ラッキー、ありがとう・・・。

7月14日(火) 21時20分頃  ラッキーが逝ってしまった。
すごく、あっけなく・・・

私は、仕事中で旦那も仕事の日。
次男から、あせった声で電話があり
ラッキーを散歩させてくれたあと
家の前の道路を散歩中の、よその犬にほえて・・・
そのまま、けいれんを起こして動かないと言う電話だった。
うそやろうそやろ~~!!私は気が狂ったようになり
急いで帰り支度をして帰ろうとしたとき
今度は長男から電話があり、今 家に帰ったら
ラッキーが大変や!二人で心臓マッサージしてるけど
もう・・・だめみたいや。と、いう電話だった。
旦那は仕事中なので驚かせて事故ってもいけないと思い
家に帰ってから、ラッキーに会ってもらおうと思ったんだけど
あわてて帰り支度をしてたら旦那から電話があり
いま、〇〇(長男)から電話あった・・・
おまえ、聞いたんか?おまえ・・・大丈夫か?って言うんで
私はワンワン泣きながらも 
小さな声で うん・・・と、言うのがやっとだった。
私が事故でも起こしたら大変だと思ったので
すごく慎重に運転し・・・家に着いた。
庭に横たわってるラッキーは、もう動かなかった。
なんで?なんで~~~!!なんで死んだの?
そう叫んだなら最後に散歩させてくれた次男が・・・
きっと、自分のせいだと自分を責めることになり
あの子の心に、一生 傷が残るのではないか?
私は、次男が心配で そうは叫べなかった。
ただただラッキーに顔をこすりつけ
ラッキー、ありがとう!ラッキー、ありがとう!ラッキー、ありがとう!
ラッキー・・・ありがとう・・・ラッキー、ありがとう・・・
何十回、同じことばかり言っただろう。
うそやろ?元気やったやん!イキイキしてたやん!
なんで・・・そんな急に・・・
ラッキー? なんで・・・?
心の中で、何度も何度も うそやろ? そう叫んだ。




ラッキーは平成18年6月18日生まれ。
つい、最近9歳になったばかりだった。
すごく、可愛い犬だった。顔も、好きだった。
旦那や私が家に帰ると・・・次男の部屋にいるラッキーが
お尻をフリフリしながら笑ったような顔で玄関まで迎えに来てくれた。
今日は、何してたん?兄ちゃんと遊んでたんか?
どうしたいん?オシッコか?行くか?
ごはん、食べるか?
これくらいの会話はわかるみたいで
ワン!と、返事をしてくれた。
一緒に寝ることもあって・・・
私は、鼻と頭をナデナデしながら
ラッキー、奈良から来てくれたん?
ここのうちで幸せか?
お母さんは、おまえと出会えて すごい幸せ。
ありがとうな!ここに来てくれて、ありがとうなほんまに。
いつも、ラッキーに そう話しかけると、返事はしないけど
優しいまなざしで私を見つめてくれた。

アレルギーで、いつも痒そうでかわいそうだった。
新しい、お薬をあげたから・・・心臓麻痺を起こしたの?
そう自分を責めたりもしたけど
もし、お薬をあげずに アレルギーがひどくなってたら
それはそれで、あぁ・・・お薬あげたらよかったと思うのだから
自分を責めることはやめるね。

ラッキー・・・
忘れられない悲しいその日は私と1日中遊んだね。
一緒に寝て、一緒にテレビ観て
一緒に扇風機の風をうけながら おしゃべりしたね。
新しい食事が届き、一回だけだったけど食べたね。
すごく、美味しそうに食べたね・・・
おやつは食べることができなかったね・・・
それが、ほんの少し心残りな私だけど
その、おやつが牛の骨みたいにかたそうだったので
仕事に行く時間になって、おやつをあげたまま仕事に行って
ノドにつめたら大変だ!
帰ってから、ゆっくりあげようと思ったので
あげれなかった・・・
5分くらい、仕事を遅刻してでも おやつ・・・あげればなぁ。。。
あぁ~~!!!やめよう! 
あ~すれば、よかった。なんて後悔はやめよう!

