1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 07日 ( 1 )

意地悪すんなよ。

4月1日(土)
仲良し4人で行ったバスツアー
その後、まーちゃんから おみやげをいただいた。
あらぁ~ 私、何にも買ってないのに(^^;)


    美味しかったよ♪ごちそうさま!
c0211824_20415226.jpg


「ま、いいやん。色々とありがとう」って。

こちらこそ、ありがとうね。




世の中には、意地の悪い人がいっぱいいるもんだ。
以前、バスツアーに行ってた8人メンバーは
完全に分裂した形となってしまった。
私ともめたKちゃんは・・・
私達夫婦を(きっとわざと)のけものにして
他の人みんなをカラオケに誘った。
わぁ~~
私には絶対にできないことだ。
いくらKちゃんがイヤとは言え
Kちゃん以外の皆をカラオケに誘って
Kちゃんだけをのけもの扱いするなんて、、、
私にはできないけど・・・Kちゃん平気でできるんやね。
びっくりしたわ。
そのお誘いを受けた夢ちゃん(仮名)は・・・

「キューピー(私のこと)聞きたくないやろうけど
 やっぱし、ちゃんと言っておくね・・・
 Kちゃんからカラオケ行こうって連絡あったけど
 私はキューピーと仲良くしてるのに
 キューピーの参加しないそんなカラオケ会には行けない。
 そう言って断ったよ」

そう連絡くれた。

「え?そうなんや・・・
 ひどいことするなぁ・・・
 私ら夫婦だけハンチ(のけもの)にしてるんやな。
 へ~~ そんなカラオケには行きたくないから
 誘ってもいらんけど・・・
 なんか、、、気分悪いなぁ~」

「やでなぁ・・・私も、ひどいと思うわ」

「うん・・・でも、夢ちゃん そう言ってくれたんや。
 ありがとう、うれしいよ」

「それは友達として当たり前やん」

「うん・・・ありがとう」



もう一人の仲間のまーちゃん(仮名)も
カラオケに誘われたらしい。



「ちょっと、ひどいな・・・」

そう言って

「俺は、そのメンバーのカラオケ会には
 行かないから もう誘わないでくれ」と

兄貴であるKちゃんに言ってくれた。

別に悪い人でもない、元メンバーのゆきみちゃん(仮名)
それからKちゃん、ゆきみちゃんとは古くからの友達Tちゃん。
Tちゃんの旦那さんのSちゃん。むこうのメンバーはこの4人。
陰でゆきみちゃんの悪口を散々 私に言って
ゆきみちゃんの前では「親友やねん」とか言うTちゃん。
そんなTちゃんがイヤになり、私はTちゃんと少し疎遠になり
ゆきみちゃんが参加できなかったバスツアーで
Kちゃんが、参加できないゆきみちゃんに
おもしろいから みんなで楽しくやってる画像送って
ゆきみちゃんを困らせようと言ったことに気分を悪くし
それを責めても「何が悪い?おもしろいやん」
そう開き直ったKちゃんに嫌気がさし疎遠になり・・・
(もちろん、それからも色んな嫌がらせが続いたので)
全て、ゆきみちゃんが可愛そうで こうなったのに
そんなことも知らずに、、、
ゆきみちゃんは TちゃんやKちゃんと仲良くやってる。
私は、とんだピエロってわけよ。
ま、わかってくれる人はわかってくれるし
わかってもらわなくても、かまへんわい!
そう、自分に、言、い、き、か、せ、て、る。
夢ちゃんがハッキリ断った後、Kちゃんは・・・
「困らせて、ごめん」
そうラインを送ってきたそうだ。
ここで、やめときゃ男らしいのに。。。
その後、母親が亡くなって淋しい・・・とか
そんな長ったらしいラインを送ってきたらしく
そんなことをラインで送って来られたら
優しい夢ちゃんは無視することもできず。。。
困っていた。
なんで、そんなグジ?
ほんとはメソメソしてないくせに
夢ちゃんにはかわいそうな自分を見せつけて
夢ちゃんの優しさを利用しようとするKちゃんは
男として、みっともないし 性格がいやらしい。
はよ、直せ。無理か?
ほんま、自己中な男やな・・・
我が家の長男も自己中やけど・・・ちょっと違うな。
あいつはナルシスト自己中なだけであって
そんな意地悪なことはしない(と、思ってる)
ま、グジグジしてるのは一緒やな。
そういうことを思えば・・・
旦那には、そういうところは一切ない。
不幸な育ちを誰をも恨まず憎まず
いつも、謙虚で でしゃばることもない。
また、何かを自慢することもない。
やっぱ、旦那は素晴らしいな・・・えらいよ、あんた。




