1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 14日 ( 1 )

今日は、弁護士さんと会ってきた話の前に・・・
ちょっと おかしいと思うことを書いてみたい。


ひき逃げ容疑で逮捕された旦那は
色んな調べを受けたけど・・・
警察の人には旦那の車に傷もないのに
バンパーが割れてた・・・とか
ドォ~ンドォ~~ンと2回乗り上げてる・・・とか
まったくのウソをつかれてるし
また被害者の人のことも軽傷なのに
すごく、ひどい怪我だった。と私にも言ってた。
そうやって、人を必要以上にビビらせ おもしろいのかな?
自分の娘さんだったとしても・・・そうするのかな?
取調べで、旦那は何度、違うと言っても 
作り上げた供述書にサインを強要された。
な、今 話したら 刑も軽くなるじゃら
奥さんも心配してるじゃら・・・と
あの手、この手で いやらしいことを仕掛けてきた(らしい)
ま、警察の人も それが仕事と言えば それまでだけど
違う!つってんだから、、、
もっと話をちゃんと聞いてくれるべきでしょ。
最初から決め付けてかかるのは、どうかな?
供述書って、ウソを書きなさいよ!って意味の紙なのか?
警察の人には罪を軽くするなんぞの権限は全くない。
だけど、、、しつこくしつくこく うんざりするほど
同じことばかり言われたら・・・
早く言えばいいのか?ウソでも一旦認めて後からちゃんと言おう。
そう思う人もいるだろう。
そこで、警察の人のしつこさに負けてウソでも認めてしまえば
もう、それを裁判で覆すことは、かなりきびしいらしい。
旦那は、もちろん そんなことは知らなかったし 
警察ってところが、いかにひどいところかも知らず信じてたので
最初、弁護士さんが接見してくれるまでの
ほんの少しの間の調書は警察の人を信じていたため
わけのわからん調書にサインをしたらしい。
それを検察庁の人に質問されたらしいが
旦那は、ちゃんと そのときの自分の気持ちと
警察の人のヒドさを訴えたらしい。
話は、ちゃんと聞いてくれたらしいけど・・・
検察庁って結局は警察なんじゃないのかな?違うのかな?
大昔、おばあちゃんが話していた。
どこどこのだれだれが、、、いなくなった。
たこ部屋?みたいなところに閉じ込められて
ひどい目にあってるらしい・・・と。
私が小さいころ、おばあちゃんはそんな話をよくしていた。
警察がする勾留は・・・
そんな恐ろしい たこ部屋っていうのを思い出してしまう。
おばあちゃんの話は、ほんとだったんだ・・・
しかも、それは市民の生活を守る警察やったんかぁ~~い!
旦那の話を聞いてると、身震いがする。
でも、今は ひどい取調べだとは言っても
殴られたりはしなかったらしいですけどね(当たり前)
まぁ、旦那がそんなことされたら・・・
私は、気が狂ったようになったでしょう・・・な。
警察の人、旦那を殴らずにいてくれてありがとう。
私の気が狂わずに済ませてくれて、ありがとう。





うちの旦那の乗らせてもらってるタクシーの車名は
<クラウンコンフォート>というらしいです。


   

   こんな車です。
   (これは旦那が実際に乗ってたのではありませんが)
c0211824_3221178.png



科学捜査の鑑識班が出動して調べてくれたと思うのだが

〇車を牽引するフックの先っぽの塗料が少しはがれている。
〇バンパーを止めるネジ
 (ネジというか、カチっとはめこむようなもの)が
 はずれていた。
〇タイヤの外周側のゴム部分にすれたあとがある。


だけど・・・

×バンパー、グリル、ボンネット、ヘッドライトに傷はない。
×車体の底全体には被害者の人をすった後はない。
×タイヤにも被害者の人をひいた後はない。



ま、ざざ~~っと こういうことを言われたらしい。

フックの塗料、いつはがれたか定かじゃないし
バンパーのネジ?だって
そのとき そうなったという確証はない。
タイヤのすれた後も、被害者の人の服がすれたかどうか疑問。
で、そもそも、そのフックやタイヤに被害者の人の
服の繊維でも付着してたの?


「それ、なんて言うてたか 忘れたんやぁ・・・」


はぁ~~~?(-_-;)
あんた。。。ほんま、バカなんじゃないの?
一番、大事なとこでしょ!
そこ、なんで忘れるかなぁ~~?


