1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

たこ焼き屋さん

4月29日(土)

熊本から帰ってきた友達からも電話をもらったし
夢ちゃん(仮名)と叔父さんと私達夫婦で食事して
旦那のくやしさを聞いてもらった。

「キューピー(私のこと)より、しゃべる〇ちゃん(旦那のこと)を
 初めて見た~~~(@。@)」

旦那は、それほど雄弁でした。

まーちゃん(仮名)にも 挨拶に行った。
かっさん(仮名)にも連絡した。
他の人にも、ちゃんと連絡した・



まだ、腑に落ちないことも たくさんあって
私は、色んなことを調べて調べて調べまくり。

5月1日(月)には出頭です。
色々と、教えていただきたいのに
弁護士さんとは連休明けまで連絡が取れないし
今は、フェイスブックってものを皆がやってる時代。
きっと、弁護士さんもやってるのでは?
検索すると・・・あった!!
同姓同名が、4~5人いたけど・・・きっと、この人か?
わぁ・・・(^^;) 自分も登録しなければ連絡はできない。
弁護士さんにわかってもらえるように
あえて、旦那の名前でフェイスブックに登録。
早速、メッセージってのを送信してみる。

<先生!困っています。
  警察から&%$#$%&#&・・・
 どうすればいいでしょうか?>

このような内容のメッセージを送るが返信なし。

<ひき逃げ事件のの〇〇です。
  どうすればいいか、困っています。
 もしかして間違ってメッセージを送っているなら
  間違ってると、教えてください>

それでも、返信はなかった・・・
わぁ~ 弁護士さんには届いてないな・・・

法律相談のところにも、いっぱい電話した。
電話相談はないらしい・・・

どうにもこうにも・・・

大阪府警にも電話した。
何回しても、つながらない。
仕方なく兵庫県警、和歌山県警にも電話した。
すっきりする答えは返ってこない。
やっと、つながった大阪府警さん。
話は聞いてもらえてけど、、、答えは出ない。
担当刑事と話して下さい。とのこと。
その担当刑事が信用できないから
こうやって、聞いているのだ!と食い下がり・・・
でも結局は、所轄の勾留されていた警察署に電話。
私は思いっきり、言いました。
どうして、ひき逃げしました。って書面に
サインをさせようとするのか?
他にも思ったことを言いました。
旦那も電話をかわって
おかしいと思ってることを色々と言いました。
珍しく(失礼!)ちゃんとした説明をいただき
二人で納得しました。

旦那は、逃げる恐れはないだろうと
釈放にはなったけど、まだ不起訴ではない。
それは、これから検察庁で検事さんが決める(だったと思う)
だから、明日も取り調べのハズですよ。ってことを言われ
私達夫婦も、納得し・・・明日を待つことに。


「明日は、おかしいものにサインせんとってな!」

「うん、ちゃんと読んでから 少しでもおかしかったら
 サインは絶対にせんとくよ」

「手袋、はめていきよ。そうか包帯したらええねん。
 手、使わんようにせんと」

「うん・・・そやけど、あの刑事あったまに来るわ~~」

「そりゃ、くやしいのわかるよ・・・
 そやけど、もうちょっとやん。
 今、その刑事さんに何か言ったとしても
 あんたの気が済むだけやん。
 それで、また違う罪に持ち込まれて
 勾留されて、有罪にされたらどうするのよ?
 あの人らは、つぶれたメンツのために色々とするで。
 もう、おとなしく取り調べに応じてよ。
 してないことは絶対にしてないって言い続けて
 刑事さんをバカにするような態度せずに
 ちゃんと話を聞いてればええんよ」

「あいつら、ウソ発見器の結果 教えてあげますね。
 そう言ったのに!多分、結果がおらに有利やったから
 見せてくれへんや!」

「ふ~ん・・・それはアカンな。
 私、そういうこと嫌いやな。
 言った以上は守らんとな。」

「そやろ?ほんま、腹立つぞ~~ 
 あ~~!!思ってること、言いたい!!」

「やめとき!! 
 あんた・・・私ら、どんな悲しかったと思ってるん?
 また、こんな苦しい思いさせるん?
 元は自分やろ!自分の甘さがこうなってんねん!
 自分が確認せんから、こうなってんねん!
 刑事さんだけが悪いんちゃうやん!元は自分やん!
 まだ、こうやって釈放してもらって・・・
 家でテレビも観れて・・・感謝せんと!」

「わり!おら、もう・・・おまえのあんな悲しい顔は
 二度と見たくない!!」

「そう思ってくれるなら・・・静かに取り調べ受けて
 挑発してこられても、自分を押し殺して
 挑発に乗って、暴言 吐いたりせんと
 お願いやから・・・もう少しやから
 がんばって!!!」

