1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

かかわらない

こんばんは~~~
あるぞあるぞ~~
書くこと、いっぱいあるのよ~。

スマホにかえたし、糖尿病検診も行ったし
書きたいことは、いっぱいなんです。


でも、まずは お隣さんのことから!
9月29日(火) 仕事に来たら
またまた、私のお店の前に お隣さんのお客さんが
車を停めるところだった(そう、思った)
自分のお店に入ろうとすると
お隣のママさんの友達だという人がいて
私に、会釈をしてくれた。
だけど、私は・・・
はぁ? この前 もう車は停めないって言ったばかり。
しかも、あなたも一緒になって深々と頭を下げてくれながら
はっきりと、言ってたじゃない!
そう思ったものだから、イヤそ~~~な顔をして会釈を返した。
すると・・・
この車は、迎えの車で お客さんを乗せて もう帰るとこです。
そう言うものだから、あぁ、それなら、いいですよ。って言ったんです。
すると、お隣さんのお店の前に椅子を置いて座っていた
お隣のママさんの友達の旦那さんが・・・




「いちいちいちいち、うるさいんじゃ!あほが!!
 この、きちがいが!!ぶっさいくな顔しやがって!
 ノイローゼになれ!!あほ!!」





そう、私に叫んだんです・・・
(@。@)(@。@)(@。@)

「はぁ?あなた、言ってること おかしくないですか?
 なんで、私が そういうことを言われなきゃならないんですか?」

「うるさい!!きちがい!!ノイローゼになれ!!」

「はぁ?ビデオに撮らせていただきますね」

「おぉ!!なんぼでも撮れ撮れ!!この、あほが!!!」

そう叫びながら、お隣のカラオケ屋さんに消えて行きました。

きちがいなんて言っていいんですかね?
私は、くやしくて泣けてきました。

そのバカ野郎の奥さんが

「すみません」

「あれは、いかんのと違う?」

「主人、今日は機嫌が悪くって・・・」

「そんなん、知りませんやん!」

「いや・・・私達だって言われてるんですよ」

「そんなん、知らんがな!それに あなた、奥さんでしょ」

「確かに主人 言いすぎです。すみません」

「もう、いいです!!!」

奥さんに、きつく言うのも悪いと思ったけど
なんで、旦那さんを止めないんだろう?と、頭に来ました。

それから、自分の店の中に入ったけど
くやしくてくやしくて涙が止まらず旦那に電話。
実車中(タクシーにお客様が乗ってる)らしく
旦那は、電話にでない・・・
この気持ちを早く誰かに聞いてほしくって友達に電話。
友達って言っても、娘くらいの年齢の子。
私は、彼女が自分で仕事をしてるものだから
家にいるなら聞いてもらえると電話したんだけど
出先って言ったので・・・ゴメンゴメンって電話を切ろうとしたけど
私が、泣きじゃくってるものだから
すぐ、そばで仕事中やから待ってて!行く!
そう言ってくれて、来てくれたんです。
彼女が来てくれたとき、ちょうど お隣のママさんの友達も
私のお店に入ってきて 3人で話すことになったんです。


「ここのシャッターには営業時間が 17:00~になってる。
 それやったら、誰でも 17時までは車停めてええと思うから
 シャッターに 14時~とか書けばいいのに」


「はぁ~~~~!!ここは、この人(私のこと)が、時間関係なく
 借りてるねん!何時に開店しようが勝手やろ!」

「そりゃ、あなたは こちらのママさんのカタ持つのわかるけど」

「はぁ~~!? 誰が聞いても そっちがおかしいんじゃ!!」

「わたし、なんで あなたに えらそうに言われるわけ?」

こんな感じの言い合いが続き・・・

私の友達が、すごく熱くなってくれて色々と言ってくれました。
めちゃ、うれしくって・・・また涙がポロポロと・・・

私の友達に娘さんの学校から電話が入り
それで、話が中断し・・・一応、終わったんです。

しばらくして、お隣のママさんのお友達が再びやってきて・・・

「これ、主人の名刺です。主人も悪かったと言ってますので
 この名刺、渡しに来ました。これで、主人の気持ちわかるでしょ?」


ほんと~~~~に、わからん!
あのバカご主人の気持ちも名刺のすごさ?も、わからん。。。
名刺が、どうしたねん?

