1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

けったいな人。

<けったい>って言葉
ちゃんと辞書にも載ってるわ・・・

まぁ、みなさん 聞いてほしいわ・・・
ほんま、けったいな人やねん。
このブログに何回か登場してもらってると思うけど
病気やろか?
まじに病気やろか?
私は、この前 自分が壊れそうになるのを
ヒシヒシと感じたわ。。。
頭、おかしなりそうやったわ。

今から書くのは、ほんまに ほんの一部。
もっともっと、おかしかったと思うけど
覚えてるところだけ書くわ・・・

彼女は、お店のお客様。私より10歳年下。キンキン声。
同じことを何度も何度も続けざまに言う。
自分の自慢話が多いんだけど気が付かない。
勝手に物語を作り上げていく妄想癖があると思う。
自分は挨拶もしないときあるけど
他の人に対しては挨拶ができてない、、、とか言う。
そんなこと、何年も前からわかってるのに
私の性分が、彼女の話を  ハイハイ~と軽くあしらえない。
ま、真剣に聞いてしまう。。。(><)

だけど、この日は 自分がおかしくなっていくのがわかった。
このままでは、私、、、おかしくなってまう~~~!!





「うちの水道代の下水道分を支払ってないって言われて
 10年前から支払ってないって言われ
 5年分の請求がいっぺんに来たねん。
 10年分いっぺんに請求できないんやってな。
 最高5年分しか請求できないらしいねん。
 だから5年分の請求がきたんやけど・・・
 それが6万円くらいあるねん」

