病院、変えました。

ここんとこ、糖尿病のことで
ちょっと思うことがあって・・・
病院を変えてみようかな?と思ってました。
今の病院の先生は、いい先生だと思ってます。
治療方針も、私の意見を取り入れてくれるし・・・
また、看護師さんもいい感じの人が多いんです。
でも、何か・・・感じたんだろうなぁ~ 私が。
何をよ?なんでよ?どこがよ?
そう自分に問うても、、、答え出ない。
もう、なんやわからんけど変えたほうがいいかな?って
思ってしまったかな(^^;)
ブルース・リーさんの映画のセリフ
<考えるな、感じろ>みたいな?


自分の糖尿病の特徴は・・・空腹時血糖値が高い。
2日間も絶食したなら、同じ糖尿病の人でも
血糖値は100以下になると思う。
だけど、私はならない。
世の中には、平熱が高い人がいるように
私は平血糖値が高いんだろうな、と思う。
私は、確かによく食べる。
だけど・・・私の食べ方なら
ヘモグロビンA1Cは6%台くらいのハズじゃないのかなぁ?
それほど、炭水化物は我慢している。

例えば・・・先日の夜、何も食べないで寝た。
でも、次の日の朝は血糖値が170だった。
2時間ほどして、また測定すると200くらいだった。
もう~~!なんで?なんて思ってしまう。
ここんとこ、糖尿病のことをいっぱい勉強した。
ネットで何日も調べまくった。
もともと血糖値が高く、炭水化物を食べなくても
ヘモグロビンA1Cが6、5%って人もいる。
こんな記事を見つけた!
やろ?そやろ?そんな人、いるんよ!
今の私のヘモグロビンA1Cが7、5%
現在、私は60歳。
はしゃぎまわって生きれるのは・・・もうしれてる。
だから、薬を飲まずに7、5%なら・・・
もうええんちゃうん?きちきち管理しなくてもさ。
そう思ったり、思わなかったり、、、

<<インスリン>>

やっぱ、インスリンがいい~~!
すごく、よかったなぁ~
インスリン治療に戻りたい、マジ戻りたい。
ただ・・・インスリンをやめた理由は太ったから。
太って高血圧になったからだ。
約8kg近く体重が増え
正常だった血圧は200を超えることもあり
フラフラするようになり、、、
これでは、車の運転もこわいなぁ・・・
高血圧って、なんてこわいんだろう。
高血糖もこわいけど高血圧のこわさもすごいなぁ。
体重が減れば、血圧は正常になるかな?
去年の12月そんな思いでインスリンをストップした。
糖質制限で体重は減って行き
血圧は正常に戻り、ほっとした。

主食を抜くことには慣れた。
ごはん粒やラーメン、パンなどなどは
全く食べてないし、それは我慢もできる。
ただ、ポン酢に入ってる糖質などまでは計算してない。
お好み焼きだって、粉は入れずに焼いて食べる。
ソースは、塗らないか・・・たまに、うす~く塗る程度。
だけど・・・
トマトをいっぱい食べるものだから
トマトでも、血糖値が すごく上がるんです。
そういうときにインスリンを打ちたいのです。
ほんの少しだけ・・・
少しだけインスリンを打っておさえたいんですよね~
今の病院では、インスリン治療に戻れるって言ってくれたし
私が、申し出ることはできる。
だけど。。。先生に金額のことを聞いた時
必ず、月一回の診察で8000円はいるって話でした。
ところが・・・色々と調べてみると・・・
2ヶ月に一回で5~6000円ってところもあるんです。
病院の人は、どこでも計算は一緒です。って言うけど・・・
そういう、計算の仕方を問い合わせれるところがあり
そこにも、質問の電話をしてみましたが
やっぱ、病院でバラバラだという回答でした。

今のところでは2ヶ月で16000円かぁ。
それでも、病気の治療なんだから・・・仕方ないのですが
しかも、慣れた病院なのでいいのですが・・・
今の我が家の状態(旦那は気にするな、と言いますが)や
いえ・・・それだけではなく
私が、今の病院に何かを感じたのだと思います。
まぁ、そういうことも重なり
病院を変えてみようかな?って思うようになりました。

で、

病院探しを始めたのです。
まず電話での問い合わせを8つの病院にしました。
それから、3つの病院で診察を受けました。
ひとつは、若い女医さんです。
先入観を持ってはいけないのでしょうが
若い女医さんは、ほんと机上の空論なんです。
まず、あまり糖尿病のことを知らない人が多い(と思う)
なのに、こうこうでこうこうだからこうして下さい!と
自分の意見を押し付ける・・・
これが私の若い女医さんへの感想です。

あるクリニックに予約をしたあとで
若い女医さんが糖尿病の専門医として来てると知り、、、
あちゃちゃ~~ 予約、取り消そうかな?
まぁ、待てよ。もしかしたら・・・いい先生か?と期待して
診察を受けたわけですが・・・
今の私の気持ちを、話していると・・・