さて・・・こちらも意地悪ババァの話。
テレビドラマ?
ほんとに、そんな意地悪する人間がいるんや・・・

うちのお店の隣のマスター(若いよ)は
ほんとに、よくできた男の子だなぁ~って私は思ってる。
先入観にとらわれてはいけないのだろうが
私は若い男の子が苦手だ。
若い男の子を好きな女性もいるが
私は若い男の子と話てても、しんどいイメージがある。
それなら80歳くらいのおじいちゃんと話す方が楽ちん。
でも・・・
お隣のマスターを見ていると
若いのに、ほんと できた子だと思う。
年齢でもないんだな。
60歳や70歳の人でも できてない人はいっぱいいる。
その人の心の使い方なんだろうな。
お隣さんは、考え方が素晴らしい。
いつも笑顔で、すがすがしい気持ちになる。
そんな好青年をイジメるババァがいるのだ。
それは、私も大の苦手のババァ。。。
こんなにできた、お隣のマスターがお店を休むと
わざわざやってきて・・・

「どういうつもりで、店してる?
 なめてんのか?ええかげんにしろ」

そう説教するらしい。

はぁ?おまえのお店でもなければ
何の関係もない!

「付き出し、いくらとってんの?
 え?300円?なめとんのか!」

そう言ってマスターがトイレに行こうとしたら
土足で腰を蹴られたらしい。
ババァも、お店をしてる。
多分・・・自分のお店で出す付き出しは
300円?くらい?
同じくらいの金額を取ってるはずやのに。
ババァ、自分は許せるんか?
最初は、マスターの彼女も一緒に働いてたのに
このババァが意地悪をするので
彼女は、お店に来なくなり
今は、マスターひとりで営業してる。

ババァのお店に仕方なく
マスターが(お付き合いで)行ったら・・・
同じものを飲んで、会計が3000円の時と
9000円のときがあったらしい。
もう、ここに書ききれないほどの
意地悪をされてるらしい・・・かわいそうに。

隣のマスターは、ほんと~~~~~~~~に いい子なのに
ひどいババァがいたもんだ。

「あの人をどうか・・・なんて、何も願っちゃアカンよ。
 自分に、くるからね
 あの人、、、絶対に下る(くだる)からね・・・」

「下りますよね?」

「下るよ。ほっとこ」

「はい」



お隣さんと、こんな話ができるようになったのは
あるきっかけから。
マスターも私をどんな人間か知らなかったろうし
私も、ババァのことはマスターに軽く言えなかったので・・・
二人とも、同じこと思ってたのに言い合うことなかった。
今は、気持ちがわかったので

「がんばろうな!」と 言ってる。



ババァ、意地悪はやめろ。
で、ババァに動かされて
同じように意地悪してくる男ども。
おまえらは恥ずかしくないのか?
自分がされたら、どうなんや?
そんなカンタンなこともわからんのか?

「〇君(マスターのこと)
 純粋な今の気持ちのままでいてな。
 汚い大人になったらあかんよ。
 あんな人間になったらあかんよ、流されたらあかんよ」

「なりません!!!俺は、あんな人間に絶対になりません!!
 あの人は、この町一番のヒドイ人間です。
 あんな人間には絶対になりません!!」

「うん・・・」



ババァ、意地悪やめろ!!!!!!!!
by rakki_618 | 2017-04-07 22:29 | お店のこと | Comments(2)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618