ。
 後続車が、あおってきたら 路肩によけて
 先に行ってもらうからね」

「おぉ、それでいいんや。
 自分のペースで、ゆっくり走ってくれたらいいよ。
 後から来る車には、先に行ってもらったらええんや」

こんな優しい(フリした)旦那だったんですよね・・・
そう、行く前にはね。
大体、世間では 旦那は温厚で優しそうに見られてますが
(まぁ、それも ほんとの旦那なんですが)
イラチなんですよね~ あぁ見えて。
で、けっこう せっかちそうで気が荒そうに見える私は
全くと言っていいほど、イラチではないのです。
車の運転だって、ゆっくり安全運転したいんです。
そんな私の気持ちを知ってる旦那ですので
旅行前、エセ優しさバッテリー満タンだった旦那は

「おぉ、自分のペースでゆっくり走ってくれたらええよ」

なんてこと、言ってくれてたんですよ。
約250km色々と走り・・・
後は帰るだけね~ となった2日目。
家から和歌山まで走った道は山道で・・・
日中なら、どうってことなかったのですが
帰りは深夜の走行だったので
山道は、暗く不気味で・・・

「この道、無理~~ こわい」

そう言った私に

「じゃ、違う道 走るか?」

そう言ってくれた旦那。

違う道なら20kmほど余計に走ることになり
自宅到着時間も、少し遅くなる。
もう、このあたりから旦那のイライラが始まって・・・
後続車は少ないけれど、真夜中なので
みんなスピードを出して走っていて・・・
私は、追っかけられる感じがしんどくて
後続車が、私にピッタシつくたびに
路肩に車を寄せ、追い越してもらってたんです。

「チッ!」

「ふぅ~~。。。」

「あーあ」

段々といら立った旦那の声が大きくなり・・・

「おまえは、長距離なんて無理やな」





ぷっち~~ん!!(♯`∧´)




はぁ?
ムカついた!
少しの間、我慢した。
家まで・・・ケンカしたくない。
いや・・・家に着いてもケンカは避けたい。
しばらく、黙って走った。

「あーーー!こっちや!」

「なんで、今のとこ 行けへんな!(行かないんだ)」

「もぉー」

「おまえは、絶対に長距離無理やな」 





再び
ぷっち~~ん!!(♯`∧´)




「ノド、かわかない?」

「いや、おまえ かわいたんか?」

「かわいてないよ!」

「おらも、かわいてないよ」

それでも、コンビニの駐車場に。

「なんな?どうしたん?」

「なにが、どうしたん?や」

「え?」

「さっきから、うるさいんじゃ!
 ごちゃごちゃごちゃごちゃ、ぬかしやがって!」

「・・・・・・」

「ずっと、ため息つきやがって!
 耳障りなんじゃ!うるさいんじゃ!」

「・・・・・・」

「なんや?もう偽物の優しさバッテリー切れたんか?
 小さいバッテリーつけやがって!このアホが!
 そりゃ、こっちが旅行誘ったよ!
 ほんでも、おまえもホイホイうれしそうに来たんやろが!」

「・・・・・・」

「こっちは、運転が苦手なんじゃ!
 事故起こしたらアカンから、ゆっくり運転してるんやろが!
 ゆっくりって言っても、トロトロ走ってるんと違うやろが!!
 何が、おまえは長距離無理やな。じゃ!
 うん、そうやよ!私は長距離、走りたくないよ。
 私が、いつ長距離の運転手になりたい言うたよ?ハ~ン?
 ガタガタ言うて、運転の邪魔するな!このボケが!!」

「・・・・・・」

「なんな?おまえ、はよ帰って何かすることあるんか?」

「・・・ないよ・・・おら、ヒマやし」

「そうやろが!!おまえ、ずっとヒマやろが!!!」

「・・・はい・・・」

「後続車が、私をあおって速く走っても
 次の赤信号で同じくらいになるんじゃ!
 だから先に行ってもらっても同じなんじゃ!
 そんな計算もでけへんのか?頭も悪いんか?
 性格悪い、思いやりナイ、頭も悪い、顔もくずれてきた。
 おまえ、どこか ええとこあるんか?
 は~ん?ええとこ、言ってみろや!」

「・・・ありません」

「長距離走ったらエライんか?何かいいこと、あるんか?」

「いえ、ありません・・・」

「一生懸命、汗かいて頑張って運転してるもんに
 言う言葉か?長距離運転できなくてけっこうじゃ!!
 人をバカにしたような言い方しやがって!」

「はい・・・」

「もっと優しく言えや!
 しんどかったら ゆっくり走れよ。無理すんなよ。
 それくらいの言葉、言えんか?」

「はい・・・」

「悪いと思ってるんか?」

「はい、思ってます・・・だから何言われても
 こうやって、黙ってます」

「なんや?ここまで怒られるまで自分から謝るとかないんか?
 謝ることが、恥ずかしいんか?」

「・・・うんーー そうやな・・・」

「私の運転に文句あるんなら、タクシー呼べや!」

「はい」

「二度と、私の運転に口出すな!!
 3年間、口出すな!!わかったか!メモっとけ!」

「はい、二度と二度と!文句言いません。
 メモしました・・・」

「おい、カシューナッツおごれ」

「はい、食べて下さい」





そんな二人はコンビニの中に消えて行きました、、、とさ。
by rakki_618 | 2017-07-22 04:25 | 旦那のこと | Comments(10)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618