「うちでは、無理ですね!
 元の病院に戻られたらどうですか?」

そう冷たく言われました。
しかも、やっぱ思った通りで
糖尿病のこと、あんま知らないなぁ~と感じました。
若い女医さん・・・苦手です(><)


次に行った病院。
40代くらいの男性医師でした。
自分の今の状況と気持ちを言いました。
話は、聞いてはくれたのですが
お薬が合わないので、お薬はイヤなんです。
そう言うと・・・

「今のあなたの数値なら、僕は薬でいいと思いますよ。
 色んな薬がありますから、薬でがんばりましょう。
 あなたも、勉強されてるかもしれませんが
 僕は、医者ですよ。僕の言うこと聞いて下さい」

わぁ~~(><) 
あかんやん、こんなお医者さん・・・あかんやん・・・
お薬がダメって言ってるのに、、、飲めばいいなんて。
はぁ?って感じがしました。
僕の言うこと、聞けってか?
私の体なんじゃ!!



あーーあ・・・やっぱ。いい病院ってないのかな?
それで、どうしようかなぁ~とさまよって。。。
いやいやいや!!絶対にあるはずだ!
私の、気持ちをちゃんとわかってくれる先生も
きっといるんじゃない?
それまで、診察代ばっかかかるけど
長い目で見たら、それくらいなんなんだ!と
それから、また探し始め・・・
ある病院に電話。

「もしもし、おたくの病院は
 糖尿病のインスリン治療も、やっておられますか?」

「はい、やってます。今日は専門医の先生がおられます」

「あ、そうですか・・・あの・・・
 糖尿病の専門医の先生は・・・若い女性ですか?」

「いえ、内科は全て男性医師です」

「あ、そうですか・・・あの、若いですか・・・」

「いえ、若い先生はおられませんけど」

「あ(^^) そうですか!それなら行きます!」

「はい、わかりました」



そんなわけで、ある病院に行ってきました。
その先生が・・・すごく、話を聞いてくれて
もう一度インスリン治療に戻りたいっていう
そんな私の気持ちも、理解してくれて・・・
私の診察に2時間もかけて下さいました(^^;)
めちゃ、申し訳なかったけれど
すごく、ありがたかったです!



「じゃ、今は薬も飲んでないんですね?」

「はい」

「A1Cが7、5%やね。血糖値が200やね」

「え、え~~(@。@) 200ですか?
 私、昨日の夜から食べてないんですが」

「うん、200やね~」

「先生、私 お薬は・・・イヤなんです。
 市販のお薬も飲めないんです」

「うん、いてるよ~ 薬がほんまに合わない人って。
 あなたも、インスリン治療のほうが合ってるんやろうね」

「はい」

「僕もね、あなたが今80歳なら
 A1Cが7、5%でも いいかなって思うけど
 今、60歳でしょ?そうしたら、このままだと
 やっぱ、合併症が心配ですね~
 6、5%以下におさえておきたいですね」

「そうですか・・・」

「え、え~~っと・・・
 インスリンはね、2つの病院からは出せないのよ。
 どうされますか?元の病院から出してもらいますか?
 それとも、ここにしますか?」

「はい、こちらの病院に変わりたいと思います」

「わかりました、そしたら こちらで出しますね。
 以前は、どんな種類のインスリン打っておられました?」

「はい、ヒューマログとトレシーバです」

「うんうん、
 基礎のインスリンを打つところから始めましょか」

「はい」

「トレシーバ、以前は何単位でしたか?」

「16単位です」

「うん、じゃ8単位から始めてみましょか」

「え?8単位ですか?(それじゃ~効き目ないだろな)」

「うん、インスリンは最初少な目から始めて
 段々と・・・ていう規定があるのよ。
 今は、どんな状態かもわからないので
 まぁ、ここから始めてみましょうか」

「はい、わかりました!」



   初めて行った病院なので
   色んな検査をしてもらいました。
   最初だし、検査代もあるので当然高いです。
c0211824_11422855.jpg

c0211824_11423740.jpg

ここんところの悩みも吹っ飛んで
気持ちが、晴れやか~~~~になりました(^^)
そそ・・・悩んでいたのよ・・・




「すごく、いい先生やった」

「そうか、それは よかった」

「なぁ・・・インスリンに戻ってもいいよな?」

「ええやん、なんでアカン?」

「なんか・・・脱落者のような気になって」

「ん?どういうこと?」

「世間のみんなができてる糖質制限を
 自分は、できなくて・・・結局インスリン・・・
 それって、なんか負けたような・・・」

「誰に負けるん?」

「うーーん、自分?なんか、恥ずかしい(><)」

「誰に、恥ずかしいん?」

「うーーん・・・」

「おまえの人生やろ?」

「うん・・・」

「あれだけ、がんばっても血糖値が高いから
 仕方ないやん。そんな人、いるんちゃうか?
 薬が合わないんやからインスリンやろ?
 薬がインスリンになっただけやん。
 何も恥ずかしくもないし、それでええやん」

