1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

セミさん、安らかに・・・

昨日は、悲しいことがあったんです。
もう時間が経って、笑顔も戻って来たけど・・・


洗濯してたお風呂場と洗面台のところの足ふきマットが乾いたので
マットをといれて元の位置に置いたんです。
それから洗面台で雑巾を洗おうとすると
ギェ~~ギェ~~みたいな音が聞こえるんです。
旦那と携帯で話し中だったので、その音がどこから聞こえているのか
全然、わからなかったんです。

「あれ?水道ひねると、変な音するわ」
「ん?なんでや?」
「わからん、ギェ~ギェ~みたいな音してる」
「また帰ったら見てみるわ」
「うん」

それから何度か雑巾を洗いに行くと、その音がするんです。
ず~っと旦那と話し中だったので
その音がどこから聞こえているのか、全然わからなかったのです。
まさか、マットの下から聞こえてたなんて・・・
また雑巾を洗いに洗面台に行ってマットを踏んだその時、、、
ギェ~~~!とひときわ大きな音が聞こえ、、、
マットを踏んだ足の感触が、なんだか・・・
わからないけど、何かを踏んだな・・・と思いました。
足元を見ると、マットが少し膨らんでます。
ええ?えええ!?ええええええええ!!!???
なに?なに?なんなん?私、何を踏んだん?
マットをめくってみると・・・
セミがセミが・・・セミさんが、死んでいるんです・・・・・・
洗濯竿に干してたマットの中に、セミが??そんな中に?
頭がグルグ~~ルと色んなことを考えてます。。。
目の前には死んでいるセミが。。。
私が、セミさんを・・・を死なせてしまったんです。
ギェ~~~ギェ~~~というのは音ではなく
セミの鳴き声だったんです。
動かなくなったセミさんを見て、涙がポロポロとあふれてきました。
旦那と話し中だったので、あまりにも泣いてる私の声に
旦那がビックリして
「どうしたんや!?」
「セミが・・・セミが・・・私が踏んで死んでしもたぁ
 わぁああああ~~~ぁぁぁん。わぁぁっぁああ~~ん」
「セミ~?」
「ウェッううわぁ~ん、足ふきマットの中に入ってた。うゎ~~ん」
「・・・・・・庭に埋めちゃれよ・・・・・・」
「ウワァ~~~ンヒンヒン~うわぁ」
「おまえのせいちゃうよ。お前は悪くないから」
「ちゃうよ~私が踏んでしまってん。うわぁ~ん、えぇ~~ん」
「わざとと、ちがうんやから。お前は悪くないよ!」
「でも、うゎ~~~ん」
「庭に、埋めちゃれよ・・・」
「イヒンイヒンううぅわぁ~ん、、、わか、、、った」

亡くなったセミさんを手に取ることが、なかなかできず
セミの命は1週間って聞くけど、何日目だったんだろ?
最初の1日目だったのかなぁ~ごめん。とか思ったりして
泣けて来て泣けて来て、、、
やっとのことで手に乗せ、表に出て土を掘ってたんですが
かたくて、かたくて、、、うまく掘れず
そこへ、やってきた長男が
「おかん!どうしたんや?」
「セミが~セミが~~ああぁ~~ん、うわぁ~~ん
 死んでしもたぁ~。お母さんが、ヒックヒック死なせた~」
「どうしたんや?」
「踏んでしもたぁ。わぁ~~ヒックヒック」
「おかんが悪いんちゃうから、おかんが悪いんとちゃうよ」
「お母さんが、、、うわぁ~~ん」
「ちがうって、大丈夫やから!」
「スコップ持ってきてよ~~。うわぁ~ん」
「わかったよ」
「セミ。ヒックヒック・・・ほんまに死んでるん?」
「うん・・・死んでるなぁ」
「生き埋めにしたら、どうしようヒックヒック」
「いや、死んでるよ・・・」
「うわぁあああぁぁぁ~~~ん!!」
「おかん!おかん、悪くないから大丈夫やから!」

長男に慰められながら、まるで幼い子供のように
泣き叫び続ける私でした。
スコップが見つからなくて、ハサミを持って来てくれた長男は
私と一緒に土を掘って、セミさんを・・・・・・。



思いっきり、泣いてしまいました。
家に上がるとラッキーが
どうしたん?みたいに涙をなめてくれました。



幼いころは、もっと残酷だったのに
多分、虫でも平気で殺した時もあったと思うのに
トシのせいかなかぁ・・・
最近は蚊もたたけません。
涙腺も、ずんずんとしまりがなくなり
勝手に涙が出てきたりもします。
それなのに、他人さんに対して・・・
言いたいことを惜しげもなく言ったりします。
あ!もちろん、おかしいと思ったときだけですよ^^

なんで、感動や情熱はうすれていくのに
涙もろくなるのかがわからん。

まぁ・・・昨日は久々の号泣でした。
セミさん、安らかに・・・。



それでも、ゴキブリを見つけた時は
なんで「殺して~~殺して~~!!」って叫ぶんだろ?
あぁ・・・おんなじ命なのになぁ。
Commented by アマリリス at 2011-08-04 14:40 x
こんばんは
蝉 マットを干してた時についていたのね。
私がもしも蝉を踏んでしまったら 悲しみより怯えているだろうね とにかく蝉も怖い 
みるくさん家族皆優しいじゃないですか
蝉をきちんと土に埋めてあげたなんて ほとんどの人はきっとポイッって捨てると思うわ。
いい息子さんですね。

Commented by うさこ at 2011-08-04 16:34 x
こんにちは~久しぶりです (#^.^#)
せみちゃん災難でしたね(>_<)
みるくちゃんもまさかのことだったので
仕方ないですよ~~('_')
命を尊ぶ気持ちせみちゃんに伝わっていますよ・・・きっと成仏していると思います。(^^)
Commented by rakki_618 at 2011-08-05 10:19
アマリリスさんへ
こんにちは~
私があまりに泣きじゃくるものだから
家族も、優しくするしかなかったんだと思います。
自分が踏んでしまったセミさんだから
心が痛んで、泣けてきたけど
もしも道路なんかセミや他の虫が死んでても
埋めたりなんかしないですよ。
きっと、知らん顔です。。。
わぁ~!かわいそう!とは思うけど・・・
Commented by rakki_618 at 2011-08-05 10:21
うさこさんへ
こんにちは~
まさか足ふきマットの内側にいたなんて、、、
出たかったんだろうな・・・と思うと辛いですわ。
成仏してくれてるといいんですが・・・
by rakki_618 | 2011-08-04 09:16 | その他のこと | Comments(4)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618