1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 16日 ( 1 )

魔の金曜日か?

金曜日に心悩ますおばばさんが来てくれる確率が高い。
早めに看板を消し、、、お店の中でいた私。
案の定ドンドンドン!とドアをたたかれ・・・
開けると・・・おっと~~!やっぱりか!

「もう、終わり~~??」

言い方もねっとりさん。

「ごめんね、終わり」

「へ~」

とにかく何を言ってもねっとり感じる(^^;)

3人連れでやってきた おばばさんは
片づけしてるお隣のマスターの〇くんを見て

「いける~~?」

「いえ、すみません。終わりました」

そそ!ええぞ~ あんなん断ればええねん。と
心で思ってしまった私・・・
たとえ、1万円の売り上げしてくれようが
そのあと、3日間は気分悪い日を過ごさなければならない。
人の悪口ばかりの会話はしんどい。。。
お客さんが何を話そうが勝手だが
お店は私のお城でもある。
変なモンは入れたくないというのも私の本心。

しばらくして外に出ると・・・
片づけをしてるお隣のマスターの〇君と出会った。

「〇くんも断ったん?私もやで」

「え?そっちにも行ったんですか?」

「うん・・・来た」

「そうなんすか、僕も断りましたよ
 もう来んでええちゅうねん」

「やでなぁ~しんどいよね」

「ですよね、たまりませんわ。
 僕、3日ほど休んでたから 
 あれ、また何か言おうと来たと思いますわ。
 もう、そういうアラさがしでしか来ませんよね。
 おかしいんちゃうかな?と思いますわ」

「ほんまに、おかしいよね」

「あんなんが隣にいなくてよかったですわ」

「あ~ かかわりたくないよね」

「でね、上の看板消し忘れてたんですよね」

「うん」

「そしたら・・・上の看板ついてるやんかぁ~って言うから
 あ、すみません。消し忘れてます。って言ったら
 ほな、今度は3年後に来るわ~って言うんで
 3年後に来てくださいね~って僕も言ったんですよ」

「へ~ 看板ついてるから来たって言うなら
 看板消してたらドンドンたたくなよ。って言いたいわ。
 自分は何でも許されると思ってるのかな?」

「ほんま、ごっつい態度ですよね。
 あんなおかしい人間いませんよね」

「やでなやでな!!私もずっと苦しんでんのよ。
 まーちゃんや旦那に愚痴っても
 なんか・・・また考えすぎちゃう?みたいな顔で見るけど
 〇君、私の気持ち わかってくれるよなぁ~!」

「わかります、ほんまにわかります。
 僕は、すごく理解できます。
 もう、あの人が何を言っても よくはとれませんもん」

「そうやねん!! わかってくれる人いてうれしいわ~」

「わかりますよ~」

「あんなん、かまわず ほっとけばいいよね」

「そそ、ほっときましょ!」



お隣のマスター〇君は私のよき理解者だぁ~




何年か前に、あまりにもいやらしいことを言うので
もう、うちには来ないで!って言って
来なくなった、うちのお店のマンションの住人のSちゃん。
15日(土)の朝
お店の前を(珍しく)掃除してたら
Sちゃんとバッタリ会って・・・目も合ってしまった。
時間は偉大やね~
私はニコっとして会釈してしまった。
Sちゃんもニコッとして会釈してくれた。


「がんばって、店 やってるやんか」

「うん・・・久しぶり。元気ですか?」

「俺、やせたやろ?」

「う~~ん・・・そうかなぁ?あんまりわからんけど」

「俺、病気やねん」

「え?病気?」

「うん」

「どこ?」

「(頭を指差しながら) 精神やられてウツになったんよ」

「うつ?」

「うん、精神やられてんねん」

「ふ~~ん・・・なんで?原因は?」

「〇〇(地名)の友達とかとの人間関係で」

「ふーーん・・・ 人間関係が一番難しいよな」

「人間関係で、俺 ウツになってん」

「そうなんか・・・」

「ま、がんばりや」

「おまえもな」 とは言えなかった(^^;)




他人と自分を、くらべることから苦しみが始まる気がする。
今の自分の幸せに気づけず感謝できず反省できず
だから、苦しくなるんじゃないのだろうか?
このことを、いつも忘れない人間でいたいものだ。
いい意味で、われはわれ。他人は他人。
旦那って、他人と自分を全く くらべないので
めちゃ気楽に生きてるように見える。いい意味のマイペース♪


ひどい人だと思ったSちゃん。
今になれば、おばばさんとかよりは 
う~~んといい人かも^^
ってことは?
おばばさんより、ひどい人間に出会えば・・・
おばばさんは、いい人に感じるのか?
by rakki_618 | 2017-04-16 12:49 | その他のこと | Comments(6)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618