「わかった・・」

「私な、ここで たこ焼き屋さんしようかな~って
 そんなこと、考えてるねん。
 いっぱい、よう儲けらんけど
 ちょっとくらいの実入りあるかなぁ~なんて」

「たこ焼きか・・・それも、ええかな」

「うん、家の前で やろうよ!!」

「おぉ・・・それも考えてみるか・・・」

「うん、あのな 会社の人も話を聞いてくれるけど
 決して親身にはなってくれてないと思うよ」

「え?」

「あんたが、勾留されてるとき・・・
 まぁ・・・かくかくしかじか・・・」

「え?(@。@)」

「もう、誰ともうわべだけで付き合っておき。
 まぁ・・・たまには、いい人間もいるけどな。
 それでも、まぁ・・・いてないわ」

「え?あの人が?
 おらかって、、、だれかれなしに話してないよ。
 あの人、いい人と思ってたから・・・」

「じゃ、あんたは こういう事件が起こって
 悲しんでいる奥さんに対して・・・かくかくしかじか・・・
 そんなこと言える?」

「いや・・・言われへん」

「やろ?人って・・・
 かまえているときは優しいフリできるわよ。
 けどな、とっさのときとか 言葉のほんまの端っことか
 ふりかえりぎわの目つきとか・・・
 そんな小さなところに、本心が出るわ
 あの人も、最初のちょっとした言葉に・・・
 私、あれ?なんか・・・ん?なんか、変な人?
 そう感じたんよ。それから言動に注意してたけど・・・
 やっぱ、おかしいかな。そりゃ親切なことも言うで。
 けど、それって・・・自分をよく見せたいだけで
 あんたの心配なんかしてないよ。
 むしろ、心配の反対とちゃうかな・・・」

「・・・ほ~」

「優しいフリしてな、心配してるフリしてな
 あの人は、そんな人じゃないで。
 そやから、あんまり事件の話はせんほうがええわ。
 仕事場の近所の、きもいM子と一緒。ひとくくりやで」

「そうなん?そんな言い方したん?」

「そやでー」

「ふ~~ん・・・」


抽象的ですが・・・言いにくいことなんです(^^;)




4月30日(日)の旦那は・・・
伸びすぎた藤の枝も、切ってくれて
除草剤もまいてくれて
私が作ったカレーを「美味しい」と言ってくれ
テレビを観て、大声で笑ってました。
そんな旦那の姿を見て・・・幸せ、感じました。

怪我した人のことは・・・
う~~ん、何?当たりや?自殺未遂?
大丈夫?って気持ち、ちょっと薄れます。
自分から車に飛び込んで・・・
こちらが被害者だと思います。
しかも、見えなかったのだから逃げてません。
それでも、確認しなかった旦那も悪いのでしょうが
車に傷がついてないのなら・・・
あたってないんじゃないの?
あなた、勝手に飛んで来て
旦那の車を飛び越えて
地面で打って肋骨骨折したんじゃないの?
そういう疑問も出てきます。
それでも・・・
死なないで生きていてくれてよかった・・・
それは、ほんとうに思います。
生きててくれて、ありがとう。


旦那は、いつものようにテレビを観ながらうたたね。
たくさん、食べたから 勾留中に減った体重も
すぐに、もとに戻るでしょう・・・
でも、こんな平凡なことが ほんと幸せです。


私は、たこ焼き器を検索。
家の前で、たこ焼き屋さんを開業することを
真剣に考えています。
旦那が不起訴になっても
不起訴=免許取り消しナシとは違うらしいので
無罪でも免許取り消しはあります。
事実、警察の人からは そう通告されています。
何年かな?多分・・・4~5年の免許取り消しかなぁ?
夫婦でマンションの住み込み管理人、やってくれるか?
旦那は、そう言ったけど・・・私も同じこと考えたけど
夜中の見回りに掃除・・・あ~苦手苦手!
掃除も見回りも、おらがするから!
そう言ってくれたけど・・・やっぱ無理よ(><)
旦那は、ハローワークで仕事を探してくれるって言うけど
もう、いいんじゃない?もう、ゆっくりすれば?
お金はないけど、なんとか生きれるんじゃない?
家で、たこ焼き焼こうよ~
そんな甘くはないけど、、、
シフォンケーキ屋さんやる前に
たこ焼き屋さんしようと考えたことあったし
昔、なりたかった職業なので燃えるなぁ~~


どうかな?ダメかな?
by rakki_618 | 2017-05-01 01:55 | 旦那のこと

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618