しばらくすると、お隣のママさん本人がやってきて


「ママ、すみません!ほんとに、すみません m(。。)m」

「あんた!いったい、どれほど私の悪口を言ってるのよ?」

「・・・・・・」

「あんたが、悪口を言ってるから あの社長って人
 私に、あんなに言ってくるんでしょ?」

「・・・・・・」

「それから、私に二度と物を借りに来ないでよ!!
 醤油、油、アイスピック、領収書、お酒・・・」

「それは、私も思ったねん!
 物は、自分で買わなアカンなぁ~って」

「はぁ~~~~~~~~!!!??? じゃ、自分で店してて
 材料を何も買わずに済まそうと思ってたんかい?」

「やっと、わかってん。自分で買わないとダメって」

「・・・・・・(-、-;)」

「ほんと、すみませんでした!」

「あんた、それから ウソもつかんといてよ!
 なんのためにコマゴマしたウソをつくのよ?」

「私は、一度も ウソついたことないねん!!」

「・・・・・・(-、-;) あ、そ」



もう、話しにも何もならないんです。
その後、旦那は 明日 文句を言いに行く!と、怒りまくり
私の友達は、こんな少し話しただけでも頭くる!
よく1年も我慢してきたな・・・と、言ってくれ・・・
その日の夜、考えたんです。
どうすれば、自分のストレスをためずに行けるんだろう?
どうすれば、自分が笑えるんだろう?
言っても言わなくても、車をお店の前に停められ
こちらが悪いみたいに言われ・・・
ほんと、バカみたい!!
どうすれば、いいよ・・・?

なので、次の日の朝 お隣のママさんに電話したんです。

「どうぞ、もう自由に車を停めてください。
 私が、困る時はこちらから声をかけますのでご自由にどうぞ」

そう言いました。

「ありがとうママ!ありがとう!! 
 私、今マンションの上の人と もめてて
 そのことで、毎日 大変やねん。お客さんも逃げたしな」

「あ、そ」

そんなこと、知らんわ。
あんた、どこで仕事しても 誰かともめるわ。


それから、名刺をもらった社長さんにも電話して
こういうことになりましたと報告。


「あ、お隣のママさん?」

「はい・・・突然、電話してすみません」

「いえいえ、すみません、すみません!昨日は、ほんと申し訳ない。
 えらいこと、言ってしまいました。すみません」

「いや・・・もう、いいですよ。
 私もね、ぶっさいくな顔して!ぶっさいくなって言われて
 女心が、傷つきましてん。ぶっさいくって、言われてね」

「すみません!ぼく、誰にでも そんなですねん」

「いや、そうだとしても自慢にならないですよ」

「すみません、ぼくも自分で会社やってて知り合いが多いんですわ」

「はい・・・(それが、どうしたよ?)」

「でね、ママさんのシフォンケーキをホテルオークラの
 バイキングとか、出しませんか?」

「いえ、けっこうです。 こうやってチマチマした仕事で
 私は、十分 満足していますし そういうのしんどいです」

「そうでしょうね・・・わかります」

「まぁ、そういうことになりましたので
 ご自由に、お車 停めて下さい」

「ママさん!甘やかしたらあきませんよ!
 あの人、10人ぐらいともめてますねん。
 ぼく、仲裁に入って大変ですねん」

「そうですか・・・
 (そりゃ、もめるわな。そやけどアンタ仲裁できんやろ?)」

「ほんまに、図に乗ってくる人なんで
 甘やかしたら、あきませんで!」

「はい・・・(そやから、散々言ってるけど変化ないやんか)

