1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

麻雀に行った話。

手先の運動と頭の老化予防のために行ってみた麻雀。

うーーーーん・・・
もう行かないと思う。
理由は、おもしろくなかったから。
おもしろくない理由としては、、、
うーーーん、、、遊びなのにしんどかった(><)から。


初めてのその日の麻雀参加者は20人。
女性が8~9人はいたかな?
その日、初めての参加者は私を含めて3人。
4回の対戦のメンバーを決めるクジを引いて
誰と麻雀するのか、どの雀卓でするのかを最初に決め
1回の終了時間をアラームセットして始まる。
途中、昼食休憩が30分ある。
5回目は成績順に雀卓に座って勝負する。
1位の人とブービーの人には
次回のゲーム代金 1500円が無料になる券が当たる。

そのサークルを経営(?)してるご夫婦の奥さんの方が
初めて参加した私の後ろに立ってくれて
あれこれ指示してくれる。
最初なので親切にやってくれているのですが
これが、ほんと しんどかった~(^^;)
自分の打ちたい麻雀ができない(><)
まぁ、こんなのは最初だけだと思うし
二度と行きたくない理由としては小さなこと。

麻雀のオリンピックのようなものにも出場するような
そんなプロみたいな人とも打ったけど、、、
強いとか、すごいとかも わからない。。。

5回戦目は成績順。
その時、一番弱い人ばかりのメンバーの雀卓に私がいた。



「〇〇さん、もう少し がんばったらブービーやで」

お店の奥さんにそう声をかけられ・・・

「え?じゃ、今 私はベッタ?最下位~?」

「そうやで」

「あ・・・(^^;)そうですかい」

結局、ブービーにもなれずに最下位!
まぁ、それは下手だし仕方ない。
その日のヒキの悪さもあるし、いいんだけど・・・


「左手は使わないで!」
「ポケットに手を入れないで!」
「ポンしたら、先にすぐに牌(麻雀牌)捨てて!」
「捨て牌は6個づつしか置かないで。7個はダメ」
「牌は斜めにして立てて」

こういうこともスグに慣れてくるんだろうけど、、、
しんどくて吐き気をもよおした。

で、、、
何が一番嫌だったかって言うと・・・
お昼休憩の30分の間に近くのコンビニに行って
食べるものを買って来て中に入ろうとした私を
外でタバコを吸ってたおばちゃん2人が引き止め

「あんた、どこから来たん?」
「え・・・? 〇〇からですけど」
「そう・・・」
「はい・・・?」
「あのな、今に追い出しにかかるから」
「え?んん?なんですか?」
「今に、あんたのことをイジメて追い出しにかかるけど
 気にせんでええよーー」
「はぁ?イジメ・・・??」
「そうなんよ、新しい人 入ったらイジメる人いるんよ」
「はぁ?」
「でも、そんなん気にせんと私らと一緒にご飯食べたらええわ」
「はぁ・・・(^^;)」

げ、、、たかが遊びなのに
こんな しんどいんかよ~~
つーーーか、、、あんたがイジメてんじゃないの?ってくらいの
おそろしそうな、おばちゃん。。。

なんか、この出来事が余計に次回ここに来る気持ちをなくさせた。


やめやめやめ~~~
あと半日遊ばせてもらったら
もう、来ないことにしよう。
気楽に遊ぶつもりが
ちっとも楽しくないし、肩こるわーーー

その後、仕方なく午後の麻雀を消化して帰った。


早速、旦那に電話~

「もしもし」
「おぉーどうやった?」
「うん・・・せっかく あんたに色々と調べてもらったけど
 全然、おもしろくない~肩こった」
「そうなんか」
「うん、まぁ最初やし仕方ないんやけど
 慣れたら、また違うかも知れんけど
 もう一回、行く気になれへんわーー」
「ほーー」
「ほんで順位発表されてベベタやってん(><)」
「え~~!?おまえがベベタ?」
「そそ、ベベター。下手やわ・・・」
「ま、長いことやってないしの~」
「やってなかっても、あんなんスグ思い出すよ。
 で、ベベタや~~」
「まぁ、ええわしゃ」
「うん、とにかく おもろなかった。
 男の人はイライラしてるのわかるし
 初めての人がうれしそうに話してたら
 <うるさい!>とか、怒ってるし。。。
 もっと和気あいあいとできるって思ってたのに
 おおきな間違いやったわ・・・」
「そうなんか?」
「うん・・・肩、こった~~~~マッサージ行こかな・・・」
「ほな、もうやめとけ。楽しなかったらイミないのぉ」
「うん、経験できてよかったわ。また、なんか見つけるわ」
「おぉ、そうせ~」



こんなわけで、あそこへはもう行かないと思います。
そうそう!おそろしそうなおばちゃんが成績1位でした(^^)


先日、行った居酒屋さんのまぐろ美味しかった~♪
c0211824_1239462.jpg

by rakki_618 | 2015-01-28 12:40 | その他のこと

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618