この車にあたって、肋骨2本折ったなら
この車のどこかに傷がつくんじゃないんだろうか?
車に、なんの傷もないのにな。
肋骨が折れるほどなら、車に傷つくでしょ?
車体底にあるフックの塗料が少しはがれていたので 
被害者の人にあたったと言われているなら・・・
そのフック周辺にも、何か傷がつくのでは?
いったい、牽引するためのフックってどこにあるの?
そう旦那に聞いたら絵を描いてくれました。




   お、ちょっと笑えるけど夫婦は必死^^
c0211824_3272857.jpg


フックの塗料がはがれていたと言っても
それは、いつはがれたものかは定かではありません。
被害者の人にあたってはがれたと言うのなら
それを証明して欲しいんです。
どう思います?
こんな、、、のぞきこまなきゃ見れないような場所にあるフックに
被害者の人があたって肋骨を折ったなら
当然、足は ひいてしまうでしょ。いや、それで済まないでしょ。
運転席側の下のほうにあるらしいフックの塗料がはがれてることが
被害者をひいたんだ!と決めつけられてるのなら
被害者の人の肋骨にあたったんだと決めつけられてるのなら
そんなところに肋骨があたったんなら
被害者の人に乗り上げてるでしょ。
肋骨よりも後ろになる足は当然 車にあたるでしょ?
でも、被害者の人に、足の怪我はありません。
運転席の下に巻き込んだなら・・・
確実に被害者の人に乗り上げているんじゃないの?
時速44kくらいで走ってる車に飛び込んで
フックにあたって肋骨を折ったけど足は怪我しない。
そんなこと、可能でしょうか?
テストしてくれればいいのに!
肋骨よりも足の方が後ろにあるんだから
足も、怪我するんじゃないの?
人形使って100回くらいテストしてよ!!
大体、旦那の車にあたってないんじゃないの?
そそ、それとタイヤにすれた後があるって・・・
どんなタイヤにもすれた後ってあるんじゃないの?
被害者の人の服の繊維でもついていたのだろうか?
ただ、すれた後があるって言われても
それ、いつ ついたかわからんでしょうがよ。
みんなの車にも、タイヤにはすれたような後くらいあるでしょうよ。
被害者の人の何かついてるとか、証明してよ。
(旦那は、大事な部分の話を忘れたなぁ(><))
今の私の勝手な思いは・・・
旦那の車は・・・被害者の人に
あたってないんじゃないの?あたってないんじゃないの?
あたってないんじゃないん?ほんまのこと、言ってよ。
どうしても旦那が人と認識してて
あてて逃げたってことにしないと おさまらないの?
どうしても、そうしなきゃいけない理由あるの?
教えてよ・・・なんで、そんなひどいことするのよ?
ほんまに、くやしいわ。くやしい・・・
旦那は、ほんとうに知らなかったの!!
なんで、わかってて ひき逃げた!って決めつけるのよ!
もっと客観的に物事を見てくださいよ。
お願いやわぁ~~~~ ちゃんとしてよ!!

ハッ!(@。@)

ま、私も自分のことばかり言いました。
そうね・・・みんな、がんばって動いてくれてるんよね・・・
人間、まだまだ捨てたモンじゃないぞ!
警察さんよ、こんな60歳のおばちゃんに そう思わせてよ・・・