「やでなぁ!! それでいいって、もっと言って!」

「それで、ええんや!!
 ただ、また食べすぎて体重増やして
 血圧が高くならんようにせ~よ」

「うん、それは自分でも思ってる。
 主食は、食べないつもり。
 その方が、体の調子がええから。
 ただ・・・たまに食べたい甘いもの
 それから、ナッツとか・・・
 そういうもので上がる血糖値をおさえたいんよ。
 体重は40kg台をキープしたいと思ってる」

「それが、わかってるならええよ」

「インスリン代、かかってもええ?かまへん?」

「当たり前やろ!
 そやから、そこは気にするな!
 おまえの体の方が大事やろ?
 自分のやりたい治療をすればええんや」

「うん・・・ありがとう」






そんなわけで、糖質制限しながらの
軽いインスリン治療に戻ります~。

ヘモグロビンA1C 目指せ!6、5%以下です。
体重は50kgを超えないよう、がんばります!
by rakki_618 | 2017-09-17 11:26 | 糖尿のこと | Comments(6)
Commented at 2017-09-17 11:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aoi at 2017-09-17 14:28 x
こんにちは
みるくさんは糖尿の勉強は本当によくしていて努力も本当にしているものね。
真剣に考えているから病院選びもしっかりやっていて、自分が納得した病院を見つけましたね。
私は好きなだけ食べ このままじゃあとから後悔するってわかっているのに努力なし 
糖質制限全く出来ない私です。
少し考えを変えなきゃ自分も家族も困るのにね。
Commented by rakki_618 at 2017-09-18 01:15
鍵コメント下さった方へ

こんばんは~
よかったですかね(^^;)よかったですよね!
私は、ずいぶんと気持ちが楽になりました。
ここんとこ、ず~~っと インスリンに戻したい気持ちを
おさえながら、なんとかやってきたのですが
やっぱ自分は糖質制限では下がりきらない血糖値を
インスリンに助けてもらうことにしましたよ~
体重に気をつけながら・・・やっていきたいと思ってます。
以前とは、違う形の打ち方でやってみます(^^)
がんばりますね~~ ありがとうです。
Commented by rakki_618 at 2017-09-18 01:27
aoiさんへ

こんばんは~
煮豆を大さじ1杯ほど食べても けっこう血糖値があがります。
そんな時、、、はぁ~~~??って思ってしまいますね。
両親とも糖尿病でしたし、父が失明してるので
やっぱ、気をつけなきゃ!!って 思いますね(^^;)
痛みがないので、やっぱこわい病気ですよね。
糖尿病の人のブログを読ませてもらうのも好きです。
みな、色々と努力されたりしてると すごいなって思います。
自分も、なかなか上手には糖質制限はできてませんが
主食は抜いています。これ、続けなきゃって思っています。
でもね~~  もう我慢せずに食べたいわ!って思う日が
やってくるかもしれません(^^;) 
Commented by tstthome at 2017-09-18 12:27
こんにちは^^
納得できる先生に巡り会えて良かったです。
自分の身体を、我が身のことのように思ってくれる医者って
本当に限られていますよね。と言うか、それを望むのは不可能?
やっぱり、自分のことは自分で知らないといけないんですよね。
でも、それが難しい・・恐い気もするし(-_-;)
インスリン治療を止めて、一年近く頑張ってきて出した結論だもの
何の遠慮も退けも、誰にも感じる必要がありません。
ただひたすら、みるくちゃんがこの先元気で生きていけるように
それだけを考えれば良いことだと思います。
それに、もうこの歳になったら美味しいものを食べる事こそ幸せ^^
インスリンの力をちょっと借りながら、ストレスのない毎日をね!
血圧だけは気を付けてね。
主人が毎回請求されるのは、特定疾患療養管理料という名目だって。
金額は2800円の3割負担。だから8000円負担は、やっぱり高い~~
Commented by rakki_618 at 2017-09-19 02:24
tstthomeさんへ

こんばんは~
うんうん、また いい先生に巡り会えました(^^)
初診だったので、病気になった年月や
お薬を、どれくらいの期間 飲んだ?とか
両親は、どうだったとか・・・いっぱい質問してくれて
それを全部、パソコンに打ち込んでくれていました。
真剣に悩んでいることを告げ・・・
じゃ、これから どういう方向で病気とむきあうか?など
とても、よく話を聞いて下さいましたよ(^^)
年齢を考えれば 治療も もう、ほどほどな感じでいいのでは?
そうも思ったりすることもありますが
目がかすんだりすることもあるので、やっぱ血糖値を
下げないとな~って思ったり・・・
でも、少しは甘いものも食べたいし・・・で
そそ、チロママさんが言われるように
この先、元気で生きてゆけるよう・・・ですよね。
そのために、インスリンの力を少し借りることにします。
血圧には、気を付けますね~ ありがとうです。
パパさんも、けっこう 管理料ってかかるんですね(@。@)
<< 仲間と漫才を観に! ここんとこの出来事 >>