1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

長男、退院!

10月24日(金)

長男は、無事に退院しました。


病院代は・・・
限度額適用認定申請ってのをしていたので 92220円でした。
入院の時に 30000円を預けていたので
退院の時に支払ったのは 62220円でした。
なんか、すごく安い気がしました。ありがたい~!
c0211824_4475224.jpg



「〇〇〇〇(次男)が、お見舞いに来てくれたんやから
 お礼、言っておきや」
「え?知らんわー」
「え?麻酔切れかけで知らんかったんやな・・・来てくれたよ」
「うん・・・」

弟に、お礼を言った長男でした。(当たり前ですが^^)



すっかり元気になって、出かける前の長男。
c0211824_4484141.jpg




猫のにゃあちゃんも、ゲージごと長男の部屋に帰っていきました。

「にゃ~!」

私が長男の部屋にいる、にゃあちゃんを見ようとすると

「おかん!!にゃあに声かけらんとってくれる?」

長男の部屋から、そんな長男の声・・・

「え?どうしたん?」

「もう、にゃあを見ないでくれる?声もかけらんとって」

「はぁ~~~~~!!??」

「あんなに俺になついていたのに、、、
 俺が呼んだらソッポむくから、しばらくにゃあを見らんとって!」

「・・・・・・」

ちっこい・・・ちっこい・・・ちっこーーーいーーーー!
ケッ!!なんてちっこい人間なんだよぉ~~!

あんたが入院してる間・・・
ごはんあげたり、寒いだろうと座布団買ったり
ごはんやお水いれる器も いいのに買い替えたり・・・と
にゃあのお世話をさせていただいた者です。
頼まれてもいませんけど、、、勝手に色々と買いましたが、、、
それでも、よくもまぁ・・・そんなことが言えたね!



後日、長男に

「にゃあに、声かけたり にゃあを見たりせんとって。
 そんなん言って恥ずかしくない?」

そう聞いたら

「全然! 俺は、ほんのちょっとだけ
 にゃあが俺を思い出すまで
 ほんのちょっとだけ、俺に時間をくれって言っただけ。
 おかん、最初は 猫飼うの反対やったやん!」

はぁ~~~(?。?)


なんか・・・すごい自分勝手でビックリした(^^;)
退院するときは、しおらしかったのになぁ~(><)



次男に、そのことを愚痴った。
兄弟仲が悪いので
兄弟同士のあれこれは、あまり言わないようにしてるのだけど
これは言いたかった!!

「これこれこうこうで、こうやで!どう思う?」

「入院費もだしてもらって、あんなに世話になって それ?
 でも、何があっても 自己中がブレないところが・・・
 ある意味、すごいなぁ~。
 やっぱ人間ってなかなか性格は変わらんなぁ」

「ひどいやろ?猫、見るな!やってさーー」


まぁ、今は もう見てもいいらしい。
一回、にゃあに会ったけど・・・
私のことは、もう忘れているようでした。
猫って、そんなもんかな?
あんがい、そっけないね(;。;)



「これ・・・預かっておいて」

そう言って次男から20万円渡された。

「なんで?どうしたん?」

「うん・・・何かにお金がいるんやったら
 そのお金で立て替えてくれてもええで」

「は?なんで?ははぁ~~ん・・・もしかして
 おまえ、兄ちゃんの入院代にたくさんお金がかかったと思ってるん?
 おまえ、優しいから・・・それで、これ使えって?」

「なんでやねん!そんなわけないやろ」

「もう、兄ちゃんの病院代は支払ったよ」

「え?もう、支払ったん?」

「そうやで。そんなん退院するときに支払うよー」

「あ~そうなんやぁ」



え?やっぱり次男の優しさ?
ぷ~太郎の次男から お金の心配をされている親?
そこまで生活が苦しいと思われている^^?

ん?そのくせ、、、焼肉食べに連れてってやら
旅行に行きたいやら・・・
そんなことも、よく言うよなぁ・・・
うーーーん。。。わからん (?。?)




お客様に、おみやげ いただきました~♪
いつも、ありがとうございます m(。。)m
c0211824_458541.jpg

by rakki_618 | 2014-10-26 04:57 | 息子のこと | Comments(0)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618