幼馴染みは熊本へ。

「いつも、おみやげもらってばっかりでー
 これ、東京に行ってきたから ちょっとやけどおみやげ」

お客様が、そう言って 東京のおみやげを
わざわざ、持って来て下さいました。
c0211824_4274622.jpg



それと、いつも来ていただくお客様にも
お菓子、いただきました~♪
c0211824_4283627.jpg



うれしかったです(^^)
ありがとうです。ごちそうさま!








幼馴染みが熊本に行ってしまいました・・・


「結婚のお祝い、何がいい?
 何か 欲しいもの、ある?」

「な~んも、いらんよ。欲しいもんないし」

「でも、何かする!欲しいものは?何か、あるやろ?」

「ほんまに、な~~んにも ないねん。
 その気持ちだけ、いただくわー。ありがとな!」


幼馴染みは、そう言ったのだけれど
私が、しつこく言ったものだから

「そこまで、言うてくれるんだったら・・・
 もう、商品券か何かちょうだい。
 自分で欲しいもの買うわ~」

「わかった~」

なので、いい日を選んで彼女にお祝い渡しに行ったんです。

「お祝い、持ってきたよ~」

「わぁ~何かな?何かな?楽しみ~」

(?。?)え? あら?

「え?お金にしたよ・・・」

「え?結局はお金なん?品物じゃないの?」

「(><)いやいやいや・・・
 あんたが、お金・・・いやいやい<お金>とは
 言いにくいから言わなかったけど商品券のようなものがいいって
 言ったから・・・お金にしたよ、好きなもん買うって言ったし」

「え~~~~!?そうなん?」



最後の最後まで・・・
この子、なんで こんなに人を不快にする言い方しか
できないんやろ?
そう思ったけど、、、もう旅立っちゃうし・・・おさえました。


後日、二人で食事をしていた時

「かえちゃん(私、仮名)さ~
 お祝い、くれたとき 変な顔して怒ったよなぁ・・・」

「は?」

「なんか、怒った顔してた」

「はぁ~?
 それは、みきちゃん(幼馴染み、仮名)が
 結婚のお祝いはお金・・・お金って言葉は出さなかったけど
 品物ではなく、自分で何か買いたいって言ったから
 お金にさせてもらったのに
 ・・・私は何か月か前から何にしようか・・・と
 色々、パソコンで検索してたけど
 欲しいものがないから商品券のようなものがいいって言うから
 それで・・・お金にさせてもらったのに
 自分が、それがいいって言いながら
 いざ、渡したら・・・
 え~~?結局、これなん?みたいなこと言うから
 怒ったんじゃなくって、びっくりした・・・というか
 はぁ~??って思ったから 怒ったような顔になったんちゃうか?
 私が、怒りんぼのような言い方するけど
 理由が、ちゃんとありますがな!あんた、何言ってんの^^?」

「え、え~~ 私、そんなこと言った?」

「(^^;)もう・・・熊本に行くから ケンカしたくないけど
 言うたよ。ちゃんと、言いましたよ」

「う、っそ~~」

「いつも、それやから もういいよ・・・」



このような、やりとりがあり・・・
他にも、
はあぁ?と、思うこと あって・・・
この子、ほんまのアホちゃうんかぁ~?と、思い
まぁ、幼いころから連れてるけど
うーーーん。。。

で、

ずっと心残りなことあって・・・

みきちゃんの彼氏に電話したんです。


「もしもし・・・」

「え?どうしたん?」

「あのさー あんたと私ってさー
 ずっと友達やったやんかぁ・・・」

「うん」

「で、私がみきちゃんを紹介する前から
 ず~~っと知り合いやんな」

「そうやで、どうしたん?」

「みきちゃんと私が大ゲンカしたの・・・ 当然、知ってるやろ?」

「うん・・・」

「でな、私な・・・ずっと井坂さん(みきちゃんの彼)に
 誤解されてるやろなぁ~って思ってることあるんよ」

「え?何?」

「うん・・・昔のこと、ぶり返すみたいになるんやけど
 みきちゃんと大ゲンカしたとき、かなり私のことを
 誤解されて伝わってると思うねん。
 かくかく・・・しかじか・・・かくかく・・・しかじか・・・
 それが、ず~~っとイヤやったんやけど
 みきちゃんと結婚したら もう、こんな電話もできないし
 この前、また ちょっとあってから・・・
 言っておきたい!って思ってしまってん」