「ちょっと、家内と変わりますわ」

「はい」

「あ、昨日は すみません」

「いえいえ」

「昨日、主人とも言ってたんです。
 話は、どちらからも聞かなきゃダメやなぁ~って」

「はい・・・」

「私達夫婦は、ママさん(私のこと)の悪口しか聞いてなくて
 でも、ママさんと話していくうちに段々とママさんの性格がわかって
 ものすごく、ちゃんとした人ってわかったんですよ」

「あぁ・・・そうですか、それはどうも」

「車、停めていいって言ってくれて ありがとうございます」

「いえいえ、どうぞ お停め下さい。
 だけど、こちらが停める場合は こちらが優先ですので」

「それは、もう・・・・当たり前です」

「はい・・・お願いしますね」

「彼女(お隣のママさん)は、いい加減な人なので
 最初だけ、言うこと聞きますが またルーズになって
 約束を破ってくると思いますので、その時は私達に言って下さい」

「はぁ(^^;) そんなルーズでいいかげんな人と
 お付き合い、されてるんですね」

「そうなんですよ!もう3年の付き合いですねん。
 どこか、憎めなくってね・・・」

「たしかに、憎めないとこありますが
 それを、払拭させるほどの いいかげんさですけどね」

「そうなんですよ、どこに行っても もめてるんです」

「あぁ、そうですか。すごいですね」

「私達も、怒ってるんですけどね」

「そうですか、じゃ そういうことで やっていきましょう」

「ほんとに、ありがとうございます!」

「いえいえ・・・じゃ」



おかしいわ・・・
こんなんに、かまったらアカン。
何かに、やられてるわ。
体の中におかしな宇宙人が入ってるんちゃうか?
出来る限り、かまわんとこっと!



「おら、我慢できひんぞ。その客 毎日 来てるんか?
 明日、行くぞ!怒鳴りこむぞ!」

温厚な旦那は、そう言ってくれたけど

「いや、もう ちゃんと謝ってくれたし
 これ以上、もめたら しんどい・・・もういい、疲れた」

こう言いました。

「おまえが、ええんやったらええけど・・・ええんか?」

「うん、ほんと もういい。あの人らにかかわりたくない」



私の、熱いお友達も旦那も・・・ありがとう。

つまらないウソをついたり
妄想で話を作りあげてバラまいたりする人、怖い。
近づかなければ、巻き込まれることもないので
極力、ふれあいません!

自分が悪くなければ、時間はかかっても
報われる時って きっとやってくると思うんです。

なので、異常とも言える この軍団には かかわらないことだと
強く強く 思いました。

あ~~~疲れた(^^;)
Commented by チロママ at 2015-10-02 12:06 x
こんにちは。
本当に何と言うか・・
お隣りにそのママさんがやってきたことは、もう災難としか言いようがないわね~。
それにしても、こんな人がいるなんて!
周りの人たちも、十分???だけど。

そうですか、そうですね
関わらないのが一番と思うと、悔しいけれどみるくちゃんの決断が最良だと思うしかないのかしら。
そのことに遠慮せずお礼を言うのにも呆れます。

きっといつか、やってきたことへの責任を問われる時がやってくるはず!そう信じましょう。
本当に本当にお疲れ様です。
これからは、約束通りにして!のひと言で終わらせて、関わりのない平穏な毎日にしてください。最後は真実が勝つ!だからね!!
Commented by らいぐー at 2015-10-02 22:06 x
こんばんは~

神経使いますね。。。
そりゃ、ヘトヘトにもなるわ~(T_T)
いくらなんでも言い過ぎ。
言葉の暴力だよ。

こういうのもご近所トラブルって言うのかしらね。
しかし、友達が出てきて、それだけでも不思議なのに
友だちのご主人まで…?不思議だぁ~
Commented by イナ at 2015-10-02 22:47 x
大変な状況ですね・・・・言葉の暴力は(私もたまに吐きますが)やはり良くないですよ。

世の中にはこんな常識の知らない人が多すぎますね””

