1957年2月生まれ

rakki.exblog.jp
ブログトップ

松山千春さん、コンサート

一言で言うと・・・あかんかったわ(-。-;)
なんでかって言うと・・・
歌ってくれた歌の中で、旦那の知った歌が一曲だけ。。。
「長い夜」だけやでーー。
ま、私は「ピエロ」も知ってたけど・・・
ほんでも2曲だけやん。。。
c0211824_1634280.jpg
c0211824_16244960.jpg


結婚記念のイベントで天川村に行けなくって
じゃ、そのかわりにコンサートに行こうよ!となったわけですが
大体、旦那はコンサートなどが大嫌い。
でも私は行きたい・・・
そんなもんだから、あの焼きもちやきの旦那が
違う誰かと行ってもいいよ。それが男性でもいいよ。
そんなお許しもいただいているのですが
私としては旦那にもコンサートのおもしろさを理解していただき
そして、これからの余生を楽しみたい・・・
そう考えておりますので、何年か前にも
家の近くで杉山清貴さんのコンサートがあると聞き
よっしゃ~!!行こう!と行ったわけですが・・・
どないしたん?杉山さん、あんた、いっぱ~~いヒット曲あるやん。。。
なんで知らん曲ばっか歌ったん??
そんなもんだから、私達夫婦は熟睡。。。
え?もしかしたら寝てる間にヒット曲を??
まさかなぁ(ー。ー;)
そんなことが過去にあったので、旦那はますますコンサート嫌いに。
だけど、松山千春さんなら・・・やってくれるやろ!
旦那の知った歌も数多い。絶対に旦那を笑顔にしてくれるやろ!
たのんだで~~~!!
そんなつもりで行ったのに・・・
まず、しょっぱなの曲も知らない。
あと、おしゃべりの合間に歌ってくれる歌も全て知らない。。。
そんなこんなでコンサートは終わってしまい・・・
アンコール、アンコール!ちはる~~!ち~~さま~~!!
そして再び現れた、ちーさまが歌った歌さえ知らない。。。
「おら・・・悪い予感したんや。。。
 また、知らん歌ばっかりちゃうんかなぁ~って。案の定や。
 歌、いっこも知らんから・・・全然、楽しまれへんよって
 座席は、せまこいし、腰は痛いし。。。」
わかる・・・たしかに狭すぎて、しんどい。足もだるい。
「やった!!やっと知った曲や!!」
旦那がそう叫んだ!
♪♪♪ 長い~~~~夜を~~~飛び越えてみたい~~ ♪
「やった~~!やっと、おらの知ってる歌や!」
「よかったなぁ・・・あんた!」
「おい・・・コンサート始まった時間から2時間半たってるぞ」
「どひゃ~~~」

帰りは、ファミレスでたらふく食べて
千春ちゃんの聴きたかった歌を、カラオケ行って歌いまくりました♪





次の日、松山千春大ファンでファンクラブにも入ってる幼馴染と昼食。
c0211824_16241526.jpg



「昨日、千春行ったんやろ?」
「うん」
「よかったやろ~~!」
「・・・・・・・・・」
「え?え~なかったん?」
「うーーん。。。」
「なんで?」
「知った歌2曲やもん。旦那は1曲」
「え~~~!?ま、ま、最初は新曲歌うからなぁ
 ほんでも、アンコールでいっぱい歌ってくれるやろ」
「そのアンコールで2曲なんよ。それまでゼロ」
「うっそ~~!ありえへんありえへん!
 いつでも、銀の雨とか旅立ちとか季節の中でとか
 アンコールの時以外でも、絶対歌うでー」
「ええ~?ないないない。せめて銀の雨だけでも聴きたかった」
「そら、かわいそうやわ・・・」
「やろ?」
「うん、いつもはいっぱい歌うでー。あんたの知ってる歌」
「あ~~あ・・・銀の雨は聴きたかったわぁ~」
「リベンジしよ!こんど、連れてくわ!」
「もうええわぁ~」
「なんでよ!千春ええから!今度は絶対に楽しませるから!」
「あは(^^)わかったよ・・・じゃぁ、誘ってよ」
「うん!」
こんなわけで、コンサートレポートは終了です・・・




コンサートに行って・・・
一番、おもろかったのはコンサート前の食事です。
そのビルの5階に大食堂があるのです。
めっちゃ、だだっぴろいんです。
そやねぇ・・・学校の体育館くらいかなぁ。
で、セルフサービスなので最初に食券を買うんです。
私が先に、料理の受け取り口に行って
あとから旦那が食券を持って歩いてきてたんです。
何もわからないので、料理の受け取り口で
「すみませ~ん、ここでいいんですか?」
調理場にいる人に、そう聞いたんです。
すると・・・
コックさんみたいな人が、こちらにやって来てくれて
「食券!」
わたしをにらみながら、そう吐き捨てるように言うんです。
感じ悪~~!そう思いましたが我慢して
「あ、食券はあとの人がすぐ持ってきます」そう言って
すぐにやってきた旦那の持ってる食券を出したんです。
そのオッサンは、じゃまくさそ~~に作り始め・・・
私は心の中で、、、もう一回もう一回愛想悪くしなさいよ・・・
そうしたら・・・「あなた、愛想悪いですね」そういうつもりでした。
でも、手荒くガシャガシャと作ってくれたぐらいで
オッサンは言葉を発することもなかったので
私も文句を言うこともなく受け取ったのでした。
これです。
c0211824_16451662.jpg