「え?6万円も?」

「そうやねん、うちの家って世帯主が女やから
 バカにしてんねん!女やからお金取ろうとしてんねん」

「そんなこと、するかなぁ?え?請求書が来たの?」

「家に、やって来てん」

「ふ~~ん」

「で、こっちとしても納得いかへんから払ってないねん」

「そりゃ、そうやね~ もう一回役所に聞いたら?」

「役所の水道課の人は、やくざみたいで
 話がでけへんねん。怖いもん」

「そうなん? 家に来た時 そんな怖かったん?」

「話したことないよ」

「(?。?;) いま・・・家に来たって言うたんじゃ・・・?」

「でな、もう しょっちゅう請求が来るねん」

「そんな何回も来るん?」

「うん、10日に一回くらい来るねん」

「(?。?;) そんなに、来る・・・?」

「うん」

「ふ~~ん・・・いつから?」

「去年の12月から」

「ふ~~ん」

「でな、私がその6万円を払えへんから 毎月の請求額を
 1000円アップしてきてん」

「え?そうなん?けど、水道いっぱい使ったんちゃうの?」

「使ってないよ、だって1000円アップしてきたから
 水道、使わないようにして 様子みてきたもん」

「じゃさ、メーター検針の日を聞いて
 それで、そこから どれくらい使ったか記録しておけば?」

「そうやな!それがええなぁ!」

「うん、そうすれば」

「でも、それやった途端に水圧上げてきてん!!」

「(?。?;) え?」

「水圧、知らんの?水圧よ。水圧あげてきてん!
 メーター記録した途端!」

「(?。?;) メーター記録するってさ
 今、出たばかりの話やから・・・水圧上がるって?
 意味、おかしくない?」

「あ!そうか! 近所の人やねん! 近所の人が言うねん。
 うちも水圧上がった、うちも水圧上がった~って!」

「・・・・・・」

「私も、5年前からの請求の紙おいてたらよかったんやけど
 そんなん、もう捨ててるしな」

「え?銀行引き落とし?もし、そうなら記帳されてるんちゃうん?
 メーターはわからなくても何年か前の請求金額で
 何か、わかるんちゃうん? 引き落とし?」

「振込みの引き落としやねん」

「(@。@) え? それ・・・どんな支払い方なん?」

「そやから、引き落としの振り込みよ!」

「うーーーん。。。わからんなぁ・・・銀行?」

「うん」

「じゃ、引き落とされてる金額わかるんちゃうん?」

「わたし・・・役所に聞いてもええよね?
 おかしくないよね?聞いてもええよね?」

「うん (^^:) 聞くべきちゃうんかなぁ?聞けば?」

「おかしくないよね!」

「うん、ありえないやろうけど
 もし、女の世帯主やからって そんなんされてたら大変や」

「え、え~~~~!! そんなことするの?
 役所の人が女やからって、そんなことするの!?」

「(><) 自分が言ってましたけど。。。」



こんな狭いお店に彼女と私の二人・・・
旦那も友達も他のお客様も
彼女を相手にするなって言うけど、、、
私って、、、ほどほどに話すと言うのが苦手みたい。。。
真剣に聞きすぎて、、、
自分の頭がパーテコになりそう(ー。ー)



誰かに、彼女のこのけったいさを聞いてもらえば
それで、私の気が済むんだけど・・・
お店のお客様で口のかたい仲のいい人に聞いてもらったけど
「あの人を普通って思う人はいないと思うよ。
 精神、病んでると思う。相手にしたらアカンって!
 おかしくなってしまうで!聞き流しよ!
 私なんて、あの人の話は全く信じてないし聞いてないわ」
そう言われるけど・・・うまく、あしらえない私(><)
ポンポンポンポン言うくせに、アカンタレな私。。。

旦那には

「ええかげん、聞き流すってことを覚えろよ。
 おまえ、精神おかしくなるぞ。
 おらの同僚の人やけど
 いつも精神内科の先生を迎えに行くらしいけど
 ごっつい、おかしいらしいぞ。
 精神患ってる人の話を真剣に聞いてるもんやから
 なんか、精神おかしくなってるような行動するらしいわ。
 急にタクシー止めて!って言ったり
 その辺にオシッコしたり・・・なんか、おかしいらしいぞ。
 ちょっと気のおかしい人の話ばっかり聞いてたら
 先生まで、おかしなるらしいのぉ。
 聞き流しがでけへん真面目な先生がそうなるらしいわ。
 おまえも、そのクチやど。気、つけいよ。
 ふんふん、あ、そ~。へ~~、そうなんや・・・って
 適当に聞いとかんとエライ目にあうぞ。
 あの子は、一言で言ったら<ウソつき>なんやから。
 そんな話を真に受けてたらアカンぞ」

そう言われ・・・

「うん・・・」

と、答える私。



そう言えば・・・
バレンタインの10日ほど前かな?
彼女が来てくれて私に言ったんです。


「あのなあのな、パパ(彼女はうちの旦那をこう呼んでくれます)に
 言わんとってなぁ~~!」

「え?何?」

「パパ、子連れ狼好きやろ?」

「うん・・・」

「それをDVDに焼いてんねん。今 2話まで出来てん。
 ラベルも作ったんやけど(^^)気に入ってくれるかなぁ」

「え?」

「でな、バレンタインに渡そうと思ってるねん」

「あは(^^;) 悪いね・・・」

「それまで、絶対に絶対に言わんとってな!言わんとってな!」

「言わないで。って言うことは言わないよ~」

「バレンタインに渡すわ~!パパ、喜んでくれるかなぁ」

「うん・・・(^^;)」

「で、もうすぐ 誕生日やね!」

「え?私?うん・・・(^^;) あは」



で、今日は 3月7日(土)ですが・・・
バレンタインの日は
まったく、何もナシです。
あ、欲しいわけじゃないですよ~。
もらったら、気 使うからね(^^;)
週に2~3回くらい、お店に来てくれる彼女が
バレンタインの2~3日前くらいから お店に来なくなって
私の誕生日も過ぎて・・・かなり経ってからお店に来てくれて
バレンタインのことには一切ふれず・・・

で、この水道代の話。



わたし・・・
彼女と、かかわりたくないの・・・
by rakki_618 | 2015-03-07 22:47 | お店のこと | Comments(0)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618