大変でしょうが 頑張ってください。旦那頼もしいね。喧嘩強いのかな?
Commented by rakki_618 at 2015-10-03 11:07
チロママさんへ

こんにちは~
うん、ほんとに 何というか・・・
異星人って感じです。
自己中星かも知れません。
とにかく、とにかく かかわらないこと!
ひたすら、そう思っています。
今、マンションの上の階の人が
毎日のようにやってきて
いやがらせをされてるって言ってました。
この話もウソかも知れませんが
マンションの上の階の人が普通だと思います。
ここまでひどく人に対して付き合ってたら
いつか、ひどいことされるかも・・・
そう思わずにいれない、めちゃくちゃな人です(><)
もしかしたら将来すごいことになるかもを想像させる
このお隣さん・・・なので
その時に、巻き込まれないように しっかりと
お隣さんとの縁を切ることにしてきます。
おかしなヤツにはかかわらないことです!よね^^
Commented by rakki_618 at 2015-10-03 11:18
らいぐーさんへ

こんにちは~
神経、使うわ~~(^^;)
言葉の暴力、そそ!その通りなの。
でも、私だってこんなオッサンには負けないくらいの
言葉の暴力は全然できるけど、、、
それを、やっちゃあ おしまいだと我慢したの^^
例えば、お隣のママさんの友達のご主人が
普通の神経の持ち主ならば
その ご主人は おまえらおかしいぞ!と
みんなを諭すはず。 
おかしいから夫婦でおれるのでは?
ご主人だけが、まともで 奥さんがおかしいなら
もっともっと奥さんを諭して怒ると思うわ~
おかしな連中ばっかだと私は思うんです・・・
Commented by rakki_618 at 2015-10-03 11:37
イナさんへ

こんにちは~

こちらが何も悪くないのに(ほんと、そうなの!!)
こんな言ってはいけないようなことを
何度も何度も言われて、、、
こんなひどい言葉は心に残りますね。
だけど、、、表面上だけかも知れないけど
謝ってくれたので・・・今は怒りは消えました。

旦那は、喧嘩 強くないでしょ。きっと^^
昔は、いきがっていたので
40人のバイク集団にひとりでケンカした。
なぁ~~んて、言ってるけど^^  
アリエナイ!数をかぞえられないかも^^
きっと4人くらいでしょ。しかも彼女を連れてたので
ええかっこしたらしいよ。
で、ぼこぼこにやられたらしい(><) 
Commented by アマリリス at 2015-10-03 13:47 x
こんにちは
ひどい話だわね ひどい言葉を投げつけた男性もちょっとおかしいんじゃないのって思ってしまうわ。
みるくさんの電話で その男性は「10人くらいともめ仲裁に入って大変」と言うならどちらがおかしいかくらいわかってるんじゃないの それにしてもひどい言葉「あんたもおかしいわ」って言いたいくらいだよね。
悔しいけれど 変な人達とはかかわりたくないものね。
ご主人よく我慢しました みるくさんのことを思ってだろうけどね。今は変な人達に関わりなにされるか分らない時代 怖いよね。

Commented by rakki_618 at 2015-10-03 21:58
アマリリスさんへ

こんばんは~
ほんとに、ひどい話でしょ?
以前は、もうひとり男性も一緒にやってたんですが
この男性も、駐車はひどかったのですが
言えば、段々とわかってくれてたんです。
ところが、ある日「もう、辞めます」って言うので
「どうされたんですか?」って聞くと
「一緒にやってるママさん(お隣の問題ママさん)が
 僕が、お金をチョロまかしてるって言うんです。
 僕も、そこまで言われて 頭にきて・・・」
そう言ってました。
私は、お隣のママさんに何も聞きませんでしたが
ママさんの方から「あの男の人、ひどい人やった」
そう、何回か聞かされましたが
どう考えても、男性の人の方が まだ普通でした^^

とにかく、お隣のママさんは 変な人~~~~(><)
by rakki_618 | 2015-10-01 23:21 | お店のこと | Comments(8)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618