1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

今も、たまに思い出してしまう。

昔、「たろう」って言う猫を飼っていました。
もう、何年前なのかも思い出せないのですが・・・
8年間くらい一緒に住んでいました。
とってもハンサムな顔をしてました。
私が深夜 仕事から帰ると駐車場の前で待ってくれていました。
何時に帰るのかもわからないのに、駐車場の前に
チョコンと座って待ってくれむかえてくれました。
そんな、たろうを抱っこして
「ただいま、ありがとうな」そう言うと
笑ったような顔をしてるように見えました。
そんな可愛かったたろうが毛が抜けおかしなことになりました。
子供たちが「猫エイズや猫エイズや」そう言い・・・
たろうが、家の中に上がってこようとすると
「だめ!!」そう言って外に出しました。
とっても、おとなしくって賢いたろうだったので 
私たちの言うことは、よくきいてくれました。
裏口の扉を開けて、そこにたろうの座布団を置き
私たちと過ごすようになりました。
やがて、体が弱っていって・・・
家に帰ってこなくなりました。
たろうが帰って来なくなった8日目に
長男と私が、たろうの夢を見ました。同じ日にです。
その日に、たろうが亡くなったんだろうか?そう思いました。
その「たろう」のことを今も時々思い出すことがあり
なんで、最期はあんな目に合わせたんだろう・・・
どうして、優しくできなかったんだろう・・・
そう自分を責めては、、、涙が止まらなくなるんです。

そんなことを思い出しながら車を運転していた仕事の帰り道。
左の方から、いきなり猫が飛び出したのです!
「あぁ~~~~~~!ぎゃ~~~!」
思いっきりブレーキを踏んだのですが、、、
え?猫は?どうなったの?
まさか・・・・・・
でも、何かにぶつかった音もしなかったし、、、
少し走って広いところでUターンして・・・
大丈夫かな?大丈夫かな?と車をその位置まで戻らせました。
でも、猫ちゃんは大丈夫だったようで・・・いませんでした。

そして、次の日も同じようなことが起こり、、、
なんなの?なんで続けざまに?
もしかしたら・・・
「おれ、怒ってないよ。お母さん」
そう、たろうが言いにきてくれたのかなぁ・・・と思うことにしました。
勝手な自己満足ですね・・・



元気で可愛い時だけ「たろう、たろう」と可愛がり
ちょっと、元気がなくなったら そっけなくし
そんな、ひどい自分を思い出しては心が痛み涙が出るのです・・・
とても、心残りな思い出です。
心残りゆえに、たまに思い出してしまうのです



今は、幸せに暮らしているよね・・・?
たろう、許してな。かんにんな。
Commented by ふーみん at 2011-11-17 11:51 x
この日記を読んで涙が出そうになりました。
動物でも、人でも、死に別れというものがあります。
私は、死に別れのときに後悔しないように、誰にでも親切(嫌いな人は別だけど)にするように心がけています(^^)
私も似たような経験があるので・・・
Commented by rakki_618 at 2011-11-17 17:29
ふーみんさんへ
こんばんは~
ほんとに、冷たい自分を悔やみます。
日々、心残りのないように
明るく生きて行きたいなぁ・・・と
思います。
ふーみんさんの経験ってなんだろ~?
今度、お会いしたときに聞きたいです。
by rakki_618 | 2011-11-17 09:44 | その他のこと | Comments(2)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618