5月12日(金)
国選弁護士さんのところに行ってきました。



   この辺は弁護士事務所が多いんやね。
c0211824_462746.jpg




   昼食、食べましょか。
c0211824_481963.jpg

c0211824_483129.jpg

弁護士さんは、やはり おみやげは受け取ってくれませんでした。


「大変、お世話になり ありがとうございました」

「はい、釈放になってよかったですね」

「はい」

「それで、聞きたいこととか ありますか?」


旦那は、自分が聞きたいことを色々と聞いていた。


「ありがとうございます」と旦那。

「よく、わかったでしょ?警察ってすごいところでしょ」

「そうですね、あんな ひどいとは・・・」

「ウソばっかりですよ。すごいところです」

「はい」


他にも、色々と話しましたが
あまり、長く先生をひっぱても申し訳ないので
少しの時間で切り上げました。

それから二人でコンビニに寄って
これからのことを話しました。
警察にも電話しました。


「もしもし、4月18日 ひき逃げ容疑で逮捕された〇〇の家内です」

「はい」

「主人の調書の送致日と送致番号を教えてください」

「え?それは なんで?」

「なんでって、聞きたいからです」

「それは、弁護士さんに言われてですか?」

「国選弁護士さんは釈放で任務終わりです」

「ですよね~ じゃ、誰が?」

「私です!教えてください」

「え~~っとねぇ・・・それは・・・その」

「なんで、教えてくれませんの?」

「いやぁ・・・」

「ちゃんと教えてくださいよ!私、聞けるでしょ?」

「はぁ」

「もう一回、言いますよ!送致日と送致番号です」

「言ったらいいんですね」

「そうですよ、私 また検察庁に問い合わせますから」

「送致日は4月19日、番号は・・・・・」

「はーい、ありがとうございます」



この先、起訴か不起訴かはスグに決まらなくても仕事はできる。
でも、運転免許がなければ仕事はできない。
たとえ、不起訴になろうとも
免許取り消しの行政処分を受けたなら仕事はできなくなる。
そのときは不服申し立てをして審査請求をするつもりだけど
それが受け入れられなかったら・・・訴訟を起こす。
旦那は、そこまで行く予定をしてるようだったけど
私は、もういい。って言った。
甘んじて、その処分を受けることにするつもり。
例えば、訴訟を起こしても 長ければ1年くらいかかるだろうし
刑事事件では、お願いできた国選弁護士さんを
民事事件ではお願いはできない。国選弁護士さんはつかない。
弁護士さん代は、無料ではなくなる。
弁護士さん代もバカにならないと思う。
で、1年ほど争ったとして・・・裁判に勝つとは限らない。
それだけ必死に争って・・・負けたら
残るものは多額の借金と免許取り消しと心労だけ。
なので、訴訟は起こす気はないことを旦那に告げた。
旦那も、私のその気持ちをわかってくれた。


旦那の会社にも電話。
もう、こんな状態も苦しいし。。。
クビにしてもらってもいいと言ったのですが
奥さん、もう少し待って。
そう言ってもらった。
会社に、警察がまた来たらしい。
おぉ~~ まじっすか?
ちゃんと捜査してくれてるんやね(^^)
もしかしたら、、、
捜査なんてしてくれてないとか、、、思ってたもんで(^^;)
事故のときのドライブレコーダーを見せて欲しいと言ったらしい。
事故のときの「音」が欲しいそうだ。
お、そうそう!
私、気づかなかったなぁ~~
そやそや!「音」がどこから発してるかで・・・
また、何か変わるのでは?
被害者の人にあたってる音がしてるなら・・・
それは、もう仕方がない。あたったんだろう・・・
けど、人とは知らなかったのだから・・・
犬が通り抜けたと思ったのだから(被害者さん、ごめん)
それに、バックミラーを見ても 何もなかったのだから
<救護義務違反(ひき逃げ)>には、ならないんじゃないの?
けど、けど、けど・・・もしも、路肩にあたった音しかなかったら?
旦那は被害者の人にあたってないのでは?



   久しぶりに買っちゃうよね~ あ~クジ運ないのにな。
c0211824_4281675.jpg




   あ~ もらって帰っちゃうよね~ 何か仕事ね~か?
c0211824_4292261.jpg



そそ!まぐろが美味しいお店があるのよ~~
そこへ行こう行こう!


「おまえ・・・1日1000円でがんばるって言ってなかった?」

「う~~ん(><)言った。
 でも、食べたいもぉ~~ん!ええやん、お金なくなったら
 そのときは、そのとき!なんとかなるよ~~あはは
 食べよ、食べよ~~ 美味しいもん 食べよう~~」

「ぷ (^。^) お~ 食え食え!」


   ごちそうさま~~
c0211824_430634.jpg

c0211824_4301688.jpg

c0211824_430269.jpg

c0211824_430355.jpg

c0211824_4304889.jpg

c0211824_4305995.jpg

c0211824_431998.jpg








5月13日(土)
ジュリーの音楽劇<大悪名>を観に行ってきた。
チケットを前から買っていたけど
旦那の事件があったので
もう行くことは無理だろうと思っていた。
が、、、なんと!行くことができた。
旦那は沢田研二さんの大ファンだが
私は、どちらかと言えば・・・好きじゃない。
それでも、歌は上手いなぁ~って思う。
大体、私は目の大きい人が苦手なのだ。
ジュリーって、ギョロ目で・・・怖いもん。
(目が大きくても、好きな目はもちろんありますが)
ま、むこうも・・・
おまえみたいな おばはんいらんわ~って感じでしょうが^^



   ここで、音楽劇 ありました。
c0211824_4472123.jpg



この日、朝から、お店に飾ってる魔よけの花束が落ちてきた・・・
え?(@。@) ヒモが切れてもないのに?なぜ、落ちた?
不気味~~~ もしかして・・・検察庁から呼び出しか?
なんじゃいな!などと ひとり言をいいながら
元の位置に戻したのに。。。また落ちた。。。不気味~~~
そんなことも忘れてたのに、、、
このシアターに着いたとたん、旦那の電話が鳴った。


「あれ?警察からや(1234だもんね、すぐわかる)」

「え?(@。@)!!!」




「はい、もしもし」

「〇〇さんですか?」(ハンズフリーなので私にも聞こえる)