あ、美味しかったですよ。ちなみに1000円です。
あら?サラダにドレッシングがない。よっしゃ!もらってこよう。
さっきは、おとなしくしてたから あのオッサンは威圧的やったんやろ。
今度は大声だそうっと!そして、さきほどのところに行き
すみませ~~~ん!!
そう叫んだんです。
すると・・・
さっきのオッサンが「は、はい!!」
見えないところから、2~3人の人の声が
「はい!!」
「はい!!」
「はい!!」
そして、オッサンが私に近づき「なにか?」
ここで、小さな声で言ってはいけません。
「ドレッシングなかったら
 食べられへんわー。」

「あ・・・こちらでございます」
「あ、そ」
そして親切にしていただき旦那の待つ席に戻った時
クスクス笑う旦那が・・・
そして、そこにいた何組かのお客様の皆様が私を見てます。
「おまえだけは、嫌味言わせたり仕返しさせたら
 右に出るモンいてないのぉ~」
「そう~?」
「そんな大きな声出さんでも聞こえるやろ。
 あ~アイツまだ怒ってるわ・・・と思ったら笑けてくるわ」
「そう~?」
「ほんまに、、、(^。^;)おまえだけは・・・(^。^;)」

これが一番おもろい出来事でした。
チャンチャン!
Commented by 葉月 at 2010-11-13 20:31 x
こんばんは~

千春さんのコンサート、そうでしたか
最近は、歌番組も聴かないし・・・
ヒット曲くらいしかわからないですね
千春さんのトークが、面白いという
話を聞いたことがあるんですけどね
CDも買うこともないし・・・
新曲を出しても知らない方が多いですよね ^^;
Commented by ミニヨン at 2010-11-13 22:55 x
旦那さんは千春は好きじゃないと思うよ!でも銀の雨歌わないなんて珍しいね。俺が行けばよかったかな?旦那に殺されるか!
楽しく過ごせたみたいだし、また誘ってあげてください。ジュリーが良いんじゃない?
Commented by アマリリス at 2010-11-13 23:16 x
こんばんは
コンサートで知ってる歌が少なくて残念だったわね。
私はコンサート行ってもノリノリになれないタイプだから コンサートは苦手かな。
夫に連れられて千春のコンサート行ったときは私だけ座ったままで  変なおばさんと思われたかもね。(^^;)
食事が美味しくても対応する人が感じ悪いのは嫌だわね。
Commented by rakki_618 at 2010-11-14 03:59
葉月さんへ
こんばんは~
はい・・・コンサートは、意外にも残念でした。
トークもね・・・最初はまぁまぁ おもしろかったのに
亡くなった方の話(しかも4人)をされて・・・
ちょっとシンミリなっちゃって~~。
暗いよ~~。悲しくなっちゃうよ~って感じでした。
Commented by rakki_618 at 2010-11-14 04:00
ミニヨンさんへ
こんばんは~
銀の雨は聴きたかった!!
絶対に、聴きたかったのに~~(;。;)残念!
そそ!ミニヨンさんの言われるとおり!
ジュリーがいいかなって思ってます。
Commented by rakki_618 at 2010-11-14 04:05
アマリリスさんへ
こんばんは~
知ってる歌が2曲ほどで残念でした(-。-)
アンコールの後は、みんな立ってたりして
ノリノリだったけど、、、
私も、ちょっとそういうのは苦手なので(意外でしょ^^)
ずっと座ってましたよ^^。たまにノレるんですけどね^^
食べ物屋さんで、愛想わるかったら美味しいものでも
食べる気なくしますよね。まぁ・・・私は食べますが^^
Commented by ふーみん at 2010-11-14 15:28 x
せっかく楽しみにしていたのに、知らない歌ばかりで残念でしたね(><)
それにますます旦那さんがコンサートきらいになっちゃうね・・・(涙)

だけど食事のときの話は最高ですね(笑)
なんだか、想像だけど、みるくさんの光景が目に浮かぶみたいです(^^)
Commented by rakki_618 at 2010-11-16 01:46
ふーみんさんへ
こんばんは~
そうなんですよ(>。<)
せめて、6~7曲は知った歌を聴きたかったですね。
でも、これにこりずに また、コンサートに挑戦ですよ^^!
食事の時は、おもろかったです(^。^;)
by rakki_618 | 2010-11-13 19:59 | お出かけ、旅行 | Comments(8)

めざせ!笑顔の多い日々


by rakki_618