お母さんはね、ラッキーを思いっきり好きで
思いっきり可愛くって可愛くて仕方がなかったんよ。
ラッキーと過ごす一日、一日を大切にしてたよ。
そりゃ~ あんまり相手せずに出かけることもあったけど
その時は、淋しい思いさせたね・・・ごめん。
ラッキーとの生活でね、お母さんにはね、
あーすればよかったなんて 後悔は、95% ないんよ・・・
100%とは言えないけどね・・・
あ~すればよかったなんて思うのはイヤなので
そう思わないですむような・・・そんな生活をしてきたつもり。
ただ・・・
ただね・・・
早すぎるやん ラッキー・・・早すぎるで・・・
まだ10歳にもなってないのに・・・

ラッキー、お父さんがね・・・
あんな喜怒哀楽の全く激しくない お父さんがね・・・
ラッキーのいない この空間を背負いきれないみたいで
すごい凹んでしまっているよ・・・
あんな、お父さんは今まで見たこともないよ。
お父さんは、お母さんが気が狂ってしまうんじゃないか?と
随分と心配してくれたみたいだけど
あんな、お父さんを見てしまって・・・
お母さんが、しっかりしなきゃ!って、思ってしまったよ。
けどね・・・すごく、悲しいよ。
おまえの笑い顔ばかりが思い出されて辛いよ。
ラッキー、もっと一緒にいたかったよ。
お母さんが知らなかっただけで
おまえ、どこか悪かったんか?
違うよな?ごっつい元気やったよな。
ガンは、見つかったけど 軽いって言われてたし・・・
仕方ないよな・・・
仕方ないで片づけられへんけど
けど、仕方ないよなーーーー!!!
もう、ラッキー死んでしもうたんやもん・・・

長いこと、病院にも行ってなかったけど
アレルギー以外は、いつも元気いっぱいだったしね。
けど、最近 久々に病院にも診てもらって(体毛やけど)
心臓も、脳も、健康。
だけど、昔からのウイルスは まだ持ってた・・・
それがあると、ガンにもなりやすいって言われてたけど
何年か治療しても改善されず、、、
そのままの状態だったんだよね・・・
だけどね、亡くなる少し前に病院で診てもらったことも
お母さんは、よかったって思ってる。
病院に行ってなかったら、お母さんに悔しい思いが残ったかもしれない。
今となれば・・・何でもいい風に思っているよ。
まだまだ涙が出てしまうけど・・・

亡くなる 2~3日前に 一緒に肉うどん食べたよね。
よほど、美味しかったのか・・・
真夜中なのに、おかわり欲しいって・・・ワンワン吠えて・・・
これこれ!静かに!って、言いながら一緒に食べたね。
ラッキーの頭の上からラッキーを見つめるのが悪い気がして
いつも、しゃがんでお話したね・・・
すごく、好きだったよ・・・ほんとに、好きだった。
間の抜けた、おまえが すごく可愛かった。
お座り!って言ってるのに いつも伏せをして
パパに おまえは~~!ほんまに~~!って言われてたね。
パパが、そう言って困ってるのを楽しんでるみたいに・・・
ラッキーは、うれしそうにパパと戯れてたね。
お母さんはねぇ・・・なんと言っても
おかえり~~!みたいにお尻をフリフリして
玄関まで迎えてくれたラッキーを思い出してしまう・・・
あの姿が一番印象的だな・・・
掃除機をかける間も、同じ部屋に一緒にいないと淋しがって
掃除する部屋する部屋についていく!って、吠えたね。
なので、ラッキーのリードをかけるU字型の金具が
家中、そこらへんにあるよね。
もう・・・あのU字型も取ってもらうね・・・
そんなラッキーも、出かけるときには
一緒に行けないのはわかってて
玄関の私をジッと見つめていたり・・・
そうかと思えば、知らん顔していたり・・・
色んな想い出いっぱいあるね。


ラッキー?
いま、どこ?
いま、どこらへんにいるの?
ラッキーはすごく可愛くて好きやけど
もう、こっちに おったらアカンやで。
ちゃんと、成仏してな。


ラッキー・・・
ありがとうな。
私ら家族に笑顔くれて、ありがとな。


ラッキー・・・
ほんまに、ありがとうな・・・
それから・・・
ほんとうに!さ・よ・な・ら・・・

ラッキー、さようなら!

ラッキー、ありがとう!

ラッキー、ありがとう!!

ラッキー、ありがとう!!!
by rakki_618 | 2015-07-18 16:59 | ラッキーのこと | Comments(0)
<< 旅立ちだぞ。 ラッキーの食事、届く。 >>