「はい」

「〇〇です、こんにちは~ 今、いけますか?」

「はい、こんにちは・・・あの・・・なんでしょうか?」

「15日、警察署のほうに来ていただけますか?」

「はい・・・え~~っと朝から歯医者さんで
 それから会社に行って・・・4時頃でもいいですか?」

「はい、それでいいですよ。すぐに済みますから
 1時間もかからないですから。それじゃ、よろしくお願いします」

「はい、わかりました」



涙、出てきた。。。
うそ、また捕まるの?
また、ウソの調書にサインさせられて捕まるの?
あの、つらかった日々がパパ~~っと、よみがえる。
また、ひとりぼっちになるん?
脈拍が・・・ドクンドクン・・・心臓が痛い。
あぁ・・・私って、ほんま、あかんたれ。
ちっとも、大丈夫じゃない。。。ううぅ・・・(;。;)
ヒックヒック・・・うぅぅぅ 
その場に倒れこんだ・・・弱い私・・・
周りの目なんかどうでもいい、恥ずかしさも何もない!
ただただ、悲しい・・・
まだ、何で呼び出されてるのかもわからないのに
涙がドバドバ出る・・・うわぁ~~~!!(;。;)(;。;)

「いけるって!大丈夫や」

「ほんま?ヒック」

「いけるって、音 聞かせてほしいって
 警察が会社に来て言ったらしいから そのことや」

「ほんまに大丈夫?ううぅ」

「いけるって!心配すんな」

「でも・・・また、あんな辛い思いしたくないヒックヒック」

「大丈夫やってば」

「また、うその供述書にサインさせられるんちゃうん?ううぅ」

「大丈夫、おらのほうが警察の怖さ、知ってるよ。
 わけわからんもんに、サインしないよ」

「今の人、、、ひどかった警察の人やろ?
 なんか、優しい話し方やったやん。不気味すぎるわ~~
 警察に行ったら、別件か何かで逮捕されるんちゃうん?ヒック」

「おら、何もしてないって」

「立ちションしたんちゃうん?ヒック」

「してるか!(><) それに そんな事で呼ばれへんて。
 心配しすぎやって、大丈夫やってば!」

「けど・・・もう、何にもサインせんとってな。ヒック
 例えば、これにサインしなきゃ終わりませんよ。って
 言われたとしても、サインせんとってな!!」

「わかってるよ」

「でも・・・もし、何も書いてないと思ってサインしたら
 あぶりだしかも知れへんから、気をつけて!」

「あぶりだし?」

「うん、あぶりだしたら ひき逃げした って書いてるねん。
 それかもわからへんから気をつけて」

「そんなこと、するわけないやん(><)」

「いや、何されるか わからへん!
 どっかに連れて行かれへんかな?」

「おまえ・・・心配しすぎやって」

「でも、あの人ら 何するかわからへん」

「そこまで、せ~~へんって」

「いやぁ・・・わからん。おそろしいとこや」

「(^^;)」

「いけるかなぁ・・・」

「あぶりだしより、カイコに紙食わせて何か書いてるかも」

「カイコ?」

「うん、カイコが紙を食うのよ。そしたら文字出るのよ」

「え?じゃ、警察でカイコ飼ってるの?
 え?カイコに食べさせる桑の葉とか取りに行ってるん?」

「冗談やって・・・(^^;)」

「私も、冗談やってば(^^;)
 カイコに紙食べさせる?それ、何よ?」

「いやぁ・・・子連れ狼でやってたんよ」

「ふぅ~~ん」




   ジュリーを観たあと、前日行ったお店へ。
c0211824_4473155.jpg

c0211824_4474195.jpg

c0211824_4475398.jpg

c0211824_448328.jpg

c0211824_4481553.jpg

c0211824_4482546.jpg

c0211824_4483518.jpg

「食え、食え~~ 食べたらええんや。
 どうにでもなるわ。食いたいもん、食えよ」


そう言ってた旦那も・・・
私の食欲にびっくりして


「おまえって、ほんまに よう食うのぉ・・・
 すごいのぉ・・・ま、ええこっちゃ」 そう言ってました(^^;)



   まーちゃんが、くれた~~
   私がナッツも食べれなくなる・・・なんて言ったから(^^;)
   買ってくれたのね、ありがとう~~
c0211824_4531296.jpg





   長男の彼女から、いただきました。
   母の日で? ありがとう~
c0211824_4532512.jpg

c0211824_4533881.jpg


   自分で描いたのかな?可愛いね(^^)
c0211824_4535289.jpg

by rakki_618 | 2017-05-14 14:15 | 旦那のこと | Comments(4)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618