「この前、また 何かあったん?」

「うん・・・まぁ・・・ちょっとやで」

「でも、自分ら そんなんしながら 離れられない友達なんやろ?」

「うん・・・そうなるわな」

「かえちゃんのことは誤解してないよ。
 アイツな、あんなんやねん。俺と話すときも
 テープレコーダー用意しとかなあかんわ!ってほど
 自分が言ったことを<言ってない!言ってない!>って
 いつも、そんなこと言うんよ。
 ほんで、そんな考え方おかしいわ、、、とか言うねん」

「え、え~~~!私にだけじゃないん?」

「そうやで、アイツおかしいやろ?」

「ふーーーん・・・わかった。納得したわ。
 もう、わかったわ。ありがと。これ、言わんとって」

「うん、これからも今まで通りに行きましょう!」

「うん、わかった。ありがとう」



私は・・・みきちゃんが私だけに 
こんな感じで接しているのかと
ずっと、そんな思いが一番イヤだったんだと痛感し
みきちゃんは、誰にでもそうなん?
あ、そう・・・
へ~
いまさらやけど
自分の器の狭さを反省し
ま、アイツおかしいねん、なんて彼氏は言ったけど
それは、彼氏やから そんな言い方しても
謙遜してるだけやろうし・・・
だけど、私は なんか・・・心のもやもやが
ようやく取れた気がして
自分の心の狭さをホンマ反省し
中学生の頃、みきちゃんの自転車の後ろに乗せてもらって
よく遊んだよな~ってことを思い出し
自分の中で・・・ようやく消化できたんです。

で、このことを旦那にも報告し

「そそ、おまえって なんでもキチキチして・・・
 もっと、いい加減に生きていかな病気になるぞ。
 その人その人に合わせていい加減に接するってことも
 覚えていかんと、いつか病気になるぞ」

「うん・・・」

「まぁ、そやけど けっこう うまく空気抜きしてるから
 病気にならへんと思うけど・・・
 軽く考えてもええことは、もっと軽く考えて
 大事なことは真剣に考えて・・・のんびりやれよ」

「うん、わかった・・・ありがとう」




モヤが一気に晴れて
今まで、みきちゃんを誤解してたのは自分の方だと
ほんとうに感じて・・・
みきちゃんがいとおしい・・・って言うか
そんな気分になりました。

その2日後

<入籍しました>

そんな報告、してくれました。



今頃は、熊本に向かう電車の中・・・かな。
昨日は、みきちゃん夫婦と私たち夫婦でお別れ会でした。

いっぱい、美味しいもの食べて
いっぱい、笑って・・・
涙、出さずにお別れの握手をして別れました。

精神がやられるほどの我慢はせずに
そんなときは、帰っておいでな。

みきちゃんには こっそり それだけ、言いました。






昨日の、お料理。すべてが美味しかった~!
みきちゃん、大喜びで よかった(^^)



カレー味の大根かな?美味しかった~♪
c0211824_1194868.jpg



 
サーモンのカルパッチョ 
c0211824_1195638.jpg




タコとポテトのサラダ
c0211824_1110433.jpg




水ナスのサラダ、これも美味しかった~♪
c0211824_11101145.jpg




タケノコのピザ
c0211824_11101852.jpg




海鮮ホイル焼き、スープめちゃうま!
c0211824_11102515.jpg




おかわり自由なパン
c0211824_11103137.jpg




スパゲティ
c0211824_11103761.jpg




黒毛和牛のステーキ
c0211824_11104557.jpg




珈琲とデザート
c0211824_1110527.jpg




事前に、お願いしてたプレート♡
c0211824_1111179.jpg







彼氏(もう、旦那さまやね^^)に
熊本の、おみやげ いただきました!
いつも、ありがとう。
c0211824_1111119.jpg




お幸せに。
彼女を大切にしてくださいね m(。。)m
by rakki_618 | 2015-04-19 11:19 | その他のこと | Comments(0)
<< 藤の花は、まだまだかな なんばで漫才 >>